登場人物(たいせい君)

(詳しい内容は後日更新します)

 

たいせい君

北関東在住の高校生。アフリカで起業するからと資金集めのため全国を飛び回った。

そしてイケダハヤトもターゲットにされる。

行動力はウォッチャーも感心するほどで、本山まで行って本人と会ってしまった。

そこでたいせい君はイケダハヤト先生に投資してもらおうとするが…

Wikiを詳しく読む人ならよくわかるかと思うが、イケハヤ先生にはお金がないと考えられるのである。

結局、お金はもらえなかったようでたいせい君は本山をあとにしているようである。

 

その後、6月からナイジェリアに行こうとするも、ビザがとれず。

周辺国のベナン・トーゴ・ブルキナファソをうろうろしているようだ。

 

 

イケダハヤトさん!100万円ください!

 

イケハヤさん僕を覚えてますか?

アフリカからメッセージを送っています

当初「アフリカで起業」と謳っていましたが、路線を変更し、AR/VRの分野へ進もうと思います

 

1週間後、日本へ帰り仲間1人と会社を登記する予定です

 

100万円ほしいです

詳細をDMで伝えたいのでフォローしてくれませんか?

https://mobile.twitter.com/TaiseiYoungJP/status/1024303107755454466

というメッセージをたいせい君は送った。しかし、返事はない。

 

イケダハヤト先生はこの返事をガン無視しているようだ。

前途ある若者には投資すべきというツイートはしているのに、なぜイケダハヤト先生は無視するのだろうか?

お金がないから?たいせい君の事業は未来がなさそうだから?