ヒューヴル女王国(緋:Av-wllaxswl-lhyyvr)はレーウス宙域チャイラシル星系の惑星アヴァイトラールを領有する王政国家。「女王国」の名の通り、ヒューヴルでは女性の王族がアヴトラ(国王)に就く。

ヒューヴル女王国
Av-wllaxswl-lhyyvr

(国旗)
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (【国章の画像】)
(国章)
国の標語:恒久に流れる時間の中で
国歌:雲上のスルヒ
地図的なもの
公用語 ヒューヴル語
首都 オタルヒ
最大の都市 スリキムーヒ
政府 オタルヒ宮廷
国家元首の称号 アヴトラ(女王)
国家元首の名前 【国家元首の名前】
面積
総計 【面積総計】km2
水面積率 --
人口
総計 255万3100人
人口密度 【人口密度】人/km2
建国 不明
国教 先祖崇拝、クスートゥヒ・シパーム
通貨 ヒューヴル・リュイン


概要

歴史

ジエール・サーヴァリア戦争

 ヒューヴル女王国の領有権を巡ってジエールとサーヴァリア間で戦争が勃発。
 サーヴァリア占領下の首都オタルヒで市街戦が行われ、ジエールが奪還した。宮廷のあるオタルヒ・ヌシウには戦闘に巻き込まれた一般人慰霊碑がある。

政治

経済

 ヒューヴル発見のシンテーア暦1627年からシンテーア暦1693年までの間、ジエール帝国連邦に支配されていたが、ヒューヴル人の国民性やジエールの開発資金難などの要因が重なり、エルトリア王国に売却された。それ以降はヒューヴル女王国はエルトリア王国の保護国となっている。
 通貨ヒューヴル・リュインはジエール保護国時代に貨幣経済の浸透と共にもたらされた。当時はジヒラート8世アオン・シオン・ヴェードギャッコー・セーヴェル・ディオンの肖像画が描かれていたが、現在はツァイヴァ3世現在のヒューヴル・アヴトラ(女王)などが描かれている。
 なお、ジエール帝国連邦の偉人が描かれた旧ヒューヴル・リュインは一部のコインマニアにとって最も入手し難く、最も価値のある通貨として珍重されている。そのため、大宇宙連合会議の中では最も価値のある通貨に認定されている。

軍事

国際関係

 ヒューヴル女王国は大宇宙接触から地理的にレーウス星系やツーンカ民主主義共和国に近く、必然的にヴァルエルク共和国サーヴァリア企業連合ジエール帝国連邦など経済大国の強い影響を受けている。現在ではエルトリア王国の保護下に置かれ、文化保護政策の下、観光産業と運輸産業を育成し外貨を獲得している。

ロフィルナ連邦共同体

 シンテーア暦1739年にロフィルナ連邦共同体がアヴァイトラールに来航。ロフィルナ外交官が女王に謁見。国交を樹立した。その後、ヒューヴル政府によって観光ツアーが行われ、ロフィルナ外交官は各地の名産品や伝統芸能などを堪能するなど豪遊して回った。しかし、べろんべろんに酔っ払って帰ってきたため、外交長官に罷免させられるところだったという。

主要都市

  • スリキムーヒ
 最大の都市。ヒューヴルの中では最も大きい島スリキムーヒ島に位置する。ジエール・サーヴァリア戦争の戦場となった。ヒューヴルの中では最も経済規模が大きく、港から水揚げされた魚介類が露店で売られており、活気のある町並みを楽しむことができる。

  • オタルヒ
 首都。王族と官僚のみが住むダヤ・ヌシウ島に位置する。ヒューヴル最高峰の山スタヤコラヒがあり、宮廷はその中腹に位置する。スリキムーヒ島など多くの島々を一望できる。

  • タキタキ
 観光の旧中心街。タキタキ島に位置する。風光明媚な景観がいくつも保存されており、エルトリア王国が観光用の島として開発された。街には外国人観光客と観光業に携わるヒューヴル人のみが居住している。

  • ショロキ
 スリキムーヒ島に次ぐ経済力を持つヴァヴァリ島に位置する。ジエールの統治で最も開発が成功した島として知られており、エルトリア統治後もゆるやかに開発が進められた。アヴァイトラール宇宙港のシャトル駅にもなっており、ヒューヴル唯一の旅行者の玄関口。

地理

国民

文化

添付ファイル