「情報収集能力」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

情報収集能力」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ページ作成者:ニム
 
 #contents
 *部品構造
 
 -大部品: 情報収集能力 RD:13 評価値:6
 --部品: 情報を集めるということ
 --大部品: メディアから RD:3 評価値:2
 ---部品: 目的のものを探し出す
 ---部品: 要点をかいつまむ
 ---部品: 記録を写す
 --大部品: 現場や状況から RD:3 評価値:2
 ---部品: 注意深い調査
 ---部品: 危険性の考慮
 ---部品: そこに至るまでの経緯の考慮
 --大部品: 人や知的生物から RD:4 評価値:3
 ---部品: 会話から得る情報
 ---部品: 表情や動作の観察
 ---部品: 外見への注目
 ---部品: 相手の力量を量る
 --部品: 自身の活動跡について
 --部品: ダミーへの注意
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 情報を集めるということ
 何か行動を起こす前に必要なものとは情報である。
 情報を元に予測を行い、それに基づきリスク管理と行動決定を行うことで、行動の成功率は段違いに上がる。
 このとき情報は正確なものでなければならず、また物事のあらゆる側面から集めるのが好ましい。
 そのため情報と一口に言えど種類は様々である。
 情報収集力に長けた人物とは、求める情報に応じて情報源を絞り、効率よく正確な情報を集めることが出来る人のことを指す。
 
 
 **部品: 目的のものを探し出す
 メディアから情報を得る場合、まず求める情報に関連するそれらを探し、集める必要がある。
 紙媒体なら図書館や本屋でかき集めて調べるのが最も良いかもしれないし、誰か個人の所有する本や書類、もしかしたら手紙が必要かもしれない。政府保管の書類にしか記されていないかもしれない。
 データならネットワークにあるものかもしれないし、厳重なセキュリティの元記録媒体に保存されているかもしれない。
 そういった求める情報が有りそうな場所への知識、それを手に入れるためのコネや手段があればあるほど、情報を手に入れやすい。
 
 
 **部品: 要点をかいつまむ
 媒体に記録されていること全てが必要な情報とは限らない。迅速に情報を収集する為、要点を把握し、重要な箇所だけを詳細に確認する必要がある。
 
 **部品: 記録を写す
 手に入れた文書等が持ち出せない場合、情報を正確に写す用意をしておく必要がある。メモや写真等方法は様々。
 特に予め急いで写す必要があることがわかっている場合、情報収集時はそれなりの準備をもちろんしていく。
 
 **部品: 注意深い調査
 現場を調べる場合、そこに存在する全ての物が情報となる。
 一見してわかる情報の他、
 非常に小さな手がかりが残されていたり、通常では見えない場所に情報が潜んでいることもある。
 魔法や技術で隠蔽されているかもしれない。
 また何気ない物や状態でも、論理的に考えれば矛盾を孕んでいる可能性がある。
 五感全てを活用し、思考を働かせながら情報を獲得する事に励む。
 
 **部品: 危険性の考慮
 何かの調査を行う場合、周囲や己の安全に気を配らなければ、思わぬ被害をこうむることがある。
 毒性の植物だったり、人為的に仕掛けられた罠であったり、ぽっかり空いた穴だったり。
 そういった危険に気を配り、手袋などの道具を効果的に使いながら調査を行う必要がある。
 
 
 **部品: そこに至るまでの経緯の考慮
 出来事とは、目に見えているものだけがすべてではない。
 そこに至るまでの経緯を手に入れた情報と知識を元に推測することによって、
 更なる情報を得ることができたり、目の前の情報に惑わされず正しい情報を獲得することが出来る。
 
 
 **部品: 会話から得る情報
 相手が知っている情報や知識を得るには、会話をして話してもらうのが最も簡単である。
 相手の話しやすい雰囲気を作り、的確な質問で情報を引き出すテクニックは非常に有用だ。
 また多くの人物から話を聞くことでより正確な情報を入手することが出来る。
 
