アストレイレッドフレーム改

こちらはアストレイレッドフレーム改の武装解説等のページ
コンボ、戦術等はアストレイレッドフレーム改(考察)
対策は対策 (VS.コスト2500)
正式名称:MBF-P02KAI ASTRAY RED FRAME KAI パイロット:ロウ・ギュール(&ハチ)
コスト:2500  耐久力:650  変形:×  換装:△(デルタフォーム)
前作からのコピーの部分が多くあります
随時更新・削除してください
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ビームトーチガン 6 70 平均より多少性能が低い
射撃CS1 ガーベラストレート投擲 - 75 スタン。レッドフレームとほぼ同じ
射撃CS2 ガーベラ・ストレート&
タイガー・ピアス投擲
- 75/135 スタン→打ち上げ。
CS1に追加でタイガー・ピアスを投擲
サブ射撃 TA2L【アローフォーム】 1 60 時間差で加速。スタン。
特殊射撃 マガノイクタチ 1 0 SAのないプレッシャー。当てるとブースト回復
各射撃特射派生 TA2L【フライトフォーム】 - - TA2LがFFに変形、敵機の方へ山なりに高速移動。
今作から横入力で回り込みながら接近
デルタフォーム時
特射派生
ヴォワチュール・リュミエール
【高速移動】
- - デルタフォーム時はTA2Lの外観のみ変化
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 斬り上げ→左薙ぎ→右薙ぎ→
逆風&斬撃飛ばし→斬り抜け&納刀爆破
NNNNN 277 出し切り強制ダウン
派生 斬り抜け N→前
NN→前
NNN→前
126
145
169
脇を抜けつつ一閃
派生 縦回転斬り N→後
NN→後
NNN→後
142
158
180
2回転切り バウンドダウン
派生 赤い一撃(レッド・フレイム) N→特
NN→特
NNN→特
270
271
281
ボディブロー&アッパー
派生中キャンセル不可
前格闘 斬り上げ→左薙ぎ→突き刺し→唐竹割り 前NNN 220
横格闘 2刀開き斬り上げ→2刀回転斬り 横N 170 斜め角度の連続回転斬り
派生 斬り抜け 横→前 123 ゴッドの前派生とほぼ同じ
初段からのみ派生可
派生 縦回転斬り 横→後 137 初段からのみ派生可
派生 赤い一撃(レッド・フレイム) 横→特 266
ボディブロー&アッパー
初段のみ派生可。派生中キャンセル不可
後格闘 格闘カウンター 248 両手を挙げてホールドアップのポーズ
BD格闘 斬り抜け→地獄車→斬り上げ BD中前NN 169 斬り抜けから各種特格へキャンセル可
特殊格闘 TA2L【ソードフォーム】左斬り上げ→右斬り上げ→袈裟斬り 特NN 311 全特格突進中にSA
TA2L【ソードフォーム】突撃→逆袈裟 前特N 236 突撃中は射撃ガード
TA2L【ソードフォーム】右薙ぎ→右回転薙ぎ払い 横特N 265 手早く終わる
TA2L【ワークフォーム】挟み込み→切断爆破 後特N 236 初段掴み属性、打ち上げダウン
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
TA2L【デルタフォーム】 3ボタン同時押し - TA2Lをデルタフォームに変形。
攻撃判定無しの時限強化。解除硬直有


【更新履歴】新着2件

16/03/14 新規作成
16/08/25 文末の空白削除&リロード時間追加

解説&攻略

『機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY』より、ロウ・ギュールが搭乗する「アストレイレッドフレーム改」。
ネブラブリッツとの戦闘で損壊したレッドフレームにライブラリアンとの戦闘で大破したターンデルタのパーツを組み込んで
ロウ自身が修理及び大幅な改修を行なった機体であり、本シリーズに参戦している3機のレッドフレームの中で一番新しい機体である。
タクティカルアームズIIL(以下TA2L)を様々な形態に変形させて武器等として用いるが、基本的にはあらゆるフォームに素早く変形できるVフォーム(V字だから)で背中に背負っている。

知り得る技術を「何に使うか」ではなく「技術的に興味がある」だけで搭載した機能が満載されているのは当ゲームでも再現されており、
  • エネルギー吸収武装マガノイクタチ(特射):金枠の特格の本来こうなるはずだった完成系
  • ヴォワチュール・リュミエール(覚醒技):スターゲイザーの推進システム。核動力でないので本来のスペックは出せない
  • TA2Lアローフォームのビーム屈曲誘導(サブ):ヴォワチュール・リュミエールの効果でビームを自在に屈折させることができる
  • パワーシリンダー(N格特格派生、後特格):小型化高出力化され、見た目こそ通常だが腕部とTA2L(刀身の可動部)に組み込まれている
といった多数の機能が使用可能。
曰く、「歩く 働く 戦える 『技術の総合デパート』」
全ての武装を駆使し、試合を有利に進めて行くのが勝利への鍵となる。

