1.短期継続融資
金融庁の資料によると、短期借入で賄うべき運転資金を長期借入れで対応している現状が読み取れる。

図1.長期借入金に依存したバランスシート

よって、
①正常運転資金部分を長期で対応している先には、短期にシフトすべきでないだろうか。
②逆に、固定資産見合分の借入れについては、長期で対応すべきである。

図2.短期継続融資後のバランスシート

2.事業性評価による返済期間延長
CF<返済額となっているケース
事業性評価実施により(条件緩和債権に該当しないことを確認のうえ)自行借換(又は他行肩代わり)し返済期間延長も検討すべきではないだろうか。