大宇宙銀河系

各言語での名称

大宇宙における「銀河系」は各言語で以下のように呼ばれる。

情報

大宇宙の銀河系は棒渦巻銀河の一種で、半径約5万光年、厚さ約1000光年と言われている。大きさが厳密な数値ではないのは、大宇宙諸国が銀河系の探査を完了していないのと、厳密な値を算出するための定義が存在しないからである。
おそらく宇宙が誕生してから間もない130億年以上前には形成が始まったとされている。それの裏付けとしては、最古の天体が127億年前のものであることが検証済みであるからである。恒星の数はおよそ3000から4000億個あるとされている。
大宇宙銀河系の想像図

渦状腕

大宇宙の銀河系には大きな4つの腕があり、またそれらに準じるいくつかの渦状腕が存在する。各渦状腕はその腕に存在する国家の適当な星座が当てられる。

A腕

B腕

C腕

D腕

E腕

F腕

G腕

H腕

I腕


局所銀河圏

局所銀河圏とは大宇宙銀河周辺の4つの大銀河、またそれらの周りの多くの伴銀河を含む天体の総称である。

β銀河(仮)

β銀河(仮)は渦巻銀河で局所銀河圏の中で3番目に大きく、半径は3万光年と推測されている。最も近い渦巻銀河ではあるものの、それでもやはり220万光年離れた遠い場所にある。

γ銀河(仮)

γ銀河(仮)は局所銀河圏で最も大きい渦巻銀河で半径は6万光年と推測されている。大宇宙銀河からの距離は325万光年の位置に存在する。

δ銀河(仮)

δ銀河(仮)は局所銀河圏で4番目に大きい渦巻銀河で半径は2.5万光年と推測されている。大宇宙銀河からは300万光年の位置に存在する。
添付ファイル