 **部品: 表情や動作の観察
 言葉よりも時に雄弁に表情や人の動作が情報を語ることもある。
 会話をしながら相手の反応を伺い真実を探ったり、体の動かし方で相手の調子を確認したり、時には攻撃手段等を想定することが出来る。
 
 
 **部品: 外見への注目
 相手の外見によって、相手自身のことや、相手が置かれている状況や今の状態を推測することが出来る。
 服装、清潔感、怪我の跡や靴の泥等、注意深く見れば見る程、相手のパーソナリティがわかるのだ。
 
 
 **部品: 相手の力量を量る
 咄嗟の行動や運動時の身のこなし、戦闘の動き等から、相手の戦闘時の力量を量ることは大切な技術だ。
 それには武器や道具、魔法などの肉体以外の要素もすべてまとめて情報として活用する。
 相手が自分より強いのか弱いのかを正確に把握することで、無駄な怪我を避けることが出来る。
 そして相手の動きをよく知ることで対処を行うことが出来る。
 相手の力量を量るにはそれなりの戦闘の知識が必要なこともある。
 
 **部品: 自身の活動跡について
 自身が情報を集めていたことを誰かに知られたくない場合、自身が活動した痕跡を残さないことが重要だ。
 その為には内密に行動したり、怪しまれないように自分の行動に注意を払ったり、
 調べた場所の完璧な復元を行ったりする必要がある。
 また逆に、自分が調査済みであることを他の誰かに知らせたい場合、あえて痕跡を残すこともある。
 それを行うことで共に調査する味方の時間節約をしたり、敵対する相手の警戒心を煽り注意を惹きつけることが出来る。
 
 
 **部品: ダミーへの注意
 入手した情報がすべて正しいとは限らない。誰かに作為的に用意された偽物(ダミー)の可能性もある。
 そのため常に手に入れた情報に疑いを持ち、それにまつわるより多くの情報を入手して、
 その情報が信頼できるかどうか判断するように心がける。
 
 
 
 *提出書式
 
   大部品: 情報収集能力 RD:13 評価値:6
   -部品: 情報を集めるということ
   -大部品: メディアから RD:3 評価値:2
   --部品: 目的のものを探し出す
   --部品: 要点をかいつまむ
   --部品: 記録を写す
   -大部品: 現場や状況から RD:3 評価値:2
   --部品: 注意深い調査
   --部品: 危険性の考慮
   --部品: そこに至るまでの経緯の考慮
   -大部品: 人や知的生物から RD:4 評価値:3
   --部品: 会話から得る情報
   --部品: 表情や動作の観察
   --部品: 外見への注目
   --部品: 相手の力量を量る
   -部品: 自身の活動跡について
   -部品: ダミーへの注意
   
   
   部品: 情報を集めるということ
   何か行動を起こす前に必要なものとは情報である。
   情報を元に予測を行い、それに基づきリスク管理と行動決定を行うことで、行動の成功率は段違いに上がる。
   このとき情報は正確なものでなければならず、また物事のあらゆる側面から集めるのが好ましい。
   そのため情報と一口に言えど種類は様々である。
   情報収集力に長けた人物とは、求める情報に応じて情報源を絞り、効率よく正確な情報を集めることが出来る人のことを指す。
   
   
   部品: 目的のものを探し出す
   メディアから情報を得る場合、まず求める情報に関連するそれらを探し、集める必要がある。
   紙媒体なら図書館や本屋でかき集めて調べるのが最も良いかもしれないし、誰か個人の所有する本や書類、もしかしたら手紙が必要かもしれない。政府保管の書類にしか記されていないかもしれない。
   データならネットワークにあるものかもしれないし、厳重なセキュリティの元記録媒体に保存されているかもしれない。
   そういった求める情報が有りそうな場所への知識、それを手に入れるためのコネや手段があればあるほど、情報を手に入れやすい。
   
   
   部品: 要点をかいつまむ
   媒体に記録されていること全てが必要な情報とは限らない。迅速に情報を収集する為、要点を把握し、重要な箇所だけを詳細に確認する必要がある。
   
   部品: 記録を写す
   手に入れた文書等が持ち出せない場合、情報を正確に写す用意をしておく必要がある。メモや写真等方法は様々。
   特に予め急いで写す必要があることがわかっている場合、情報収集時はそれなりの準備をもちろんしていく。
   
   部品: 注意深い調査
   現場を調べる場合、そこに存在する全ての物が情報となる。
   一見してわかる情報の他、
   非常に小さな手がかりが残されていたり、通常では見えない場所に情報が潜んでいることもある。
   魔法や技術で隠蔽されているかもしれない。
   また何気ない物や状態でも、論理的に考えれば矛盾を孕んでいる可能性がある。
   五感全てを活用し、思考を働かせながら情報を獲得する事に励む。
   
