(1)物事の区別は相対的である
①例
  • 「生」と「死」
→からだの細胞は分裂を続けて、古い細胞が死に新しい細胞が生まれる
  • 負けるが勝ち
  • 万物は流転する
  • 命題 自動車は自転車より早い →必ずしも真ではない

②弁証法とは~「対立物の統一に関する学問」であり、「物事の本質そのものにおける矛盾の研究」

  • 対立した二つの世界観
 世界の存在~誰も否定しない
  • しかし世界が永遠の過去から永遠の過去から永遠の未来にわたって存在するものなのか、それとも何らかの形で創造されたものなのか

矛盾~対立物
否定の否定~負けるが勝ち 急がば回れ
量質転化~薬品の量的変化によるもの 無効量~薬用量~中毒~致死量




(2015.5.5)