ガンダムAGE-1

正式名称:AGE-1 GUNDAM AGE-1 パイロット:フリット・アスノ
コスト:2000  耐久力:580  変形:×  換装:○
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
ガンダムAGE-1 ノーマル タイタス スパロー

【更新履歴】新着1件

16/03/14 新規作成

解説&攻略

『機動戦士ガンダムAGE』第1部「フリット編」の主人公機が引き続き参戦。パイロットはフリット・アスノ。
胸部の「A」のマークのセンサーのコアユニットに生物の進化を機械に応用した「AGEシステム」を搭載した進化するMSである。
戦闘中に収集したデータからシステムが提案した設計図を、専用の工作機械「AGEビルダー」を通して武装や「ウェア」と呼称される換装パーツが製造することで自己強化を図る。
本作ではその中でTVシリーズで登場した「タイタス」「スパロー」の2形態へと換装が可能。
AGEシステムにより「ガフラン」との戦闘データを基にしてノーマル形態で装備しているドッズライフルが、
そのドッズライフルが効かない敵「バクト」の出現に対しその装甲すら砕くパワーをというオーダーでタイタスが、
スピードで勝る敵「ゼダス」の出現に対し圧倒的な機動力をというオーダーでスパローが作り出された。

前作のノーマル形態からタイタスかスパローのどちらかに進化するというシステムは撤廃され、各武装やコマンドにも調整が入っている。
そのため使用感は前作の『MaxiBoost』とは大きく異なり『Force』に近い。

総じて前作のようなノーマル形態時に追い込まれたり放置されたりする展開が格段に減った。
3つの形態をいかに使いこなすかが明確な勝利の分かれ目となるだろう。
逆に、どの形態だろうと「使いやすいから」と一つにこだわっていると、この機体である必要性を失うので注意。
なお武装のリロードは他形態換装時でも行われる。弾数節約(特にノーマル)のためにも全形態回すのは必須である。
打ち切り武装はちゃんと使いきってから換装する癖をつけよう。

勝利ポーズは形態により変化、換装コンボである覚醒技ならフィニッシュの瞬間の形態でポーズが決まる。
またタイタス・スパローにはそれぞれアシスト勝利ポーズがあり、計5種類のポーズが存在する。
ノーマル:種風にドッズライフルを構える。初めてドッズライフルを装備したシーンの再現。
タイタス:全身のビームを全て展開してどっしり構える。
タイタス時アシスト存在中:デスペラードと共にポーズ。
スパロー:横回転しながら上昇→シグルブレイド構え。
スパロー時アシスト存在中:Gエグゼスと共にポーズ。

敗北ポーズは1種類のみ。ノーマル形態でメインスラスターから煙を吹き、各部が損傷した状態でうつ伏せに浮いている。
アニメ36話でAGE-1フラットが中破したシーンに似ている。


戦術

基本形態のノーマル・火力形態のタイタス・機動形態のスパローの3つを相互換装して戦う機体。
射撃戦が出来るノーマルで相方の援護や迎撃を行い、隙を見てタイタス、もしくはスパローで闇討ちを狙うのが基本のパターンとなる。

一見すると「使いやすいスパロー一択で構わないのでは?」と思うかもしれない。
スパローだけでも一応戦いが形にならないわけでもないが、それが通じるのはスパローの対策が出来ていない相手だけ。
実際のところ、スパローは見合い状態に弱く、迎撃力が低いという明確な弱点が存在する。
相手との距離を測ったり通常闇討ちをするのであればこの形態一択だが、そのような状況がずっと続くのは稀だろう。
スパローだけに頼るなら他に2000コストで良い闇討ち機体がいるのは言うまでもない。

