イケダハヤト一家の北軽井沢旅行

イケダハヤト一家のアウラン消耗旅は、北軽井沢がはじまりである。

旅行のプロ、イケダハヤト一家がどんな旅をしているかご覧いただきたい。

 

北軽井沢とは?

軽井沢駅から遠く離れた場所にある別荘地。「軽井沢」と名乗っているが、長野県ですらない。

群馬県嬬恋村、長野原町の南部にある、軽井沢町に隣接した場所のことである。

軽井沢町に隣接しているが、国道146号の峠道を走らないといけない。

かつて別荘地として栄えていたようだが、あまりのアクセスの悪さに衰退している。

 

そこでイケダハヤトである。移住促進の講演会を北軽井沢で実施することになった。

 

 


旅行1日目

高知県を朝早くに出発した一行は、全力で高速道路をぶっ飛ばす。

大豊インターから上田菅平インターまで730キロ、そこから峠道を進む。

そして800km離れた北軽井沢まで最短経路で一気に移動する。

無事北軽井沢に着いた一家であったが、夕食を食べていなかった。すっかり夜である。

 

そこにセブンイレブンが!隣にはセーブオン!

イケダハヤト一家はセブンイレブンを選択。

プレミアムレトルト食品を購入した。

 

連泊する予定の宿「クラインガルテン北軽井沢」に到着後、なぜか持参した米を炊いて、オンボロ(失礼)貸別荘でプレミアムレトルト食品と一緒に食べることに。

 

さんまも購入。

 

その行動があまりに衝撃的だったため、今でもスレでの語り草となっている。

 


2日目

3日目

軽井沢で特に目立った観光はせず。いや違った。ここは北軽井沢だった。

(結局、北軽井沢にずっと滞在していたみたいである。皆さんが想像する「軽井沢」には一度も行かず)

 

激安貸別荘で生活

ちなみに激安貸別荘に着いたら髪がたくさん落ちてたとか。

 


4日目

旅行の目的は仕事だった。仕事のために北軽井沢にやってきたのだ。

北軽井沢で講演の仕事をこなす。柚子園の継承をしているなどとPR。

 

講演終了後、夕方~夜間にかけて高速道路を運転し、嫁の実家がある多摩に立ち寄る。

到着したのは20時ごろだ。そしてそのまま実家で一泊したとみられる。

 

(この昼、高知では道路さんと呼ばれる方がイケダハヤト先生の潜伏するクラインガルテンもとやまをこっそり訪問、動画がアップされる。

詳しくはクラインガルテンもとやまへのアクセス道路が酷すぎる問題へ)

 


5日目

東京都多摩市から一気に高知まで帰ろうとするも、途中で疲れてしまったらしい。

そこでイケダハヤト先生が以前泊まったことがある滋賀県大津市のびわ湖大津プリンスホテルに宿泊した。

(なお、発生した出来事全てをブログのネタにする先生なのに、ネタにするどころかホテルの写真も一切見当たらない。一体どういうことなんだろうか。)

 

その後の旅行では、イケダハヤトはびわ湖大津プリンスホテル?を定宿にする。

ただし画像などはアップされていないので、嘘である可能性もある。

(大津市にはアルファーワンなどリーズナブルなビジネスホテルも存在)

 


6日目

びわ湖プリンスホテルに宿泊した一家は、観光もせず昼に高知県に帰宅。もちろんあのひどすぎるアクセス道路を通って帰宅である。

帰宅後はすぐにヒビノケイコのところへ仕事しに行ったらしい。

 


 

この旅行で注目されたのは、「旅行で米を持参し、旅先で炊いて食べること」であった。

ちなみに米は高知の地元農家からもらった米らしい。

旅行で米を持っていき旅先で炊き、おかずはコンビニでプレミアムレトルト食品を調達して食べる。

このような斬新な旅行スタイルを提案したイケダハヤト先生を「素晴らしい」と思うか、それとも「貧乏臭くてしょうがない」と思うかは個人の自由である。

ただ、2chでは否定派が多かった。否定というよりも、衝撃を受けた人が多かった。

 

あれから月日が経過しているが、あなたはこの行為についてどう思うだろうか。