異動の暗示

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



Yoshiakiは、半年後の人事異動でHiroが海外のポストへ異動することとなる、と人事部から聞いた。Hiroは自身の異動について、あまり意識しておらず、引き継ぎに備えている様子は全くない。海外への異動、ということと決算システムという重要な社内システムの知識の引継ぎであるため、YoshiakiはHiroに、後任者へしっかり引き継ぎをしてもらいたいと思っている。

前任者に引き継ぎの準備を促し、また準備のための十分な期間を与えるには、どうするべきか?

具体的な人事情報について、多くの人にうわさを広めることは、絶対に行ってはいけない。ただし、本人にちょっと仄めかすくらいであれば、許容される。Hiroは口が堅く、自身の異動などについて吹聴するような男ではない。
Hiroは自身が異動するとは全く思っていないが、次回の異動で確実に、海外へと派遣される、とYoshiakiは確信している。
いままでYoshiakiはHiroに異動を仄めかしたことは一度もなく、Hiroはそれを冗談だとは受け取らない。
異動は半年後なので、引き継ぎに備えるには十分な時間だ。

十分な引き継ぎ準備期間を確保するため、早めに異動の情報を暗示して、準備を行うように促そう。

Yoshiakiは、Hiroに次の異動でHiro自身が動く可能性があることを仄めかし、引き継ぎの準備を行うように指示した。
結果、Hiroは自身の異動について、認識をし、引き継ぎの資料や知識の整理を行い、引き継ぎにきちんと備えることができた。

このパターンを実行することで、責任ある引き継ぎプロジェクトを意識し、前任者が引き継ぎドキュメントを責任をもって作成し始めることが期待される。
また、このパターンはインクリメンタルな引き継ぎ後任者への指導者のように時間が必要となるパターンの実行の手助けを行うこともできる。
添付ファイル