シルニェ・レギトレインス
Silnie Legutleins
シルニェ
生年月日 シンテーア暦1666年
12月11日生まれ
出生地 シンテーア帝国
レギトレインスネルク
出身校 なし
称号 プロトタイプシュッリルムスライト4号
配偶者 なし
状態異常 異常なほどの好奇心

シルニェ・レギトレインス(エミュンス語Silnie Legutleins)はシンテーア(ジエール)が研究したシュッリルムスライトの試作型第4号。

経歴

生い立ち

 シルニェはシンテーア暦1666年、シュッリルムスライト研究プロトタイプの4号体として誕生する。
 シュッリルムスライトはプロアイス主席の支援を受け研究された。シュッリルムスライトのプロトタイプは合計で6体存在し、それぞれそのオーナーが存在した。
 当時、ジエールの皇帝家不死技術の影響を受け、「出産」に否定的であったが、育児に対する好奇心からシュッリルムスライトの育成を請け負った。
 主にシルニェの世話をした皇帝家のルニアスサンヴァーは彼女を「シルニェ」となずけ、我が子のように育てた。

シルニェの生活

 シルニェは生活は他のシュッリルムスライトのプロトタイプ同様そのほとんどが訓練と思想教育であった。
 シルニェは徹底的に戦闘訓練と管理主義思想教育をたたき込まれた。シルニェは好奇心が非常に強い子であり、またその育ての親のルニアスは非常に文句たれ(哲学的)な性格をしていた。ルニアスが「〇〇はなぜ〇〇なのだろうか」、と口癖で発するたび、シルニェはそれに関して本気で考えてしまうほど好奇心の強い子だった。
 そのため、皇帝家ではたびたびルニアス、ヅィーガー、シルニェで哲学相談会が行われた。シルニェは自分が「人工生命体」であることを悩み続けたのである。

ジサ戦争への参加

 シュッリルムスライト計画はジエール・サーヴァリア戦争に投入され、そのテストが行われた。シュッリルムスライトは高いウィルス耐性を持っており、ジサ戦争当時、伝染病カジャラヴェールが蔓延する惑星エルナーゲリテーンにおいて大いなる活躍を見せた。
 記録によるとシルニェは1体で敵のサーヴァリア兵121体を殺害したとされている。
 しかし、戦争末期にはヴァルエルクの諜報部隊によりその存在がヴァルエルク共和国により暴露され、「ジエールによる生命倫理の濫用」として国際問題となった。

最後

 シルニェの最後は他のシュッリルムスライトプロトタイプと同様である。ジサ戦争での活躍を受けて、ヴァルエルク共和国はシュッリルムスライトを大宇宙連合会議で取り上げ、ジエールに対し、人工強化兵研究の破棄を求めた。その際、ジエールの軍事力強化を恐れた大宇宙各国はシュッリルムスライトプロトタイプの「焼却処分」を可決し、ジエールはそれらを処分することとなった。(実際はプロアイス主席がカジャラベール問題から保身するために、シュッリルムスライト問題をデコイにして諸外国の目線をずらした)
 シルニェはその際、「人道的な処置」から痛みを感じぬようにと薬物注射による意識の消失の後「焼却処分」を受けることとなった。
 「焼却処分」の日、皇帝家一人ひとりから抱擁され、シルニェは最後の時を迎えた。ジエール政府は公表していなかったが、実はシュッリルムスライトは強い薬物耐性を持っており、シルニェを含むシュッリルムスライトは意識を保ったまま「焼却」されたのである。
 シルニェの脳裏には走馬灯のように「人」に愛された記憶がよみがえり、自分が悩み続けた「自分が生まれてきた意味」を悟ったのだが、それを彼らに伝えることができぬまま、その愛と記憶は炎の中に消えてゆくのだった。

キャラソン


関連項目

添付ファイル