アクース連邦(ラパラパパマ語:Akuus wopawopa)とは大宇宙銀河極東の端にあるヒューマノイドのショール、巨大爬虫類型知能生命体マクタン、及びガルケン人が住むサンディカリズム連邦制国家である。

アクース連邦
Akuus wopawopa
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (【国旗の画像】)
(国旗)
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (【国章の画像】)
(国章)
国の標語:希望あれ。未来あれ。栄光あれ。(ラパラパパマ語:Laa Sa. Laa Gayu. Laa Ojeesa.)
国歌:大革命による躍進
公用語 ラパラパパマ語
首都 オルゲーノ(アマン国)
最大の都市 嶺宮市
政府 全世界産業労働連合議会
国家元首の称号 全世界産業労働連合議会生産連合(生連)代表、用役連合(用連)代表
国家元首の名前 マリファ・シェン・ツァーヒ、スヒネー・ワポー
面積
総計 - km2
水面積率 65億930万 km^2
人口
総計 273億5702万8215 人
人口密度 2.65685425027 人/km2
建国 -年
国教 ディーマンブ教、ッウィ=モー信仰、チャクラッシ、ヒューリア教、サイボールの土着信仰など
通貨 -



















概要


歴史

有史以前


ニョルカ条約


ゴルギアの時代

  • アクース連邦大統領がゴルギアに拉致される。

経済戦争時代


星系間通信時代

技術躍進の時代

 エルゲン・ナジュア大統領による中道左派な政治で技術的躍進の時代を迎える。
 エルミアとの関税同盟の締結に成功。エルミア製品と共に多くの技術がもたらされ、好景気を迎える。
 次いでマーカス連邦のアイローム社との新型アンドロイドの独占契約に成功。マーカス連邦の態度が軟化し、友好条約が締結される。しかしこの締結直後エルミア共和国が非難声明を発表。

全世界産業労働連合

 しかし、アクース連邦は好景気にも関わらず、大きな問題を抱えていた。それは連邦の主要産業は労働者への賃上げを行わなかっことによるストライキの頻発であった。特に労働災害の頻発するような産業では反対運動が活発に行われた。その中で新政党「全世界産業労働連合議会」が誕生する。議会は無期休会、全労働者は産業議会という労働組合の連合に参加して、国家が運営される。

高度ロボティクス時代

 1740年、政府はマーカス内戦に対して公式声明を発表、国家として中立を宣言した。
 しかし当時の生連代表、エルゲン・ナジュアは秘密裏に国家予算からアイローム社に出資していた。当時の連邦用連代表、ポライグ・スエンがこのことを知り、発表。最高裁判所警による調査によると、生連代表以外にも政府数名がそれに協力していたことが明らかになった。
 翌日、エルゲン生連代表はポライグ用連代表ら非アイローム社派(リヴァダー社派に限定しない)を生連代表権限により解任。これに反対したリヴァダー社派の国民はエルゲン生連代表の解任と国民投票の実施を要求。この時非アイローム社派の国民は連邦国民の過半数を占めていなかった。
 数日後、国民投票によりエルゲン内閣解散。同日、エルゲンは人権会議を立党。アイローム主義を掲げる党であった。
 政治家のあらゆるアイローム主義者は人権会議に、リヴァダー主義者はポライグ元生連代表といくつか党の党首がバチアで集まって対人権会議を目標に立党された政党連合であるバチア連合に立党した、日和見主義者たちが比較的多かったこともあり国民からの支持が集まらなかった。

政治

 アクース連邦の裁判所では権威のある裁判所に限り私警を雇うことが認められている。最高裁判所警は司法機関の最大の警備団体(独立軍隊)。

関連項目