本家レッドフレームと同じように射撃と特殊移動で相手を詰める立ち回りが主。
ブルーフレームを彷彿とさせる各特格での大火力が持ち味で、あちらとは違い能動的に使いやすい点が強み。
強誘導のサブは始動として一番世話になるが見合っている時には当たらず、次発までのリロードも長いため息切れは格闘機相応。
幸いBRと癖はあるが強力なCSを持っているので、まともに手出しができる点を考えれば同コスト帯の中では優秀な部類。
格闘周りも前作よりアッパー調整が施されており、相手を行動不能にしたうえでデバフをかけられるのはレッドフレーム改の特徴。
全ての射撃から派生できる特殊移動を主軸に格闘を狙っていく事となるが、逆に特殊移動以外で素の格闘戦は各特格のSA以外抜けているものは少ない。
レッドフレームのように正面から回り込んで殴り合うのではなく、ある程度相手の背中を捉えながら動く必要がある。
コストの違いもあって見た目以上に繊細な立ち回りを要求されるが、その分リスクを超えたリターンを出せるので強気に行く場面を見極めよう。


勝利リザルト
通常:右の刀横薙ぎ→左の刀振り下ろし→右の刀を逆手に持ちなおす。
サブを構えている状態:アローフォームのTA2Lを構える。
特格(ワークフォームを除く)を使用中で勝利:TA2Lソードフォームを大きく逆袈裟して、切っ先を前に左上段に構える。
覚醒技使用時:両手に刀を持ったまま縮こまり、手足を広げると同時にTA2LがVフォームからデルタフォームに変化する。

敗北リザルト
2刀を持ったまま両膝をついて上を見る(天を仰ぐ)




射撃武器

【メイン射撃】ビームトーチガン

[常時リロード][リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2][補正率:-30%]
TA2Lの持ち手兼溶接機であるビームトーチガンからビームを発射。サブキャンセル、特射派生可能。
弾数6発の常時リロードで足の止まらないオーソドックスなBR。
他BR持ち機体と比べて誘導も銃口補正も弱め。威力と弾数は平均的。
間接的ながらもBR→格闘ができるため非常に強力だが、依存度は後述のフライトフォームもあり高いため弾数管理はキッチリとしよう。

【射撃CS1/2】ガーベラ・ストレート投擲/ガーベラ・ストレート&タイガー・ピアス投擲

[チャージ時間:2秒/1段階][属性:実弾][スタン/スタン&鈍足効果+特殊ダウン][ダウン値:2(+1)][補正率:-20%(+〈-20%〉)]
「ダブル攻撃!」
腰に携えた二振りの日本刀を投擲する。特射派生可能。
CS1はガーベラ・ストレートのみ。スタン属性でやはり下方向への誘導が強く、ほぼ真下に落下する敵に刺さることがある。
こちらのガーベラに鈍足効果はつかない。

CS2では追加でタイガー・ピアスを投げる2段攻撃。
  • ガーベラ・ストレート投擲
最初に投げるガーベラにのみ鈍足が付与。10秒間張り付き、その間シャア専用ゲルググの格CS3程度の速度低下を与える。
味方にも鈍足効果があるので間違っても誤射しないように注意しよう。
  • タイガー・ピアス投擲
続いて投げるタイガー・ピアスのみ、射撃ガード付きの受身不可打ち上げダウン。75ダメージ。
横回転で投げるので判定が大きめで、Sストライクのブメ程度の大きさ。
ガーベラ投げも合わせた全体的な挙動は動かなくなったX2改のサブ。ロック替え可能で、ロック対象を変えると2段目のタイガーは変えた対象に飛んでいく。
ロック変更しなくても銃口補正に加え誘導も掛かり直すので、ガーベラを避けたと思った敵にタイガーが引っ掛かることもある。
しかしタイガー・ピアスは盾判定こそあるが、ガーベラを投げてから投擲まで間があるので狙って防御するのは難しい。
耐久力はダウン値で計算されているようでFAZZの特射や格CS等はゲロビを突っ切って直撃するがフルセイバーN特射はすぐに消える。

鈍足付与はとても強力なため、どうせ使うならCS2まで溜めていきたいところだが、
合計4秒のチャージの間メインもサブも撃てないというのはバカにならないデメリットである。
2段階チャージなので、1段目までチャージしてしまうとゲージを調節しながらメイン射撃を撒くといった行動も不可能。
また使用時には完全に足が止まるため、面と向かっての射撃戦では投げる隙が見つからないこともしばしば。
格闘コンボのバウンドダウン、相方の攻撃への援護等から追撃で狙うなどがやりやすいか。
落下に刺しやすい独特の軌道とスタン付与はCS1も同じなので、状況次第ではそれで妥協することも大事である。

どちらのガーベラ・ストレートもスタンを上書きするので、ダウンを取りたいときには注意が必要。
だが、裏を返せば攻め継に有用でもある。
特射派生はCS2でも1本目のガーベラ・ストレートから派生できるが、派生受け付け時間が短いので慣れが必要。

【サブ射撃】タクティカルアームズIIL【アローフォーム】

[撃ちきりリロード][リロード:4秒/1発][クールタイム:2秒][属性:ビーム][弱スタン][ダウン値:1][補正率:-20%]
「アローフォーム!」
TA2Lをアローフォームに変形してビームを放つ。特射派生可能。当たると弱スタン。
ONよりメイン射撃からキャンセル可能になった。

ビームの動きは
1.構え(サブ入力)。この時点でレバーの入力方向に応じて有効な誘導範囲がある程度固定される。
2.光弾型のビームを射出する
3.(Nと横の場合)射出後1秒程度で加速し、この際強烈な誘導が掛かる
であり、停滞しているように見えても徐々に進んでいる。
再誘導しない事もありブルーディスティニー1号機のサブではなく、緩急のあるフォビドゥンのサブに近い性質を持つと言える

