コレンカプル

正式名称:AMX-109 CORIN KAPOOL パイロット:コレン・ナンダー
コスト:2000  耐久力:480  変形:×  換装:○(機体交代) 地走BD
※各機体の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
カプル&コレンカプル カプル コレンカプル

射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ミサイル 6
射撃CS ロケットパンチ -
格闘CS ∀ガンダム 呼出 - 120/70 新規武装。レバーN/レバー入れ
サブ射撃 メシェー 呼出 3
特殊射撃 通常の3倍! 1 -
特殊格闘 バトンタッチ
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 殴り→突き→打ち上げ NNN
前格闘 ジャンプ叩きつけ
横格闘 横薙ぎ→薙ぎ払い 横N
後格闘 突き刺し&踏みつけ&蹴り飛ばし
BD格闘 突き BD中前
バーストアタック 名称 入力 威力(F/E/S) 備考
その股ぐらに、ロケットパァァァンチィッ! 3ボタン同時押し //


【更新履歴】新着1件

16/04/19 分割作成

解説&攻略

コレンがディアナの元へ帰参した際に乗った彼専用の改造カプル。
ハリーからのスモー提供の申し出があったが、それをあえて断り、カプルを元にポゥら上官に強引に手伝わせ一晩で改造した機体。
赤い塗装や角、右腕にウォドムの巨大な手首、イーゲルのミンチドリルなど、彼の拘りらしきものが反映されている。

地走型の射撃寄り格闘機。急速接近や拘束アシストなどを持ち、攻めや自衛に必要な択は一応持っている。
しかしあくまでカプルと比べてであり、他の機体と比べれば自衛に気を揉むのは変わらず。
また、カプルと比較すると援護力が大きく下がるが、耐久が高いのでおいそれと前に出られないのが難点。
さらに新武装「∀ガンダム呼び出し」も、こちらは格闘ボタンを潰してまで格闘CSをホールドし続けるのが難儀という相性上の問題もある。
よって、やや追加アシストの恩恵は薄いが、手をだせない時には必要なので封印を考えるのはやめ、近づけないときにはどんどん呼びたい。
2000コストの格闘機らしく、というかそれ以上に基本は闇討ちなので、相手の隙を見て接近してダメージをとりたい。



射撃武器

【メイン射撃】ミサイル

[撃ちきりリロード][リロード:6秒/6発][属性:実弾][よろけ][ダウン値:][補正率:%]
「ドォーン!!」
腹部からミサイルを2発連射する。2発ヒットで強制ダウン。
この手の固定武装には珍しく射角がある。相手の居る方向へ上半身を向け、足を止めずに発射する(振り向き撃ち有り)。
弾速、誘導ともに中々の性能で、コレンで射撃戦をするならこれという武装である。
ソシエに比べるとこれ以外に射撃戦が出来るのは各種CSくらいで手札こそ少ないが、下がるべき時はこれで上手く牽制したい。
イメージはイフリート改のメイン射撃(グレネード)に近いが、固定武装ゆえかそちらより射角は狭く感じる。

ソシエメインと同じく、振り向き空撃ちで隙の少ないズサキャンができる。
地走時の振り向き撃ちはソシエメインと違い、他機体のものと同じく滑らない。
最後の弾を撃ったら射撃ボタンを押しっぱなしにして、射撃CSの準備をしておこう。

【射撃CS】ロケットパンチ

[チャージ時間:2秒][属性:実弾][ダウン][ダウン値:5.5↑][補正率:??%]
「ロケットパァァァンチ!」
飛びあがった後、右手に付けているウォドムの腕を発射する。よく見ると発射直後は中身に小さな手(ボルジャーノンのもの)が見える。
当たると強制ダウンだが跳び上がりから発射までの発生は若干遅く、誘導も一切しない。
だが弾速は速く、銃口補正自体もまあまあなため、着地・硬直取りに割と使える。
機敏に動くため並の射撃程度なら引き付けてからこれで回避可能。
また、コンボの〆に使えばなかなかのダメージになるうえ、反撃を避けられる。
コレンで後衛をやらなくてはいけない時はこっちの活用も積極的に求められる。特にカットを狙うならこれが一番。

