登場人物(サトモトヒロノリ)

 

サトモトヒロノリ(里本裕規) 里芋

五島列島出身。たぶん福江島。

佐賀大学・農学部を主席で合格したらしい。

そして、一斉を風靡した詐欺師臭い元佐賀県武雄市長・樋渡啓祐にあこがれて2014年4月に武雄市職員に。

が、樋渡啓祐市長は里本が入庁した直後に失脚。市長選で落選してしまう。

その後、里本も後を追うように退職。もったいない。

 

次の依代は、おなじみイケダハヤトであった。

イケダハヤトのプロブロガー生活に憧れ、2015年秋には高知県に移住。

違法建築で有名な沢田マンションに入る。

(なお、イケダハヤトとその関連人物は沢田マンション管理人のおばさんに多大な迷惑をかけることになるが、別の項目で紹介する予定)

 

弟子としてベーシックインカムをもらいながらの生活になるが、ブログがうまくいかない。

月5000円まで伸びたところまでは判明しているが、その後は月商を通常では非公開に。

金を払わないと見せられなくした。ちなみに、金を払う人は誰もいなかった。

 

 

2016年7月、弟子を「卒業」。

高知の日曜市でぽんち売りをしていたが、2017年に矢野大地のNPO「ONEれいほく」のバックオフィス担当になる。

その後は、現在までONEれいほく→ひとまきのスタッフである。

 

読んだ人はよくわかるかと思うが、無能臭がすごい。

 

 

 

 

サトモトヒロノリについて詳細に書かれた、おもしろいブログ記事を紹介。

 

落ちていくサトモトヒロノリ。挫折するにはあまりに遅すぎた。

http://bloggerseo.hatenadiary.com/entry/2016/05/08/021544

 

イケダハヤト氏の書生2号(サトモトヒロノリ氏)が名前を偽ってランサーズに仕事を依頼?

http://www.haradesugi.com/entry/2016/03/13/090000