「ピッツァ(ビスマルク)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ピッツァ(ビスマルク)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ページ作成:玄霧
 
 ついかっとなって(ry
 
 
 #ls()
 #contents
 
 
 *部品構造
 
 -大部品: ピッツァ(ビスマルク) RD:14 評価値:6
 --大部品: 材料 RD:7 評価値:4
 ---部品: ピザ生地
 ---部品: トマトソース
 ---部品: モッツァレラチーズ
 ---部品: ピザ用チーズ
 ---部品: ハム
 ---部品: マッシュルーム
 ---部品: 鶏卵 
 --大部品: 製法 RD:5 評価値:3
----部品: 具材の下準備
+---部品: 具材の下準備(ビスマルク)
 ---大部品: ピザ焼き職人の心得 RD:4 評価値:3
 ----部品: 1.窯(オーブン)の下準備
 ----部品: 2.ピザ生地に具材を並べる
 ----部品: 3.ピザ窯(オーブン)でしっかり焼く
 ----部品: 4.カットと味付け
 --大部品: 味わい RD:2 評価値:1
 ---部品: 卵とチーズの濃厚な味わい
 ---部品: 切り分けるときの楽しさ
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: ピザ生地
 小麦粉(主に強力粉と薄力粉の合わせ)に塩・ドライイースト(その他酵母でも可)を加え、オリーブオイルをたらし、ぬるま湯でしっかりと練り上げたもの。
 練り具合や塩の量・イーストの量、果ては粉の合わせ具合で生地の触感は千差万別である。あらゆるピザの土台となる。
 
 **部品: トマトソース
 オリーブオイルを張った鍋にみじん切りのニンニクをいれ、弱火にかけて香りを移した後、微塵切りにしたタマネギを加え、焦がさないようにじっくり炒め、甘みを引き出した後、ホールトマト缶をジュースごと入れ、ヘラなどで潰しつつ煮込み、塩コショウで味を調えたもの。
 お好みでハーブ類が入れられたりするが、基本はニンニク・タマネギ・トマトのみである。
 
 **部品: モッツァレラチーズ
 水牛の乳を使用し、特殊な製法で加工したチーズ。乳牛の乳を使ったものも含まれるが、本来は水牛のもののみをさす。
 癖がなく、さっぱりとした味わいなので、生でもよいがパスタやピザなどによく使用される。
 
 **部品: ピザ用チーズ
 ゴーダやチェダーといったチーズをピザ用に細かくカットしたものの総称。
 トマトソースを塗ったピザ生地の上にたっぷりとふりかけ、焼くことで程よく溶けるくらいの大きさのため、使い勝手が良い。
 
 **部品: ハム
 豚肉(もしくは猪肉)のモモ肉を、塊のまま塩漬けした加工食品。
 骨付きのままのものや骨を抜いたいわゆるボンレスハムがある。塩漬けにより日持ちする保存食としての役割があったが、今日では工場などで生産されるものも多く、境界線はあいまいになっている。
 
 **部品: マッシュルーム
 小ぶりのキノコ。一般に流通しているものはホワイトとブラウン種がある。
 ホワイトは色合いを生かしてスライスしてサラダに入れる生食や炒め物に。
 ブラウンは味が濃いことを生かし、焼き物・鍋物などに使われる。
 
 **部品: 鶏卵 
 食用の鳥であるニワトリの卵。鳥類の卵であれば代用が可能であるが、卵のサイズによって出来上がる料理のサイズも大きく変わる
 
-**部品: 具材の下準備
+**部品: 具材の下準備(ビスマルク)
 ブラウンマッシュルームはスライスしてオリーブオイルになじませておく。
 鶏卵は室温に戻し、ハムは一口大にカットしておく。モッツァレラチーズも、お好みのサイズでカットしておく。
 
 **部品: 1.窯(オーブン)の下準備
 窯を使用する際は、事前に火を入れ、適温に保っておくこと。
 オーブンを使用する場合、180度ほどに予熱をしておくこと。
 
 **部品: 2.ピザ生地に具材を並べる
 ピザ生地にトマトソースを塗ったあとは、ピザの種類によって具材を並べたり、チーズを乗せたりする。
 物によっては折りたたんだりもする。
 この時大事なのは、窯やオーブンの大きさから逆算して、大きすぎないピザ生地に、山盛り過ぎない具材の量を正確に見極めることである。
 
 **部品: 3.ピザ窯(オーブン)でしっかり焼く
 窯やオーブンの中に具材を乗せたピザ生地を入れて焼く。
 この時、窯の場合は安全のためにピザピールなどを使う事。
 焼き加減は、「生地に火が通ってチーズに軽い焦げ目がつく」頃がベストとされる。
 具材等によって多少は前後するが、生地に焦げ目が突き出したら出してしまうべきだろう。
 
 **部品: 4.カットと味付け
 火が通ったら窯(オーブン)から気を付けて取り出し、大皿に盛りつける。
 ピザカッターで4~8等分し、取り分けた後、各自でお好みでタバスコや追加の粉チーズ、唐辛子を漬け込んだオリーブオイルなどを掛けて食べる。
 
 **部品: 卵とチーズの濃厚な味わい
 たっぷりのチーズと卵の濃厚な味を、マッシュルームとハムが受け止める力強い味わいのピザ。
 サラダと一緒に食べてもおいしい。食べる際には、半熟に仕上がった卵を潰してピザの上に塗って食べよう。
 
 **部品: 切り分けるときの楽しさ
 切り分ける前に、中央の半熟卵をスプーンなどで潰してトロトロの黄身と白身を全体に塗り、そのうえで切り分ける。
 そうすることで、切り分けるときのチーズと卵の視覚的な楽しさ、中から出てくるハムとマッシュルームの香りが楽しめる。
 
 
 
 *提出書式
 
   大部品: ピッツァ(ビスマルク) RD:14 評価値:6
   -大部品: 材料 RD:7 評価値:4
   --部品: ピザ生地
   --部品: トマトソース
   --部品: モッツァレラチーズ
   --部品: ピザ用チーズ
   --部品: ハム
   --部品: マッシュルーム
   --部品: 鶏卵 
   -大部品: 製法 RD:5 評価値:3
-  --部品: 具材の下準備
+  --部品: 具材の下準備(ビスマルク)
   --大部品: ピザ焼き職人の心得 RD:4 評価値:3
   ---部品: 1.窯(オーブン)の下準備
   ---部品: 2.ピザ生地に具材を並べる
   ---部品: 3.ピザ窯(オーブン)でしっかり焼く
   ---部品: 4.カットと味付け
   -大部品: 味わい RD:2 評価値:1
   --部品: 卵とチーズの濃厚な味わい
   --部品: 切り分けるときの楽しさ
   
   
   部品: ピザ生地
   小麦粉(主に強力粉と薄力粉の合わせ)に塩・ドライイースト(その他酵母でも可)を加え、オリーブオイルをたらし、ぬるま湯でしっかりと練り上げたもの。
   練り具合や塩の量・イーストの量、果ては粉の合わせ具合で生地の触感は千差万別である。あらゆるピザの土台となる。
   
   部品: トマトソース
   オリーブオイルを張った鍋にみじん切りのニンニクをいれ、弱火にかけて香りを移した後、微塵切りにしたタマネギを加え、焦がさないようにじっくり炒め、甘みを引き出した後、ホールトマト缶をジュースごと入れ、ヘラなどで潰しつつ煮込み、塩コショウで味を調えたもの。
   お好みでハーブ類が入れられたりするが、基本はニンニク・タマネギ・トマトのみである。
   
   部品: モッツァレラチーズ
   水牛の乳を使用し、特殊な製法で加工したチーズ。乳牛の乳を使ったものも含まれるが、本来は水牛のもののみをさす。
   癖がなく、さっぱりとした味わいなので、生でもよいがパスタやピザなどによく使用される。
   
