リフェイザー・ミスティック

形式番号:不明  パイロット:セシア・アウェア(プリモ)
コスト:6000(BOSS)  耐久力:  変形:×  換装:リフェイザー・ミスティック・フェイズ(最初から)
射撃 名称 威力 備考
射撃1 シールドビーム(5発撃ち) 横並びか縦並びに5本のビームを発射
射撃2 シールドビーム(湾曲誘導弾) 発射後に一度曲がるビーム
射撃3 シールドビーム(広域拡散) 拡散ビーム
射撃4 シールドビーム(単発) 単発ビーム
射撃5 シールドビーム(光球) スタン属性
射撃6 ビームロッド(高出力照射) 太い照射ビーム
射撃7 ビームロッド(拡散照射) 横並びに出る複数の照射ビーム
射撃8 翼ビーム 肩のビームキャノンから出る照射ビーム
格闘 名称 威力 備考
格闘1 突進 前動作後に突進
格闘2 薙ぎ払い 右手の杖で薙ぎ払う
格闘3 振り下ろし 右手の杖を振り下ろす
格闘4 ミストラルソウル 自機周囲に緑の竜巻を巻き起こす
格闘5 地均し 地面を踏みつけ竜巻柱を発生させる
格闘6 すーぱーセシアちゃんアタック! 見た目も名前も派手な突進技
特殊 名称 威力 備考
特殊1 特殊移動 着地点に緑の衝撃波を発生
特殊2 地形組み換え 一定時間ごとに使用

※技名は全て仮称の物です。

【更新履歴】

16/06/23 前作wikiより引用

解説&攻略

「あたしはセシア! あなたの命で遊んでいいよね?」
エクストリームガンダムRの機動神話形態。
黒を基調とした機体色となり、両腕の装備も杖と盾に変更(ex-機は馬上槍と弓)。
背中にビームキャノンも増設で4枚羽根になっている。本作では9-C EXにランダムで出現する。

パイロットのセシア・アウェア・プリモは無邪気で舌っ足らずであどけない子供の姿。
漫画版EXAではセシア内でも屈指の悪女キャラだったりするがこちらではそういった印象は与えない。
その代わりに「死ぬまでオモチャにする」などなど漫画版とは別の意味で恐ろしい発言が多い。
「遊び」という言葉を好み、覚醒時には髪が金色に光る。

得物が変わっている関係でex-のミスティックに比べると性能の変更が多い。
全体的に弾のサイズや拡散範囲、発生に優れる反面、弾速の遅く誘導の弱い射撃が多い。格闘や機動性もモッサリ気味。
Rカルネージのように弱体化点が目立つが、いざ相手にしてみると地味に手を焼く事も少なくは無い。詳しくは武装解説で。

射撃武器

【射撃】シールドビーム(5発撃ち)

フルクロスのピーコックスマッシャーのようなビーム5本拡散撃ち。
あるいはイクスミスティックの矢5本撃ちが誘導皆無になったもの。
横並びと縦並び、2つの発射パターンが存在。収束率が高く誘導皆無なので遠距離での強さはそれほどでもない。
1本だけだとよろけ。

【射撃】シールドビーム(湾曲誘導弾)

フォビドゥンのサブと同等の武装。正面、左右、そして上空と撃ち分けパターンもフォビと共通。
一度曲がるがそれ以降の誘導はほぼ無い。というより素で誘導が弱いのか、棒立ちでも当たらないことがある。
こちらでは発射時に足が止まらず、よく地走中に撒いてくる。
不意に側面から飛び出してくるのでBD中は要注意。
単発非強制ダウン(2回hitで強制ダウン)。

【射撃】シールドビーム(広域拡散)

ex-機では槍から撃っていた拡散ビーム、移動撃ち可能でサザビーのCSに近い。
ex-機との違いとして射出の時点で即拡散するようになっている。

【射撃】シールドビーム(単発)

シールドから単発のビーム。高難易度だと連射してくることも。

【射撃】シールドビーム(光球)

シールドから球状のビームを1発撃つ。
当たるとかなり長時間のスタンなので、ほぼ確実に追撃を喰らう。
本機の射撃の中では要注意度高め。

【射撃】ビームロッド(高出力照射)

杖から太めのビームを照射、イクスの槍ゲロビと同等のもの。
弾速が非常に遅くなっているが発生がイクスのものより素早く、至近距離で撃たれると避け辛い。
ex-機には在った左右への薙ぎ払いは未確認。

下記の拡散ゲロビとの撃ち分けが、この機体対策の鬼門となる。
発動時に前足を振り上げた場合はこちらなので覚えておこう。

【射撃】ビームロッド(拡散照射)

