KeTCindyの紹介

1. KeTCindy=KeTpic+Cinderella

 私たちは,2006 年から,TeXに図を入れるためのツールKeTpicを開発してきました.KeTpicは,数学ソフトウェアのパッケージで,TeX文書に正確な図を簡単に入れることができます.しかし,GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)が不十分だったため,初めての方には使いやすいとは言えませんでした.詳しくは,以下のwebページをご覧ください.
    http://ketpic.com
 一方,Cinderellaは動的幾何ソフトの1つです.画面を見ながら,また点を動かしながら,思った通りの図を作成できるという大きな利点をもっています.
 2014年にCinderellaの開発者U.Kortenkamp氏が来日したことをきっかけに,KeTpicとCinderellaのコラボが始まり,KeTpicにGUIを付加することで,より使いやすくなったKeTCindyが生まれました.

2. 作図の流れ

(1) KeTCindyのサンプルファイルtemplate1basic.cdyをダブルクリックしてCinderellaを立ち上げます.
(2) Cinderellaのメイン画面(幾何図形)とCindyScript(コマンドの入力)を利用して図を作ります.CindyScript画面の右上にあるギアマークを実行すると,メイン画面に図形が表示されます.
(3) Figureボタンを押すと,Rソースファイル,Texの確認用メインファイル...main.texができます.同時に以下の一連の処理をするkc.sh(.bat)が作られ,一気にPDFが表示されます.
  • Rがソースファイルを実行してTeX用の図ファイルを作成
  • TeXの確認用メインファイルをコンパイルして,図入りのPDFファイルを作成
  • PDFビューアがPDFファイルを表示

3. 必要なソフトウェア

以下のソフトウェアは必須です.これらは,まとめてパッケージ化して配布しています。
 Cinderella(動的幾何ソフト)
 R(統計ソフト)
 TeX(組版ソフト)
 PDFビューア(Macはプレビューまたはskim,WindowsはSumatrapdf)

以下のソフトウェアはオプションです.
 Scilab(数値計算ソフト)
 Maxima(数式処理ソフト)
 Risa/Asir(数式処理ソフト,グレブナー基底に強い)
 Fricas(数式処理ソフト,不定積分に強い)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル