シナリオ時系列考察

彡(゚)(゚)「 ハチナイTV にて言及されたので取り急ぎ作成
肝心な所が明示化されへんかったので書きました(半ギレ)

ライターのヤマトゥー曰く
「イベントは一部を除いてパラレルではない、デレストも試合まわりじゃないもの以外は基本的に起こっている」
との事やので、原則それに沿って年表形式で書いて行くで。
ただしデレストの場合どうしても矛盾点が多いんで、とりあえず基本は無視や。
なお根拠に乏しいものは極力省いとるつもりけど、考察やから多少はね。

ちなみにゲーム内で初めてイベントが開催された日が知りたい時はこっちのページを見てくれや

当然やけどネタバレ全開やから注意やで。
大真面目にシナリオ追ってる頭ハチナイは追記修正よろしくや

2019 4/18アップデートより時系列が解放済
基本的にストーリー項目の「メインストーリー」に振り分けられとるシナリオは発生月と旬が確定したで

本編開始前

彡(゚)(゚)「入学から前の時系列やね」
時期 シナリオ 出来事 備考
永井近藤新田に出会う メインストーリー第11章などを参照
坂上、野球を辞める事を決意 シニア時代に辞めた事は確定
恐らく-2~-3年
-3年 椎名、野球を辞める事を決意 メインストーリー第16章で「3年も前に辞めた」の発言
リトル大会予選決勝での敗退が切欠との事
-2年4月上旬 novel08「名前を呼んでくれないあの子」 岩城、ちひろと邂逅 本文で15歳の誕生日を迎えている為、中3の春
-2年8月下旬 novel10「秋雨の日」
novel11「名のない手紙」
初瀬と九十九、匿名の文通で邂逅 novel10本文「秋雨の降る頃」
novel11本文「8月の終わりごろ」の記載
九十九が「九十九先輩」と呼ばれる描写がある為、中2か中3
初瀬が英語の授業で現在完了形を習う描写がある為、恐らくは-3年でもない。言うて中3の内容ちゃう?
-2年or-1年夏 novel06「スクープがない!」 中野、新聞記事のネタが切れる 後輩がいる為-2年or-1年
-1年7月下旬 高坂率いる向月高校
女子高校野球夏大会決勝にて界皇高校に大敗
熱夏に燃える矜持」参照。
時期の詳細は不明だが、翌年と同じ場合は7月下旬
-1年8月上旬 、シニア全国大会で有原のチームに敗北
(時期不定)野球を辞める事を決意
誕生日テキスト と「熱夏に燃える矜持」参照。
割とシームレスに一人暮らしを決めている為、恐らく最後の大会
東雲、シニア全国大会準決勝で有原のチームに敗北 唯一人のエースピッチャー」第4話にて言及
以前にも何回か負けている模様
novel01「最後の試合」 有原、シニア全国大会で優勝するも、スカウトに無視され折れる 「八月」の記載
-1年8月下旬 有原、姉の叱咤を受けて再起。何故かキャプテンを打席勝負で叩きのめす +「1ヵ月が立とうとしている」の記載
甲子園が終わっている描写あり
novel04「夏の青写真」 有原、女子でもこうしえんに行ける世界にすると意気込む
高野連にお手紙作戦を敢行
「夏の甲子園が終わった頃」の記載
-1年9~12月 有原、高野連から丁重にお断りを受ける
本格的に折れて野球を辞める事を決意
進路が決まってない三者面談の時期の為、願書前の想定で計算
河北、翼との将来に全てを掛けると決意 +翌日


1年目 入学(シガツ)~野球部結成(シチガツ)

彡(゚)(゚)「旧メインストーリー(2019 4/17以前)の時期やね」
時期 シナリオ 出来事 備考
4月上旬 第12章「交わる道に決意の標」 第1~2話 月島泉田、邂逅 入学初日の記載
第1章「君と目指す場所」 地蔵が有原河北に遭遇
野崎鈴木が加入
野球部創設
野崎は第2章、鈴木は第3章で加入時の回想あり
第12章「交わる道に決意の標」 第3話~ 月島と泉田が入部 やきう部創立の翌日以降
第13章「宿敵を結んだ小さな手」 竹富小麦が入部
椎名東雲、野球部を認識
第1話に「4月上旬のある日」の記載
場面転換も見られないため、同日中に入部した模様
第16章「陰に紛れる希望の明日」
第3話~4話
椎名と有原、キャッチボール 上記放課後、数日後には入部を決めた模様
4月中旬 第11章「鉄人からの挑戦状」 おいしいものクラブ、野球部を確認
新田近藤永井が入部。
校庭が使えている時期なので3章前
第3章「向日葵畑の記憶」 やきう部、愛好会だったことが判明
校庭が使えなくなり、向日葵球場を発掘
第4章「お騒がせ記者の登場」 中野、飛ばし記事で野球部を叩く 月島、竹富が登場
4月下旬 第17章「恋わずらいとキモチの共鳴」 仙波花山が入部 1話時点で花山と逢坂が友達になって1週間
月島と泉田、おいしいものクラブが入部済
第14章「星が導く未来の決心」 本庄直江が入部 「いつの間にか四月が終わっちゃう」の発言
第5章「楽しさと真剣さの勝負」 東雲、襲来 冒頭で本庄、直江が登場
東雲、紆余曲折の末入部 最低3日後
5月上旬 友情「答えの在り処 東雲、本格的に部の練習体制を整える 「5月のある日」の記載
花山が入部済
第6章で朝比奈が入部する為、それ以前
第15章「二人が描いた放物線」 朝比奈天草が体験入部 「5月上旬」の記載
朝比奈天草が入部 2日後
第6章「学生の本文は勉強」 こ…恋人って、何でそうなるの!?
宇喜多が入部
「大型連休の明けた頃」の記載
第11話で天草が登場
第16章「陰に紛れる希望の明日」 坂上が入部 椎名は入部済
6月上旬 第7章「超熱血団長の応援」 岩城、登場
岩城、なんだかんだ仮入部に 場面転換が多い為、それなりに日数が経っている模様
第18章「貫き通す意地と夢」 逢坂塚原が入部
第8章「生徒会への部活申請」 野球部の部活申請を提出
九十九阿佐田が入部
第4話で、第5話で仙波が登場
第9章「野球部と教頭の対立」 部活申請が却下される
初瀬が体験入部に参加
第6話で逢坂が登場
初瀬が入部 少なくとも場面転換で1日は経過
「特訓を初めてしばらくが経った」の表記もあり
倉敷初登場、三者面談が辛い 「初瀬が入部してから数日後」の記載
倉敷が入部 三者面談の翌日
第11話で塚原が登場
7月上旬 第10章「僕たちが目指す夢」 野球部、推薦状集めを開始
教頭、推薦状の提出を拒否
校長室へ討ち入り、部活承認を勝ち取る
女子野球部結成

1年目 結成以降(シチガツ)~春大会(サンガツ)

彡(゚)(゚)「旧イベントストーリー(2019 4/17以前)中心や」
時期 シナリオ 出来事 備考
7月上旬 飛躍のプロローグ 初のスタジアムで練習試合 「女子野球が学校に認められてしばらく経ったある日」の言及
見えない未来を探して 塚原、進路で悩む 本庄視点で「高校2年の夏」の言及
部活結成後、掛橋の口ぶりを見るに夏大会参加発表前
入部一ヶ月で九十九と添い遂げる気満々のにゃんボ
あこがれのウェディング!? 遠征費を稼ぐためバイト探し
学校から予算が出ている為、結成後
有原曰く「夏になったら」との事だが7月は夏では...?
夏休みになったらの文脈で解釈
7月下旬 熱夏の始まり 本校、高女連への加盟を認められる
同時に夏大会出場を発表
新田と地蔵のやり取りから夏休み前は確定
本校、高波高校との練習試合 「週末の練習試合」との記載あるため数日後
碧い海の逃走劇!
波打ち際のトロフィー争奪戦!
海の家でアルバイト 「夏の大会の背中が見え始めた頃」の言及
なお地蔵は別行動中
発火祭 全国女子高校野球夏大会開幕
未だ見ぬ夏の夜は明けて 本校、宿舎に到着 一回戦の前日昼
岩城、高坂と口喧嘩 一回戦の前日夜
【エースの矜持】高坂椿 東雲、自主練中の高坂と遭遇
【湯上りの衝突】岩城良美 岩城、高坂との口喧嘩を悔やむ 一回戦当日朝、バス乗車時
熱夏は止まず 初戦
本校、明條学園に勝利
一回戦当日
熱夏に燃える矜持
熱夏のマウンド
第2回戦
本校、向月高校に敗退
二回戦当日
去り行く熱夏 消えない残像 本校、決勝戦を観戦後に帰路へ
9月上旬 流した涙のワケ 倉敷、サヨナラ 仙波と倉敷のバッテリー成立が夏大会の為、それ以降
デレスト「青空の見える場所」では年末時点で写真が残っているため、恐らくそれ以前
キャンバスに描く大切なモノ 天草、コスモス畑を見に行く コスモスの開花時期は10~11月
まさかの早咲き
あの背中を追いかけて 竹富、練習試合で暴走 「もうすぐ秋」「秋大会も近い」の記載あり
9月中旬 ほどける心 涙晴れる日 倉敷、無事帰還 「流した涙のワケ」より
「倉敷と野球部の間に立ち込めた雨雲が晴れるまで相当な時間がかかった」との記載
お調子者の宣戦布告 練習試合
中野、盗塁を決める
パ6球団コラボ第1弾1~3話
パ6球団コラボ第2弾1~3話
パ6球団コラボ第3弾1~3話
手紙に綴る想いの行方
本校、小河原高校2軍との練習試合 レギュラー不在、采配などの状況を踏まえるに同じ試合
河川敷の木が紅葉ではない為、秋前
9月下旬 星に願いを 初瀬、小説を書く 「秋も近づいてきた、ある日の放課後」の言及
もう秋なんですがそれは...
コンプティーク付録では9月に写真あり
本当の笑顔が浮かぶ時 直江兼任監督、爆誕
勝ち取るべき居場所 逢坂、澄まし汁先輩と対決 「綾織の水平線」3話椎名絆エピソードにて
河原で練習中の様子を確認できる
平凡な日々を飛び出して 新田、サボリカス返上 手紙に綴る想いの行方」の続き
理由はいつもこの胸に 坂上、ひどい目に遭う 秋大会以降
「夏の暑さが残暑へと呼び名を変える頃」の記載
まだ夏の気分らしい
10月上旬 白熱のメモリー紅白体育祭 シャッフルポジションで紅白戦
青さ交わる紅白戦 有原チームvs東雲チームで紅白戦 「最近やっと涼しくなってきたかな」の発言
夏休み以降、秋大会の言及は無し
取り残された思いの行く先 どんまい
野崎と東雲、決裂
河川敷の紅葉が満開
秋大会の言及は無し
ありったけのフルスイング 岩城、練習試合でやらかす 誰かのためにできること」より「この前」の言及
泥だらけでも輝く瞬間 花山、サボリカス返上 平凡な日々を飛び出して」の続き
10月中旬 夜の帳を切り裂いて 泉田、ダチの為に戦う 直江が投手転向を目指している描写あり
10月下旬 勝利の算段 練習試合
阿佐田、ファインプレーにも関わらず東雲から説教を受ける
中野がピッチャーをやっている唯一の描写あり
11月上旬 誰かのためにできること 本校、小河原高校2軍と2度目の練習試合 「夏大会が終わってから三ヶ月と少し」の発言
登場人物の「ちひろ」については novel08 を参照
【鉄壁の証明】鬼塚 桐 (二) 鬼塚、花屋で花山に遭遇 上記ストーリー7話と8話の幕間
ときめきフェスティバル 学園祭
東雲、醜態を晒す
11月中旬 情熱の芽生え 練習試合
12月上旬 勝利への近道 九十九、バッセンで一二三ゆりと遭遇
12月下旬 重ねた過去と選んだ明日 東雲、クラブチームの勧誘を断る 一度清城高校と練習試合をした後との事
該当するストーリーがデレスト「激突!清城高校」のみのため、そちらを参照すると9月以降
12月24日 年の瀬の中の幸せ」第1話 クリスマスイブも練習 同イベントは1話につき1日経過している
第1話は「今日って24日」の発言あり
また、昼から夕方までの出来事
雪舞うイブの聖菓で ケーキ屋でバイト
九十九、阿佐田、初瀬、天草が参加
バイト当日は12/24で言及あり
また「ノエルは微笑みの中で」の遊園地について言及あり
聖夜に集う赤帽子 仙波家でクリパ
仙波、野崎、近藤、柊、直江、小麦が参加
クリパ当日は12/24で言及あり
12月25日 ノエルは微笑みの中で 1年勢、遊園地を楽しむ
2年勢、本庄家でクリパ
雪舞うイブの聖菓で」より、
天草は実家で過ごした模様
限定SSR宇喜多悩み解決より、監督、有原、東雲は「用事で不参加」とのこと
年の瀬の中の幸せ」第2話 柊、東雲で自主練習
同じく自主練中の鈴木、野崎と遭遇
同イベントは1話につき1日経過している
第2話は「クリスマスだけど」の発言あり
12月26日 年の瀬の中の幸せ」第3話 年内練習の最終日 第3話は「一昨日のイブ、昨日のクリスマス」の発言
12月27日 年の瀬の中の幸せ」第4話 部室の年末掃除 第3話にて「明日の部室掃除」の言及あり
12月28日 年の瀬の中の幸せ」第5話 センター勢とおいしいものクラブで忘年会 第3話にて「明後日」の言及あり
12月29日 年の瀬の中の幸せ」第6話 仙波と倉敷、買い出し中に遭遇 永井より「昨日食べ過ぎて」の言及あり
12月30日 年の瀬の中の幸せ」第7話 鈴木、兄とキャッチボールで悦る
野崎、朝比奈、監督、鈴木で自主練
8話が年末の為、7話の「明日に集まろう」を踏まえると12/30確定
12月31日 年の瀬の中の幸せ」第8話 本庄家で年越し会
有原、河北、朝比奈、野崎、本庄が参加
「年末」の言及
1月1日 年の初めに願うこと 有原、河北、本庄、阿佐田で元朝参り 有原、河北は前日自主練→年越し会→初日の出→初詣のハードスケジュール
完全に陽が差すまでブラブラしていたらしい
高校生とはいえ絶倫すぎない?
神宮寺、牧野で初日の出を見に行く
初夢ソウル獲得イベント 鈴木、変な初夢を見る
1月下旬 私の天秤が傾く先は 月島、戦い方を変える 平日
2月中旬 彼女の居場所 倉敷、親と和解できず 降雪が見られるため冬
ほどける心~」以降
「もうすぐ女子野球の春大会」の発言
チョコのみぞ知るビターな結末 バレンタイン、朝比奈がお菓子作りに挑む
地蔵が死去
第3話の放課後で朝比奈、天草がチョコ未完成
逢坂は渡していた事を踏まえると2/14直前から当日と思われる
2月14日 馳せる想いとチョコの行方 バレンタインデー
宇喜多にライバルが増える
平日
2月下旬 夕暮れのスタートライン 竹富、徒競走で有原を超える
新たなスタートラインへ
3月上旬 闘志燃ゆる!炎天の大一番 練習試合
東雲、投手挑発
炎天では無かった模様
3月中旬 彼女に秘められた力 本校、春大会への参加を発表
永井、近藤のメンバー入りで嫉妬に狂う
「3月に開催される春大会」と記載あり
3月14日 やきもきホワイトデー ホワイトデー
朝比奈、天草の手作りチョコに30円駄菓子で返答
平日
3月下旬 春大会開幕 「春大会」としか呼ばれてない為、全国大会かは不明
熱闘の幕開け
熱闘の幕開け Re:fine
初戦
本校、鈴風学園に勝利
対戦校は「走り出した衝動」にて言及
彼女の野球 私達の野球 第2回戦
本校、二子玉高校に勝利
対戦校は同イベントにて確定
勝利への羽撃き
勝利への羽撃き Re:fine
準決勝
本校、高波高校に勝利
永井、新田の説得により正気を取り戻し近藤と和解
対戦校はイベ戦ソースのため違う可能性あり
譲れぬ頂点 強敵との闘い
譲れぬ頂点 強敵との闘いRe:fine
決勝
本校、清城高校に勝利
春大会優勝
東雲と神宮寺、お好み焼き屋に連れ去られる 決勝同日の夕方
㊙偵察レポート
「私の目指すべき場所は」
東雲、またバッセンで神宮寺と遭遇 「春大会で勝利した翌日」の記載
新たな始まり 界皇高校襲来
練習試合を行う
イベント冒頭は春大会決勝当日
練習試合は翌日~数日後かと思われる
3月下旬 夕陽が落とした片影 「有数の強豪校」と練習試合
有原、無慈悲のスライダー投球で椎名激怒
地区予選が存在する大会があるとの発言
つまり夏大会および同地区の清城と決勝で争った春大会は該当しない
椎名の「翼はずっと野球を続ける」発言を踏まえると、春大会以降と思われる