そのため1~2の時点で誘導が切られると以降誘導しないが、その分加速に移行する際の誘導は強烈。
相手の動きとこちらのレバー入力方向にもよるが、誘導を切られない限りメイン以上の弾速で高誘導弾が飛んでくる。
加速後は徐々に誘導が弱くなるが、弾速に比して強烈な誘導が掛かっていることに変わりはない。
ダメージがメインより低いため手早く終わるコンボではメイン始動より下がる場合もあるが、
補正は若干良く、赤い一撃や後特格等の単発ダメージの高い攻撃を利用したコンボではダメージが伸びる。
逆に射撃での追撃ではダメージが安くなる傾向がある。その点、中近距離で真価を発揮するレッドフレーム改とは相性がいい。

弱点や欠点としては
  • 硬直があり滑らない上発生が遅め
  • 加速前に誘導を切られた時点で誘導しないことが確定する
特に誘導に関しては、性能を把握しておりこちらを見ている相手には当たらないため闇討ち気味に放つ場合が多くなる。
そういった相手には逆に構えを見せるだけでもステップ等の誘導切りや盾の強要もできるので、搦め手やブーストの浪費による行動の制限としては有効な手段になる。
サブ→特射派生もサブを避けさせてフライトフォームで追撃…等も仕掛けやすいため優秀。

着地間際の敵、味方の射撃で動いた敵、アメキャン等の誘導切りを持たない落下武装や特殊移動持ち、可変機に対してはこの機体の高いコンボ火力もあり、
欠点も含めて罠や布石としても強烈なプレッシャーとなるためうまく狙っていきたい。

ビームはレバー入れで弾道や誘導する有効範囲が変化する。
有志の検証によると
上:停滞が短く、下への誘導が強い
下:比較的停滞が長め 上への誘導が強い
左:左に向け発射し、正面を0度として射出位置から右への誘導が強い
右:右方向に発射し、上記同様、射出位置から左への誘導が強い
左右は単純な横BDにHITしやすいが、右に逃げる敵には左入力となるので注意。
以上の細かな違いがある。左右は使い方が難しいが上は手早く加速させれ、下は高跳び相手に使いやすい。
基本上でいいだろう。

デルタフォーム中の性能変化はない。
クールタイムはあるが覚醒リロード対応。
ヴァサーゴの特射のように弾切れ中でも構えること自体は可能で、構え中にリロードされれば発射できる。

ONになって念願のメインからのキャンセルルートが追加された。
メインで動いた相手をさらに動かす、バクフワメインからの赤ロック保存で撃つ等やれることが増えた。
慣性が乗らないのは変わらないので隙は大きく、リロードや誘導もマキブの頃より弱体化しているのでご利用は計画的に。

【特殊射撃】マガノイクタチ

[リロード:15秒/1発][属性:オーラ][弱スタン][ダウン値:1][補正率:-15%]
「おとなしくしてな!」
スパアマ(以下SA)の無いプレッシャー系武装。特射派生可能。
武装名はゴールドフレーム天の特格と同じだが、こちらはプレッシャーのような範囲武装。

SAが無く範囲も狭いことからジ・Oやキュベレイのものというよりtype-レオスのDプレッシャーに近い。
SAがない代わりと言うべきか
  • 開幕から使用可能
  • 他機体のものよりリロードが早く、覚醒によるリロードに対応
  • オバヒ時でもFFやデルタ時特格といった派生行動がある
という利点がある。

同名の武装を持つ天と違い、エネルギーを強制的に放電させて吸収する機能は自機の耐久値の回復ではなくブーストゲージの回復という形で再現されている。
ヒット時の回復率は15~20%と、BDをギリギリ2回できる程度。
ヒットからワンテンポ置いてブーストゲージが回復するので、オバヒ時でのヒットから即行動は後述のフライトフォーム以外は不可。
例:オバヒ時特射ヒット→硬直(キャンセル行動なし)→『ブースト回復』
  オバヒ時特射ヒット→即FF→『ブースト回復』
と言ったタイミングになる。
自機のBD回復効果以外に、敵機にヒットさせると感電したような青い電撃のエフェクトが発生し、相手は11.5秒間ブースト性能(回数1~2回分)が低下する。
ダウン追い打ちでも効果あり。デバフ僚機にまで効果が及ぶため万が一にも誤射しないように。もし誤射した場合は素直に謝ろう。
上記のようにヒット→ブースト回復に間があるためか、プレッシャーの範囲ギリギリでヒットから即キャンセルするとスタンのみでデバフが付かないことも。
めったに起きないくらいタイミングはシビアだが、追い打ちでデバフを付与するのが目的の場合は一応留意しよう。

シールドガード不可能な武装であるプレッシャーを持つこと自体が大きなメリットではあるものの、実戦で取り回すとなるととにかく発生の遅さが目立つ。
迎撃で使うには慣れが必要で、特にマスターやフルクロスのような速い格闘機を相手取ると、
突っ込んでくるのを見てからや起き攻めでの発動ではタイミング次第では間に合わずに潰されることも多い。
迎撃で相手が踏み込んでくるであろうタイミングを読んで当てる、そもそも踏み込まれる前に牽制として見せていくなど、扱う側の技量が問われる。
この武装を見せれば敵は大体後ろに逃げるため、モーションだけ見せて接近自体を拒否、発生した瞬間に特射派生して背中を追うというように使える。

