連絡先の確保

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Hiroは長年決算システムの担当をしていたが、今度の異動で海外赴任を命じられた。後任者として命じられたKeiは、Hiroから引き継ぎを受けた。Keiは決算システムのような大規模なシステムの担当は初めてであり、自身に後任者が務まるか不安であった。また、引き継ぎ期間も十分ではなかったため、Hiroは簡単な説明は省いて、効率のよい引き継ぎを行った。そのため、丁寧な説明は受けられなかった。

引き継ぎ後、後任者としての役割を十分に果たすためにはどうすべきか?

本来であれば、引き継ぎ期間内に業務知識を理解すべきだが、Keiの能力や時間などの問題で、理解しきれなかった。
HiroはKeiに対し好意的であり、メールで連絡をしても、不快感は示さない。
YoshiakiやJoeは、KeiがHiroとメールのやり取りを行うことに対し、違和感を示すこともなかった。

前任者にいつでも質問できるように、連絡先を確保しよう

Keiは、引き継ぎ後もHiroと連絡先を交換し、どうしようもないときは、連絡できる環境を構築した。
Keiは、決算システムの改修作業などに際し、調べてもわからなかった点はHiroに質問し、誤った対応を行うことなく、適切にシステムの運用を行うことができた。

このパターンを実行できない場合は、周辺の発掘知識の目撃者を使用し、後任者自身で問題の解決を図らなければならない。また、前任者に引き継ぎの延長戦を促すことも可能だ。
添付ファイル