連邦領西方サレンガート・ユフィシャール諸島
naasinene caleneegatta juphphixarlla muunisi - yueseleoneene palatau

(地域の旗)

(地域の紋章)
国の標語:Mixixe minix, mixixe falenetia
(我々の島、我々の自由。)
地域の歌:Ta juphixallessaserseti ja!
公用語 ユフィシャール語, リパライン語, ヴェフィス語
ファルトクノア共和国
ガンセリア県
地方行政区 ガンセリア行政区
NCF諸島
設置 Phil.2013
(シンテーア暦
1775年)
行政
諸島議長 Maièhia
de Neuvdailie
Maineuv
(メイア・
ド・ノーヴデリエ・
メノーヴ)
面積
総計 --
水面積率 --
人口
総計 1万人
人口密度 23.1人/km2
国教 リパラオネ教, フィメノーウル信仰
連邦領西方サレンガート・ユフィシャール諸島 (標準リパライン語:Nisnen calen'gart jufixarl menis fon yuesleone'd paltau, ヴェフィス語:Meineché jais salaingaété-jufichaéleit ats meineché chaieteit, ユフィシャール語:naasinene caleneegatta juphphixarlla muunisi - yueseleoneene palatau)は惑星スラーンに存在する島嶼地域。連邦領と称されるが、正確には、「ファルトクノア委任統治領」である。


歴史

移民期

ユフィシャール諸島に住んでいるユフィシャール人の起源は元はデーノ人である。デーノ人は元々は惑星スラーンではなく惑星ファルトクノアのラネーメという地域の近くであるデヘーンハに住んでいた。デーノは古名はダルヴスと言い、これはリパライン語の名字ターフやカラムディアのハフリスンターリブやダルヴシア人、セベリスのシニエス人もユフィシャール人とは同系となる。これら離散民族の元となったデーノ人はターフ諸族と呼ばれており、ピリフィアー歴前5148〜5142年(シ歴前5698〜5692)の間に諸地域へウェールフープによって離散した。ターフ諸族が離散した理由に関しては諸説あるが、デヘーンハで栄えたリパラオネ人文明であるデヘーンハ文明がラネーメ人と呼ばれる民族勢力によって滅ぼされ、カルチリアン(外国人としての最低の地位)にデヘーンハ文明における貴族階級のジャンダンジャヒヤで武士身分も高かったデーノ人は耐え切れず異世界への逃亡を試みたためだとされている。ユフィシャール人はこの数年間にNCF諸島のイェスカヴァレウ付近に出現し始め、原住民からの抵抗に会いながら、ユフィシャールでの生活の基盤を打ち立てた。原住民は王朝を滅ぼしたラネーメ人を模してラネンメ(lanemme)と呼ばれるようになった。

スワーサラム・パレッガラル朝

Mp.5121年、ラネンメの首長を討伐するためにカラディディ・マーナミッハ・スワーサラム・パレッガラル(Kaladidi maanamixxa Swaasaram-Paleggalar)を中心として原ユフィシャール人は集結して、コロニーを生成して物資を管理するような体系が出来始める。王であるスワーサラム・パレッガラル王を中心に側近は神官で固め、宗教政治を行った。これをスワーサラム・パレッガラル朝時代と呼ぶ。

ファルトクノア共和国期


文化

言語

ユフィシャール語はこのNCF諸島では、特有の言語である。

食文化

ユフィシャール人の食文化は、主食であるジャガイモなどを中心としたものである。またココナッツを有用に利用しており、料理にココナッツが欠けることはないとも言われ、これは椰子実文化(nupojjudu muuu, ヌポーッユドゥ・ムーウ)と呼ばれている。一般的には手を使って食べる。有名な料理としては、ひえやあわを固めに炊いてココナッツミルクと香辛料と共にじゃがいもを溶けるまで煮た物と一緒にして食べる主膳のヤヘペ(jyxepe)や路上でのココナッツウォーター売りなどがある。
添付ファイル