エミュンス語の態

 エミュンス語には以下の3つの態が認められる。

能動態

 能動態は動作の主体に注目している状態であり、動詞に他の態を付与しないことによって表される。

受動態

 受動態は対象が何らかの動作を受けていることを表す。エミュンス語には直接受動のみが認められ、動作主が対象に意図せず影響を及ぼす間接受動は認められない。
 一方で罵倒表現などに《Drexd laafion !(死なせられろ)》のような命令受動態が存在する。(直接表現では脅迫罪に問われる可能性があるため)


《dool》を用いた受動態

《dool》は「~される」を表す前動/後動である。受動している状態を表し、理由や原因を表す前置詞 《ou》や《ix》と共起する。強子音である。

《drexd》を用いた受動態

 《drexd》は「被害を受ける」を表す動詞であり、「~される」を表す前動/後動である。受動している状態を表し、望まぬことや被害を受けていることに注目する。用法は《dool》と同様である。強子音である。

使役態

 使役態は対象が使役されていることを表す。

《on/onoe》を用いた使役態

 《on》は「~させる」を表す前動で一般的な使役態を表す。

《vion》を用いた使役態

 《vion》は「脅迫する」を表す動詞で「~させる」を表す後動である。使役態を表すが、「むりやり~させる」というネガティブな表現に用いる。

《voe》を用いた使役態

 《voe》は「手で握る」を表す動詞で、「~させる」を表す後動である。使役態を表すが、「悪い目的に利用する」というネガティブな表現に用いる。

関連項目