ブルー・マリー | BLUE MARY

職業はフリーランスのエージェント。優れた格闘家を輩出する家系に生まれ、あらゆる格闘技に精通。
中でも投げ技や関節技を主体としたコマンドサンボを得意とする。
テリー・ボガードと親交が深い。
CV:ブリドカットセーラ恵美

ver3.00からの参戦でDLCキャラクター。
体力が950と体力はやや低めで近接攻撃メインで打撃と投げを得意とするキャラ。
やや小柄なためリーチは少々短いが出てしまえば攻撃判定が強い物が多く、低身長のおかげで打点の高い攻撃をかわしやすい利点がある
追加入力などやや特殊な部分が多いが下段、中段攻撃、ガード不能のコマンド投げによる揺さぶりが強力で
方向でも出せる特殊技の「ダブルローリング」のおかげでコンボ中にストレートスライサーの溜めが行いやすくver3.00DLCキャラの中では比較的初心者向け。

ver3.01から各不具合部分修正。
ver3.02からクラブクラッチ成立と同時に強ストレートスライサーヒット時スーパーキャンセルを行った場合動作が正常に行われなかった不具合を修正、各種M. スプラッシュローズの全体硬直時間を増加。

+紹介動画

紹介動画



コマンド表

コマンドはキャラクターが右向きの場合
アイコンの意味は以下の通りです。
:EX・MAX版対応技 :スーパーキャンセル対応技 :アドバンスドキャンセル・クライマックスキャンセル対応技
種別 技名 コマンド 備考
通常投げ ロックキック 近距離で
ビクトル投げ 近距離で
特殊技 ハンマーアーチ 中段攻撃、キャンセル版は上段判定
特殊技 ダブルローリング 2段目下段判定
特殊技 クライミングアロー
必殺技 ストレートスライサー 溜め 下段攻撃
  クラブクラッチ (強ストレートスライサーヒット中に) 追加投げ攻撃
  スタンファング (EXストレートスライサーヒットまたはガード中に)
バーチカルアロー 地上部分SC、AC可
  M.スナッチャー (バーチカルアローヒット中に) 追加投げ攻撃
EXバーチカルアローからは発生不可
スピンフォール 弱強版は中段攻撃
EX版はしゃがみガード可+ヒット時地面バウンドやられ発生
  M.スパイダー (スピンフォールヒット中に) 追加投げ攻撃
EXスピンフォールからは発生不可
リアルカウンター EX版はバックドロップ・リアルもEX性能になる
  バックドロップ・リアル (リアルカウンター中に) 派生投げ攻撃
M.ブレイカー 移動投げ攻撃
超必殺技 M.タイフーン 近距離で
M.スプラッシュローズ 地上部分AC、CC可
CLIMAX超必殺技 M.ダイナマイトスイング

+連続技

連続技

アイコンの意味は以下の通りです。
(数字)=その攻撃ヒット数でキャンセル:例:近強P(1)=近強P一段目で
SC=スーパーキャンセル AC=アドバンスキャンセル CC=クライマックスキャンセル
QM=クイックマックスキャンセル 

主力連続技

1 ジャンプ攻撃または屈弱攻撃ラッシュ(ボタン連打)
備考 主力コンボその1。ジャンプ攻撃または屈弱攻撃後やや離れるとラッシュにならない場合があるので注意。
2 屈弱K屈弱P弱ストレートスライサーまたは強バーチカルアロー(~M.スナッチャー)
備考 主力コンボその2で下段始動。弱ストレートスライサーはダメージは低いが難易度が低くダウンを奪えるため攻め継続がしやすい。強バーチカルアローはダメージは高いが難易度が高いため無理して使う必要はない。
パワーゲージがあれば各必殺技から超必殺技でダメージアップ可。
3 近立ち強P(1~2)または近立ち強Kまたは屈強Pダブルローリング強ストレートスライサー(~クラブクラッチ)
備考 主力コンボその3で強攻撃始動。各種強攻撃のヒットが遠いと離れてしまいダブルローリングが当たらない場合があるので間合いには注意。
パワーゲージがあれば強ストレートスライサーから超必殺技でダメージアップ可。

