KeTCindyを始めよう

1. Cinderellaの画面

KeTCindyフォルダの中にあるtemplate.cdyをダブルクリックすると,Cinderellaの画面が開きます.
白い枠線は,TeXに書き出されるときの描画領域で,点SW,NEを動かして変更できます.

  • 画面の中にあるParent, Texview, Exekc は描いた図のデータを書き出すKeTCindyのボタンです.
  • 上下にあるツールボタンでよく使うのは次のものです。描画後は「要素を動かす」ボタンを押して動かすモードにしておきます.


2. Cinderellaで図を描く

(0) まず,template.cdyに描かれた三角形を消去して,空のcdyファイルを作成し,example1.cdyとして保存しましょう.一番上にあるツールバーで「スクリプト→CindyScript」を選択してクリックすると,スクリプトエディターが現れます.

#ref error : ファイルが見つかりません (ScriptEditor.png)
  • 10行目に/ / を加えてコメントアウトしましょう.
  • メイン画面に戻って,画面上部のツールバーから3点マーク「すべての点を選択する」をクリックすると次のようになります.

  • メイン画面上部のツールバーから消しゴムマーク「選択した要素を消去する」をクリックすると次のようになります.

  • 最後に,一番上にあるツールバーで「ファイル→別名で保存」を選択してクリックすると,保存先フォルダが現れ,example1.cdyと改名して保存できます.

では,example.cdyを使って,以下の作業を試みてみましょう.


(1)「線分を加える」ボタンを使って,三角形を描きます.
  • Aの位置で左ボタンを押し,ドラッグしてBの位置でボタンを離します.同様にBC,CAを引きます.
  • 線分は青い線で描かれます.
  • 最後に作図したCAが光ったようになっています。(ハイライト)
  • 終わったら,必ず動かすモード(「要素を動かす」)に戻しておいてください.


(2) トップメニューから スクリプト/CindyScript を選びます.スクリプトエディタが別ウィンドウで開かれるので,Draw/figures をクリックすると次のようになります.


(3) Fhead(ファイル名)を次のように変更します.
   Fhead="basic1";

(4) Ketinit();とWindispg();の間に次のコマンドを入れていきます.
   Addax(0); TeXの図で座標軸を描かない.
   Listplot([A,B,C,A]); A,B,C,Aの順に線分で結んで三角形を描く.

(5) 右上のギヤマーク(?の左)を押すと,下部に結果が表示されます.
  Shift+Enterでも実行できます.(推奨)

  注)コマンドの簡単な説明と使用例を見るには,
      Help("List");
    などと書くと,実行時に下のエリア(コンソールといいます)に説明が表示されます.


(6) Cindy画面に戻ると三角形の辺の色が黒線に変わっています。KETCindyのコマンドで描かれた結果です.


(7) 図を描き出します。
 まずTexviewボタンを押し,次にExekcボタンを押すとバッチ処理が始まり,PDFが表示されます.


 注)Macで,うまく動かないかエラーが出る場合は kc.sh の実行権がうまくいっていません。次のようにしてください.
    1) KeTCindyフォルダの中のketworkフォルダを開き,中にあるkc.shを削除する.
    2) Cinderellaに戻り,Texviewボタンを押す.
    3) 再びketworkフォルダを開くと,kc.shが新しくできている.
    4) kc.shを選び,メニューで「ファイル/情報をみる」を選択
    5) 「このアプリケーションで開く」=>その他 で,ターミナルを選ぶ.
    6) 「すべてを変更」ボタンを押す.
   Cinderellaに戻り,Exekcを押して再実行します.
   これでもうまくいかない場合は,次のようにします.
    ターミナル(アプリケーション/ユーティリティ)を立ち上げて,次の2行を実行
      cd /Applications/KeTCindy/ketwork
      chmod +x kc.sh

(8) TeXやPDFのファイルはすべてKeTCindy/ketworkに作られます.
   basic1.tex TeXの図ファイル
   basic1maic.tex basic1.TeXを読み込むTeXの文書
   basic1main.pdf 確認用のPDFファイル
  注)TeXの図ファイルは他のTeXファイルに ¥input コマンドで挿入できます.
     ¥input{basic1.tex}
   basic1main.tex ではこれを実行しています.


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|