各国のハンドサイン・敬礼(かっこく-・けいれい)とは、大宇宙連合会議の加盟国各国の文化におけるハンドサインの意味と敬礼の方式をまとめたものである。




ニーネン=シャプチ

 ニーネン=シャプチではハンドサインは人差し指と中指を立てたいわゆる「ピースサイン」が非常に多くの場面で用いられている。
 これは、獣人の耳(ni^nenut sha-lafi^k)を象ったものであるという由来が定説となっているが、ダン=ラ=ハン帝国時代から見られている伝統的なものもあり、一概にこの説が正しいとは言えない。
 なお、中指を立てずに人差し指一本だけを立てると、「お前の耳を切り落とす」という脅しの意味へと変わり、強い侮辱の意味とされる。

相手を出迎える時

 ピースサインをしたまま手の平を相手に向け、数度人差し指と中指を曲げたり伸ばしたりする。
 これは、獣人の耳を動かしているものと同様とされ、自分が相手の訪問に喜んでいる様子や、こちら側に招き入れようとする様子を表している。

相手を送り出す時

 ピースサインをしたまま手の甲を相手に向ける。この時普通人差し指と中指を曲げたりはしない。
 これは別れを意味しており、自分がもうすぐ帰るということの意思表明をも表している。

軍隊における敬礼

 招民院軍部では正式にピースサインの敬礼が認められている。
 最敬礼は背筋をピンと伸ばし、右または左手をピースサインにし斜め上に掲げる。手の平は相手側に向ける。この際、一度だけ人差し指と中指を曲げたり伸ばしたりする。指の隙間を広げたピースサインが一般的である。
 答礼は胸の前でピースサインを作る。手の甲は相手に向ける。

ジエール帝国連邦

 ジエール帝国連邦のハンドサインはシンテーア文化が発展し帝国連邦全土に広がったものである。

挨拶

 手のひらを相手に向けて顔の側面まで上げて下す。このポーズは自分が手に何も持っていないことを相手に知らせるという意味で発達した。主に「こんにちは」と「さようなら」挨拶の場面で使われる。

感謝

 手のひらを自分の頭の側面に向け上げ、手のひらを相手の方に向けながら下す。一説によると、刃を相手からそらすというジェスチャーがもとであるとされる。

侮辱

 左手の中指と親指をくっつけ、人差し指を親指の第2関節につけ、ローマ字でいう「A」のような形を作り、それを相手に見せるようにする。
 これは、エミュンス語でおおよそ「ファック/性器」を意味する「siuc/siucae」の「s」をかたどったものが元だとされる。

敬礼・敬意の表明

 右手の人差し指を立て、その指の先を額に着ける。「考えている」のジェスチャーでもあるが、啓教において「考えること」は尊いこととされており、これで敬意を表せるようにしたのだとか。

ジエールにおけるピースサイン

 ジエールにおいて、ピースサインはいい意味を持たない。これは「股を開く」という意味で、冗談では頻繁に用いられるが、冗談が使えない相手に対して使うとキレられる危険性がある。