フィメノーウル信仰(Var kouchè fimainaul)とは死に対する概念を基とするアニミズムに近い信仰である。


コピペ状態なので注意

概要

ヴェフィス人の伝統的な宗教であり、ヴェフィス共和国やファルトクノア共和国、及びユエスレオネの宗教比率のうち上位になっている。唯物論的思考が中心であり、特定の教祖が居ない。水家と呼ばれる宗教的施設を持ち、それぞれの水家別に信仰が異なる。
分類

  • 水家フィメノーウル(Fimainaulè faimmeit alinaudaut)
ヴェフィス本土で信仰されるフィメノーウル、基本的に生死感のみで完結しており、各水家における道徳が道徳規範となる。ヴェフィサイト家フィメノーウルやスキュリオーティエ家フィメノーウルなど。
  • 社会主義フィメノーウル(Fimainaulè soilaiyaut foniaut)
社会主義を道徳の基礎にすえたフィメノーウル

生死観

フィメノーウルの根幹を担うのはその独特とした生死観である。そもそも、フィメノーウルにおける生命は意思を構成する物質であるフィーマスタの集合体であると定義される。自分個人や生命個々のフィーマスタはそれぞれ偶然の要素によって、選択されるとされる。フィーマスタの存在はそれぞれの物体や空間、さらに星や宇宙をも越えたひとつのアルセウンテン・フィーマ(AF)と呼ばれる意思物質の集合体が存在するとされており、人間などの生命の死はAFへの同化を意味し、その生命の意思は消滅しないものであるという考えを持つ。AFはそれぞれフィーマスタの集合に分かれており、完全にAFに同化する事は少ないために人間はフィメノーウルの考えを通してどのようなフィーマスタの集合に同化したいのかという考えを固めてゆく。これがフィメノーウルの基本的な生死観である。

宇宙観

フィメノーウルでの宇宙はまず、物質と意思の元となるヴァル・アンジェシフ(Var anjecifè. 原初)と呼ばれる高エネルギー体が自身を維持しきれずに物質(Var faide, ヴァル・フェード)と意思(Var pasevair, ヴァル・パスヴェアル)に分離したところから始まる物質と意思は無に広がり、現在人間が生きている今もばらばらにエントロピーを高めて言っているとされる。その中で物質と意思が偶然濃くなったのが生物、人間であるとされている。

最終的にこの世界の物質と意思はエントロピーを拡大し続け最大エントロピー状態になったときヴァル・アンジェシフと同じ状態であるアルセウンテン・フィーマになり、全ての自我が統合され、全生命や人間の希望を叶えさせるような世界が完成されるとされている。

道徳・正義

フィメノーウルでの正義は上記のヴァル・アンジェシフに沿う。ヴァル・アンジェシフは全ての意思において全ての希望を叶えさせる一つの方法を提供するとされ、ヴァル・アンジェシフに到達する道(ライム・ヴァル・アンヴェ, leimè var anvai)は全ての動物や人間において変わらない最善の道であるとされている。しかし、人間も動物などの意思、物質はそれに沿わずともエントロピーを拡大させてゆくためライム・ヴァル・アンヴェに必ず沿わなくてはならないというわけではない。

ライム・ヴァル・アンヴェは全ての意思ある意思体に最高の有益である。人間の行動はそれに近づけば近づくほど良いと見なされ、遠ざかれば遠ざかるほど悪いと見なされる。人間の社会において『悪い』と見なされた事を裁く際にはこのライム・ヴァル・アンヴェにどれだけ距離が在るのかを見極める事がフィメノーウル信仰社会における罪と罰の関係である。各家派や水家派閥でこのライム・ヴァル・アンヴェが何かということはバラバラに分かれて、緻密に編纂されており、フィメノーウル信仰だからといって共通した法、道徳、推奨行為が存在するわけではないのは重要なことである。

科学感

世界の物質と意思はエントロピーを拡大して現在を構成している物理現象や法則、気象が存在するが、これらは意思と物質が密接に関係しているということを基本においている。意思が弱くとも、全ての物質には1以上の濃さの意思を持って意思体として構成されているのがこの世界の現状であり、水家気象学においては儀式によってそれら意思体に呼びかける事で天候を変更させる、決定させる事が可能とされた。物理法則や気象現象は物質と意思のエントロピーの拡大によってその緻密なルールが崩壊してしまうため、唯物論的科学は流れ行く歴史の一片における行動原則を数万年使い続けるようなものと考えられた。この代わりに、意思体をどのようにすれば制御可能なのか、意思体の意思によってどのような現象が総合的に発生するのか、エントロピーの拡大と現象法則は共にどのように変化するのかということを念頭に置いた水家科学主義が起こった。これは唯物論的科学における法則と現象を全て説明可能であるという。

死刑制度

フィメノーウルの社会に死刑制度は存在しない。どんなに、悪い人間でもその意思物質が死刑によって拡散してしまうことは、短期的には悪い意思の拡散とされる。だが、最終的にはAFに全てが至る為に、そもそものところ意思物質の拡散に手を加える事は我々生物には不可能であるという考え方もある。