引き継ぎの防火壁

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


決算システムは重要なシステムだ。引継ぎを十分に行ってもらわなければ、非常に困る。YoshiakiとJoeは、Hiroが通常業務が忙しすぎて、引継ぎに十分時間がさけず、Keiに十分な引継ぎを行えないのでは、と心配になった。Hiroは、引継ぎに時間を割くには忙しすぎる。

忙しい前任者に引き継ぎに専念してもらうには、どうするべきか?

YoshiakiとJoeは、決算システムについて多少の知識を持っており、電話取りなどの簡単な業務には対応できる。また、YoshiakiとJoeは、Hiroの仕事を少しだけ手伝う余裕もあった。

前任者が引き継ぎに専念できるよう、第三者は前任者の仕事をフォローしよう

YoshiakiとJoeは引継ぎ中のHiroの業務についてできる範囲でフォローを行い、引継ぎに時間を割いたり、専念できるようにした。そのおかげで、Hiroは引継ぎに専念し、しっかりと時間を割くことができた。Keiは十分な引継ぎを受けることができた。その結果、決算システムについて十分な知識を得て、Hiroの後任者として、しっかり務めを果たしている。

このパターンを実施するには業務知識の拡散が実施されている必要がある。別室での引き継ぎを行う際、併用することも可能である。このパターンが実行できれば発展途上の後任者の後見人知識の目撃者を使用するための要件を満たしている。
添付ファイル