【格闘CS】∀ガンダム呼出

[チャージ時間:2.5秒][属性:アシスト]
「派手に決めちまいな!」
カプルと同様。ただし格闘をホールドする関係上、コレンカプルだとやや使いづらい。
ただ遠距離においてはこれを使った援護が求められるうえ、コレン側でも自衛の選択肢としてやはり有効である。
ズサキャンにもかなり使えるので、絶対に腐らせないようにしたい。

  • レバーN:ビームライフル照射
[属性:照射ビーム/アシスト][ダウン][ダウン値:(1ヒット)][補正率:(1ヒット)%]
∀ガンダムによる照射ビーム。援護力が落ちるコレンカプルが使うならどちらかと言えばこれ。
「カプルでダメージを食らいすぎたが、かといってコレンカプルでも前に出づらい」時には積極的に撒いておきたい。
照射時間が長く、ヒットからロケパンを当てるとさらにダメージが伸びる。相手の盾を固めつつ、後に回り込んで捲るといった芸当も可能。
ただしゲロビ単体だとダメージが入り切るまでは時間がかかる。アシストの∀は耐久値が低いため破壊されやすく、そこだけは頭の片隅に入れておこう。
ちなみに自分にダメージは発生しないが、自機の弾は消してしまうという欠点がある。
特にCSのロケパンは脆く、自ら消してしまう現象がよく起こるので、射線にも注意を配りたい。

  • レバー入れ:2刀重ね薙ぎ払い
[属性:格闘/アシスト][特殊ダウン][ダウン値:][補正率:%]
∀ガンダムによるビームサーベル薙ぎ払い。こちらでも突撃して斬り抜けてはくれない。
寄られた時に射撃CSなどだけではなくこれを混ぜることで、容易に見切られないようにしたい。
コレンカプルの場合、基本は起き攻め対抗用として使うといいだろう。
また、どちらかで足を動かした後、もう一方を当てて寝かせるという芸当も出来る。
純格闘機など分の悪い相手に狙われたらカプル同様これで切り返したい。

【サブ射撃】メシェー 呼出

[撃ちきりリロード][リロード:12秒/3発][属性:][掴み][ダウン値:][補正率:%]
「メシェー!やるならここだ!」
敵に向かってカプル(メシェー)を投擲する。メシェーの耐久は低く、バルカン1発で破壊される。
敵に接触すると抱きついて一定時間拘束、拘束後はそのまま落下ダウンに移行する(ヴァサのアシュタロンと同じ)。
雰囲気はNEXT時代のアッガイのN特格に近い。

弾数はソシエ時と共用だがリロード時間がやや遅くなる。リロード中にソシエへ交代すると途中から高速化する。
逆もまた然りで、ソシエからコレンに変えるとリロードがその時点で鈍足化する。
投げられるという酷い扱いを受けて、メシェーが拗ねているのだろうか…。

格闘の途中に当てることで、お手軽な拘束コンボになる。相方が単発高威力持ちであれば撃ち抜いてもらうのもアリ。
自機が投げつけるタイプのアシストで、ダミー系の引き寄せ効果を受けないと思われる。
赤枠の菊一文字ほどではないが下方向への誘導はある。横方向は弱く、上方向に至っては皆無。
敵機に近づくと腕を拡げるモーションがあり、そこから消滅するまでの射程が発生する。
一応理論上の射程限界は無いが、メシェーが着弾し消えるまで次が投げられない=リロードが発生しない点に注意。
この仕様のため、遠投すると再使用までけっこうな時間がかかる。最後の一発は出来る限りソシエで消費したほうがいいかもしれない…。
または、外したと思ったら特射でメシェーを回収する、というテクニックがあるので、リロード時は頭に入れておきたい。

ズサキャンにも対応しているが、投擲後の動作が長いので使う機会は少ないだろう。

【特殊射撃】通常の3倍!

[撃ちきりリロード][リロード:4秒/1発][属性:特殊移動]
「うっほー!きたきたぁ!」
ソシエ、メシェーのカプルと連結しロックしている敵に向かって高速移動する。
∀の救援に行った時の再現。後世に伝えればいい!!

