ファルトクノアの軍政(理: Faltoknoa'd acen nobleo, 淮: Faltknoa vr'est Assnoblé)とはファルトクノアの体制の一つ。


軍政の定義

ユエスレオネ連邦における軍政は、連邦公共安全法(Laust fon fankasen celatisen kiljoi)を規定とする複数の連邦法典を根拠とする連邦軍による非常事態軍事統制を意味する。連邦軍の統制は、phil.2002年1月7日に制定されたファールリューディア宣言(Farl'liurdi'a'd chirfar)の第八条「我々はユエスレオネにおける傭兵部隊を排除し、正式な革命的国防蒼軍を設立する。」を基底としたものであるが、これは共産党独裁政権崩壊によって否定してされている。ただ、シビリアンコントロール原則はその後の連邦憲法に継承されているために軍政は非常事態における連邦議会への三権移譲であるとされる。軍事的要素は法的関係上意味合いが薄い。

過去あったファルトクノアの軍政

第一次ファルトクノア軍政

ファルトクノアは外交院職員の逮捕監禁により、固有WP波の痕跡を元に特定した惑星に連邦軍・特別警察官・外務省職員及び国際協力院職員が降り立った。3月21日現地政府との交渉を望もうとしたところ、現地政府の軍隊による攻撃を受け外務省職員3名と国際協力院職員2名が死亡した。結果的に、ショアンとの戦争は泥沼化した。ユエスレオネ連邦、ハタ王国、デュイン総合府の四者間会議(イルヴィツァー会議, 2012.4.8)においてショアンの一部を国土分譲すること、サニス条約に加盟することで賠償金問題を帳消しにすることを合意した(イルヴィツァー・サニス合意) 国土分譲は条約上では北ショアン共和国として数か月存在した。連邦議会はファルトクノアへの国名変更と三権制度の確立までの間は軍政として直接統治を行う形で軍政となった。

第二次ファルトクノア軍政

二回目の軍政はファルトクノア内戦後に発動された。サニス条約機構におけるPhil.2011年 8月10日版サニス第三条約第三部第一条第一項に基づく提議で可決、第三部第二条第四項に従って参戦という国際的賛同過程は、ファルトクノアにおける人道的問題が連邦と自治体として成立している共和国での関係で乗り込めなかったユエスレオネ連邦としては好機であったためこれを利用してファルトクノアを抑えこんだ形となった。

関連項目