2年目

時期 シナリオ 出来事 備考
4月上旬 それぞれの春風 組変え
地蔵の肩が回復傾向にあると判明
椎名、奮起する
白球に集うルーキー 新入生初登場
草刈ルナ以外は野球部見学へ参加
第1~3話は入学式
第4~5話は翌日の部活紹介から見学の話
阿佐田の野望 阿佐田、悪巧み
部活見学で紅白戦を実施
向月高校野球部が春大会前に弱体化していた事が判明
紅白戦の先発で出て打たれる逢坂から「白球に集うルーキー」第4~5話の同日と推察可能
唯一人のエースピッチャー 我妻、大暴れ
我妻桜田ペアvs東雲で打席勝負
「白球に~」と「阿佐田の野望」で描かれた紅白戦の翌日以降
また、体験入部開始初日
あの日、受け止めた白 我妻桜田ペアが本入部
桜田、何やら覚悟を決める
第1話は入学式
第2話は「唯一人のエースピッチャー」の翌日
4月中旬 努力が導く先 初瀬、体験入部で後輩の大沢愛菜を導く 第1話時点で新入生は19人ほどいた模様
しのくも鬼の指導で大幅に減りました
4月下旬 リアル充実の法則 倉敷、後輩と動物園へ 仙波「か、カバンの中に!動物園のチケットが六枚もー!」
参加者は倉敷、仙波、新田、永井、近藤、小麦の6名
5月上旬 レンズと心に記す高嶺 本校、界皇、清城で合同練習&TV撮影
直江、レナ、牧野がレポーターをやる羽目に
新1年生は小鳥遊、リンが入部済
走査線上の未来」によると一泊二日の合宿だった模様
走査線上の未来 合同練習のTV放送日
野崎、東雲と和解
新1年生は我妻、桜田が入部済
合同練習と同日に1年生でオリエンテーションをやったとの話
6月上旬 修学旅行と私の将来 新2年勢、修学旅行
泉田と河北、将来設計が怪しい
河北の回想は novel04 の内容
6月中旬 走り出した衝動 本校、鈴風学園と練習試合 鈴風学園の遠征ついでで組んだ試合との事
9月下旬 悩めし姫の覚悟 練習試合
野崎、怪我の有原に代わりショートを守る
初期イベ、まさかの2年設定
答えの在り処」から連なる野崎の成長劇を踏まえると妥当な配置ではある
たゆと新田は何処へ?

パラレルイベント

彡(゚)(゚)「大体リアイベでの言及になるからご容赦やで
ソースは忘れました(無能)

それと2019 4/18のアプデ以降は時系列外のストーリーが「イベントストーリー」に振り分けられるようになったな
大体メインストーリーとは辻褄の合わんイベントが選ばれとるので、これも基本的にパラレルとして解釈するで」

GW合宿世界線A

彡(゚)(゚)「まず「GW特別イベント」はヤマトゥー直々にパラレルと明言済や
それの前日譚として「乗り越えよ!この試練」があって、ここで初合宿のように明言されとるな
すると、同じく初合宿のイベントに「一会の白球、決意の一振」があるんやが、シナリオ中でGW中だとは明言されとらん
さらに言うとシナリオ中の球場画像だの、合宿最終日の行動が思いっきり違うんや
せやから2つは別の合宿互いにパラレルとして見るのが残当やろな
2019 4/18のアプデ以降は両方の合宿イベントが「イベントストーリー」に振り分けられたで
ここでは暫定的に「乗り越えよ!この試練」から枝分かれした世界線として解釈しとるで」
時期 シナリオ 出来事 備考
2年4月 乗り越えよ!この試練 GW中の合宿を発表
阿佐田と中野が超特訓を提案
初合宿とされる「一会の白球、決意の一振」ではGW中という記載がない
GW特別イベント 合宿最終日 一会の白球、決意の一振」とは最終日の内容が異なる
同合宿のパラレルか、異なる合宿を描いているのかは不明

GW合宿世界線B

彡(゚)(゚)「上記参照やで」
時期 シナリオ 出来事 備考
2年4月 乗り越えよ!この試練 GW中の合宿を発表
阿佐田と中野が超特訓を提案
初合宿とされる「一会の白球、決意の一振」ではGW中という記載がない
一会の白球、決意の一振 合宿最終日 GW特別イベント」とは最終日の内容が異なる
同合宿のパラレルか、異なる合宿を描いているのかは不明

キズナアイ襲来世界線

彡(゚)(゚)「そら(コラボイベントなんだから)そう(パラレルに)なるわな」
時期 シナリオ 出来事 備考
2年4月 四月のキズナアイ 野球やってみた! キズナアイ襲来 建前としてはキズナアイがゲームにハッキングを仕掛けた流れ
そのため動画でコラボした有原と同シナリオの有原は別人との事
また紅白戦が可能な為、野球部結成以降の2年目

エレナ転入世界線

彡(゚)(゚)「有体に言ってラノベ版の世界や
メインストーリーとは創部までの過程が全然違うしパラレルになるな
せやけど、続編イベントと思われる「北風薫る球友の手紙」は何故かメインストーリーにねじ込まれとる
流石に他のストーリー中でエレナがおった描写無いし無理あるやろ...と見做してパラレル扱いにしとるが、
アカツキの気分次第ではエレナがメインストーリーでもおった事になる可能性も否定はできんで」
時期 シナリオ 出来事 備考
1年4月 ライトノベル版「北風に揺れる向日葵」 エレナが転入 以降の経緯はラノベ版を参照
ゲームと比較して部員の集まりが悪いが、無事結成は出来た模様
また地蔵の名前は「八上浩太」
1年7月中旬 北風薫る球友の手紙 エレナ、練習試合の名目で来日 地蔵が饒舌
実質ラノベ版の八上という事か?

vs向月高校練習試合世界線

彡(゚)(゚)「夏大会と思いっきり繋がらへん奴や」
時期 シナリオ 出来事 備考
10月頃? 込める信念 繋がる絆 向月高校三軍との練習試合 朝比奈が投手をやっている唯一の描写あり
高坂を誰も知らない為、夏大会には出ていない模様
向月高校一軍との練習試合 数日後

秋大会優勝世界線

彡(゚)(゚)「有原が最後にタイムリーを放っとるはずの奴やな
メインストーリーでは秋大会は敗退しとるので繋がらんで(「理由はいつもこの胸に」などで言及)
時期 シナリオ 出来事 備考
1年目9月頃 その努力は誰が為に 秋大会決勝 「秋大会」としか呼ばれてない為、全国大会かは不明

初期イベント総括世界線

彡(゚)(゚)「元々メインストーリー1年目3月下旬に設定されてたんやが、
シナリオ中で翌年の話になる「悩めし姫の覚悟」について鈴木が言及してたんで、各所から総ツッコミ喰らってイベントストーリー送りになった奴や
不具合らしいけど単なるアカツキの間違いやね
時期 シナリオ 出来事 備考
2年目3月? 始まりのひまわり畑 みんなで球拾い
各人の思い出を懐かしむ
想起されるストーリーは基本的に名鑑以外の初期イベスト

アニメ振り返り世界線

彡(゚)(゚)「アニメの振り返りを行っとるイベントやな
構成としては各イベの第1話がメタ視点で振り返り、第2話が予告という名の中野くんとデートする話や。
あんまり深く考えるような内容でもないが、第2話が各イベ間で連作になっとるのでそっちを明記するで。
ちなみに第2話の主観は月島から顔を知られていない所から監督ではない謎の人物や。山口の妄想説もある
時期 シナリオ 出来事 備考
TVアニメ第1話放送記念イベント」第2話 中野がアニメ極秘情報調査部を発足
「キミ」が一番助手に任命
風紀委員にみつかり撤退
TVアニメ第2話放送記念イベント」第2話 中野くんとキミ、河川敷で合流 ↑の直後
TVアニメ第3話放送記念イベント」第2話 中野くんとキミ、海辺で合流
TVアニメ第4話放送記念イベント」第2話 中野くんとキミ、喫茶店で合流
「キミ」の通称が同志に
↑の翌日
TVアニメ第5話放送記念イベント」第2話 中野くんとキミ、喫茶店で合流
月島に見つかり中野だけ撤退
↑の翌日
TVアニメ第6話放送記念イベント」第2話 月島、キミを連行 ↑の直後