   部品: 危険性の考慮
   何かの調査を行う場合、周囲や己の安全に気を配らなければ、思わぬ被害をこうむることがある。
   毒性の植物だったり、人為的に仕掛けられた罠であったり、ぽっかり空いた穴だったり。
   そういった危険に気を配り、手袋などの道具を効果的に使いながら調査を行う必要がある。
   
   
   部品: そこに至るまでの経緯の考慮
   出来事とは、目に見えているものだけがすべてではない。
   そこに至るまでの経緯を手に入れた情報と知識を元に推測することによって、
   更なる情報を得ることができたり、目の前の情報に惑わされず正しい情報を獲得することが出来る。
   
   
   部品: 会話から得る情報
   相手が知っている情報や知識を得るには、会話をして話してもらうのが最も簡単である。
   相手の話しやすい雰囲気を作り、的確な質問で情報を引き出すテクニックは非常に有用だ。
   また多くの人物から話を聞くことでより正確な情報を入手することが出来る。
   
   部品: 表情や動作の観察
   言葉よりも時に雄弁に表情や人の動作が情報を語ることもある。
   会話をしながら相手の反応を伺い真実を探ったり、体の動かし方で相手の調子を確認したり、時には攻撃手段等を想定することが出来る。
   
   
   部品: 外見への注目
   相手の外見によって、相手自身のことや、相手が置かれている状況や今の状態を推測することが出来る。
   服装、清潔感、怪我の跡や靴の泥等、注意深く見れば見る程、相手のパーソナリティがわかるのだ。
   
   
   部品: 相手の力量を量る
   咄嗟の行動や運動時の身のこなし、戦闘の動き等から、相手の戦闘時の力量を量ることは大切な技術だ。
   それには武器や道具、魔法などの肉体以外の要素もすべてまとめて情報として活用する。
   相手が自分より強いのか弱いのかを正確に把握することで、無駄な怪我を避けることが出来る。
   そして相手の動きをよく知ることで対処を行うことが出来る。
   相手の力量を量るにはそれなりの戦闘の知識が必要なこともある。
   
   部品: 自身の活動跡について
   自身が情報を集めていたことを誰かに知られたくない場合、自身が活動した痕跡を残さないことが重要だ。
   その為には内密に行動したり、怪しまれないように自分の行動に注意を払ったり、
   調べた場所の完璧な復元を行ったりする必要がある。
   また逆に、自分が調査済みであることを他の誰かに知らせたい場合、あえて痕跡を残すこともある。
   それを行うことで共に調査する味方の時間節約をしたり、敵対する相手の警戒心を煽り注意を惹きつけることが出来る。
   
