皇国歌~神の雫~(天嶺語:Gala'to en Zera)はシンテーア暦1616年に作曲された天嶺皇国の国歌である。シンテーア暦1618年に天嶺皇国の国家として制定された。



概要

 神の雫は、ジエール帝国連邦の国歌である神の光の影響を受けて作曲された。実際作曲前には天領皇アマト・テンリョエンファイがジエールケニアズルニアス・ジヴェジルスに対して「ちょっとだけパクっていい?リスペクトだよ」と許可を乞い快諾されている。
 しかし、神の光の作詞作曲を全面支援したウーナ・ヴェーデインはその歌詞と曲構成を見て、「ハ~~、パクリやんけ。パ・ク・リ」とはじめは不愉快さをあらわにしたものの、曲を聴いた後、2番のサビに出てくる「神の光」というワードに思わずニッコリ。「やっぱりシンテーア人、センスじゃ天嶺人にはかなわないね」と謎の敗北をあらわにした。

歌詞

日本語歌詞

美しき神の雫、我が地を潤し給え
永遠の月の光よ、我が国を照らし給え
偉大なる祖先の樹、我が皇を守り給え
最後の国の皇よ、我ら民を救い給え

美しき神の雫、大地に花を咲かせよ
永遠の月の光よ、闇を照らし邪を払え
偉大なる祖先の樹、愛し合う者を守れ
最後の国の皇よ、すべての友に繁栄を

碧の国、命の水
神の末裔、永久の命

神の雫滴れ、すべての民に行きわたるよに
樹々からこぼれた雫が、川を伝い花咲かせるように
神の雫滴れ、木漏れ日が映り輝いて
樹々からこぼれた雫が、樹と人に命もたらしてきた
もたらしてきた、もたらしてゆく

美しき神の雫、我が地を潤し給え
永遠の月の光よ、我が国を照らし給え
偉大なる祖先の樹、我が皇を守り給え
最後の国の皇よ、我ら民を救い給え

碧の国、命の水
神の末裔、永久の命

神の雫滴れ、宇宙に平和が訪れるよに
闇の中に輝く雫が、等しく人を照らすように
神の雫滴れ、神の光が反射して
闇の中に輝く雫が、消えることなく照らし給う

神の雫滴れ、すべての民に行きわたるよに
樹々からこぼれた雫が、川を伝い花咲かせるように
神の雫滴れ、木漏れ日が映り輝いて
樹々からこぼれた雫が、樹と人に命もたらしてきた

神の雫滴れ…

天嶺語歌詞

美しき神の雫よ、我が地を潤し給え
Ga’lato ya zera bua’e, san’ binu^yi va en ga’yoto.
永遠の月の光よ、我が国を照らし給え
S:a^le ya lei ro^wei, san’ leinu^yi va en To’lao.
偉大なる祖先の樹よ、我が皇を守り給え
Hou^wei ya hou’lai hou’e, san’ haga’na va en Fa^yi.
最後の国の皇よ、我ら民を救い給え
To’lao czou’e ya Fa^yi, san’ maga’ri ra’yi fa^mi.

美しき神の雫よ、大地に花を咲かせよ
Ga’lato ya zera bua’e, san’ ma sa’traki zan’ ga’yoto.
永遠の月の光よ、闇を照らし邪を払え
S:a^le ya lei ro^wei, san’ leinu^yi s:a’ss za^gayi role’yi.
偉大なる祖先の樹よ、愛し愛される者を守れ
Hou^wei ya hou’lai hou’e, san’ haga’na vatre’yi li’na wa fa^ga.
最後の国の皇よ、すべての友に繁栄を
To’lao czou’e ya Fa^yi, san’ linu’ga ka’i ya^ma tanca’e.

碧の国、命の水
To’lao hou’lai. Ga^ven ya bu’a.
神の末裔、永久の命
Ga’lato ya l:e^yami. Ga^ven ro^wei.

神の雫よ滴れ、すべての民に等しく行きわたるように
L:e’ve Ga’lato ya zera, v:a’yi zz^vedla’e ka'yi fa^mi tanca’e.
樹々からこぼれた雫が、川を伝い花を咲かせるように
Zera l:e’ve ^solu hou’laiga, v:ayi tega^za ga’bala ma sa’traki
神の雫よ滴れ、木漏れ日が映り輝いて
L:e’ve Ga’lato ya zera, l:e^ve’lei ha’gila lei’dlalaga.
樹々からこぼれた雫が、樹と人に命をもたらしてきた
Zera l:e’ve ^solu hou’laiga, dve’yi be’hue ga^ven ka’yi lai wa va'tre.
もたらしてきた、もたらしてゆく
Dve’yi be'hue, dve’yi ^tfehe.

美しき神の雫よ、我が地を潤し給え
Ga’lato ya zera bua’e, san’ binu^yi va en ga’yoto.
永遠の月の光よ、我が国を照らし給え
S:a^le ya lei ro^wei, san’ leinu^yi va en To’lao.
偉大なる祖先の樹よ、我が皇を守り給え
Hou^wei ya hou’lai hou’e, san’ haga’na va en Fa^yi.
最後の国の皇よ、我ら民を救い給え
To’lao czou’e ya Fa^yi, san’ maga’ri ra’yi fa^mi.

碧の国、命の水
To’lao hou’lai. Ga^ven ya bu’a.
神の末裔、永久の命
Ga’lato ya l:e^yami. Ga^ven Ro^wei.