起き攻めで使用する際はSAがないのでねじ込むと言うよりは若干速く発動して判定の持続で当てるように心がけたい。
オーラの発生から即キャンセルするとその時点で範囲の拡大は止まるが、特射派生した場合は出し切りと同等まで範囲が広がる。
特射派生を挟んでからキャンセル行動をすることにより相手の背後から当てるといった本体とプレッシャーでの挟み打ちと言った芸当も可能。

覚醒時には発生が高速化するので、通常時の遅いイメージもあいまって相手が格段に引っかかりやすくなることは覚えておこう。

補正が悪くコンボダメージが伸び悩むという点はあるものの、赤い一撃や後特など単発火力の高い攻撃を通常時でもいつでも使えるという、
他のプレッシャー持ち機体には無い利点があるので攻めでも十二分に活躍が期待できる。

また機動戦でこそ扱いは難しいが、起き攻めとしては已然強い強制力を持つ選択肢であり、バッドステータス付与の効果からコンボの〆として使うことも視野に入る。
特に相手が射撃戦メインであることが明らかな場合などは、積極的にこれをダウン追い打ちで使うことで、張り付きを楽にできる可能性がある。
CS2の鈍足付与でも似たような立ち回りが可能なので、リロード状況に応じて使い分けたい。
〆で使う場合はN格下派生やBD格2段目(地獄車)のバウンドから前ステ、横格初段などから即キャンセルで安定する。

ゴールドフレーム天の同武装もこれを目指していたが、ようやく技術に時代が追いついたため非接触でも強制放電&吸収が可能になった上、
核動力の機体でもフェイズシフトダウンさせるほどに強化されている。
オーラ展開時にはTA2L(Vフォーム。時限換装中はデルタフォーム)の切っ先が開く。

デルタフォーム中の補正の変化はない。


【特射派生】タクティカルアームズIIL【フライトフォーム】

「フライトフォーム!」
メイン・CS(CS2の各投擲)・サブ・特射から派生可能。TA2Lをフライトフォーム(以下FF)に変形し、居合いの構えを取りつつ敵機の方向に「へ」の字を書くように山なりに高速移動。
派生できるタイミングは「へ」の頂点を越えて以降の下りに入った瞬間あたりからで、最速入力で登りの時点で格闘入力しても派生しない。
BD格以外の各種格闘、特格にキャンセル可能。虹ステ可能。緑ロックの場合もロックしている敵のいる位置に向けて動く。移動自体のBD消費は2割ほど。
オバヒでも使用可能な上、ONからはレバー入力で左右への機動変更が追加された。

「へ」の字を描く機動であるため、高度差やタイミングによっては相手の射撃を飛び越える事が可能。
入力時から山なりに移動する登りまでは一定量のブーストを使用し、下りで徐々に消費していく。
飛距離限界に達すると若干慣性を残したまま自由落下に移行するが、達せずに敵機に肉薄すると急制動が掛かり短い硬直が発生→独特の慣性を残したまま落下する。
場合によるが、何もしないでそのまま落下して相手の下に潜り込む、キャンセルルートを利用して攻撃と上手く利用しよう。
キャンセルで特格を出してもしっかりと変形モーションを挟むため、相手がこちらを見ていない場合を除き非推奨。

赤ロック圏内で発動して格闘にキャンセルする際には再誘導が掛かるため、各種射撃やFF中にステップを踏まれても、格闘を振る際にはちゃんと相手に向かう。

緑ロックからのフライトフォームに派生した場合、およびFF中に緑ロックになったの場合は相手に誘導しない。
主に真上を取ってプレスした後のFFをした場合等に散見するが、とにかく「相手を目の前に捕えようとする」性質があるため、距離次第で初段を当てること自体は可能。
仮に初段が当たっても以降が誘導しないためスカすが、例外としてN格・横格からの各種派生は再誘導して全段命中することが確認されている。
振るならN格・横格で初段ヒット確認からすぐに派生するか、虹ステやBDCからコンボに繋ぐのが良い。
前述した「目の前に捕えようとする」性質があるため、相手が真上にいると急上昇、真下にいると急降下する挙動も確認されている。
狙ってできることではないが、緊急脱出の手段としては覚えておこう。

本機体の動きの要。射撃からの追撃、前線への急行、闇射ち、開幕特攻、相手の足もとへの潜り込み、ロック替えからの逃げ、オバヒ時の足掻きなどに。
メインから派生することが多く、弾数管理に注意。

ONで追加された左右への機動変更もあり、接近の際の被弾率低下にも一役買うため突撃の際の利便性は大幅に向上した。
オバヒ時に射撃を盾で防がれても、回り込んでめくれる場合もある。

【デルタフォーム時特射派生】ヴォワチュール・リュミエール【高速移動】

「バーニア全開!!」
詳細は上記のFFと同様。
デルタフォーム時はFFに変形せずにデルタフォームのままヴォワチュール・リュミエールによる推進で高速移動する。
BD消費が1.5割ほどに減っており、覚醒も合わされば射撃の弾数にさえ気を付ければある程度贅沢にBDゲージを使える。
セリフも変化するが飛距離の変化はなく、モーションの変化や速度が速くなるだけに留まる。