レバー横入れで側面に取り付くような軌道がとれる。BR程度なら避けられるため接近手段の主力。
ブーストを4割程度まで消費し続けるが、緑ロックでもオバヒでもモーションは変化無し。
BD格以外の各種格闘にキャンセル可能、突進中は格闘扱いなのか虹ステできる。
キャンセルしなければ移動し続けるため至近距離でだすと相手の周りをかなりの勢いで周回する。

単純な急速接近系の武装であるが、伸び・誘導は良好でリロード回転率も悪くはない。
あくまでも敵に向かっての移動なので主に闇討ちに使うことになるだろう。
サブでメシェーが出ている状態でもメシェーを強制的に呼び戻して発動できる。
この仕様のためサブ拘束→特射追撃が困難(特射入力で拘束が解ける)なため注意。
また、特殊射撃からバーストアタックにはキャンセルできない。

【特殊格闘】バトンタッチ

[常時リロード][リロード:0.33秒/1ポイント][属性:][よろけ/ダウン][ダウン値:][補正率:%]
「ソシエ!」「あなたの相手は私です!」
漫才のツッコミの様にソシエのカプルをどつきつつ、ソシエと交代する。
交代後、コレンカプルは敵に向かってロケットパンチを発射する。
体感ではあるが、このロケットパンチはCSのそれより弾速が遅い代わりに誘導が若干ある模様で、結構当たる。
ソシエからやる場合と同様カプルをどつく前にキャンセルしたり被弾すると失敗する。
ソシエ時のバトンタッチと比べると、こちらのほうが交代が若干早い。

交代したソシエはコレンにどつかれる事で元の位置よりも少し後ろに下がる。
交替後アシストになったコレンで相手の攻撃を防ぐ事も可能。位置が真正面でないので狙い辛いがこれで攻撃を回避できれば儲け物。
特殊射撃や特殊格闘、後格闘、バーストアタックでソシエのカプルを呼び出している間は耐久回復が一時停止する。

格闘

全段多段hitという他の機体にない特徴を持つが、それゆえにコンボダメージが安定しにくいという欠点がある。
判定は出てしまえば案外強いところもあるが、基本的に期待出来ない。

【通常格闘】殴り→突き→打ち上げ

「そーぅれっと!」
殴りつけ→胴突き→振り上げて打ち上げる3段格闘。伸びは並程度。
全段多段ヒット。2段目から後格闘にキャンセルできる。
出し切りからCSや各種格闘が繋がることや出し切り時間とダメージのバランスも良い為、着地取りとコンボパーツとして積極的に使っていきたい。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 殴りつけ (%) (-%)× × よろけ
┗2段目 中段突き (%) (-%)× × よろけ
 ┗3段目 振り上げ (%) (-%)× × ダウン

【前格闘】ジャンプ叩きつけ

「この窓枠がぁ!」
跳び上がりつつミンチドリルを叩きつける。多段ヒットのバウンドダウン。
緑ロックでは跳び上がり不可。 着地はしないので着地硬直上書きや虹ズサキャンはできない。

コレンカプルの主力格闘。
そこそこ機敏に飛び上がることと、近距離では飛び上がり部分がなくなり、凄まじい発生で格闘を出せる。
Hi-νの後格からキャンセルルートを無くした代わりに、格闘部分を使いやすくしたものと考えて良い。
特射と併用すれば、格闘の生当てを狙いやすくなる。
追撃もしやすいがバウンドダウンの拘束時間は長いので、適当なところでこれで〆て放置するのも有り。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 叩きつけ (%) (-%)× × バウンドダウン

【横格闘】横薙ぎ→薙ぎ払い

「邪魔だよぉ!!」
右から薙ぎ払い→返し薙ぎの2段。初段から後格闘にキャンセルできる。
初段性能は並だが範囲が広いので敵を巻き込みやすい。
出し切ると高度や壁利用などの条件(覚醒中でも不可)が無いとコンボが繋がらないので注意。
CSCも高度があっても不安定でミスりやすい。コンボを繋ぐ場合は1段目で。
初段から後格闘へキャンセル可能。

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 横薙ぎ (%) (-%) ×
┗2段目 返し薙ぎ払い (%) (-%) × ダウン

