アポラ星系国際連盟
Apolasam Lestonoisam Anvaamaniosen Lezinos (ALAL)

(国旗)
image plugin error : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (【国章の画像】)
(国章)
国の標語:
国歌:
地図的なもの
公用語 ロトン語
首都 連盟本部
最大の都市 イヴェルローク
政府 星系国際連盟本部
国家元首の称号 星系国際連盟本部長
国家元首の名前 アヴェルバト・メリネーア
面積
総計 【面積総計】km2
水面積率 --
人口
総計 【人口総計】人
人口密度 【人口密度】人/km2
建国 【建国年】
国教 複数宗教あり
通貨 アプロル(星系基軸通貨)、その他複数の地域通貨あり

 アポラ星系国際連盟


概要

アポラ星系国際連盟(ロトン語:Apolasam Lestonoisam Anvaamaniosen Lezinos (ALAL))はアポラ星系を中心とした3つの星系に存在する国際機関である。国際機関であるものの対外的には一つの国家のように振る舞うように活動しているが、複数の国家が連盟に参加しているが故に身軽に国家方針を変更できない傾向が強い。

国号

国号は日本語では「アポラ星系国際連盟」である。
ロトン語ラテン文字転写:Apolasam Lestonoisam Anvaamaniosen Lezinos (ALAL)
通称はApola、また星系内では基本的にAnvaamaniosen Lezinos (AL)、すなわち「国際連盟」で通じる。
(ちなみに、製作者側でも同様のApolaが使用されている)

国旗

アポラ星系国際連盟の国旗(連盟旗)は連盟発足時に公募され、そのアイデアの中から全連盟加盟国の国民投票で制定された。
上下の帯はラペアとキヤナの青い二つの惑星を、中央の三つの丸は中央の大きい丸をアポラ星系、残りの小さな丸はフェガリウス星系とパトートス星系を表している。また配色としては、明るい青緑は先進性と世界の連帯を表し、白は平和を表している。

歴史

有史以前

有史以前はどうなっていたかはわからないが、ラペア人のDNA構造からほかの国家との遠い血統があったと推測されている。

文明初期~大宇宙加盟前史

18世紀前半(大宇宙加盟~マーカス内戦)

シンテーア暦1705年(ラペア暦3667年)、当時の星連内の国家ギラタテア連邦共和国の深宇宙探査機がプルスティアと接触、銀河文明の存在に触れてその後大宇宙連合会議にに加盟した。
1712(3682)年、銀河のなかでは隣国に当たるマーカス連邦と友好協定を結び、2年後の1714年にはマーカス連邦内の企業であるアイローム社とリヴァダー社と星連の多くの企業が提携した。この頃から次第に星連各惑星にアンドロイドの大量移民が始まる。
1715(3689)年、星連は領有する惑星系の拡大を決定、多くの銀河の諸国とは異なり、近隣にある惑星系への拡大を方針に取り決めた。
1721(3702)年、アポラ星系国際連盟の調査船団がウビウリに接触、アポラから接触した初めての事例となった。
1729(3706)年、星連内の諸国に対して将来的に星連は単一の連邦体制になるように方針がたてられ、多くの諸国の同意のもとに星連リッテンビーズ協定が採択された。その後の1730年代は隣国かつアンドロイドなどの技術の最大の輸入先であったマーカス連邦内でのアイローム社とリヴァダー社の決定的な対立を受け、星連内の国家の諸大企業が対立を起こすようになった。特にリヴァダー社製の警備アンドロイドを取引していたアルトナ社はアイローム社を支持する星連内の国際世論に強く反対していた。
1740(3744)年、ついにマーカス連邦での内戦が勃発したことで星連内でも対立が激化、星連内のネートラプ共和国、首都ヴァンテレアでリヴァダー社製の警備アンドロイドがアイローム社製のアンドロイドを殺傷する事件が発生。一時星連内の緊張はピークに達したが、翌1741(3746)年に星連政府が加盟国に呼びかけ、またアルトナ社の社長が辞任したことでことは一旦収束したように思えた。
しかし更に翌年の1742(3748)年、今度はエオレア国民連合国(合州国)の都市オルダベアで再びリヴァダー社のアンドロイド、中でも特に過激派だったグループがアイローム社製のアンドロイドなどを乗せた公共車両でテロを起こし、一般のヒューマノイドや獣人を含む100人近くの尊い命が犠牲となった。星連は初めはヴァンテレア殺傷事件と同じような対応をとるように指示していたが、この後更に混乱は各地に広がり、同合州国の大都市であったデティニースがアンドロイドの過激派組織の手によって陥落したことから星連は本格的な対応を取り始め武力を行使した。
1743(3750)年にこの大規模な反乱は沈静化したが、各地には深い傷が残った。またこの争いを受けて星連は本格的な対応をマーカス内戦に対して行うことを決定した。ただ、人口もそこまで多くないアポラは積極的に派兵などはできなかったため、結果として物資や義援金など後方の支援に徹することとなった。
1747(3759)年、ついにマーカス内戦が終結。アイローム社派だったアポラは(どちらかといえば)戦勝国となった。