前作では通過点だったため貧弱な性能だったノーマル形態も、本作では敵と見合っている状態で活躍する。
やや特殊なメインにゲロビ、ダガー投擲と、見た目はやや地味だが実用的な射撃バリエーションを揃えている。
特にサブのゲロビは20にしては高性能であり、他の20と本機を分ける明確な強みの一つであるといえる。
格闘も万能機相応であり、換装機の万能形態としては最低限のラインをクリアしている。
どうにも戦いで置いてきぼりにされていると感じるプレイヤーは、このノーマルを扱えていない証拠である。
スパローで何も出来ずウロウロするくらいなら、早めに換装して少しでも自己主張はしたほうが良い。
さりとてこの形態ではヘタするとスパローよりダメージが取れない場合もあるので、これに甘えすぎるのも良くない。

実用性の高い二形態の一方で、「癖が強すぎるタイタスの運用は不要」と思うかもしれない。
確かに性能面では他の形態と比べるとお世辞にも優秀とは言えず、出番は少なくなりがちである。
が、こちらは火力面で他の形態よりも全般的に優れている。生時の火力は全体で見ると普通だが、三形態の中では総じて高火力。
さらに格闘CSによる時限覚醒を活かした苛烈な攻めも可能であり、タイタスで一度致命傷を与えれば相手は警戒せざるを得ない。
パワーを活かしたアドバンテージの強奪はタイタスのお家芸であり、この形態の活用は安定した勝利には不可欠といえる。
また、見た目によらず後格の存在から、実はスパローより回避能力が高かったりする。発生も全体的にスパローより優秀で、打ち合いでも強い。
また、射撃戦という意味では実を言うとスパローよりタイタスのほうがまだ形になったりもする。

ステージや僚機、敵機、そして自身のプレイスタイルを考慮して、的確な換装を心掛ける事が救世主への第一歩となる。
どの形態も個性が際立っており、一つだけで戦っても一応それらしく戦えるので、どれか一つだけを極めたい気持ちになりがちである。
しかし換装機である以上、一つにこだわっていると戦術が大きく狭まる。というかこの機体を使う意味がない。
換装出来るという長所を意識して、全ての要素を的確に活用したい。
格闘戦の比重が大きくなるので、接近戦の立ち回りは覚えておこう。

EXバースト考察

「命は…おもちゃじゃないんだぞ!!」
前作とは違い覚醒技を空撃ちしなくても換装ができるので放置対策のために覚醒を残しておく必要がなくなった。
おすすめはFバーストだが、今作は後ろで射撃戦もある程度できるためSバーストもなくはない。
ただ覚醒は詰めに使うものなので、基本としてはFが良いだろう。

  • Fバースト 攻撃補正108%、防御補正85%
タイタス、スパローとの相性が良い。特にリミッター解除時のタイタスの爆発力は凄まじいものがある。
今作ではノーマルの格闘も強化されており、射撃→格闘のキャンセルルートの恩恵も十分に生かせ、特にタイタスのピョン格キャンセルは自衛面でも美味しい。
理想は、というか基本的にリミッター解除したタイタスに合わせて使うべし。最低でも2回はチャンスがあるはずなので半覚必須。
成功すれば、2500のシャイニングを思わせるぶっ飛んだ火力で、相手をギョッとさせられる。
立ち回り上、スパローの時に覚醒しがちだが、こちらだと低火力を補えはするが逆転力は薄い。
勿論スパロー時にダメージを出せるコンボは覚えるべきだが、開放タイタスで勝負を付けにいけるよう練習あるのみ。

  • Eバースト 攻撃補正100%、防御補正70%
半覚で覚醒抜け出来るので先落ちのリスクを回避しやすくなる。が、覚醒としての爆発力に乏しい。
低コ格闘機の常として事故確率が他低コよりも高く、換装している時間が一番長くなりやすいスパローは自衛面が不安定なので選択する価値はある。
先の通りFバーストでもスパローメインだと火力が伸ばしづらいため、爆弾戦法を取らず堅実にいくならばこちらも一考すべき。
ただこちらを選んだ場合は総じてプレッシャーがガタ落ちする。「どうせスパロー以外使わないから」という理由でこれを選ぶならやめるべきだろう。

