イケハヤの愛車

 

 

 

もらったフィット(初代)

誰かからもらったらしい。現在も所有しているかどうか不明。

初代フィットには持病があるため、長く乗り続けることは難しいだろう。

 

 

2015年6月 アウトランダーPHEVを430万で購入

高知 300 な 24-07

ガソリン車はオワコンと言い放つものの、ガルテンに充電設備がないので妥協してPHEVを購入。

(総額430万円) であることに注意。値引きは50万円であったが、購入と同時期にビッグマイナーチェンジモデルが登場しており、マイナーチェンジ前の在庫品を安く買ったのだと思われる。

この三菱車は燃費不正をしていた。

ちなみにこの車、補助金をもらって購入すると4年間は手放せない(手放す場合は補助金を返還する必要がある)

そのため、イケダハヤトはこの車を2019年6月まで保有すると思われる。

 

1年3か月経過で2万キロ超過。過走行である。

また、バッテリー+ガソリンで656km走れるということは…

ガソリン617km ÷ アウトランダーのタンクは45L = 13.7km/L

である。燃費が悪い。

 

3年で5万キロ以上走っている過走行車であり、2019年に売り飛ばすころには価値があまりつかない可能性が高い。

伝説の北軽井沢旅行、伝説の13泊14日青森旅行、など過酷な条件で走り回っている。

 

充電場所がない?

嶺北地方には充電器を設置している場所がない。

2016年9月に、ガルテンでも充電できるようになる機器を5万円(ガソリン400L分)で購入して、自宅での充電が可能にはなったが、充電中は他の家電機器が一切使えない。

また、雨の日に充電するのは危険。

ということもあり、ただのハイブリッド車と化している。下り坂では回生ブレーキにより充電できるため、通常のアウトランダーよりは燃費が良いかもしれない。

 

2018年、クラインガルテンで頑張った結果、第3子が誕生。アウトランダーでは狭すぎるということで、ミニバンを買ったらしい。

 

 

 

中古バモス4WDを50万円で購入

 

かなり古いらしい。

なおバモスには欠陥がある。

 

買って一か月で脱輪させる

 

かなり愛用している模様

もしかしたらこの車で3人目が誕生したのかもしれない

 

 

2018年11月、バモスが譲渡されたらしいという情報がリークされる。

無残な姿で乗られているバモス画像が投稿された。

金髪の女性が乗っているようだ。

 

 

 

 

 

軽トラを購入したらしい、が…

 

見積書と超接写写真以外の情報がない。

そのため、「実は購入してないんじゃないか」疑惑が浮上している。

→買ったらしい。2016年9月

 

 

セレナe-powerを2018年11月に納車。