グリーンボム

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

過去、ねぐらと対立関係にあり「ねぐら大戦」を起こしたが後に和解し、今はねぐらと友好的なサイト。
大きな発展もないが、昔ながらの平和な都市である。
女帝は時喰と言う事になっているが既に死亡しており、現在トップは不在。

政府 中央管理区


政府

時喰
グリーンボム女帝。グリーンボムの主力メンバーからは母のように慕われていた。

サイト結合時には既に分解の波動により頭の芽に取り殺され、大きな木となっている。死ぬ前から頭の芽で自分が死ぬ事を察しており「無駄なものなんてない」と言う事をニラに語った。事件解決後、死亡しているはずの女帝の顔に微笑みが浮かんでいた。


ニラ
グリーンボム女帝側近。

ねぐら大戦以前から時喰の部下である古参メンバー。女帝時喰は既に死亡しているため、サイトの管理は彼が行なっている。JJとは同期(同時に時喰に拾われた捨て子)であり、身分は違うが対等の口調で話す。また、育ての親である時喰を母のように接しつつも実は一人の女性として愛していた。分解の波動による影響で以前よりも頭の芽が成長しており、それを抑えるため頭に包帯を巻いている。
ザニオンがグリーンボムに襲来した際、既に女帝が死亡し無力である為抵抗することなくグリーンボムを明け渡そうと考えていたがJJが戦った事で被害が出てしまい、JJの気持ちを知りつつも「何故戦った」とそれを咎めた。グリーンボムがザニオンに乗っ取られた先でブレインBとともに雑用扱いされ、後に骸羅の手で救出される。事件解決後は時喰の亡骸とともにイグドラシルに身を置き、JJ達とともに平和に暮らした。その時は分解の波動を抑制する技術が開拓され包帯を取って蔓を髪の毛のように伸ばしている。


中央管理区

JJ
グリーンボムの中央管理区チーフ。

ねぐら大戦以前から時喰の部下である古参メンバー。
部下思いな性格で、ブレインBとまさきを兄弟のように接している。また、女帝側近であるニラの部下にあたるが時喰によって同時に拾われた身であるため対等の口調で話す。巨大な剣を持ち、振るだけで衝撃波を作り出し力を解放する事で頭上以外の全面をカバーする強力な衝撃波を生み出すなど戦闘力がかなり高い中央管理区の守護者である。(注:ブナ、誠、レーガス、kia、DMを一度に相手できるほど)
女帝不在で無力なグリーンボムがザニオンに乗っ取られる事を受け入れられず抵抗し、大きな被害を出した事をニラから咎められた。(注:しかしそれは結果的にムダ発射の時間稼ぎとなり、ねぐらや金柑を救う事になった)乗っ取られた先のザニオンにて庵蛇に挑むが敗北、洗脳されブナ達と戦う事となる。事件解決後、グリーンボムのメンバーがイグドラシルに吸収された現状に不満はないのかとニラに問われたが自分なりの答えを出し、いまある境遇に満足していた。


ブレインB
グリーンボムのエンジニア。

サイト内のタグの作成を担当し、武器の生成も行なうJJの部下。
ザニオン襲来時にはグリーンスコーピオン砲で応戦するも通用せずDMによって拘束された。ザニオンで作業をしている時は鵬などの兵器を生成させられ、ムダのエネルギーと結合したさぷらいがザニオンを襲う時にはニラとともに骸羅に助けられている。事件解決後イグドラシルに身を置くことで平和を取り戻し、まさきに新作の「花が人面になる肥料」を披露した。


まさき
グリーンボムのエンジニア。

サイト内の建物の作成を担当するJJの部下。
ある程度格闘の心得はあるものの、洗脳されたDMには通じず拘束された。ザニオンに連れて行かれた時にジンと出会い、彼の目的が荒らし行為そのものではないと知り協力。洗脳されたフリをして緑の目を欺きDMの解放に成功する。事件解決後、イグドラシルにて仲間のJJ達と平和を取り戻す事ができた。



884
グリーンボム将軍。
ザニオンの襲来時にはJJを助けるために応戦したがニラの命令で中止する。ザニオンに吸収され、ねぐらとの戦争時には現場の指揮をとっていた。