ONEれいほくで女性が性被害にあった問題

Sさんによる告発がはじまり

 

2018年3月18日~

前編 https://note.mu/hi4r1sato/n/n4ccb2f257222 2018年3月18日公開

中編 https://note.mu/hi4r1sato/n/ne793202c3d9e

後編 準備中・本人は有料で配布したいらしい

 

事が起きたのは2016年秋。

Sさんの友人が被害者であり、またSさんも被害みたいなものにあっているのではないかと疑われる。

前編の公開から1日後、ONEれいほくは隠蔽を図り、サイトの一部の閲覧が不可能になってしまった。

猟師のおじいさんの存在が消されるが、サイト運営者に技術がないので半端に消された状態に。

 

代表や関係者のTwitterではこの件について質問してくる人を片っ端からブロックしていった。

 

 

3月22日

ONEれいほくは声明を発表した

http://onereihoku.org/archives/2964

内容から、被害があったのはほぼ間違いないと考えられる

 

 

3月22日から4月5日までの間、関係者すべてが沈黙する。

 

 

4月5日

新たな声明が発表された。

http://onereihoku.org/archives/3050

「セクハラ被害」はあったことが明らかになったが、NPO側が「セクハラ」で収めたいこと

NPOの事業外の出来事であったこと

さらに、事業休止はするが、体制づくりをおこないNPOとしての事業を再開したい意向も明らかとなった。

また、Sさんによると、

・もともとは拠点への誘いがあったため、晩酌をして帰る足がなくなったわけではなく、最初から加害者男性択で入浴や就寝をするつもりはありませんでした

・「事業外」との記載がありますが、前提としては事業内で起きた他の出来事に起因した事件だと考えています

https://twitter.com/hi4r1_xo/status/981737445510168576

と文章の一部を訂正されてしまった。

 

「わたしはわたしのできることをひとつずつやっていくしかない」とのツイートもしている。

https://twitter.com/hi4r1_xo/status/981739693590003712

 

4月9日

播磨谷巧巳によりbuzzfeedに記事が掲載される。この人ははあちゅうの#metoo記事を書いた人物でもある。

しかし、掲載後にSさんから「こちらになんの確認もせずこういう大きいメディアが間違った情報を公開してしまうのってなんでだろう」とツイートされる。

https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/20180408-metoo

播磨谷氏ははあちゅうに籠絡されてしまっているのだろう、完全にNPOの方を持つような記事を出してしまった。

なお、22時すぎにSさんの反論を追記している。

 

イケハヤ、はあちゅうはbuzzfeed記事公開後にNPO批判者を批判する。後述。

 

4月10日

イケダハヤトが火に油を注ぐ。後述。

 

 

8月18日

 

矢野大地、レイプ被害はなかったと発言。

https://twitter.com/123Vaal/status/1030713560509247488

 

 

 

関係者の反応

 

矢野大地

3月22日から4月9日までほぼツイートしていなかったが、何事もなかったかのようにツイート再開

 

ハヤシはしる

同じくツイート再開。3月22日~4月5日までツイート休止していた。

 

イケダハヤト

3月18日から4月9日までこの件については触れなかった(イケダハヤトは理事)

 

4月9日、buzzfeedの記事を見て煽るような発言をする。

Buzzfeedに載ってるしw

記事にもある通り「事業活動の外」で起きたことだし、彼らに責任を問うのはナンセンスだと思うけどね。

イケハヤは引き続き応援するし、困ってるような彼らに仕事発注して食い扶持提供しますよ。がんばれ!

 

 

 

そして4月10日早朝、記事をアップした。

https://web.archive.org/web/20180409212822/http://www.ikedahayato.com/20180410/75180027.html

 

読むのも嫌な人間に説明すると、

「「ONEれいほくがレイプ事件を起こした」みたいな謎の風評被害」は事実ではない

なのに「ぼくはマジで事情を知らない」

ONEれいほくというより、地域全体の課題

ONEれいほくは引き続いて応援する

理事は退任済である

(ただし、2017年12月時点は理事であることが明らかになっている

2018年2月の時点でも理事だった

問題は「ONEれいほくや関係者を叩く連中」である

騒ぐな、黙れ!

ということである。

 

 

 

はあちゅう

 

日本における#metooを広げた立役者とも言えるはあちゅうも4月9日まで言及しなかった。

(サポーター、広告塔としてONEれいほくを褒めていた)

 

水原希子さんの#metooにはすぐ乗ってきたのに一体なぜだろうか?

 

4月9日、ついにツイートする。

https://twitter.com/ha_chu/status/983472831160762368

ONEれいほくの件、サイトに私の応援コメントも載っていたという理由で、あんたはどう責任をとるのかとかめっちゃ嫌なコメントずっと来てた。遊びに行った時にお世話になったからサイトにコメントしただけだけど。騒ぎたいというか誰かを追い詰めたいだけの人たちを全員ブロックしました。

 

応援コメントはサポーターの声として掲載されている。

つまりはあちゅうはサポーターである。

ONEれいほくにおけるサポーターは定額寄付会員、つまりはあちゅうは継続的に寄付をしていることになる。

サポーター代表としてコメントを残しているのであれば、相当な寄付をしているのだろうと思う人は少なくないはずだ。

 

はあちゅうが金を出していないのであれば、NPO側が嘘をついていることになる。

NPOがはあちゅうをサクラ(おとり)として使ったのであれば、それはそれで問題である。

 

 

 

4月10日、ブログを更新。

知人の知人が起こした性暴力の責任を取れと言われたら…?

 

自らはサポーターであることは棚に上げた上で、誰かを叩くのはやめないかと書かれている。

 

ただの知人の知人であればその言い分もわかるが、金銭サポートをしていたり、広告塔になっていた以上は何らかのコメントはすべきだろう。

なお、知人の知人じゃないが有名人の#metooには迅速に反応している。

 

 

ヨス

3月24日ごろ?声明を発表

また4月5日にも再びツイートしている

https://twitter.com/yossense/status/981817971654901760

 

この騒動で、川村幸司・ヒビノケイコ夫妻のNPO「れいほく田舎暮らしネットワーク」ホームページも封鎖中である

関係はないはずだが…

4月5日現在はホームページが復活している

http://reihoku.in/

 

 

参考になるブログ

マダムユキさんの記事

http://flat9.blog.jp/archives/75463902.html

 

きょうもえさん

http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20180408/1523196558

 

Sさんの意味深なツイート