神の雫よ滴れ、大宇宙に平和が訪れるように
L:e’ve Ga’lato ya zera, v:ayi letfe’gi Tola’gi zan’ hou’es:an^ve.
闇の中に輝く雫が、等しく世界を照らすように
Zera lei’dlalaga zan’ s:a’ss en en’na, v:ayi leto^yala lenu’yi Gayo’to.
神の雫よ滴れ、神の光が反射して
L:e’ve Ga’lato ya zera, Gala’to ya lei fa^yeha’gila.
闇の中に輝く雫が、消えることなくすべての人を照らし給う
Zera lei’dlalaga zan’ s:a’ss en en’na, ka^s:u czei lenu’yi tanca’e vatre.

神の雫よ滴れ、すべての民に等しく行きわたるように
L:e’ve Ga’lato ya zera, v:a’yi zz^vedla’e ka’yi fa^mi tanca’e.
樹々からこぼれた雫が、川を伝い花を咲かせるように
Zera l:e’ve ^solu hou’laiga, v:ayi tega^za ga’bala ma sa’traki
神の雫よ滴れ、木漏れ日が映り輝いて
L:e’ve Ga’lato ya zera, l:e^ve’lei ha’gila lei’dlalaga.
樹々からこぼれた雫が、樹と人に命をもたらしてきた
Zera l:e’ve ^solu hou’laiga, dve’yi be’hue ga^ven ka’yi lai wa va'tre.

神の雫よ滴れ…
L:e’ve Ga’lato ya zera…

エミュンス語歌詞

美しき神の雫よ、我が地を潤し給え
Yulianoi Galatun(Kenzamun) zera, ezen reue re laun dёion.
永遠の月の光よ、我が国に光を注ぎ給え
Rowэintenoi fooshun legit, ezen legitleins rie laun uvam.
偉大なる祖先たる樹よ、我が皇を守り給え
Gionoi Einenoi yux, ezen kint re laun Faii(Keniaz).
最後の国の皇よ、我ら人民を救い給え
Czlonoi uvamun Faii(Keniaz), ezen fёidvein re olt’ falmsh.

美しき神の雫、大地に花を咲かせよ
Yulianoi Galatun(Kenzamun) zera, on f:uil re s:uwiн zio dёion.
永遠の月の光よ、闇を照らし明るくせよ
Rowэintenoi fooshun legit, legitleins re hiнlas leginlei.
偉大なる祖先の樹、愛し合う者を守れ
Gionoi Einenoi yux, kint re falmsh y:e is luunaalnt.
最後の国の皇よ、すべての友に祝福を
Czlonoi uvamun Faii(Keniaz), ezen dloot re y:eenoi y:ermsh.

碧の国、命の水
Houlainoi uvam, roiniun rea.
神の末裔、永久の命
Galatun(Kenzamun) yailena, roczlonoi roinie.

神の雫滴れ、すべての民に行きわたるよに
Lireue Galatun(Kenzamun) zera, yawi dolskaat deon y:eenoi falmsh.
樹々からこぼれた雫が、川を伝い咲かせるように
Er zery:e lireue fion yuxeva, yawi f:uil sig taje re reutatlia.
神の雫滴れ、木漏れ日が光を放って
Lireue Galatun(Kenzamun) zera, er reollegit legitleins las,
樹々からこぼれた雫が、樹と人に命もたらしてきた
er zery:e lireue fion yuxeva, beiyelnt re roinie rie yux is lm.
もたらしてきた、もたらしてゆく
Beiyelnt, beiy:ulnt,

美しき神の雫よ、我が地を潤し給え
Yulianoi Galatun(Kenzamun) zera, ezen reue re laun dёion.
永遠の月の光よ、我が国に光を注ぎ給え
Rowэintenoi fooshun legit, ezen legitleins rie laun uvam.
偉大なる祖先たる樹よ、我が皇を守り給え
Gionoi Einenoi yux, ezen kint re laun Faii(Keniaz).
最後の国の皇よ、我ら人民を救い給え
Czlonoi uvamun Faii(Keniaz), ezen fёidvein re olt’ falmsh.

碧の国、命の水
Houlainoi uvam, roiniun rea.
神の末裔、永久の命
Galatun(Kenzamun) yailena, roczlonoi roinie.

神の雫滴れ、宇宙に平和が訪れるよに
Lireue Galatun(Kenzamun) zera, yawi ketos re walst zio Gions:antveed.
闇の中に輝く雫が、等しく照らすように
Er zery:e legitleins zio lloonhiн, yawi legitleis: yauy:eenen.
神の雫滴れ、神の光が反射して
Lireue Galatun(Kenzamun) zera, er Kenzamun legit dentiost las,
闇の中に輝く雫が、この世界を消えることなく照らす
er zery:e legitleins zio lloonhiн, legitleilntis: roczlon re ii r:ewast.

神の雫滴れ、すべての民に行きわたるよに
Lireue Galatun(Kenzamun) zera, yawi dolskaat deon y:eenoi falmsh.
樹々からこぼれた雫が、川を伝い咲かせるように
Er zery:e lireue fion yuxeva, yawi f:uil sig taje re reutatlia.
神の雫滴れ、木漏れ日が光を放って
Lireue Galatun(Kenzamun) zera, er reollegit legitleins las,
樹々からこぼれた雫が、樹と人に命もたらしてきた
er zery:e lireue fion yuxeva, beiyelnt re roinie rie yux is lm.

神の雫滴れ…
Lireue Galatun(Kenzamun) zera…


関連項目