こちらも杖からのビーム照射だが、ゴトラタンのサブのようにビームが拡散する。
通常時は4方向拡散で真正面は安全地帯、覚醒後は5方向に拡散するようになる。
弾速はこちらも遅いが、発生はかなり速い。Aルートの時点でも使用頻度が高い主力射撃。
Rミスティック戦では特に注意を払うべき射撃。
他の射撃が尽くBDで回避できる程度の性能な中、この射撃のみ横BD潰しの適性が非常に高い
慣れないうちは発生にビビって大きく動きすぎて被弾しやすい、なるべく回避運動は最小限に。疑似タイならシールドもあり。

【射撃】翼ビーム

新たに追加されたビームキャノンを肩に構えて照射。高難度になると積極的に撃ってくる。
Rカルネージのゲロビの発生を若干遅くし、横幅を強化したような武装。近距離で撃たれるとその判定に巻き込まれやすい。
回避運動は大きめに取りたいが、上記の拡散ゲロビと絡めた択一攻めに持ち込まれると面倒な攻撃。
弾速はさほどでもなく遠距離では脅威は薄いのが幸い。

格闘


【格闘】突進

始動で馬のように前足で地面を蹴る方の突進、攻撃モーションは杖の回転+光の翼。
ex-では踏み込み動作からの攻撃だったが、こちらでは攻撃判定を纏いつつの突撃となっている。
前動作が見えたらステップ安定、前方向のリーチが短く突進もやや遅めなので回避は難しくない。

【格闘】薙ぎ払い

ex-機でもやっていた右手の杖での単発特殊ダウンの薙ぎ払い。

【格闘】振り下ろし

右手の杖を振り下ろして叩きつける。
バウンドダウン。

【格闘】ミストラルソウル

周囲に緑の竜巻を発生させるプレッシャー的攻撃。被弾すると横回転ダウンで受け身不可。
ex-機と異なり至近距離だと高い頻度で発動するようになっている。
しかし見た目からしてex-機よりも発生・範囲が弱体化しており、至近距離で構えられても後BDで回避可能。
喰らったら喰らったでex-機より被弾時の浮きが低く、本体からの追撃はほぼ無いと言っていい。

【格闘】地均し

嘶くような前動作から地面を思い切り踏みつけ、踏みつけた位置から2マス先までの柱までを竜巻柱に変えて破壊する。
タキオンの地面突きから衝撃波を省いたような技、発生がかなり遅いので見えたらとりあえず離れておこう。

【格闘】すーぱーセシアちゃんアタック!

大胆に必殺技名を叫び、2つに分離した杖を思いっきり振り上げ光の翼を纏いながら突っ込んでくる。
使用頻度はかなり低め、高難度かつ耐久値をかなり減らした状態ならたまに連打するくらい。
攻撃自体は踏み込み性能が強力な突進であるが、軌跡上の床の柱を竜巻柱に変える効果もある。
横移動で避けるぶんには問題ないが、高飛びなどでうっかり真後ろを取ると爆ぜた柱に巻き込まれるので注意。

攻撃動作は踏み込みからの斬りつけであり、竜巻柱は踏み込んだ距離の分だけしか発生しない。

特殊


【特殊】特殊移動

横方向に飛んでいたex-と異なりこちらは前方に飛び、着地時に緑の衝撃波(スタン属性)を発生。
かなり思いっきりすっ飛ぶものと、軽く前方に飛ぶだけの2パターンがある模様。

【特殊】地形組み換え

耐久値をある程度減らすと使用するようになる。2回以上使う場合もあるのでex-同様一定時間ごとに発動と思われる。
素早いゲロビの対処がやや面倒なので地形を利用した回避方法も考えておきたい所。

VS.対策

本家と比べて広範囲ビームや照射ビームによる攻撃が増え、射撃戦主体のボスという印象が強い本機。
当たると厄介な武装が多いが前動作を伴うものが多く、また動作時間がやや長いという弱点がある。
そのため、「攻撃の前動作を観たら回避・防御をし、隙を突いて攻撃をする」というボス戦の基本に沿って戦うと、対処しやすいと考えられる。
ただしヒットストップが存在しないので、照射ビームなどの足の止まる武装を使うタイミングは見極めること。
格闘も緩慢ながら誘導の強いものが多くヒットストップなしのその巨体に、照射ビームの発生の速さが相まって近寄られると危険な事態に陥りやすい。
距離を置くと相手の動作が見やすくなり射撃が回避しやすくなるので、近付かれたら離れることに専念しよう。