Linux

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GPD-WINは通常のノートPCと同じ仕様であり、
ブートローダーがUEFI64bitなので様々なLinuxディストリビューションが動作します。

・UbuntuLinux
 初期状態でUSBからブートローダー起動します。
 ただ、Intel Graphicsが非対応なので、grub.cfgに「i915.modeset=0」の追加が必要です。

・UbuntuLinux Wubi-For-Ubuntu
 Windows上からアプリとしてデュアルブートするUbuntu。
 パーティションやブートローダーを破壊しないのでお勧め。
 Windows上で1ファイルイメージを作成して起動する形になります。

・Fedora

 初期状態でUSBからブートローダー起動します。
 ただ、Intel Graphicsが非対応なので、grub.cfgに「i915.modeset=0」の追加が必要です。

・Debian GNU/Linux
 Multi-Archのイメージファイルなら問題なく起動します。
 初期状態でUSBからブートローダー起動します。
 ただ、Intel Graphicsが非対応なので、grub.cfgに「i915.modeset=0」の追加が必要です。

・ManjaroLinux
 初期状態でUSBからブートローダー起動します。
 ただ、Intel Graphicsが非対応なので、grub.cfgに「i915.modeset=0」の追加が必要です。

・GentooLinux
 初期状態でUSBからブートローダー起動します。
 ただ、Intel Graphicsが非対応ですが、grub.cfgの設定は不要です。
 逆に画面が表示されなくなります。

・OpenSuseLinux
 初期状態でUSBからブートローダー起動します。
 ただ、Intel Graphicsが非対応なので、grub.cfgに「i915.modeset=0」の追加が必要です。