アポラ星系国際連盟
Apolaim nestumas anvor-maniosen razinaonus (ANAMR)

(国旗)
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (【国章の画像】)
(国章)
国の標語:
国歌:
地図的なもの
公用語 ロトン語
首都 連盟本部
最大の都市 ノヌス ランデル
政府 星系国際連盟本部
国家元首の称号 星系国際連盟本部長
国家元首の名前 アヴェルバト・メリネーア
面積
総計 【面積総計】km2
水面積率 --
人口
総計 【人口総計】人
人口密度 【人口密度】人/km2
建国 【建国年】
国教 複数宗教あり
通貨 アプロル(星系基軸通貨)、その他複数の地域通貨あり

 アポラ星系国際連盟


概要

アポラ星系国際連盟(ロトン語:Apolaim nestumas anvor-maniosen razinaonus (ANAMR))はアポラ星系を中心とした3つの星系に存在する国際機関である。国際機関であるものの対外的には一つの国家のように振る舞うように活動しているが、複数の国家が連盟に参加しているが故に身軽に国家方針を変更できない傾向が強い。

国号

国号は日本語では「アポラ星系国際連盟」である。
ロトン語ラテン文字転写:Apolaim nestumas anvor-maniosen razinaonus (ANAMR)
通称はApola、また星系内では基本的にAnvor-maniosen razinaonus(AMR)、すなわち「国際連盟」で通じる。
(ちなみに、製作者側でも同様のApolaが使用されている)

国旗

アポラ星系国際連盟の国旗(連盟旗)は連盟発足時に公募され、そのアイデアの中から全連盟加盟国の国民投票で制定された。
上下の帯はラペアとキヤナの青い二つの惑星を、中央の三つの丸は中央の大きい丸をラペア星系、残りの小さな丸はフェガリウス星系とパトートス星系を表している。また配色としては、明るい青緑は先進性と世界の連帯を表し、白は平和を表している。

歴史

大宇宙加盟前史

アポラ星系にはラペアとキヤナという2つの知的生命の存在する惑星がある。うちラペアは人類に似た生命が、キヤナは亜人(主に獣人系)がそれぞれ文明を発達させた。
やがて年月が過ぎ、ラペアの諸国は凄惨な第二次世界大戦が痛み分けで終わり、三陣営による冷戦に入ると熾烈な宇宙開発競争が始まった。各々の国は目的は違えどキヤナの様々な資源を求めて進出した。キヤナでは、当時一部地域でようやく蒸気革命が起こりつつあった程度の文明であり、キヤナ諸国はある国は隷従し、またある国は最後まで支配に抵抗した。しかし最終的には圧倒的な技術格差により敗北を喫し、キヤナのほぼ全土がラペアの植民地軍によって占領された。
キヤナの植民地の様相は宗主国がラペアのどの国かによってかなり格差があった。そのうち宇宙空間に誕生したスペースコロニーの企業兼国家「アナヴィセム商業帝国」では対外的には良心的な統治というプロパガンダ的なものを流していて隠蔽していたが、実態は特に激しい統治が行われ問題となっていた。ある時キヤナ人の謎の団体がこの統治の実態の映像を動画サイトに掲載したことで、各地でキヤナ人による暴動が起き始めた。これを機にキヤナでは民族運動が加速し、一部の国家の植民地が崩壊するなどを受けてエスカレートし、遂には惑星全域で独立を求める運動が盛んになった。ラペアの有志国家連合軍がこれを鎮圧しようとした事で戦闘が勃発し、これがきっかけで2つの惑星全域を巻き込んだ大規模な戦闘に発展した。最終的にラペア内で意見が対立したことによりラペア内で戦争が起こり、戦闘で独立容認派の連合国が勝利したため、キヤナの諸国は独立を勝ち取った。
先の内戦の反省から、それまでの(ラペア)国際連盟が廃止され、新たにアポラ星系国際連盟が発足した。また内戦によって大きく進歩した科学技術を利用し、星系国際連盟名義でアポラ星系の調査を行うなどした。この頃科学界でも光速飛行技術が確立し、隣の星系であるフェガリウス星系とパトートス星系にも進出するきっかけとなった。
一部の惑星・衛星の植民やテラフォーミングが終盤に差し掛かった頃、星系国際連盟本部はラペア軌道とキヤナ軌道の中間に位置する軌道上に移転し、真の意味での二惑星の平等を唱えるようになった。その後しばらくの時が過ぎ星系の経済が安定した頃、突如見たこともないような種族とアポラ星系の諸国は接触することとなった。

大宇宙加盟と束の間の安息の時代

政治

我が国の方針は全加盟国の参加する「連盟総合理事会」によって決められている。この他にも複数の国家が参加する小機関が外部に対する省庁としての役割を果たしている。

国家元首

国家元首は連盟本部長であり、任期は(キヤナ)暦で4年と制定されている。ただし連盟本部長はあくまで星系の君主ではなく代表であるため、権能は一切持ち合わせていない。

連盟総合理事会

星系国際連盟の憲章や今後の方針、法律など、星系に関するあらゆる物事を決定する重要な機関。しかしここで制定が出来るのはあくまで平時の国内・国外の状態である。内外の非常時には軍事均衡理事会が動くこととなっている。これはラペア星系の中の国家のうち国力の強大な国家が参加しており、戦闘や戦争の勃発の際にはここが動くこととなっている。

地理

全領有天体の一覧

  • アポラ星系
天体名 天体カテゴリ 人口 面積
ネクリオ 低質量岩石惑星
ラペア ハビタブル惑星
メルア 岩石衛星
キヤナ ハビタブル惑星
コズール 岩石衛星
スカゾン 岩石衛星
ヴェーズ 低質量岩石惑星

宗教

代表的な宗教

国民

国民精神

ラペア=ヒュム族

ラペア=ヒュム族はラペア全域に生息する人類の総称である。基本的に好奇心旺盛であり、自己の欲求を満たすために手段を顧みないケースがある。

キヤナ=リーヒュム族

キヤナ=リーヒュム族はキヤナの亜人(特に獣人)などの所属の総称である。実際の生物学的な定義に基づくと全く異なる類の種族がこの語に統合されているため、この語だけでは誤解を招く可能性が高い。

文化

関連項目

添付ファイル