その他の連続技(自由記述欄)



+基本戦術

基本戦術


難敵対策


雑記



+通常技性能解説

通常技性能解説

通常技

Ca:キャンセルの可否 〇:各種必殺技、特殊技などでキャンセル可 連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可
Ca 解説
弱P 肘打ち。攻撃範囲は短いが発生が早くしゃがみ相手に当たる。
ガード時はこちらが有利で固めに機能する。
ボタン連打でラッシュに移行。
真横に立ちパンチ。近立ち弱Pに比べ発生がわずかに遅くなるがリーチがそこそこあり小ジャンプ潰しに機能する。
体の小さいしゃがみ相手には当たらないので注意。
ガード時の不利硬直がわずかにあるが反撃は受けない。
弱K 足元を踏みつけるような蹴りで下段判定。
発生が遠立ち弱Pと同じくらいで早く崩しに使えるが硬直がややありガード時の不利硬直も近弱攻撃としてはやや大きいので必殺技などにキャンセルして隙消しすること。
真横蹴り。発生がそこそこに早くリーチが長い。
しゃがみ相手にも当たりけん制に機能するが硬直がややありガード時の不利硬直はやや長いのでなるべく先端でガードさせること。
強P 〇/〇 振り上げるようなビンタによる2段攻撃。
発生が早く攻撃判定も見た目よりやや長く近立ち強Pになる認識間合いも広いためコンボ始動に使いやすい。
なおかつ1段目のヒットバックは少なく各種必殺技などの崩しも行いやすい。
ガード時の不利硬直がわずかにあるが離れるため反撃は受けない。
一歩踏み込んで裏拳。発生は遅くけん制に使いにくいが前進するため距離調整などに機能する。
ガード時の不利硬直はややあるが離れるため反撃は受けない。
強K 膝蹴り。近立ち強Pよりわずかに発生が早くなりダメージが若干高い。
ただしヒットバックが大きく、認識間合いが狭いためやや離れると遠立ち強Kになりやすいので注意。
ガードされても五分。
- 少し前進しつつローリングソバット。
発生は遅いがリーチが長く前進するためけん制に使いやすい。
なおかつ攻撃中は浮くため一部の下段攻撃をかわすことが可能。
キャンセルが一切利かない点とガード時の不利硬直が大きい点に注意。できるだけ先端でガードさせよう。
屈弱P 〇/連 屈みパンチ。発生が早く連打が利き屈弱Kより打点が高いのが利点。
ガードされてこちらが大きく有利が取れるため固めに機能する。
屈弱K 超/連 下段判定のすり足キック。
必殺技キャンセルが利かないが、発生が屈弱Pよりわずかに早くリーチが長い。
打点は低めだが低姿勢になり下段判定なので崩しに機能する。
ガードされてこちらが有利。
屈強P しゃがみ姿勢でショルダータックル。発生がやや遅いが前進するためヒットした際は特殊技などに繋げやすい。
ヒットさせても反撃を受けるほど硬直が大きいのでヒット、ガード時は必ず各種キャンセル行動を行うこと。
屈強K - 足払い。ダウンが奪え、発生が早くリーチ長い。
ただし硬直が大きくクイックニューマックスモード発動のみでしかキャンセルが利かないのでガードさせる際は先端気味に当てること。
J弱P - 斜め下方向へパンチ。リーチは短いが発生がかなり早く空対空に使いやすい。
J弱K - 膝蹴り。リーチは短いが発生が早くめくり性能が強く崩しに機能する。
J強P - 真横にエルボー。ジャンプ強攻撃としては発生が早く横方向のリーチが長い。
姿勢の低い攻撃には当たらないので注意。
J強K - 斜め下方向へ回し蹴り。発生はJ強Pよりわずかに遅くなる程度でめくり性能があり低姿勢にも当てやすいので入り込みに機能する。
吹っ飛ばし 一歩踏み込んでミドルキック。
発生は遅めだがリーチが長く出てしまえば判定が強い。やや上気味に蹴るので起き上がりのジャンプにも引っ掛けやすい。
ただし足元は無防備なので注意。ガード時の不利硬直がわずかにあるが離れるため反撃は受けない。
J吹っ飛ばし - 斜め下方向にキック。出は遅めだが出てしまえば判定が強く空対空や入り込みに使いやすい。
通常投げ - P版はフック→飛び膝蹴りで相手を吹き飛ばし受身可能。
K版は相手を掴んでともに反対側に地面に転がってからダウンしてる相手をフラッシングエルボーで攻撃する受身不能投げ。