18世紀後半(星連改革~シャグマ=ラゴン戦争)

1750年代はアンドロイドの人権に関する法整備がなされた。これによって連盟憲章が改められ、国旗・国章、国の標語が現在の形に改められた。
1752(3770)年、パトートス星系の準ハビタブル惑星だったルバンタスの本格的な開発が決定。先のアンドロイドの国家の建国をアンドロイド市民に約束して開発に従事させた。
1758(3784)年、星連種族法によって人権が厳重に扱われるようになった。この頃から星連の状態が以前の国際機関というものから変質してきたことがうかがえる。
1762(3792)年、上記の一環として星連内の各国の国民の情報や、世界の情報を取り扱うためにそれまでになかった巨大なサーバーが必要とされる様になった。これによりデュゴーロノイサム・ラギュート計画が始動した。
1774(3819)年、星連の首都を将来的に軌道上のスペースコロニーに移転することを決定。
1786(3845)年、デュゴーロノイサム・ラギュートが完成し、星連国民の情報の収集開始。
1789(3852)年、カルト教団「機械神の再誕」発足。

19世紀前半(アポラ=ヴィッテンクレイル戦争)

1800年代、アンドロイドの急増によって深刻なエネルギー問題が発生。一部惑星では停電が頻発し混乱を招く。同じ頃混乱の中でヴィッテンクレイル、マーカスの移民、またアンドロイドの間で「機械神の再誕」の信者が増加
1813(3905)年、アポラ星連政府がエネルギー系の法制を制定、また大規模なエネルギープラントを建設する事を発表。しかし一部地域で原因不明の停電が継続、捜索の結果「機械神の再誕」に行き着く。星連政府は宗教の自由を認めていたため、電力の過剰な消費をしない事を条件に「機械神の再誕」の存在を承認。
182X(183X)?年、デュゴーロノイサム・ラギュートを機械神の再誕に利用するためハッキングするラギュート事件発生、星連は教団の承認を破棄し治安部隊を送ったが間に合わず、軍隊を動員して沈静化。その後教団の大部分を確保するも上層部が逃走した事を確認、上層部の捜索に全力を挙げる。
183X年、ヴィッテンクレイルとアポラの中間に位置する自由浮遊惑星:SBX-2107に上層部のアジトを確認しこれを制圧、ヴィッテンクレイル系の教祖を逮捕した。ヴィッテンクレイルは異端教徒とも言える機械神の再誕は「我々は関係ない」と初めは表明した。しかし、機械神の再誕の生き残りによる動画の投稿で激しくヴィッテンクレイルが「同胞を裏切った」など激しく侮辱され、ヴィッテンクレイル側はこのメンバーの一人がアポラ星連公務員のバッジをつけていた事が決定打となってアポラ星連に最後通牒を送った。アポラ星連側は表向きには「動画の内容に対して一切我が国は関係ない」としらを切ったが、実際は動画に政府高官が絡んだとも言われている(これは戦後に別の騒動を招いた)。以上の経緯を経てヴィッテンクレイルはアポラが最後通牒を受け入れなかったとしてアポラ星連に宣戦。ここにアポラ=ヴィッテンクレイル戦争が開戦した。
184X年、終戦

19世紀後半

1856(4000)年

20世紀前半


国際関係

基本的にアポラ星系国際連盟は調停者たちに所属しているためにどこかの陣営に肩入れをしたりすることができない。
以下には各国および各陣営との国際関係を示す。

各陣営との関係

調停者たち

我が国の現在所属している陣営。徹底した不戦を近い、銀河で起こった戦争の解決に全力を挙げる。

新平和主義連合

新平和主義連合は戦争を嫌う平和主義のため我が国とはそれなりに関係は良好。一方でひそかにエルミアとグロスクロイツの強大な国力を警戒している部分もあり、消極的な交流にとどまっている。

協商連合

協商連合諸国とは我が国はおもに貿易で接触することが多い。その一方で過度な重商主義に対する懸念も抱いているうえ、我が国が若干社会民主主義寄りなことと神国同盟との関係もあるため、あまり深く肩入れはしていない。

神国同盟

神国同盟とは銀河地理的にも遠いため比較的疎遠ではあるが、いくつかの連盟加盟国は管理主義的思想を連盟流に取りれようとする動きがある。一方で協商連合との関係も存在するため、あくまで連盟としての管理主義に対する姿勢は「思想として許容することを留意する」というところにとどまっている。

自由解放連合

自由解放連合とは我が国はそれなりな関係を築いている。中でもヴァルエルクの貧困国に対する教育支援に対しては大いに我が国は称賛している。その一方でヴァルエルクの強大な国力やツーンカ、ミドルネジアの過度な享楽主義には疑問を示しておりその点で消極的な外交にとどまっている。

亜人盟約

亜人盟約とは獣人を国内に抱えている我が国にとっては比較的友好な関係を築いている。その一方銀河地理的に距離が離れているために消極的な外交になりやすい傾向を持つ。

新秩序同盟

かなり警戒しているものの国際情勢の動向から現在はこちらからの接触を避けているのみである。

各国との関係

+クリックで展開
  • プルスティア
    初めて自国星系外で接触した国家。当初は大混乱に陥ったが現在では集合意識に対する嫌悪感などはなくなっており、むしろ「調停者たち」の枠組みでよく顔合わせしている。
  • ドルムント
    平和主義を掲げているのとアース連邦との友好国であることから基本的には警戒していない。ただしその強国とのパイプを持っていてかつ強大な外交力は若干警戒している節がある。
  • グロスクロイツ
    共産主義は一度星系内で根絶されたイデオロギーであるためはじめは接近を拒んだが、案外平和を望んでいる国家だったので警戒度は留意に落ち着いている。
  • エルミア
    表向きは倫理的な科学技術の発展に協力・賛同しているような動きを見せているが、実は隠れて非倫理的な極秘科学実験を行っている事を秘匿している。
  • アース
    優しく放置。過去の連盟内の歴史に酷似した歴史を持つので同じように育つことを見守っている。その一方で急成長して拡大しないかも常に警戒している。
  • ケードゥアン
    スポーツ振興としての交流があるが、裏を返せばそれくらいしかない。暑苦しいほどの温厚さは我が国では受け入れられるかといえば加盟国でも差があるため結果として良くも悪くもない関係である。
  • サーヴァリア
    実は関税を割とかけているが、ちゃんと一定量の貿易を必ず行うということでとりあえずの合意にこぎつけている。しかしやはり輸入しているとはいえ自由貿易ではないので向こう側からは若干の不満を買っているかもしれない。
  • ヒューヴル
    観光客も割とツアーに向かっているので関係はそこまで悪くないが、良いとも言えない関係。
  • エルトリア
    製品の輸入はしているもののヴァルエルクとも一定の関係を維持しているため友好でも敵対でもない。
  • 虚体空間(クレデリア)
    やはり疎遠。というよりその人智を超越した空間に対しての理解がなかなかに浸透しなかった弊害であるともいえるうえ、国内の多くも干渉をためらいこちらから接近しないようにしている。
  • ウビウリ
    エネルギー不足時代以降定期的に資源の輸入を始め、化学製品の研究もこの国の技術をもとにした。
  • ジエール
    多くの国民が不死技術にあこがれているが、同時に表向きには管理主義に疑問を呈している。しかしその一方で社会学的研究論文では「アポラ式管理主義」の展開について割と真剣に話し合われている。
  • 天嶺皇国
    ジエールとほぼ同一にみられている。ただ極度のカースト制度にはあまり良い感情を抱いていない。
  • ヴァルエルク
    貧困国や立場の弱い国に対して物的支援支援だけでなく教育支援などを行う姿は称賛しているが、その強大な影響力と国力には疑問を呈している。
  • ファルトクノア
    グロスクロイツ同様に強烈な社会主義なので若干の距離を置いている。
  • ミルドネジア
    音楽的には割と著名。それ以外では存在感は薄い。
  • ツーンカ
    狂信的な享楽主義であるため若干距離を置いている。(というか国内のカジノで割と十分という意見が多い。)
  • ニーネン=シャプチ
    我が国も亜人として分類される獣人が多く割と友好である一方で、唐突な国民の拉致には外交局も手を焼いている。この国のテラフォーミング技術は参考にした部分が多い。
  • ロフィルナ
    高福祉国家である部分が我が国の目標と重複しているためにそれなりの関係。でも新秩序同盟なので若干距離を置かざる得ない状態。
  • アクース
    物理学的な面で若干の競争関係にある。またエネルギー工学の分野では技術で完全に競合しているので全力でシェアを持っていこうとしている。ただ特にそれ以外に対立する理由はないので関係はそこそこ。
  • ベリオン
    軍事大国であるため警戒はしているが距離が離れているためそこまで気にかけていない。むしろ内部から崩壊して国際社会に悪い潮流を生み出す引き金になるのではないかと心配している。
  • ショアン
    公式には特に何の宣言もされていないがショアンの状況の悲惨さはわが国でも割と知られており、我が国でも同情する人は多い。その一方で軍事強国であるベリオンに接触しようとする状態をあまり快くは見ていない。
  • 天牌皇国
    疎遠。というよりはあまりかかわりがない。公式でも文化には言及されているがそれ以外で公文書に上がることはほぼない。
  • マーカス
    最初期から技術の大半を依存している国家。しかし時を経るにつれてマーカス一国の技術輸入からの脱却と自国科学技術産業の発展の奨励の結果から最盛期ほど技術輸入は盛んではなくなっている。その一方で依然として最大の友好国かつ隣国であることには変わりない。
  • ヴィッテンクレイル
    大宇宙加盟以後の国際関係では最も連盟とは仲が悪い国家。しかし近年は嫌悪から無関心に対応が変化してきており、宗教に対する警戒度も最上級である10級から現在では6級まで下げられている。
  • リーエス
    鎖国してる。知られている情報は大体他国からの股聞きなのであんまり興味を示していない。
  • ラヴィタルチア・サァープ
    ???。超古代文明…らしい(連盟は接近さえも警戒している)
  • インテグラシオン
    内部情勢が複雑なため渡航には制限をかけている。
  • ウェールフープの向こう側
    連盟は異空間の向こうに何かあるということぐらいしか把握していない。というか虚体空間同様に接近をこちらから避けている。

政治

我が国の方針は全加盟国の参加する「連盟総合理事会」によって決められている。この他にも複数の国家が参加する小機関が外部に対する省庁としての役割を果たしている。

国家元首

国家元首は連盟本部長であり、任期は(ラペア)暦で5年と制定されている。ただし連盟本部長はあくまで星系の君主ではなく代表であるため、権能は一切持ち合わせていない。また種族間での格差を生まないために連盟本部長は連続の再選禁止、また連続で同じ種族(後述)が本部長になることは禁止されている。

連盟本部内機関

連盟執行局

  • 連盟加盟国総合理事会
    星系国際連盟の憲章や今後の方針、法律など、星系に関するあらゆる物事を決定する重要な機関。連盟本部の総合理事会会議場でラペア暦1年に2回会議が行われている。星連領の各惑星のすべての国家が参加することとなっている。
  • 連盟加盟国安全保障理事会
    国内外の有事の際には連盟加盟国安全保障理事会が動くこととなっている。これは星連内の各国が集まり、星連に及ぶ重大な危機を回避するために緊急的に集められる。

