ガンダムX

正式名称:GX-9900 GUNDAM X  パイロット:ガロード・ラン&ティファ・アディール
コスト:2500  耐久力:600  変形:×  換装:○(ディバイダー)  ディバイダー時:地走型BD

ガンダムX

射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 シールドバスターライフル 8 75 4秒リロード。やや太いBR
格闘CS GXビット 呼出 1 200 Gビットを2機呼出してサテ発射(1出撃に1回限り)
サブ射撃 ハイパーバズーカ 3 80 キャンセルで威力低下 高弾速、高誘導の実弾
特殊射撃 サテライトキャノン 1 270 爆風つき照射ビーム
特殊格闘 ディバイダーへ換装 - どの武装からもC可、どの武装へもC可
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 左斬りあげ→右斬り上げ NN 121
前格闘 右ストレート 90 パンチ
横格闘 右薙ぎ→唐竹 横N 116 初段は回転よろけ
後格闘 前蹴り 80 半回転ダウン。NEXT、BD格
BD格闘 突進突き BD中前 82 多段ヒット。4ヒットで強制ダウン
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
サテライトキャノン【最大出力】 3ボタン同時押し 285 スパアマ有

ガンダムX DV

射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ビームマシンガン 50 15~120 最大10連射可
格闘CS GXビット 呼出 1 200 ガンダムX時と弾数共有
サブ射撃 ハモニカブレード 2 87/120 ジャミル機特格。キャンセルで威力低下
特殊射撃 ハモニカ砲【照射】 1 ?215 発生が少し劣る
特殊格闘 ガンダムXへ換装 - どの武装からもC可、どの武装へもC可
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 袈裟斬り→逆袈裟→袈裟斬り NNN 162
前格闘 突き刺し&蹴り飛ばし 116
横格闘 ディバイダー殴り→回転薙ぎ払い 横N 121 初段強よろけ
後格闘 斬り上げ 63 半回転ダウン
派生 ビームマシンガン高出力 後射 123 強制ダウン
BD格闘 X字斬り BD中前 116
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
サテライトキャノン【最大出力】 3ボタン同時押し 285 GX形態と同様


【更新履歴】新着2件

16/03/24 前作Wikiよりコピペ
16/04/06 前作からの変更点を追記、武装に反映

解説

『機動新世紀ガンダムX』より登場する、第7次宇宙戦争時に旧地球連邦軍の切り札として開発されたガンダムの1機。
ニュータイプ用のフラッシュシステムと背中のスーパーマイクロウェーブを背部リフレクターに受ける事で使用可能になる、
コロニー撃滅用の戦略兵器サテライトキャノンが最大の特徴。
ガンダムXディバイダーは中破したガンダムXをメカニックのキッドがジャンクパーツを元に修理・改造した機体。
原作では換装機ではない(試作1号機と1号機フルバーニアンの関係に近い)が、DV自体は換装プランの1つとしてキッドが以前から想定していた。

ガンダムXディバイダー(ジャミル機)のコンパチ機体で、2形態を使い分ける換装機。パイロットもガンダムDXと同じくガロードとティファ。
一般的なBR・BZ、自衛向きの良発生格闘、2500としては高水準な機動力・赤ロックを持ち、サテライトによるワンチャンが狙えるガンダムX(以下GX)。
優秀な武装を持つが地走BDで癖の強いディバイダー(以下DV)形態はジャミル機と完全に同性能ではない。
簡単に言うと武装がやや弱体化しており、BZがなくなったため敵を追い立て難くなっている。機動力でも劣っている。
戦闘中は「ガンダムX」とDV時は「ガンダムX DV」の後ろに(ガロード&ティファ)が付く。