   
   部品: ダミーへの注意
   入手した情報がすべて正しいとは限らない。誰かに作為的に用意された偽物(ダミー)の可能性もある。
   そのため常に手に入れた情報に疑いを持ち、それにまつわるより多くの情報を入手して、
   その情報が信頼できるかどうか判断するように心がける。
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "id": 118887,
       "title": "情報収集能力",
       "description": "玄霧藩国,流用可能",
       "part_type": "group",
       "created_at": "2017-10-09 13:17:50.182449",
       "updated_at": "2017-10-09 13:17:50.182449",
       "children": [
         {
           "id": 118871,
           "title": "情報を集めるということ",
           "description": "何か行動を起こす前に必要なものとは情報である。\n情報を元に予測を行い、それに基づきリスク管理と行動決定を行うことで、行動の成功率は段違いに上がる。\nこのとき情報は正確なものでなければならず、また物事のあらゆる側面から集めるのが好ましい。\nそのため情報と一口に言えど種類は様々である。\n情報収集力に長けた人物とは、求める情報に応じて情報源を絞り、効率よく正確な情報を集めることが出来る人のことを指す。\n",
           "part_type": "part",
           "created_at": "2017-10-09 13:17:49.60065",
           "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.60065",
           "children": [],
           "position": "1",
           "character": {
             "id": 1985,
             "name": "ニム"
           },
           "localID": 1
         },
         {
           "id": 118875,
           "title": "メディアから",
           "description": "",
           "part_type": "group",
           "created_at": "2017-10-09 13:17:49.62668",
           "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.62668",
           "children": [
             {
               "id": 118872,
               "title": "目的のものを探し出す",
               "description": "メディアから情報を得る場合、まず求める情報に関連するそれらを探し、集める必要がある。\n紙媒体なら図書館や本屋でかき集めて調べるのが最も良いかもしれないし、誰か個人の所有する本や書類、もしかしたら手紙が必要かもしれない。政府保管の書類にしか記されていないかもしれない。\nデータならネットワークにあるものかもしれないし、厳重なセキュリティの元記録媒体に保存されているかもしれない。\nそういった求める情報が有りそうな場所への知識、それを手に入れるためのコネや手段があればあるほど、情報を手に入れやすい。\n",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-10-09 13:17:49.609187",
               "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.609187",
               "children": [],
               "position": "1",
               "character": {
                 "id": 1985,
                 "name": "ニム"
               },
               "localID": 3
             },
             {
               "id": 118873,
               "title": "要点をかいつまむ",
               "description": "媒体に記録されていること全てが必要な情報とは限らない。迅速に情報を収集する為、要点を把握し、重要な箇所だけを詳細に確認する必要がある。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-10-09 13:17:49.613559",
               "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.613559",
               "children": [],
               "position": "2",
               "character": {
                 "id": 1985,
                 "name": "ニム"
               },
               "localID": 4
             },
             {
               "id": 118874,
               "title": "記録を写す",
               "description": "手に入れた文書等が持ち出せない場合、情報を正確に写す用意をしておく必要がある。メモや写真等方法は様々。\n特に予め急いで写す必要があることがわかっている場合、情報収集時はそれなりの準備をもちろんしていく。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-10-09 13:17:49.617983",
               "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.617983",
               "children": [],
               "position": "3",
               "character": {
                 "id": 1985,
                 "name": "ニム"
               },
               "localID": 5
             }
           ],
           "position": "2",
           "character": {
             "id": 1985,
             "name": "ニム"
           },
           "expanded": true,
           "localID": 2
         },
         {
           "id": 118879,
           "title": "現場や状況から",
           "description": "",
           "part_type": "group",
           "created_at": "2017-10-09 13:17:49.772006",
           "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.772006",
           "children": [
             {
               "id": 118876,
               "title": "注意深い調査",
               "description": "現場を調べる場合、そこに存在する全ての物が情報となる。\n一見してわかる情報の他、\n非常に小さな手がかりが残されていたり、通常では見えない場所に情報が潜んでいることもある。\n魔法や技術で隠蔽されているかもしれない。\nまた何気ない物や状態でも、論理的に考えれば矛盾を孕んでいる可能性がある。\n五感全てを活用し、思考を働かせながら情報を獲得する事に励む。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-10-09 13:17:49.761589",
               "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.761589",
               "children": [],
               "position": "1",
               "character": {
                 "id": 1985,
                 "name": "ニム"
               },
               "localID": 7
             },
             {
               "id": 118877,
               "title": "危険性の考慮",
               "description": "何かの調査を行う場合、周囲や己の安全に気を配らなければ、思わぬ被害をこうむることがある。\n毒性の植物だったり、人為的に仕掛けられた罠であったり、ぽっかり空いた穴だったり。\nそういった危険に気を配り、手袋などの道具を効果的に使いながら調査を行う必要がある。\n",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-10-09 13:17:49.764187",
               "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.764187",
               "children": [],
               "position": "2",
               "character": {
                 "id": 1985,
                 "name": "ニム"
               },
               "localID": 8
             },
             {
               "id": 118878,
               "title": "そこに至るまでの経緯の考慮",
               "description": "出来事とは、目に見えているものだけがすべてではない。\nそこに至るまでの経緯を手に入れた情報と知識を元に推測することによって、\n更なる情報を得ることができたり、目の前の情報に惑わされず正しい情報を獲得することが出来る。\n",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-10-09 13:17:49.767033",
               "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.767033",
               "children": [],
               "position": "3",
               "character": {
                 "id": 1985,
                 "name": "ニム"
               },
               "localID": 9
             }
           ],
           "position": "3",
           "character": {
             "id": 1985,
             "name": "ニム"
           },
           "expanded": true,
           "localID": 6
         },
         {
           "id": 118884,
           "title": "人や知的生物から",
           "description": "",
           "part_type": "group",
           "created_at": "2017-10-09 13:17:49.900569",
           "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.900569",
           "children": [
             {
               "id": 118880,
               "title": "会話から得る情報",
               "description": "相手が知っている情報や知識を得るには、会話をして話してもらうのが最も簡単である。\n相手の話しやすい雰囲気を作り、的確な質問で情報を引き出すテクニックは非常に有用だ。\nまた多くの人物から話を聞くことでより正確な情報を入手することが出来る。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-10-09 13:17:49.87959",
               "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.87959",
               "children": [],
               "position": "1",
               "character": {
                 "id": 1985,
                 "name": "ニム"
               },
               "localID": 11
             },
             {
               "id": 118881,
               "title": "表情や動作の観察",
               "description": "言葉よりも時に雄弁に表情や人の動作が情報を語ることもある。\n会話をしながら相手の反応を伺い真実を探ったり、体の動かし方で相手の調子を確認したり、時には攻撃手段等を想定することが出来る。\n",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-10-09 13:17:49.884624",
               "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.884624",
               "children": [],
               "position": "2",
               "character": {
                 "id": 1985,
                 "name": "ニム"
               },
               "localID": 12
             },
             {
               "id": 118882,
               "title": "外見への注目",
               "description": "相手の外見によって、相手自身のことや、相手が置かれている状況や今の状態を推測することが出来る。\n服装、清潔感、怪我の跡や靴の泥等、注意深く見れば見る程、相手のパーソナリティがわかるのだ。\n",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-10-09 13:17:49.888586",
               "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.888586",
               "children": [],
               "position": "3",
               "character": {
                 "id": 1985,
                 "name": "ニム"
               },
               "localID": 13
             },
             {
               "id": 118883,
               "title": "相手の力量を量る",
               "description": "咄嗟の行動や運動時の身のこなし、戦闘の動き等から、相手の戦闘時の力量を量ることは大切な技術だ。\nそれには武器や道具、魔法などの肉体以外の要素もすべてまとめて情報として活用する。\n相手が自分より強いのか弱いのかを正確に把握することで、無駄な怪我を避けることが出来る。\nそして相手の動きをよく知ることで対処を行うことが出来る。\n相手の力量を量るにはそれなりの戦闘の知識が必要なこともある。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-10-09 13:17:49.892014",
               "updated_at": "2017-10-09 13:17:49.892014",
               "children": [],
               "position": "4",
               "character": {
                 "id": 1985,
                 "name": "ニム"
               },
               "localID": 14
             }
           ],
           "position": "4",
           "character": {
             "id": 1985,
             "name": "ニム"
           },
           "expanded": true,
           "localID": 10
         },
         {
           "id": 118885,
           "title": "自身の活動跡について",
           "description": "自身が情報を集めていたことを誰かに知られたくない場合、自身が活動した痕跡を残さないことが重要だ。\nその為には内密に行動したり、怪しまれないように自分の行動に注意を払ったり、\n調べた場所の完璧な復元を行ったりする必要がある。\nまた逆に、自分が調査済みであることを他の誰かに知らせたい場合、あえて痕跡を残すこともある。\nそれを行うことで共に調査する味方の時間節約をしたり、敵対する相手の警戒心を煽り注意を惹きつけることが出来る。\n",
           "part_type": "part",
           "created_at": "2017-10-09 13:17:50.162982",
           "updated_at": "2017-10-09 13:17:50.162982",
           "children": [],
           "position": "5",
           "character": {
             "id": 1985,
             "name": "ニム"
           },
           "localID": 15
         },
         {
           "id": 118886,
           "title": "ダミーへの注意",
           "description": "入手した情報がすべて正しいとは限らない。誰かに作為的に用意された偽物(ダミー)の可能性もある。\nそのため常に手に入れた情報に疑いを持ち、それにまつわるより多くの情報を入手して、\nその情報が信頼できるかどうか判断するように心がける。",
           "part_type": "part",
           "created_at": "2017-10-09 13:17:50.168223",
           "updated_at": "2017-10-09 13:17:50.168223",
           "children": [],
           "position": "6",
           "character": {
             "id": 1985,
             "name": "ニム"
           },
           "localID": 16
         }
       ],
       "position": null,
       "character": {
         "id": 1985,
         "name": "ニム"
       },
       "expanded": true,
       "localID": 0
     }
   ]