連盟事務局

  • 連盟本部事務局
    星系国際連盟の本部の事務局。経理や統計などの連盟全体の内務は主にここで行われている。
  • 連盟司法局/連盟法務局/連盟加盟国調停理事会
    星系国際連盟内の加盟国同士の領土問題などの調停や国際指名手配犯の処罰などがここで取り扱われている。また法律の取り扱いや補足、法律書の管理、出版、更新なども受け持つ。
  • 連盟財務局/連盟国際銀行
    星系国際連盟全体の予算、経済動向の管理、紙幣・硬貨の発行など星系国際連盟の金銭的問題を一手に取り扱う。
  • 連盟交通局/連盟通商貿易機関
    星系国際連盟の陸海空宙の交通、およびそれに並ぶ貿易ルートおよび税関局の統括や貿易における関税の管理。
  • 連盟教育機構/連盟大学/連盟立国際学校
    連盟の教育及び加盟国の国際的な人材の育成などを受け持つ。
  • 連盟医療機関/連盟産業労働局
    連盟の中で発生したパンデミックに対しての対策や検疫、連盟認可薬品の制定などを取り扱う。また産業労働局は失業者の統計や失業者保護の対策ルートの確保などを受け持つ。
  • 連盟環境局/連盟気象天文局
    連盟加盟国の環境及び、連盟領土の惑星の環境の情報の統計などを行う。また各惑星の天気や惑星間宙域および宇宙天気予報などもこの機関で情報を取り扱う。
  • 連盟軍/連盟治安維持機関
    陸海空宙情の連盟公式の加盟国による多国籍軍隊の統制、指令、管理、訓練、兵器の整備を取り扱う。また治安維持機関は軍に準ずる機関で、各地の治安隊(警察)の統率を行っている。また我が国の軍隊には情報軍、特殊部隊、公にされていない連盟特命特殊兵器部隊が存在する。
  • 連盟科学技術機関/連盟エネルギー委員会
    特許の検証、科学技術の振興、発電などのエネルギーなどを取り扱う。
  • 連盟文化局/連盟宗教機構
    連盟領内の文化(ここでいう文化は音楽、絵画、動画・動画、工芸、文学・言語、宗教)などの保全や管理などを行う。
  • 連盟宙間外交局
    連盟外の他国との外交を取り扱う。戦争にならないように慎重な外交を強いられる難しい職であるため、最も入るのが難しいところでもある。
  • 連盟地域管区委員会
    一部地域に存在する連盟の仲介のもとで諸地域での連携を促す目的で設立された機関であったが、現在では地域統合の結果目的を達成したために必要性を失ったため、シンテーア暦2000年時点で稼働している委員会は存在しない。

軍事

連盟公式の連盟軍が設立されたのは1697(3648)年のことで、最初は惑星内の軍隊としての惑星地上軍、惑星海洋軍、惑星大気圏軍であったが1708(3674)年に宇宙空間警備隊が正式に宇宙軍となり軍隊となった。また1749(3765)年には諜報機関と情報警備隊が統合され情報軍が成立、同年に星連特務機関が設立された。

詳細

連盟の総人口はおよそ210億人だが、この中での兵役人口はおよそ1億6500万人でこれは総人口のおよそ0.8%である。

陸海空軍

連盟の陸海空軍は惑星軍とも呼ばれ、全体の軍に対して陸軍が21%、海軍が12%、空軍が12%となっている。

宇宙軍

宇宙軍は全体の50%を占めている。連盟の宇宙の軍艦はアポラ級戦艦1隻、パトートス級巡洋艦2隻、ラペア級母艦2隻、駆逐艦6隻、コルベット12隻、地上部隊艦4隻の合計27隻である、また国境付近の前哨星系には宇宙軍の駐在拠点が存在する。