本来アップデートにおいてオリジナル機が調整されるとコンパチ機も修正されるのが普通だが、本機はDVの調整に絡んだ強化を受けていない。
よって、これまでは微妙な差だったDV時の性能差に関して、本作では大きく水を開けられてしまっている。
その代わりに癖の少ない射撃寄り万能機のGX形態があるため、極端に相性の悪い機体が減っている。
攻めに特化したジャミル機とは違い、こちらはマイルドに調整されており、状況に応じた換装で強みを見せることが出来る機体に仕上がっている。
その分DVに固執しすぎると痛い目にあうので注意しよう。
基本的には近距離・ダウン取りではDV、中距離以遠・機動戦ではGX、というように使い分けよう(ロック距離もGXの方がプラクティスのタイル一枚分長い)。
また、リボーンズガンダムのような換装キャンセルを活かした落下行動も可能だが、テンポはやや悪い。
一方で接地していればブースト回復が可能な点はEz8に似ており、以上のことから換装機としてはリボーンズとEz8を足してニで割った感じと見ると良い。

ジャミル機が上手く乗れない方にオススメだが、DV形態における武装の使い方がわからないと強みも半減する。
この機体を本当に使いこなしたのなら、ある程度ジャミル機のDVも触っておいたほうがいい。
本作ではジャミル機の格闘CSが変わり、アップデートの有無も相まって差別化がさらに顕著となった。
また、向こうは弾数制限なしのDXがアシストにいるのに対し、こちらは一度切りのGビットなので、総合的な継戦能力は劣っている。

機動力はGX形態は25として良好な部類。
DV形態は、ジャミル機よりBDの速度と燃費が下がっている。

勝利ポーズは2種類。ジャミル機にあったサテライトキャノンを構えるポーズは削除。
GX形態時:落下しながらソード叩き付け→右薙ぎ。(1話でドートレスを2機まとめて撃破した際の再現)
DV形態時:ハモニカ砲を開く。ジャミル機と同じポーズだが、カメラ位置が変更されている。

敗北ポーズは2種類。どちらもポーズ自体はジャミル機と同じ。
GX形態時:左腕と頭部を失った状態で漂う。第1話アバンの再現。
DV形態時:左腕と頭部を失った状態で漂う。ジャミル機と全く同じ。




ガンダムX

射撃武器

【メイン射撃】シールドバスターライフル

[常時リロード][リロード:4秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2][補正率:-30%]
若干太いBR。サブ・特射・特格にキャンセル可能。
弾数こそ豊富だが、換装リロードありきのためか1発4秒とリロード時間が長い。
リロードの早いサブを活かして積極的に弾数を節約しよう。
特格からキャンセルしてもキャンセル補正はつかない。

無印ガンガンのようにシールドを使い続けたらメインが撃てなくなる…なんて事は無いのでご安心を。
今作では特射にキャンセルできるようになった。

【格闘CS】 GXビット呼出

[チャージ時間:2秒][属性:アシスト+照射ビーム][ダウン][ダウン値:3.0(0.15×20)×2][補正率:20%(-4%×20)×2]
「これが…フラッシュシステム…!?」
Gビットを左右に呼び出し、サテライトキャノンを発射させる。着弾点に爆風が発生。特格C可。
1出撃に1回のみの撃ち切り武装で覚醒によるリロードも無し。使用すると格CSゲージが消える。
これは両形態通してのことで、GX時に使えばDV時の格CSゲージも消える。その逆もまた然り。

発生はやや遅いが、銃口補正はなかなかいい。
本機唯一の多角的な攻撃が出来る武装。セルフカットは狙えなくも無いといった程度で、迎撃には他武装を使った方が良いだろう。

照射時間は短くビームも太くないが、爆風のおかげで乱戦やガード中の相手に対しては効果的。 クリーンヒットしたときのリターンも大きい。
温存すれば相手の注意を引けるし、注意してないようなら闇討ちが狙える。
中距離以遠でまとまったダメージが取りにくい本機に取っては貴重な一発兵器。抱え落ちするぐらいなら最悪分断にでも使ってやろう。

GX形態では相手の上から撃つのが容易で、爆風めくりがかなり狙い易い。
更に使用直後は本体が自由に動くことが出来るため、こちらもサテライトキャノンを撃つ事が出来るという独自の強みがある。
Gビットの爆風で浮き上がった相手をサテライトキャノンで撃ち抜いたり、ビットサテに隠れて本体からも撃つ、爆風を数箇所に発生させて移動の阻害や事故狙い…
など使い道は意外と多彩。起き攻めのダメ押しには有効か。

攻撃後のアシストの消滅時のエフェクトは一度しか使えないためか「爆発」になっている(元はジャミル機の武装であり、最後にGビットを破壊した時の再現なのだが)。
アシストの例にもれず、Gビットは耐久が非常に低い。(BR1発で壊れたのを確認)

本作ではジャミル機の格闘CSが変更されたため、このアシストはガロード機独自の武装となった。
元々X形態との相性は抜群だったことから今作でも頼れる武装だが、これを活かせるかどうかで試合が決まる場合もある扱いの難しさもある。
壊されやすいため思ったように活用出来ないこともあるなど、汎用性ではジャミル機のDXに大きく劣る。

【サブ射撃】ハイパーバズーカ

[撃ち切りリロード][リロード:5秒/3発][属性:実弾][ダウン][ダウン値:2+1][補正率:-30%]
ジャミル機のNサブ。弾速速めで爆風のないバズーカ。レバー後での弾道変更はなし。
メイン・特格からキャンセルでき、特格へキャンセル可。キャンセル時は威力が落ちる模様。

ジャミル機のNサブ同様誘導が弱め。しかし弾数が多くリロードも早いので、メインからキャンセルでの追撃にお世話になる。
メインのリロードが遅いという弱みもあるのでフル回転させて補っていこう。
本作では足が完全に止まるので、ブースト消費や高速弾などには注意。
遠距離からの追撃には、サブではなくメインを推奨。

今作では慣性が乗らなくなったかわりに弾速がアップ。誘導も向上した。

【特殊射撃】サテライトキャノン

[撃ち切りリロード][リロード:18秒/1発][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:5.0(0.25×20HIT)][補正率:20%(-4%×20)]
「これで…終わりだぁっ!」
GXの代名詞である照射ビーム。
太さ、銃口補正はそれ程でもないが高火力。本作ではメインからキャンセル可能。また、特格へキャンセルも可。1hitのダメージは21。
チャージされるとDXと同じくティファが知らせてくれる。
発生は本作で強化され、そこそこ速くなった。また、先の銃口補正もDXと比べればまとも。
『NEXT』時代にはなかった「着弾点に爆風が発生する」効果が付いている。
この爆風は格闘CSと同程度の大きさで、照射ビーム着弾時のものとしてはかなり大きいのが特徴。
特格からキャンセルしてもキャンセル補正はつかない。メインからは要検証。

爆風や覚醒中の発生向上などはガンダムDXのツインサテライトキャノンと似ているが、使い勝手があちらより良好。
通常時でも起き攻め、コンボパーツ、事故狙いの置きやオバヒを撃ち抜くといった運用が出来る。
その代わり1発しか溜められないため、思った所で当てられないと厳しい部分も。

銃口付近のエフェクトが激しいが、ビームはそれより2回りほど細いので注意。
良く見たら当たっていないということが起こり得る。また、状況確認もし辛い。
特に置きを狙う場合、相手の体力ゲージやアラートをしっかり見て、無駄に長く撃って攻撃を食らうといった事態を防ぐようにしよう。
オバヒからでも特格メインで自由落下できることも忘れずに。

1hit毎のダウン値に対してヒット限界数が低く(20hitすると判定が消える)、クシャトリヤの特射と同様覚醒中はビーム部分のみだとフルヒットしても非強制ダウンなので注意。

【特殊格闘】ディバイダーへ換装

「とにかくやってみる!」
DV形態へと換装する。換装後は地走BDになることに注意。
接地状態のまま換装可能な他、『特格以外の全ての行動からキャンセル可能』『換装後の特格・BD格以外の全ての行動にキャンセル可能』という大きな特徴がある。

どちらの形態もメインが移動撃ち可能なので、ここからメインにキャンセルすれば、敵が射角内ならば例に漏れず落下に移る。
ただ換装行動の際に敵に向き直らず、キャンセル可能になるまでの間が結構長いので、他の機体の落下テクと同じ感覚で使うのは難しい。
あくまでオバヒ状態での足掻きや、無理矢理コンボを繋ぎたい時に使おう。
また殆どの射撃武装にキャンセル補正が付くので、威力が下がる点にも注意。

使用していない形態の武装もリロードされるが、全武装で時間の補正が掛かる(約1.5倍)
このため一方の形態だけの回転率はやや悪いが、全体としてみると良い部類。

今作では換装~キャンセルがやや早くなり、落下テクとして多少使えるレベルにはなった。

格闘

DV形態と比べると全体に発生に勝るが判定には劣る。
またNEXT同様火力は全体で見ても異様な程単調かつ貧弱である。そのかわり即ダウン奪いやすいものが多い。
加えてオバヒで当てた場合、少し高度があるとどの格闘も相手の受け身が確定する。
この場合は初段を換装キャンセルし、DVの格闘や射撃でダウンを取ろう。

【通常格闘】左斬り上げ→右斬り上げ

出し切りが早く、追撃可能な2段格闘。NEXT地上N格。DV形態のNと比べて発生が速い。
初段性能は悪くない程度、Nだけに軌道が真っ直ぐ過ぎるため、初段として出すにはやや頼りない。
横よりはコンボ火力が出るので、コンボする場合はこちらに。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 袈裟斬り 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 右斬り上げ 121(65%) 70(-15%) 2.7 1.0 ダウン

【前格闘】右ストレート

相手を吹き飛ばすパンチ。1話でドートレスの頭を吹っ飛ばした技。
伸びが良く単発高火力な代わりに生格として出すものとしては非常に低性能。
分断が可能で、何より弾を消費しないことを考えると、コンボの締めに丁度よい。

前格闘 威力(補正率) ダウン値 属性
パンチ 90(-20%) 1.7 ダウン

【横格闘】右薙ぎ→唐竹

初段は初代横の様なほんのり長いよろけ。
非常に発生が早く、伸びも悪くない。そのため虹合戦やBR牽制からの差し込みなどでも頼れる。
GXで虹合戦をすること自体は少ないだろうが、侮った相手を食えるのは美味しい。
苛烈な攻めをGXで凌がないといけない時、これで格闘を決めるだけで相手の警戒を誘える。

一応判定もそこそこなので、射撃機らしい迎撃用格闘といった趣き。
ただしDVのものと比べると判定面は大きく劣る感がある点は注意。
また2段目が出るまでが遅く、Nを出したつもりでキャンセルしてしまうと相手の復帰が間に合う。
最後に叩き付けるため壁際でのみ追撃ができる。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 右薙ぎ 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 回転よろけ
┗2段目 袈裟斬り 116(65%) 70(-15%) 2.7 1.0 ダウン

【後格闘】前蹴り

右足で前蹴り1段。発生、判定共に優れるが、伸びはやや微妙。NEXT、BD格
初段としてはあまり使えず、基本としては至近距離迎撃用、またはコンボパーツ。
半回転ダウンなので両形態の特射へ繋げる。
サテへのつなぎは後ステor後フワステ安定。

後格闘 威力(補正率) ダウン値 属性
前蹴り 80(-18%) 2.0 半回転ダウン

【BD格闘】突進突き

フルヒットで強制ダウン。
突進速度は今一だがリーチはそこそこあるため、間合いによってはBRズンダ締めとしていける。
単発の格闘として考えるといろいろ低性能。
換装があるためそこまで困らないと言っても、回転率の悪いメインを補うためにもたまには活用していきたい。

BD格闘 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
突進突き 82(80%) 22(-5%)×4 5.0 ?×4 (強制)ダウン

ガンダムXディバイダー

射撃

【メイン射撃】ビームマシンガン

[撃ち切りリロード][リロード:8秒/50発][属性:ビーム][3hitよろけ][ダウン値:0.55][補正率:-5%]
「どけどけどけえええええ!」
ビーム属性のマシンガン。1クリックで5発撃ち、最大で10発連射可で10発で強制ダウン。サブ、特格C可能。
ビームなので射撃に打ち消されないのが嬉しい半面、マント系にはしっかり防がれる。
1hit辺り??ダメージ。射角は左右100度程。
マシンガンとしては平均以上の性能はあり、掻き消されないのは強み。様々な点で高性能なMG。
特格からキャンセルしてもキャンセル補正はつかない模様。

一般的なMGとは違い、連射速度・弾速に優れる。
3ヒットよろけという事もあり、よろけ取り能力に長け、キャンセルルートと他武装の豊富さから中距離でダウンを奪う能力も高い。
誘導はジャミル機から全く変わっていない。
銃口補正が低下したため弾がかなりバラける他、近距離の迎撃能力も落ちている。
しかし押し付けに行くぶんには充分な銃口補正があり、ある程度離れればバラけた弾も収束するのでそこまで問題は無い。

DV形態で唯一足が止まらない武装。半端な残弾はさっさと撃ち切る等、弾数管理はしっかりと。
とはいえ他の射撃が豊富な事に加え、本機は換装中でも各種射撃武装がリロードされる。
そのため欠点であったリロードの長さが、この特性のおかげでごまかしが効くようになった。

【格闘CS】GXビット 呼出

「フラッシュシステム、起動します」
GX時と同様。
ただしこちらは地走機なので頭上からの奇襲はやりにくい。

【サブ射撃】ハモニカブレード

[常時リロード][リロード:7秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:通常時2.8(0.35×8)/溜め時3.0(0.38×8)][補正率:68%(-4%×8)]
「決めてやる!」
ジャミル機では特格だったがサブへと戻ってきた。通称・ハモブレ。
ハモニカ砲からブレード刃を形成して発射。長押しで溜めあり。レバーN/横では横撃ちに、レバー前/後で縦撃ちになる。
横撃ちと縦撃ちは相互にキャンセル可能。というよりNサブを2回入力しても必ず横→縦の順に発射される。先に縦を撃てば無論次は横になる。
発射の瞬間まで銃口補正がかかり続ける。ズサキャンに対応。
地上ブースト慣性を乗せて滑り撃ち可。ステップからとだと何故かほとんど動かない。
特格にキャンセル可能。
メイン・特格からのキャンセル時はキャンセル補正が掛かる。(詳細は以下の表で)

チャージを開始して撃つ前にロックを変えるとそちらへ発射する。また赤ロック内でチャージをして撃つ前に緑ロックに逃げられると誘導しない。
つまり溜め中は攻撃行動扱いではないと思われる。

スサノオの射撃CSと同じくシールドやバリア・マント相手でも多段ヒットする。
そのためスモーの特格、2号機のBD格、フォビのレイダーの様な射撃シールドを貫通する。

発生と滑りが健在のDV時の主力武装。
通常射撃に比べたら横に広く、密集地帯に撃ち込んで事故らせる等の運用は有効。
溜めハモニカの性能は強力で、近距離の横撃ちは横BD、縦撃ちは上昇を取れる。
相手と高低差があるときなどで溜めるチャンスがあれば逃さず狙いたい。

メインと違って瞬時によろけさせ、特射と違って射程が長い。距離によらず役立つ武装。
内部硬直がやけに少なく、溜め無しで撃った直後から盾を仕込める。硬直軽減も兼ねた暴れとしても有効。
空撃ちでもズサキャンを有効に使える。極稀にハモブレが機体に当たっているのに被弾しない不具合があるので注意。起きてしまったら災難だろう。

特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
溜め無し ハモブレ 87(68%) 12(-4%)*8 2.8 0.35×8 よろけ
キャンセル時 72(68%) 10(-4%)*8
溜め有り 120(68%) 17(-4%)*8 3.2 0.4×8 強よろけ
キャンセル時溜め有り 92(68%) 13(-4%)*8

【特殊射撃】ハモニカ砲【照射】

[撃ち切りリロード][リロード:19秒/1発][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:(0.25×10)×6][補正率:60%(-4%×10)×6]
「お寝んねしてなぁ!」
対MS用19連装ビーム砲ことハモニカ砲。6本に拡散するビームを照射する。
距離と本数によってダメージ変化。赤ロック程度で射程限界あり。
地上ブースト、ステップ慣性を乗せて滑り撃ち可。
V2ABのサブと同様、距離にもよるが複数の照射ビームが同時ヒットするので、異常な速度でダメージが確定する。
敵の全覚抜け前に殺しきることもしばしば。
特格にキャンセル可能。特格からキャンセルで出すと補正が掛かり威力が落ちる。

ジャミル機ほどではないが範囲・弾速が非常に優秀で、照射系ながら近~中距離で活きる性能を持つ。 発生はそこそこ。
格闘迎撃・着地取り・至近距離から押し付けの主力だが、リロードが遅いので使い所に注意。

サテライトキャノンと並ぶ両形態通しての切り札となる武装だが、殺さず腐らせずで扱っていきたい。
頼る所はきちんと頼り、頼らなくても済む所は温存すること。

ビームは末広がりなので、基本的に至近距離でもない限りは普通の機体ならビームの直撃は2~4本が限界。
相手の機体サイズにもよるが、赤ロックギリギリだと1本しか当たらないことも。
かなり当てやすい部類ではあるが1本毎の最大ヒット数が少なく、強制ダウンまで持っていけない場面も結構あるので過信しないように。

【特殊格闘】ガンダムXへ換装

「まとめてかかってこいってんだ!」
GX形態へ換装する。
仕様はGX形態と同じだが、接地状態を保って換装するので、DV形態ではズサキャンとしても使える。
接地したまま換装→メインCすれば、メインが振り向き撃ちにならなければキャンセルと同時にブーストが回復する。
換装ズサキャンはジャミル機にはないガンダムXの特権であり、またDV形態で敵を攻め立てるために非常に重要な動きなのでぜひ活用したい。

とは言えやはり隙は小さいとは言えないので、使う際は状況を良く見よう。

格闘

ジャミル機の物より少し火力が落ちている。
火力以外の性能は完全に据え置き。
GX形態と比べると全体的に判定に優れる傾向にあるが、発生で大きく劣ってしまっている。

【通常格闘】袈裟斬り→逆袈裟→袈裟斬り

大型ビームソードによる3段。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 袈裟斬り 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 逆袈裟 116(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 よろけ
   ┗3段目 袈裟斬り 162(45%) 38(-10%)×2 3.0 0.5×2 ダウン

【前格闘】突き刺し&蹴り飛ばし

ソード突き刺し→蹴り飛ばし。
捕縛技だが、掴み失敗となっても動作を中断しない珍しい仕様。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 1hit 突き刺し 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 掴み
2hit キック 116(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 ダウン

【横格闘】ディバイダー殴り→回転右薙ぎ払い

膝つきの盾殴り→吹き飛ばす回転斬り。DV形態の主力。
初段は膝付きよろけなのでコンボ択が多く、覚醒技にも安定して繋がる。
回り込みが良好なので迷ったらこれを振っていこう。
一応出し切りからでも様々な攻撃に繋がる。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 盾殴り 61(80%) 32(-10%)×2 1.7 0.85×2 膝突きよろけ
┗2段目 回転右薙ぎ 121(59%) 27(-7%)×3 2.6 0.3×3 ダウン

【後格闘】斬り上げ

よくある斬り上げだが、異常に補正が悪い。
射撃派生可能。

【後格闘射撃派生】ビームマシンガン高出力

ビームマシンガンの単射モードで追撃する。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り上げ 63(60%) 35(-20%)×2 1.7 0.85×2 半回転ダウン
┗射撃派生 BMG単射 123(--%) 100(--%) 5.5↑ -- ダウン

【BD格闘】X字斬り

吹き飛ばす多段ヒットのX字斬り。

BD格闘 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
X字斬り 116(52%) 35(-12%)×4 2.6 0.65×4 ダウン

バーストアタック

サテライトキャノン【最大出力】

「てめえら・・・死にたくなけりゃあ、そこをどけええええええええええ!!」
入力と同時にGXに強制換装し、左右にGビットを2体ずつ呼び出して、5体でサテライトキャノンを一斉発射。発射前までスーパーアーマーが付く。
名前こそ変わっているものの、ジャミル機と同一の覚醒技。

GXのサテライトのみ、着弾地点に爆風を発生させる。
GXの銃口補正はかなり良く、ビットの方は悪いのでマルチロックしているかの様に射線が重なることも。
照射の1本1本は細いが、ビットのお陰で横の合計範囲は広い。
ビットは照射を開始すれば、本体が撃墜されない限り攻撃を続ける。(撃墜されたら同時に消滅)
ビットの耐久力はそれほど高くない(エピオンの強化時横サブで纏めて消せる程度)。

銃口補正と範囲は良好だが隙は膨大。
横初段などから確定で繋がり、大ダメージが出せるので、削りきりや逆転狙いのコンボに。

覚醒技 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
サテライトキャノン /(-%) /(-%) ビーム

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル。略記はBR:GX時メイン、BZ:GX時サブ、BMG:DV時メイン、ブレ:DV時サブ)

GX形態

威力 備考
射撃始動
BR≫BR≫BR 158 基本
BR≫BR→(≫)BZ 154(160)
BR→(≫)BZ≫BR 151(161)
BR→(≫)BZ≫BZ 153(163)
BR→BZ→換装→BMG 127 オバヒのときにでも
BR→BZ→換装→ブレ 129
BR≫前>BR 176 前フワステ
BR≫特射 207 ヒット確信から
格CS≫特射 ? サテライトコン
N格始動
NN>NN 196 基本
NN>前>BR 214
前格始動
前>前>前 216 高度/壁必要 メイン〆だと?? 繋ぎは要ディレイ
横格始動
横>NN>BR 188 バクフワでも当たる
横>横N>BR 184
後格始動
後>BR→BZ 176 高く打ち上げる。
後>BZ≫BZ 188
後>特射 237 バクステ、フワステ推奨。ステップが遅いとこぼす
後>NN>前 221
後>後>前 204
後→換装→NNN 207
覚醒時 F/E/S
NN>NN>BR
横N>横N>BR 地上で繋がる 横Nの繋ぎは右ステ推奨 高度/壁があれば前〆で??
前>前>前>前>前 338/??/?? 高度/壁必要。前>前の繋ぎはややディレイ

DV形態

威力 備考
射撃始動
BMG10hit 120 基本
BMG5hit≫(→)ブレ 125(122) 同上
ブレ≫BMG 125/158 威力はそれぞれ タメ無し/タメ有り
ブレ→ブレ 131/171 どちらも強制ダウン
ブレ≫特射 161?196/190?210 近距離ほど高威力だが離れてもそこそこ
ブレ≫換装→BR≫BZ 163 ブレ最大だとBZ入らない
最大ブレ≫換装→BR 171
N格始動
NN>特射 236 前ステ推奨
NN>後射 181 高く打ち上げる
NN>NNN 207
NNN≫BD格 202
前格始動
横格始動
横>特射 217 主力 前ステ推奨
横>BMG7hit 124
横>横N>BMG2hit? 167
横N>BMG5hit 160 安いが足は止まらない
横N>NNN 195 N3段目は1hitで強制ダウン
横N>横N 176
横N≫BD格 181
横N→換装→NN 186
横N→換装→前>前 216 メイン〆で??
後格始動
BD格始動
BD格≫BD格 165 地対地可だが、坂ではこぼす
BD格≫NNN(1hit) 178 繋ぎのNは少し遅らせること
BD格>横N 168

戦術

GX形態は足回りが優秀なので、こちらの形態で位置取りを調整していく。
武装に関しては高火力のサテライトキャノン以外には、25万能機としては最低限度のものしか持っていない。
よってこの形態で射撃戦を維持することは難しく、要のメインがすぐ枯渇してしまう。
あくまで戦況を調整する形態であることを忘れずに。
しかし「格闘CSと特射を同時に使用する事が出来る」のはこの機体ならではの大きなメリット。
格闘CSで固めて特射でめくる、格闘CSと特射でセルフクロスなど、ここぞという時に決めていきたい。

DV形態はジャミル機の武装を受け継いでいるのでGX形態と比べるとかなり強力。
BZ削除で相手を追い立てるのが苦手になった他、メインの地味な劣化のせいで押しも迎撃もあちらより弱体化しているため、的確な状況判断を要する。
とは言え相手にもよるが、接近戦や自ら攻めるときはDV形態の方が無難。

そして重要なのは、2形態を特格キャンでテンポ良く繋いでいくこと。
特にDV形態の特格ズサキャンは、機動力に難があるDV形態を効率良く使用するために重要。
「未使用形態も武装リロードが継続する」という特徴を前提とした弾数/リロードであるため、この点においても換装による形態回しは積極的に行いたい。

まとめると「GX形態で距離を詰め、DV形態で追い立てる」という形が大筋の流れとなる。
他の換装機と同じく、1形態だけでは最後まで戦い切るだけの力はなく、片方しか使えない・使わないでは話にならない。
攻めではDV形態を使っていくことになるので、慣れていないとまず間違いなくDV形態が足を引っ張ってしまう。
DV形態を扱えずにGX形態に執着していると、サテライトキャノンはあるものの他が貧弱なのでダメージ負けしやすくなる。
慣れない内はDV形態を重点的に練習しよう。ジャミル機に慣れてから乗ってみても良い。

覚醒考察

「ガロード…!」「こっちだなぁ!」
  • Fバースト
こちらはGX形態時の前格連打による火力が魅力。
DV形態時でも格闘は初段が優れてる横格から格闘を叩き込めるが火力はあまり見込めない。どちらかといえば機動力強化による逃げなどには使える。
前作に比べれば好きなタイミングで使えるので多少有用性はあがったが、総じていうとややロマン込みのワンチャンバースト。

  • Eバースト
GX形態、DV形態ともに自衛面や機動力向上、防御補正の高さにより安定感が増し、後衛志向のガンダムXにとっては嬉しい覚醒。
どのコストとともに立ち回りやすくなるので安定性を望むならこれがオススメ。
ただ攻めっ気がなく火力の底上げが出来ない分、丁寧な立ち回りが要求される。

  • Sバースト
GX形態での弾幕形成やリロード問題解消、サテライトのリロード短縮、DV形態ではリロに加え青ステ絡み自衛面強化が嬉しい。
どちらの形態にも旨みがある。今回は覚醒なので戦局を見て柔軟に対応しやすいので使いやすくなった。
落下ルートは元からあるとはいえ換装ありきなため、一つの形態でキャンセル落下まで出来るのも美味しいところ。

僚機考察

ジャミル機と違いDV形態の攻めっ気が無くなり、足回りの良いGX形態の追加があり後衛志向の機体となっている。
とは言えGX形態はサテライトキャノン以外がパッとしないので、ずっとGX形態を維持していてはコスト相応の働きが出来ない。
基本的には前衛が勤められる機体が望ましい。

3000

オススメ。
GX形態のおかげで癖の強さが薄まったためジャミル機より大幅に組みやすくなった。

  • ゴッドガンダム、マスターガンダム、ガンダムエピオン
格闘御三家。
GX形態での接近援護、DV形態での疑似タイや荒らしなど両形態をフル活用できる。
また味方と敵2機が団子状態になった場合にはサテライトが輝く。

  • 格闘寄り万能機(クアンタ、ダブルオーセブンソード、クアンタフルセイバー他)
格闘寄り万能機。
前衛を務められ、援護もある程度期待できる。

  • ガンダムDX
トリプルエックスコンビ。射撃の手数が多く、全体的に弾切れしやすいGXのカバーが利く。
注目度は言わずもがな。サテキャの影からサテキャやハモニカ砲などぶち込んでやろう。

2500

両前衛できる機体がいいだろう。
ただしジャミル機と違いこちらがコスオバしてもいいので、より攻めっ気の強い前衛機でもOK。

  • ガンダムX DV
ダブルエックスコンビ。
まずGX形態でジャミル機を前進させ、場が荒れ始めたらこちらもDV形態に移ろう。
高機動射撃機(特に落下キャンセル使い)が相手だとジャミル機が斬り込みづらくなるので、しっかりカバーしたい。

2000、1500

正直ここと組むならジャミル機の方が有用。
組んだ場合も劣化を承知でDV形態主軸でやるべきだろう。

外部リンク