前任者と同レベルの後任者

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



Hiroは長年決算システムの担当をしてきたが、次の異動で海外赴任となることが決まった。YoshiakiはHiroの後任者を社内から選ぶことになった。

引継ぎ後にトラブルを避けるために、どういった人物を後任者として任命すべきか?

決算システムは重要なシステムで、障害などにも適切に対応し、機能し続けなければならない。後任者の能力不足によるシステムトラブルは何としても避けなければならない。

後任者を選ぶときは、前任者の業務を理解できるように同等の能力を持っているものを任命しよう

(株)早稲田内で、営業部の技術支援業務を担当している中堅社員のKeiは、システムに関する知識は十分にある。
彼女を社内システム部にHiroの後任者として異動させることは可能である。

Yoshiakiは、KeiをHiroの後任者として任命した。
Yoshiakiが後任者が能力不足とならないように配慮したおかげで、KeiはHiroの後任者として十分に能力を発揮し、決算システムの運用をスムーズに行うことができた。

今回のケースでは、適切な人材が社内にいたためこのパターンを適応したが、社内にいない場合は外部からの人材を用いる。このパターンが実行されている場合、後任者への簡単な説明は省くことができるため後任者への指導者を行う必要はない。
添付ファイル