情報軍・特殊部隊・特務機関

情報軍は3%、特殊部隊などのその他の軍はは2%である。

地理

天体

アポラ星系

  • ネクリオ
    アポラ星系の第一惑星。小型の岩石惑星で星系の中でも鉱物資源が豊富で、多くの資源の精製プラントが存在する。大宇宙加盟直後マーカス連邦から輸入された大量のアンドロイドがこの惑星に移住した。以降さまざまな出来事があったが、現在ではアポラ星系国際連盟ではアンドロイドの最大居住地となり、実質アポラのアンドロイドの故郷となっている。
  • ラペア
    アポラ星系の第二惑星。温暖なハビタブル惑星でヒューマノイドであるラペア=ヒュム族の故郷。人口は連盟内で最も多く、惑星内の国家の数はおよそ200国。星系連盟内の最大都市であるイヴェルローク(現地名:イェルローク、新しいロークの意)もこの星に存在する。過去は星系のすべての権能や機関、役割がこの星に集約されていたが地方分権によって現在では、アポラの文化的な中心を担っており音楽・美術などの芸術や文学、ファッションなどはこの星が中心を担っている。
  • 星系国際連盟本部
    アポラ星系の首都であり立法、行政、司法などの全体の統制はここで行われている。内側から数えて2.5番目の惑星と呼ばれることもあるが、実際は超巨大な規模を持つ、シリンダーに複数のリング状の居住区が付随している宇宙コロニーである。
  • キヤナ
    アポラ星系の第三惑星。冷涼なハビタブル惑星で獣人・亜人種のキヤナ=リーヒュム族の故郷。惑星内の国家数は100国。過去にはラペア諸国の植民地になるなど暗い歴史のある部分もあるが、独立を勝ち取って以降はラペアに準じる目覚ましい発展を遂げた。一時期は急速な工業化による水質汚濁によって海洋生物が甚大な被害を受けたが、現在は無事に回復した。海洋面積が大きいため海産物が主力。
  • ヴェーズ
    アポラ星系の第四惑星。表面は厚い大気に覆われており地表はおよそ30kPa程あるとされる。そのため地表に居住ができない。空中浮遊型の都市で人々は居住している。化学工業が盛んで、惑星の大気の化学物質を利用している。

パトートス星系

  • ルバンタス
    パトートス星系の第一惑星。現在はハビタブル惑星であるが過去は準ハビタブル惑星であった。大宇宙連合会議加盟直後ごろに大規模な環境の調整が始まり、現在ではコンクリートジャングルの摩天楼がいくつもそびえ立っており、アポラの商業の中心を担っている。また連盟加盟国の諸大企業の本社の多くがここにある。

フェガリウス星系

  • シャーシーヤ
    フェガリウス星系の第二惑星。現在はハビタブル惑星であるが過去は準ハビタブル惑星であり、アポラで居住できる四大惑星の中では歴史が最も新しい。過去は惑星のほとんどの大陸が砂漠・荒野であったが、大規模な緑化計画を行ったことにより緑の惑星となった。惑星の陸地の大部分が森林、農耕地であり現在ではアポラ星系の食糧庫の役割を持っている。

宗教

代表的な宗教

国民

銀河の国際社会での立ち回り

銀河の国際社会では自分の手は汚そうとしない傾向にある。各戦争でも資金や物資などは援助をよくするが、実際に派兵を前線に送ることは稀。それゆえ他国から「手を汚さない偽りの平和主義」と非難されることもしばしば。その一方で意図しない銀河内での混乱のとばっちりを受けて戦争に巻き込まれることも多い。

国民精神

ラペア=ヒュム族

ラペア=ヒュム族はラペア全域に生息する人類の総称である。基本的に好奇心旺盛であり、自己の欲求を満たすために手段を顧みないケースがある。

キヤナ=リーヒュム族

キヤナ=リーヒュム族はキヤナの亜人(特に獣人)などの所属の総称である。実際の生物学的な定義に基づくと全く異なる類の種族がこの語に統合されているため、この語だけでは誤解を招く可能性が高い。

(アポラ・アンドロイド族)

アポラ星系に住むアンドロイド達を種族として扱う場合の呼称。アンドロイドが最も住んでいるルバンタスはアポラにおいてアンドロイド反乱事件が鎮圧されたのちに本格的な人権を獲得した。

文化

関連項目

添付ファイル