特殊技

Ca 解説
ハンマーアーチ キャンセル版は〇 少し前方へ飛んでから両手でハンマーナックルを行う打撃攻撃。
単発版は出がやや遅いものの中段判定で崩しに機能するがキャンセル発動以外のキャンセルが一切利かない、ガード時の不利硬直が大きいので注意。
キャンセル版は出が少し早くなり強攻撃から繋がり必殺技等でキャンセル可能だがダメージが低くなる、ガード時の不利硬直がやや大きいので注意。
前進するため少し離れた間合いでの崩しやコンボに使いやすい。
飛び上がった部分は一部の下段攻撃をかわすことが可能。
ダブルローリング -/〇 少し浮き上がって前進しローリングソバット→下段まわし蹴りを行う。2段目が下段判定でキャンセル可能。
単発版、キャンセル版ともに同じ性能で発生が遅いが強攻撃から繋がるので主にコンボパーツに機能する。
1段目のローリングソバットはキャンセル行動が一切利かず2段目を出し切るまでは無防備なので注意。
浮き上がった部分は一部の下段攻撃をかわすことが可能、ガード時の不利硬直が大きい点に注意。
クライミングアロー 地面に伏せた状態から上空めがけて片足で蹴り攻撃を行なう。
上方向に攻撃判定があるものの単発版、キャンセル版ともに発生が遅めなので対空として使うには難しい。
ヒット時は相手を浮かせて追撃可能なので画面端のコンボなどに機能する。
隙が大きくガード時の不利硬直が大きい点に注意。

