KeTCindyの紹介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1. KeTCindy=KeTpic+Cinderella

 私たちは,2006 年から,TeXに図を入れるためのツールKeTpicを開発してきました.KeTpicは,数学ソフトウェアのパッケージで,TeX文書に正確な図を簡単に入れることができます.しかし,GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)が不十分だったため,初めての方には使いやすいとは言えませんでした.詳しくは,以下のwebページをご覧ください.
    http://ketpic.com
 一方,Cinderellaは動的幾何ソフトの1つです.画面を見ながら,また点を動かしながら,思った通りの図を作成することができるという大きな利点をもっています.
 2014年にCinderellaの開発者が来日したのを機に,KeTpicとCinderellaのコラボが始まって,KeTpicにGUIを付加することで,ずっと使いやすくなったKeTCindyが生まれました.

2. 作図の流れ

(1) KeTCindyのサンプルファイルをダブルクリックしてCinderellaを立ち上げます.
(2) Cinderellaの画面(幾何図形)とCindyScript(コマンドの入力)を利用して図を作ります.
(3) Texviewボタンを押すと,Scilabソースファイル,Texの確認用メインファイルができます.
(4) 同時に以下の一連の処理をするkc.sh(.bat)が作られます.
  • Scilabがソースファイルを実行してTeX用の図ファイルを作成
  • TeXメインファイルをコンパイルして,図入りのPDFファイルを作成
  • PDFビューアがPDFファイルを表示
(5) Mkfigボタンを押すと,PDFが表示されます.

3. 必要なソフトウェア

以下のソフトウェアは必須です.
 Cinderella
 Scilab
 TeX
 PDFビューア(Macはプレビュー,WindowsはSumatrapdf)

以下のソフトウェアはオプションです.
 R(統計ソフト)
 Maxima(数式処理)
 Risa/Asir(数式処理)
 Fricas(数式処理)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル