業務知識の拡散

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

決算システムを担当しているHiroは、ベテラン社員だが、自身の異動海外へ異動することとなった。
決算システムについて、業務知識を有しているのは自分のみであり、引継ぎ内容などについて、現状誰にアドバイスをもらえばよいのか、後任者のKeiを誰にフォローしてもらうか、悩んでいた。

誰に引継ぎドキュメントをレビューしてもらい、自身の異動ののち、後任者をフォローしてもらうべきか?

Hiroの同僚のJoeとYoshiakiは、同じ部門属していて決算システムの運用業務について、若干の知識を持っている。
また、横割りの社風であったため、HiroがJoeやYoshiakiに自身の業務知識を伝えることは禁止されていない。

レビューアや後任者のサポーターを増やすため、業務に関係のある第三者に知識を拡散することにした。

JoeやYoshiakiに業務知識の拡散をすることによって、彼らはHiroのドキュメントをチェックすることができるようになった。またJoeやYoshiakiは自身の業務と関係のある知識を増やすことができた。

第三者がを持っていることを前提とする引き継ぎ資料のレビューを行うためには、このパターンが必要条件となる。また前任者が知事的に席をはずす別室での引き継ぎと第三者が前任者が引き継ぎに専念できるように第三者が前任者の仕事の一部を引き受ける引き継ぎの防火壁を行う上で、第三者が業務知識を有していることは重要だ。
人事異動後、後任者が不明点を調べるための発展途上の後任者の後見人知識の目撃者を行う上でもこのパターンが前任者によっておこなわれている必要だ。
一方プロの作家への依頼によって、業務知識の拡散が自動的にされることもある。
添付ファイル