パコラボ世界線

彡(゚)(゚)「球場でパの試合を観戦...する直前の球場前のやり取りを映した世界線やね。なんで球場内のシナリオないねん
つまるところ本筋世界線にはパ・リーグが存在しないって事やろな。
各イベの「コラボストーリー」と付いている第4話が独立していて、恐らくはこっちがパラレルやな。
第1話~3話は正史イベのサイドストーリーになっとるから上の時系列に入れとるで」
時期 シナリオ 出来事 備考
シーズン中 パ6球団コラボ第1弾4話
パ6球団コラボ第2弾4話
パ6球団コラボ第3弾4話
野球部各自で試合観戦 近藤の妹は何気に初登場

コメントフォーム

  • 「本当の笑顔が浮かぶ時」では直江・番長・倉敷が夏服なので遅くとも9月頃、「夜の帳を切り裂いて」では、直江・泉田が冬服を着ているので10月以降。夜の帳を切り裂いて第4話で東雲が「この間、(直江)兼任監督なんて言ってたけど」「(ショートは有原がいるので)投手としてチームで生きるために変わろうとしている」と言及しているので時系列的には「本当の笑顔→夜の帳」の順になる。 - 名無しさん (2018-12-22 14:15:08)
    • 夜の帳を切り裂いてプロローグに「夏大会の敗戦を経て」表記があるけど、このイベントストーリーで直江が本格的に投手練習やり始めて先発するストーリーがあるので、実際は夏大会からしばらく経った頃の話っぽい。 - 名無しさん (2018-12-22 14:17:12)
  • 「重ねた過去と選んだ明日」は2話で黒井さんが「今年の夏大会」って言ってるから年越し後の可能性は捨てて良さそう。しのくもがクリスマスに野崎と会った場面も若干丸くなってる感があるからその時点で対決済な方が自然(な気がする) - 名無しさん (2019-01-12 19:22:45)
  • ファン感で見えた分(夏大会の周辺の時期)と「重ねた過去~」を12月に修正したで。「本当の笑顔~」も確認して入れようと思ったけど少し待ってな - 名無しさん (2019-02-02 23:59:43)
  • 公式にストーリー順が公開されたけど、概ねこのページと合ってるね。「悩めし姫の覚悟」が野崎2年生9月下旬ってのは予想外だったけど。 - 名無しさん (2019-04-19 00:29:58)
  • アプデでメインストーリーの時系列が公開されたので反映したで - 名無しさん (2019-04-19 04:03:14)
  • 始まりのひまわり畑は本当はイベントストーリーやでってお知らせに書いてあるからこれもパラレルやろか。 - 名無しさん (2019-04-24 22:11:54)
    • 恐らくそうやね。アプデ前やけど反映したで - 名無しさん (2019-04-25 13:03:29)
  • アプデでバナー画像のサイズが小さくなったんやが過去イベも全部ストーリーのバナーに差し替えた方がええやろか? - 名無しさん (2019-04-25 02:06:41)
    • 各イベントのページから引用しとる画像やから、新しく上げるの手間やったら一旦そのままでええと思うで - 名無しさん (2019-04-25 13:04:45)
  • やっぱり悩めし姫の覚悟が遅いな、もう夏大会終わっとるで・・・。覚悟完了してないって事は今年の夏大会も出番ないのか? - 名無しさん (2019-05-03 20:24:27)
  • 東雲のシニア全国大会決勝で有原のチームに敗北って具体的にどこで判明したんやっけ - 名無しさん (2019-05-18 22:34:50)
    • 一通り探してみたけど見当たらんな...東雲乱入とかで言及されてた記憶あったんやが。とりあえず現行イベ言及の準決勝に修正しといたで。すまんな - 名無しさん (2019-05-19 08:31:56)
  • novel10と11、初瀬と九十九が同じ学校って描写がないから-1の可能性ないか?図書館は学校のじゃなく街の図書館らしいし - 名無しさん (2019-06-09 19:04:15)
    • せやね。授業描写踏まえてもそっちの方がしっくりくるから修正したで - 名無しさん (2019-06-09 21:14:22)
      • すまん、確認し直したら「九十九先輩」って言われとったから中学時代っぽいな。学校の言及部分だけ修正しといたで - 名無しさん (2019-06-09 21:25:45)
名前: