引き継ぎの延長戦

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Hiroは長年決算システムの担当者だったが、海外赴任を命じられた。後任者のKeiに引き継ぎを行ったが、時間がとれず、引き継ぎを完遂することなく、異動してしまった。

引き継ぎが終わらなかった場合、どうやって終わらなかった引き継がれなかった知識を伝えるべきか?

本来であれば、引き継ぎ期間中に引き継ぎを完了させ、赴任すべきだが、様々な理由で完了しなかった。
Keiは、人事異動後もHiroに決算システムの質問を行うことに対し、ためらうかもしれない。
HiroとKeiの関係は良好で、メールなどで気軽にやり取りができるくらいである。
前任者と後任者が連絡を取り合うことに対し、周囲は特に違和感を感じていない。

異動後も、電話やメールなどで伝えきれなかった情報を伝えよう。

Hiroは異動後も、Keiと度々連絡を取り合った。
Keiの業務に干渉し過ぎないよう、Hiroは気を使いながら、連絡を取るようにした。
Hiroと連絡を取り合うことで、Keiは決算システムについて、質問しやすい雰囲気ができ、引き継ぎが完遂しなかった部分の穴埋めを行うことができた。

旧メンバーでの同窓会を行うことで、第三者は前任者にこのパターンの実施を促すことができる。連絡先の確保によって、後任者が前任者にこのパターンの実行を促すこともできる。引き継ぎのための時間があまりない中で、時間のかかるインクリメンタルな引き継ぎ後任者への指導者を行う場合、このパターンを行うことを覚悟しなければならない。
添付ファイル