  • Sバースト 攻撃補正105%、防御補正85%
こちらはノーマルでの恩恵が大きい。メインの連射や青ステ、メイン落下で安定した攻めが可能となる。
逆に言えば戦いではどうしても支え役に落ち着きやすいノーマルのためにこれを選ぶかと言われるとやや微妙ではある。
スパローやタイタスにも恩恵はあるが、キャンセル落下が出来ず、青ステ以外にあまり美味しい使い道がない。
一応スパローもタイタスも射撃→青ステ→ピョン格という流れで着地する手はあるが…。
ノーマルでは、覚醒で稼ぐべきダメージを稼ぐことが困難なことを考えると、選ぶ意義が圧倒的に薄い。

僚機考察

自由に換装出来るようになったことで前作ほど相方を選ばなくなった。
とは言え2形態が格闘機、特にスパローの闇討ち能力の高さから前線でロックを集めてくれる相方が望ましいだろう。

3000

鉄板。前衛でロックを集めてくれる格闘機や格闘より機体なら基本相性はいい。逆にじっくりと射撃戦を展開する機体が相方だとAGE1の負担も増えるので微妙。

  • νガンダム
悪相性の典型。νは安定して前衛を張れる機体ではなく、ラインが下がりがちなので下手をするとAGE-1が前衛という流れになりかねない。
勿論AGEが前衛というのは荷が重い。タイタスの爆発力に頼って爆弾をさせる、という考え方もなくはないが、やはり不安定。
ノーマルで延々と後衛しつつ、νがバリアを張ったら一緒に突撃という戦法が安定するといったところか。

  • サザビー
νよりは断然前衛が出来るが、キャンセルループが硬すぎるため結局こちらにターゲットが向きやすい。

  • ゴッドガンダム
一応前衛要件は果たしているが、現在の環境的にゴッドが求めるのはタイマン。
タイマン維持が簡単ではないAGE-1とは残念ながら相性が良いとは言えない。

  • マスターガンダム
前衛を求めるならやはり定石と言える相方。前衛でバリバリ荒らせるため、AGE-1側もやりやすい。
マスターのダメージ効率が良く、ついついスパローに偏りがちになるが、こういう相方でこそタイタスの火力も重ねていきたい。

  • ガンダムエピオン
ゴッドより前衛力で優れるものの疑似タイになりやすいため、AGE1の先落ちに注意。
自衛力の高いタイタスをしっかり扱えるようにしておきたい。

  • V2ガンダム
闇討ち前提の運用が考えられるAGE1にとって理想の相方の一人。
ABV2のロック集めは最早周知のとおり。弾幕が薄くなりがちなAGE1の射撃の質も向上してくれる。
理想としてはABでV2が攻めてる間にスパローで足止めかタイタスの闇討ち。
問題はV2が通常時の場合は押しが弱くなりV2が放置されAGE1先落ちが狙われやすい点。
そこさえしっかり自衛できればS覚醒ABV2+覚醒解放タイタスという相手からしたら半ば地獄絵図のような戦況になる。

  • Ex-Sガンダム
総じて微妙な事故。AGE-1に前衛を任せるのは荷が重すぎる。

  • ダブルオーガンダム セブンソード/G
行動範囲的には合致しており、離れなければなかなか有効なコンビ。
セブンソードが崩れそうになったら上手くフォローしてあげよう。

2500

コスオバの被害が緩い分こちらもしっかりとダメ取りを心掛ける必要のあるコスト帯。
ここからスパローに頼りすぎるとダメ負けが頻発する恐れもあるので注意。

2000

非推奨。闇討ちしづらくロックを散らせないと格闘が狙いづらい。


1500

どうしてもパワー不足感が否めないが下手な20と組むよりマシと言ったところ。

外部リンク