+必殺技性能解説

必殺技性能解説

Bt:ボタンの入力 共:弱強共通 Ca:キャンセルの可否
技名 Bt Ca 解説
ストレートスライサー 前方へ下段判定のスライディング攻撃。
出はやや遅めだが弱版は比較的発生が早く屈弱Pから繋がり移動距離が短く、強版と違いこちらは地上ヒット時地上やられになりダウンは奪えずクラブクラッチ(後述)の追加攻撃は行えない。
移動中は低姿勢のため一部打点の高い攻撃をかわすことが可能でガード時の不利硬直はやや大きいが先端ガードであれば反撃は受けにくい。
こちらは出が遅くなるが強攻撃から繋ぐことが可能で移動距離が長くなり地上ヒット時浮きやられになりダウン可能。
ヒット時クラブクラッチ(後述)による追加攻撃を行えさらにダメージを上げることができる。
隙がやや大きくなりガード時の不利硬直は先端ガードでもやや大きいので相手の早い攻撃での反撃には気を付けよう。
EX - 発生は弱版と同じくらいだが移動距離が強版と同じくらい長くなりダメージが上昇、ヒット、ガード時はスタンファング(後述)で追加攻撃を行えダメージ上昇と固めに機能する。
強版より若干隙は少なくなるもののそれでも大きくガード時はめりこむ上に不利硬直は大きくので相手の早い攻撃での反撃には気を付けよう。
┗クラブクラッチ 強ストレートスライサーヒット時のみから行える追加の関節技。ダメージは通常版ストレートスライサーと同じくらい。
ver3.02からクラブクラッチ成立と同時に強ストレートスライサーヒット時スーパーキャンセルを行った場合動作が正常に行われなかった不具合を修正。
┗スタンファング EX EXストレートスライサーヒット、ガード時のみから行える追加の多段ヒット電撃攻撃。
ヒットストップが長くきりもみやられになり追撃が可能。EXストレートスライサーガード時に相手の割り込みを潰すことが一応。
ガード時の不利硬直がややあり離れにくいので相手の早い攻撃での反撃には注意。
バーチカルアロー 回し蹴りを出しつつつま先蹴りで空中へ飛び出す2ヒット対空技。ヒット時追加攻撃のM.スナッチャー(後述)でダメージアップ可能。
弱版は発生が早く上昇高度は低め。
出掛かりに短い無敵時間はあるものの割り込みには不向き。
こちらは発生は遅くなるが無敵時間が空中に飛び出した直後まで増加、上昇高度が高くなり2段目のダメージが上昇する。同じくM.スナッチャーで追加攻撃可能。
割り込みに使いやすくなるが飛び出しが大きいため外したりガードされてしまうと隙は大きい点に注意。
EX - 空中で多段蹴りを放ちつつ上昇する。こちらはM.スナッチャーで追加攻撃は行えない。
発生が早く全段ヒット時のダメージがとても高い。きりもみやられになるが追撃判定はないので追撃は行えない。
無敵時間も強版と同じくらいなので割り込みにも機能しやすいが上昇高度がさらにたかくなるため外したりガード時の隙は大きい点に注意。
┗M.スナッチャー 弱/強 弱、強バーチカルアローヒット時から行える追加関節技。
ダメージは弱バーチカルアローと同じくらいでバーチカルアローとの合計ダメージはかなり高い。
スピンフォール - 空中で前転しながら飛び出しかかと落としを行う突進技で中段判定。
地上ヒット時は追加攻撃のM.スパイダー(後述)でダメージアップ可能で、空中でヒットすると強制ダウンになる。
発生は遅く弱版は移動距離は短いがガード時の不利硬直が強版より少ない、とはいえやや大きいので相手の早い攻撃での反撃には注意。
移動中は一部打点の低い攻撃をかわせて、相手が通常攻撃をガードした際に下段のストレートスライサーなどとおりまぜると崩しに機能しやすくなる。
こちらは弱版よりわずかに発生が早くなり移動距離が長くなる、同じく中段判定。
近い間合いであればしゃがんでいる相手を飛び越すことが可能。
移動が長いため遠くからの奇襲に使いやすくなるがガード時の不利硬直が大きくなるので注意。
EX - こちらは中段判定ではなくなりしゃがみガード可能になるが、発生が早くなりヒット時地面バウンドやられが発生し追撃可能になる。
ガード時の不利硬直も減りわずかに不利程度になる。
主にコンボパーツに重宝する。
┗M.スパイダー 弱/強 弱、強版スピンフォールが地上ヒット時のみから行える追加関節技。
ダメージはスピンフォールと同じくらい。
リアルカウンター - 前かがみになり相手を挑発するようなポーズをとる。
この技自体には攻撃判定はなく技中に後述のコマンド投げのバックドロップ・リアルに派生するいわば中継技。
