ラヴィル・ドゥ・エスタイティエ・ラタイハイト
Lavilè de Essteitie lateiheitè
生年月日 1980年3月7日
出生地 ラネーメ国 ラメスト
没年月日
死没地 ?
出身校 天神大学
前職 連邦軍
所属政党 ヴェフィス社会行動党
称号 ヴェフィス社会行動党党首
配偶者 Gairdia de Essteitie gairteidia
親族 Chueitia de Esseitie chueheitè
サイン
 ラヴィル・ドゥ・エスタイティエ・ラタイハイトLavilè de Essteitie lateiheitè, 1980年3月7日 - )は、ファルトクノア共和国の政治家、軍人。ファルトクノアの国体維持を優先目標とするも政府内部での政争を止めきれずに最終的には連邦化理論に基づく党と指導者による独裁指導体制を敷いた。


生涯

Phil.1980年3月7日に旧ラネーメ国のラメストに生まれる。Phil.1998年(18歳)にファスマレー国語化運動に自ら参加して、ラネーメ警察に逮捕され投獄されるも、Phil.2000年(20歳)のエルフ熱騒動によって解放され、ユエスレオネのフェーユに住むようになった。ユエスレオネの社会主義運動に参加することになり、ユエスレオネ共産党(のちの社会党)の前身である革新チャショーテに参加、そこからユエスレオネ内戦期はユエスレオネ共産党で宣伝工作を行っていた。ユエスレオネ革命後はユエスレオネ国会議員として勤め、2012年まではユエスレオネ国内で共産党員として政治活動を行っていた。ファルトクノア紛争では、ファルトクノアに自ら赴き、ショアン王国との対立を宣言した。

アクース内戦での活躍と怨嗟

ヴァルエルクの裏切りを受けて、輸送部隊の艦隊司令であったレシェール・フミーヤ・ファイユに地上降下部隊の救出を懇願されたファルトクノア首相であるラヴィル・ド・エスタイティエは地上降下部隊を助けるためにあらゆる外交手段を駆使することを約束した。ロフィルナ連邦共同体に燃料の購入を打診したが、当時海賊戦争中で被害が大量に出ていたために貿易船をフル稼働していて、燃料が足りていないとして拒絶されることになった。しかし、実際のところはロフィルナはニーネン=シャプチを後方支援しており、燃料が足りていたとしても利敵行為になり、外交的にも問題になるために拒絶したのであった。次にラヴィルはサーヴァリア企業連合に""燃料満たんの宇宙貿易船""を売ってもらうことを打診した。サーヴァリアはファルトクノアとの関係を持って自由解放連合内での亀裂を産むことを目的に貿易船をファルトクノアに売ったが、ラヴィルはその貿易船から燃料を引き抜いて自律強襲輸送艦に入れることになった。

関連項目