格闘

ガーベラストレート&タイガーピアスの2刀を主体に、一部で投げ技や拳なども使う。
緑ロックでの抜刀判定は無し。

【通常格闘】左斬り上げ→左薙ぎ→右薙ぎ→逆風&斬撃飛ばし→左斬り抜け&納刀爆破

「刀が2本ありゃぁ、手数は倍だぜ!」
長時間&高威力の5段格闘。
「刀が2本ありゃぁ~」と言いつつモーションは終始タイガー・ピアス(虎徹)を用いており、
ガーベラ・ストレート(菊一文字)は斬撃飛ばしにのみ使われた後に投げ捨てられてしまっている。

突進速度、伸びともに少し弱い。判定は強くX1のN格に勝てる。
4回斬った後、相手を斜め上に吹き飛ばし、スタンする衝撃波(ビーム属性)を放った後に切り抜け→納刀後爆発。
派生自体は豊富だが、出し切りは時間がかかるのでカット耐性もあまりなく衝撃波を放つ部分と納刀時の隙が致命的。
加えて衝撃波は貫通しないビーム属性でマントやバリア持ち、追従アシスト等で敵機の前面に障害があると防がれてしまう。
衝撃波のスタンは長く、サブでの追撃が間に合うほど。攻め継続にも使えるので使い所は見極めたい。

ONからは衝撃波~出し切りまでと各種派生時にあったBD消費がなくなったため、ブースト管理がしやすくなった。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 左斬り上げ 70(80%) 70(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣各派生 下記参照
┗2段目 左薙ぎ 94(72%) 30(-8%) 1.9 0.2 よろけ
 ┣各派生 下記参照
 ┗3段目 右薙ぎ 123(65%) 40(-7%) 2.0 0.1 よろけ
  ┣各派生 下記参照
  ┗4段目(1) 斬り上げ 166(55%) 65(-10%) 2.3 0.3 ダウン
   4段目(2) 斬撃飛ばし 202(43%) 65(-12%) 2.6 0.3 スタン/射撃属性
   ┗5段目(1) 左逆手斬り抜け 224(33%) 50(-10%) 2.6 0 スタン
    5段目(2) 納刀爆破 277 160 8↑ 5.4↑ ダウン

【通常格闘/横格闘前派生】右薙ぎ抜け

前派生で斬り抜け。受け身不可打ち上げなので放置にも使え、更にコンボを繋げる事も可能。
この機体の格闘の中ではカット耐性が高めだが、納刀モーションがあるため終了時に僅かに硬直あり。
ONからは打ち上げ高度が高くなり、放置性能が上がった。オバヒ着地からのCS2や特射のデバフも間に合う。

【通常格闘/横格闘後派生】縦2回転斬り

「真っ二つにしてやるぜ!」
後派生で満月大根切り。1回入力2段攻撃で、1回転目が強よろけ、2回転目がバウンドダウンになっている。
前派生と比べ動かないが出し切りまでの長さはほぼ変わらず、ダメージと放置では若干勝るためカット耐性は中々。
ONからはバウンド属性の攻撃は強制ダウンでも適用されるようになっため、使い勝手が増した。

【通常格闘/横格闘特格派生】赤い一撃(レッド・フレイム)

「これが俺の!赤い一撃(レッド・フレイム)だぁ!」
特格派生で赤い一撃。
左ボディブロー(強よろけ)→右アッパー(爆風あり)の2段ではあるが、やたらとハードヒットなモーションな上キャンセル不可能。
強制ダウンの高々度打ち上げだが、自機が動ける頃には同高度くらいまで落ちてきている。
射撃始動で準覚醒技クラスのダメを短時間で与えられ、SAは無いが初段を自由にキャンセルできる覚醒技と考えれば破格。そして何より『格好いい』。
キャンセル不可なこともありこの機体の実質的な覚醒技その1。
一段目から派生したほうが結果的に良いことが多い。狙って出来るものではないが爆風は他の機体も巻き込む。

ハードヒットはあるものの動きは意外と機敏かつコンパクトで、最中よりも終了後の硬直にカットが刺さる場合が多い。
リスクはあるがリターンの方が大きいと見込めるのなら被弾覚悟でねじ込むことも一考の価値がある。

N・横格
各種派生
動作 累計威力
(累計補正率,累計ダウン値)
単発威力
(単発補正率)
単発ダウン値 属性
N NN NNN
前派生 斬り抜け 126(65%,2.7) 145(57%,2.9) 169(50%,3.0) 123(65%,2.7) 70(-15%) 1.0 特殊ダウン
後派生 前転斬り(1) 106(71%,2.0) 126(63%,2.2) 152(56%,2.3) 101(71%,2.0) 15(-3%)×3 0.1×3 強よろけ
前転斬り(2) 142(65%,2.7) 158(57%,2.9) 180(50%,3.0) 137(65%,2.7) 50(-6%) 0.7 バウンドダウン
特格派生 ボディブロー 110(68%,1.7) 130(60%,1.9) 156(53%,3.0) 107(68%,1.7) 50(-12%) 0.0 よろけ
赤い一撃 270(%,) 271(%,) 281(%,) 266(%,) 235(-%) 特殊ダウン

【前格闘】斬り上げ→左薙ぎ→突き刺し→唐竹割り

ガーベラ左逆手斬り上げ→タイガー左薙ぎ→タイガー左突き刺し→ガーベラ右唐竹割り。
初段で刀(ガーベラ)を上に放りつつ斬りつけ、最終段でキャッチし斬るトリッキーなモーション。
通常格闘の中では初段の伸びが優秀でそれなりに動くのだが、キャンセルルートや派生がなく、
3段目までが多段ヒットの上に最終段は納刀モーションがあるのでキャンセルしないとカッコいいが出し切りまでがすごく長い。
3段目のタイガー突き刺しで相手の体に刀が一時残るが、鈍足付与はない。

ONより最終段の吹き飛ばしのベクトルが変更され追撃しやすくなった。出し切りからは前フワメインが地上付近でも確定する。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 斬り上げ 70(80%) 70(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 左薙ぎ 122(65%) 65(-15%) 1.9 0.2 よろけ
 ┗3段目 突き 172(53%) 13(-2%)×6 2.2 0.05×6 ダウン
  ┗4段目 唐竹割り 220(41%) 90(-12%) 3.2 1.0 特殊ダウン

【横格闘】2刀開き斬り上げ→2刀回転斬り

多段2ヒットのX字斬り上げから、回転しながら連続で叩きつける回転斬り。
発生、回り込み、伸び、上下の誘導が良く拾い性能が高い主力格闘。初段がダウン属性のため対オールレンジ武装持ちに対しても有効。
振り払うように斬るからか左右に範囲が広く中途半端なステップを狩ることがあり、また前傾姿勢から斬り上げるように切るためか下方向も広い模様。
しかし肝心の判定は格闘機と比べてかなり弱い為、かち合いでは不利になりがち。
基本的には硬直などに差し込む形で使っていくことになるだろう。

ONより2段目の回転斬りが出し切りまでが早くなった。
そしてなによりも、N格と同様の派生(前・後・特格)が追加されたのでコンボやオバヒ時の足掻きの選択肢が増えた。

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 2刀開き斬り上げ 67(80%) 35(-10%)×2 1.7 0.85×2 ダウン
┣各派生 上記参照
┗2段目(多段) 回転斬り 125(68%) {10(-3%)+15(-1%)}×3 2.0 0.05×6 よろけ
 2段目(最終段) 回転斬り 170(56%) 65(-12%) 3.0 1 ダウン

【後格闘】格闘カウンター

「一刀両断!」
両手を軽く上げホールドアップのポーズを取る。
格闘を受けると即座に敵機を一閃しスタンさせ、立膝でゆっくりと納刀し大爆発。
発生は早いが構え自体の持続は短く、レッドフレームやレッドドラゴンように射撃に対する防御判定も無いので過信は禁物。
逆に余程発生の速い格闘でない限りは見ていて反応から間に合うほど発生は速い。
ONより成立時の納刀爆破までが高速化。マキブが約4秒ほどだったのに対し半分の約2秒に。

成立時の一閃は角度によって当たらないことがある。自機と異なる高度から成立した場合は注意。
完走できた場合のリターンは非常に大きくカッコいいが高度の問題、赤い一撃やワークフォームの存在もあるので初段からコンボに繋げる選択肢も忘れずに。

一閃からキャンセルしてN特格N→後特格コンボが完走できた為、初段のダウン値は恐らく1かと思われる。

後格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 カウンター一閃 50(90%) 50(-10%) 1? 1? 強スタン
┗2段目 納刀爆破 248 220 5↑ 5↑ 強制ダウン

【BD格闘】左斬り抜け→地獄車→左斬り上げ

「先手必勝!」
斬り抜けで打ち上げた後、相手を掴み回転しながら地面に叩きつけ、吹き飛ばした相手に向かって追いかけて斬り上げ。
射撃に対するカット耐性は比較的高いが、叩きつけてから相手を斬り上げるまで間隔がある。

ONからは初段ヒット~出し切りまでにあったBD消費がなくなったため、ブースト管理がしやすくなった。
さらに初段ヒット時と最終段から各種特格にキャンセルルートが追加。
射撃から各種特格では発生の問題で追撃が間に合わない、BD格使用時にはオバヒ…と言う時でも追撃が容易となった。

初段の伸びが良好で、よく動き、地獄車以降は特殊ダウンのためコンボ起点に放置に便利な主力。
メイン(CS/2)→地獄車までで放置→CS2(ダウン追い打ち)が間に合うので、ダメージよりも継続して鈍足付与したいのなら視野に入れるのも有りか。

BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 斬り抜け 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 ダウン
┗2段目(1) 掴み 64(80%) 5(-0%)) 1.7 0 掴み
 2段目(2) 地獄車 120(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 バウンドダウン
 ┗3段目 斬り上げ 169(55%) 75(-10%) 3.0 1.0 特殊ダウン

【特殊格闘】タクティカルアームズIIL【ソードフォーム】/【ワークフォーム】

N、前、後、横でTA2Lを使った様々な攻撃を繰り出す。
全て突進時にSAがついており、ごり押し、コンボパーツ、接近手段と色んな用途があるので是非使いこなそう。
今作では発生が早くなり使い勝手が上昇し、一部は数値上火力は下がったが全体耐久の低下もあり実際は強化されている。

非常に高威力だがダウン値の関係上、N特格と横特格はデルタフォームを発動していないと格闘コンボに組み込んだ際に途中でダウンしてしまい意外と火力が伸びない。
デルタフォーム中は威力、補正値が変化しダウン値が減少する。さらにメイン・CS・サブ・特射→各種特格へのキャンセルルートが追加される。