【後格闘】突き刺し&踏みつけ&蹴り飛ばし

「許さないんだから!」
ミンチドリルを突き立てた後、ソシエとメシェーを呼び出し3体で敵を踏みつけ、最後にコレンが蹴り飛ばす。可愛い。
格闘ボタン連打で攻撃時間とダメージが伸びる。視点変更がありカット耐性は皆無。
また追撃中はソシエの回復が止まる。この技は特に攻撃時間が長くなるため少々勿体無い。
基本的にはコンボパーツ用だが、N格の方が火力を伸ばしやすかったりする。
N格よりも補正値が緩いため、カット耐性を犠牲にすれば300超えのコンボもできる。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目(1) 突き立て (%) (-%) 掴み?
1段目(2) 踏みつけ (%) (-%) ×(1〜?) 掴み
1段目(3) 蹴飛ばし (%) (-%) ダウン

【BD格闘】突き

「覚悟しなぁ!」
突進しつつミンチドリルで一突き。ハードヒットする多段。
早めのCSCで数ヒット~出し切りからロケットパンチで追撃できる。
突き出し系なので出てしまえば意外と判定勝ち出来るが、何分発生に不安が多い。
突進速度もいまいちなので、メインからの追撃には期待できない。
また、突きの間が若干長いのでカットに注意。しかし拘束コンとしても使える。
前ステからサブ繋げることで相手を空中に磔にできる。かっこいい。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 突き (%) (-%)× × ダウン

バーストアタック

その股ぐらに、ロケットパァァァンチィッ!

「ええりゃっ!その股ぐらに、ロケットパァァァンチィッ!」
コレン・ソシエ・メシェーのカプルが合体し突撃。
ミンチドリルで打ち上げた後、コレンカプルのミサイルで更に打ち上げ、最後にロケットパンチを発射する。
突撃時にスーパーアーマー付き。避けられてもそこそこ長距離を移動する。
ターンXに一泡吹かせようとした再現。

ソシエ時に出す場合でも入力の瞬間コレン機に切り替わる。
そのため、ソシエ機の緊急交代&迎撃手段として使うこともできる。
ソシエカプルは交代に少し時間がかかるので、この技が活かせる場面は多いだろう。
逆にコレンカプルの耐久力が少ないときは使うタイミングに注意。発動後はすぐにソシエ機に交代するようにしたい。

極限技 動作 累計威力 F/E/S
(累計補正率)
単発威力 F/E/S
(単発補正率)
威力元値 累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 殴り抜け //(%) //(-%)× ダウン
2段目 ミサイル //(%) //(-%)
3段目 ミサイル //(%) //(-%)
4段目 ロケットパンチ //(%) //(-%) 10?

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
メイン始動
???
N格始動
???
前格始動
???
横格始動
???
後格始動
???
BD格始動
???
覚醒時
???

戦術

身も蓋もないことを言ってしまうと「近接機なのに格闘も射撃始動も弱く、おまけに足が遅い」、漠然と見ると良い所なしの機体。
しかし足を止めずに使える扱いやすいメインのミサイルや、バルカンでも壊れるが強制ダウンが取れるCSのロケットパンチなど、武装は節々でメリットが輝く。
そういった射撃を駆使しつつ、タイミングを見て特射で接近して各種格闘を入れるという、射撃寄り格闘機の基本に沿って動くのがこの機体である。
特に特射のダッシュは鈍足なコレンにとって、とても重要な武装なので闇討ち出来るタイミングで積極的に利用したい。

格闘も伸びや突進速度などで問題点が非常に多いが、節々で優秀さを見せる。
密接時なら超発生の前格、巻き込み事故が期待出来る横格は、特に始動では出番が多くなるだろう。
他にもダメージアップとカット耐性バランスが良いN格、補正が緩く拘束とダメージコンとして欲張れる後格やBD格など…ダメ取りでも活躍できる。
上手く扱えればハイリターンも見込める機体、大胆に立ち回りつつ、リスクは可能な限り避けて攻めていこう。
ただしリスクがあまりにも大きすぎるせいで、ハイリターンと言ってもそれがリスクに見合っているとは言い難いのがこの機体。
そこは交代による体力回復システムの影響でもあるので、無理すべきでないところではしっかりカプルに切り替えよう。

外部リンク