ポーズ中は無敵で主に相手の技を誘って無敵でかわしたり相手を派生投げで崩すために活用する。
ただし投げられ判定があり全体的に無敵がやや短く、終わり際は無敵が切れるので注意。
EX - こちらは出かかりからポーズ終わり際まで無敵時間が付く。
なおかつバックドロップ・リアルもEX性能になる(後述)。
┗バックドロップ・リアル - リアルカウンター中に出せるコマンド投げ、名前のとおり受け身不能のバックドロップを行う。
投げの発生自体は1Fだがリアルカウンターの動作が含まれるため実際の発生は4F程度。
投げ範囲は狭いもののリアルカウンターの無敵部分で攻撃をかわしながら投げを決めやすいが密度の高い攻撃には注意。
EX版は投げ範囲がわずかに増え2回バックドロップを行いダメージが上昇する。なおかつ相手を反対側に投げることが可能。
なお先述したように合計4F程度の投げ発生ではあるがNPボタン又はNPボタンでリアルカウンターを最速でキャンセルし1F性能のコマンド投げを行える、いわゆる1フレバックドロップというテクニックが存在する。
操作と入力タイミングがかなり難しいものの他キャラの1Fコマンド投げと同様の性能になり、通常攻撃からのコンボに組む込んだり最速で割り込みが可能になる。
M.ブレイカー - 前方に小ジャンプし相手を捕らえると腕ひしぎの関節技を決める移動投げ。
発生が遅いが弱版は比較的発生が早く移動距離は短い。
降下部分から投げが発生し、空中以外の相手を捕らえることが可能で小ジャンプと同じモーションのため一部の下段攻撃をかわすことができる
小ジャンプと判別しにくく固まってる相手を崩すのに機能するが外した際の着地硬直がある点に注意。
こちらは若干発生が遅くなるが上昇高度がやや高くなり開幕位置から捕らえられるほどに移動距離が長くなる。
同じく崩しに機能するがやや多角と部分、近い間合いの場合は相手を飛び越すことがあるので位置に注意しよう。
EX - 弱版より発生が若干早くなり移動距離は強版とほぼ同じくらいだが近い間合いでも飛び越さず捕らえることが可能でダメージが上昇する。
移動中は飛び道具に対して無敵になるため立ち回りにも使いやすくなるが打撃無敵はないので注意。
M.タイフーン - 相手の肩に上がり顔を足で挟み込んだまま相手とともに空中に飛び上がり地面にたたきつける1Fコマンド投げ。
投げ範囲が狭いが1F発生のため近弱攻撃から目押しで繋がりなおかつ崩しと割り込みに機能する。投げスカリモーションで少し飛び上がった部分は下段攻撃をかわすことが可能。
MAX 空中で回転を加えて叩きつける。
投げ範囲とダメージが増加し崩しと割り込み性能がさらに上昇。
M.スプラッシュローズ 突進乱舞技。画面端まで移動するが攻撃持続時間はやや短い。
発生はそこそこの早さだが無敵時間は一切ないので割り込みには不向きでコンボ用。
ver3.02から全体硬直時間が増加しガード時はやや不利硬直がある。
MAX 発生が早くなりダメージが上昇、攻撃持続も若干増加し出掛かりから少し移動したあたりまで無敵時間が付く。
割り込みに使いやすくなるがver3.02から全体硬直時間が増加しガード時はやや不利硬直があるので注意。
CLI M.ダイナマイトスイング - - 飛び膝蹴りで前方斜め上方向に大きく飛び出しヒットすると大ダメージの演出に移行する。
発生が早く上昇部分までは完全無敵になるので割り込みとコンボパーツに機能する。
ただし横の攻撃判定がやや狭く外したりガードされると隙は大きい点に注意。

+技解析

技解析

Hit:ヒット数 Dmg:ダメージ ()内:小ジャンプ時のダメージ Stn:スタン値
G段:ガード段 全F:全体フレーム 発生:発生フレーム
Ca:キャンセルの可否  連:連打キャンセル可 必:必殺技以上でのみキャンセル可 超:超必殺技以上でのみキャンセル可 特:特殊なキャンセルが可

通常技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬差 Ca 備考
近弱P
遠弱P
近弱K
遠弱K
近強P
遠強P
近強K
遠強K
屈弱P
屈弱K
屈強P
屈強K
J弱P
J弱K
J強P
J強K
ぶっ飛ばし
Jぶっ飛ばし
強P投げ
強K投げ

特殊技

Hit Dmg Stn G段 全F 発生 硬差 Ca 備考

必殺技

Hit Dmg Ch Stn G段 全F 発生 無敵 硬直差 Ca 備考
EX
EX
EX
EX
EX
EX
MAX
MAX
CLI