SA付属時間はTA2Lを「ソードフォーム/ワークフォームに変形し終えてから攻撃判定が出る瞬間までの突進時」のみで、咄嗟の防御には使えない点は注意。
が、青枠の特格と比べればまだ闇討ちでの生当ても狙えるレベル。
本機の実質的な攻撃の覚醒技その2。特にデルタフォーム時の後特は単発火力に目を見張るものがある。
あまり知られていないが、N特格をガードされるとガードした相手のブーストを強制的にオーバーヒートさせる効果がある。

レバーN:【ソードフォーム】左斬り上げ→右斬り上げ→袈裟斬り

「ソードフォーム!」
青枠N特格の様な三段格闘。打ち上げる斬り2連から叩き落とし(全段特殊ダウン)。
特格の中では総合火力に優れ、通常時でも出し切りで300を超える超威力。
ダウン値の関係で通常時は生当てかサブ・特射からの追撃用が主。

特格の仕様上、ソードへの変形開始からブーストを消費し、最初の初段と2段目で本体の高度が上昇するため着地の際のブースト管理に注意。
壁際だと最終段をスカすことがある。
VL中は2段目までの威力は下がってしまうものの、その分補正が良くなっており、よりコンボに組み込み易くなっている。

特殊格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 左斬り上げ 113(79%) 40(-7%)×3 2.4 0.8×3 特殊ダウン
┗2段目 右斬り上げ 206(58%) 42(-7%)×3 3.6 0.4×3 特殊ダウン
 ┗3段目 袈裟斬り 311(18%) 50(-8%)×5 5.1 0.3×5 特殊ダウン

VL時
特殊格闘
動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 左斬り上げ 99(79%) 35(-7%)×3 2.1 0.7×3 特殊ダウン
┗2段目 右斬り上げ 195(64%) 43(-5%)×3 3.0 0.3×3 特殊ダウン
 ┗3段目 袈裟斬り 311(19%) 50(-9%)×5 4.0 0.2×5 特殊ダウン

レバー前:【ソードフォーム】突撃→逆袈裟

「大逆転と行くか!」
TA2を盾の様に構えながら突進後、叩き斬る。VL中の変化はなし。
特格の中では足掻きや射撃に対するねじ込みに優れる。

性質上、初段がフルhitしにくいため、ダウン値が余りやすい。
その為通常コンボに前特即Nを組み込むと二段目の叩き斬りがフルhitして火力を伸ばすことが出来る。
突撃には射撃バリアが付いており、突撃中に格闘追加入力で上段から叩きつけるバウンド格闘。
格闘追加入力の時点で盾判定が消失するので注意。

ONからは叩きつけがバウンドダウンになり、デバフ追撃やコンボの〆の放置としてそれなりの火力を兼ね備えた非常に強力な選択肢となった。
代わりにダウン値は上昇した模様(要検証)。

突進時の射撃バリアはヒットストップがあり、ゲロビもしっかりと防ぎきる。
突進開始(攻撃&盾判定の発生)と同時にSAが消失するため、盾判定あり格闘の宿命である爆風を伴う攻撃は苦手なので注意。
また、盾判定に耐久限界か時間制限があるようで、照射時間の長いゲロビやマシンガンを延々と受け止めると盾判定がなくなる。
盾判定そのものもほぼ正面のみ、突進自体の誘導も弱いので少しでも軸をずらされると直撃をもらう可能性がある。
少なくとも軸さえ合っていれば25ZZ特射の照射時間の半分以上は防ぎきる。足の止まる射撃でも慣性の乗るものには注意しよう。

防御判定に関しては試作2号機のBD格に類似する。詳細は下記にて


欠点こそあるが、バリアありなのでこと敵機のオバヒ時の足掻きに対しねじ込むには強い選択肢なのは間違いない。
突進中に覚醒すると格闘ボタンを入力された扱いになるのか即座に叩き付けに移行するため、ドヤ覚しようとすると盾判定が消え痛打をもらうことになるので注意。

前特殊格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 突撃 74(80%) 20(-5%)×4 1.6 0.4×4 強よろけ
┗2段目 逆袈裟 236(30%) 53(-10%)×5 2.6 0.2×5 バウンドダウン

VL時
前特殊格闘
動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 突撃 74(80%) 20(-5%)×4 1.2 0.3×4 強よろけ
┗2段目 逆袈裟 236(30%) 53(-10%)×5 2.2 0.2×5 バウンドダウン

レバー横:【ソードフォーム】右薙ぎ→右回転薙ぎ払い

「クルッとな!」
回り込みながらソードフォームで右回転斬り×2。
特格の中では威力に加え範囲と出し切りまでの早さのバランスに優れる。

出し切りまでかなり早いが、振りかぶるように斬り始めるためSA判定は短い様子。
回り込み+出し切りが短時間+広範囲+突進時SAと特格の中でも一番実戦で振っていくことが多いであろう格闘。
伸びも中々で当たれば一瞬で260前後の耐久値を持っていけるため狙える所はしっかりと狙っていきたい。
周囲を薙ぎ払う&武器そのものが大きいので、半端なステップやロックしてない敵機を巻き込むことがある。
ただ、薙ぎ払いといっても円を描く判定ではなく、前方180~200度程度の様子なので完全な真後ろまで判定は無いので過度の信頼は禁物。
また、初段がダウン属性のため当たり方や地形次第で2段目をスカしたり外す事がある。

発生の問題で間近で使うと外すことが多々ある。モーションの関係もあり右に逃げる敵になかなか当てにくい。一歩手前ぐらいからが当てやすい。

通常時では2回目の回転斬りの補正が良く、横特格初段を当てずに2段目のみを当てる空かしコンでかなりのダメージを与えられる。
一方VL中では逆に初段の補正が良くなり2段目が劣悪になる為、空かしコンではなく横特格初段からキャンセルしてのコンボを積極的に狙っていくことになるだろう。

ON稼働初期では実質強化された火力・発生の強化、すかし当ての発生頻度、全体の耐久調整もあって猛威を振るった。
振るいすぎて5/26の修正にてソードフォームへ変形し終えてから突撃に移行するまで、突進時の追従速度と伸び、1段目から2段目に移行する際の踏込みが弱体化。
全盛期ほど攻めでは使いにくくなったが、特格の中では使い勝手がよく火力は据え置きなので主力には変わらない。
逆転だぜ!と言うには十分な性能なので上手く使っていこう。

横特殊格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目(1) 右薙ぎ 131(60%) 38(-10%)×4 3.2 0.8×4 ダウン
1段目(2) 右回転薙ぎ払い 265(10%) 66(-10%)×5 5.2 0.4×5 特殊ダウン

VL時
横特殊格闘
動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目(1) 右薙ぎ 131(80%) 35(-5%)×4 1.8 0.45×4 ダウン
1段目(2) 右回転薙ぎ払い 266(35%) 43(-9%)×5 2.8 0.2×5 特殊ダウン

レバー後:【ワークフォーム】挟み込み→切断爆破

「ワークフォーム!」
TA2Lの刀身兼作業用大型アームであるワークフォーム形態のTA2Lを左腕部に装着し、ハサミのようにして掴んで持ち上げる→挟み切って爆破。
特格の中ではSA判定の持続によるカウンターやごり押し、コンボダメの底上げに優れる。

全く動かないが掴みから爆破までのモーションはこの手のヒートエンド的掴み格闘にしては比較的早い。
高々度打ち上げで掴み属性な事もありコンボパーツ向き。
掴み&SAもあってタイミングさえ間違えなければかち合いや悪あがきとしても強い。
また、初段の持ち上げからは地上でも格闘に繋げることができる。

ONではダウン値に修正が入ったようで、掴みがダウン値0かほぼ0に近い数値に。
覚醒中生当てであれば強制ダウンにならず特殊ダウンの打ち上げに収まるようになった。デバフ追撃に利用しよう。

特格の中ではSAの利便性が特に高く、明確に挟むモーションが見えるまでSAが持続するためヒットストップも相まって敵から殴られた後に掴むことも。
一度SAさえ発生してしまえば能動的カウンターとしても強力。斬り抜けBD格を受けてから振り向いて掴むこともあるレベル。
ただ、掴みであるため誘導を切られると横特のように範囲で巻き込むという事は当然なく、他の特格と同様に単発強制ダウンの攻撃を持つ機体には弱いので過信は禁物。
格闘でゴリ押してくる・覚醒抜けから殴りに来る敵などに対して強い選択肢となるので、体力に余裕があるならクロスカウンター覚悟で手札に数えても損はない。

初段ダウン値が低く、BD格(初段・最終段のみ)からキャンセル可能なので使い勝手がかなり向上しオバヒでもコンボ完走しやすくなった。
コンボに困ったらこれか、Nか横初段から赤い一撃でいい。

VL中後特格は初段の補正こそ落ちるものの最終段が単発威力270と覚醒技級の威力を叩き出す。

後特殊格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 挟み込み 60(80%) 60(-20%) 0~0.01 0~0.01 掴み
┗2段目 爆破 236(-%) 220(-%) 5.0 5.0 特殊ダウン

VL時
後特殊格闘
動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 挟み込み 60(70%) 60(-30%) 0~0.01 0~0.01 掴み
┗2段目 爆破 249(-%) 270(-%) 5.0 5.0 特殊ダウン

バーストアタック

タクティカルアームズIIL【デルタフォーム】

[持続時間:17秒][属性:換装]
「ヴォワチュール・リュミエール発動!」
TA2Lをデルタフォームに変形後、ヴォワチュール・リュミエールを展開する。
発動動作は短く、動作中はSA付きで攻撃判定とBD消費は無い。
発動中は機動力及び各種格闘の伸びが大幅に強化され、FFはVL【高速移動】に変化し移動速度の上昇と僅かにBD消費軽減、メイン・CS・サブ・特射から直接各種特格へのキャンセルも可能となる。
特格のダウン値も低下するため、各種特格から各種特格のコンボ等も可能になる。
覚醒が終了してもデルタフォームは維持される。

覚醒技の例に漏れず、発動の硬直は一切キャンセルできないので状況をよく見て発動したい。
覚醒を使う割に持続が17秒とやや短く、キャンセル不可な発動硬直とキャンセル可能な解除硬直(若干BD消費あり)があり実稼働時間はさらに短く約15秒ほど。
ロウ曰くレッドフレームは兵器ではないので核動力を搭載するつもりがないから仕方ない。
終了後の解除モーションが入るため、前線のど真ん中で硬直を晒さないようゲージ管理もしっかりと。

外部リンク