   部品: ピザ用チーズ
   ゴーダやチェダーといったチーズをピザ用に細かくカットしたものの総称。
   トマトソースを塗ったピザ生地の上にたっぷりとふりかけ、焼くことで程よく溶けるくらいの大きさのため、使い勝手が良い。
   
   部品: ハム
   豚肉(もしくは猪肉)のモモ肉を、塊のまま塩漬けした加工食品。
   骨付きのままのものや骨を抜いたいわゆるボンレスハムがある。塩漬けにより日持ちする保存食としての役割があったが、今日では工場などで生産されるものも多く、境界線はあいまいになっている。
   
   部品: マッシュルーム
   小ぶりのキノコ。一般に流通しているものはホワイトとブラウン種がある。
   ホワイトは色合いを生かしてスライスしてサラダに入れる生食や炒め物に。
   ブラウンは味が濃いことを生かし、焼き物・鍋物などに使われる。
   
   部品: 鶏卵 
   食用の鳥であるニワトリの卵。鳥類の卵であれば代用が可能であるが、卵のサイズによって出来上がる料理のサイズも大きく変わる
   
-  部品: 具材の下準備
+  部品: 具材の下準備(ビスマルク)
   ブラウンマッシュルームはスライスしてオリーブオイルになじませておく。
   鶏卵は室温に戻し、ハムは一口大にカットしておく。モッツァレラチーズも、お好みのサイズでカットしておく。
   
   部品: 1.窯(オーブン)の下準備
   窯を使用する際は、事前に火を入れ、適温に保っておくこと。
   オーブンを使用する場合、180度ほどに予熱をしておくこと。
   
   部品: 2.ピザ生地に具材を並べる
   ピザ生地にトマトソースを塗ったあとは、ピザの種類によって具材を並べたり、チーズを乗せたりする。
   物によっては折りたたんだりもする。
   この時大事なのは、窯やオーブンの大きさから逆算して、大きすぎないピザ生地に、山盛り過ぎない具材の量を正確に見極めることである。
   
   部品: 3.ピザ窯(オーブン)でしっかり焼く
   窯やオーブンの中に具材を乗せたピザ生地を入れて焼く。
   この時、窯の場合は安全のためにピザピールなどを使う事。
   焼き加減は、「生地に火が通ってチーズに軽い焦げ目がつく」頃がベストとされる。
   具材等によって多少は前後するが、生地に焦げ目が突き出したら出してしまうべきだろう。
   
   部品: 4.カットと味付け
   火が通ったら窯(オーブン)から気を付けて取り出し、大皿に盛りつける。
   ピザカッターで4~8等分し、取り分けた後、各自でお好みでタバスコや追加の粉チーズ、唐辛子を漬け込んだオリーブオイルなどを掛けて食べる。
   
   部品: 卵とチーズの濃厚な味わい
   たっぷりのチーズと卵の濃厚な味を、マッシュルームとハムが受け止める力強い味わいのピザ。
   サラダと一緒に食べてもおいしい。食べる際には、半熟に仕上がった卵を潰してピザの上に塗って食べよう。
   
   部品: 切り分けるときの楽しさ
   切り分ける前に、中央の半熟卵をスプーンなどで潰してトロトロの黄身と白身を全体に塗り、そのうえで切り分ける。
   そうすることで、切り分けるときのチーズと卵の視覚的な楽しさ、中から出てくるハムとマッシュルームの香りが楽しめる。
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "title": "ピッツァ(ビスマルク)",
       "type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "材料",
           "type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "ピザ生地",
               "description": "小麦粉(主に強力粉と薄力粉の合わせ)に塩・ドライイースト(その他酵母でも可)を加え、オリーブオイルをたらし、ぬるま湯でしっかりと練り上げたもの。\n練り具合や塩の量・イーストの量、果ては粉の合わせ具合で生地の触感は千差万別である。あらゆるピザの土台となる。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "トマトソース",
               "description": "オリーブオイルを張った鍋にみじん切りのニンニクをいれ、弱火にかけて香りを移した後、微塵切りにしたタマネギを加え、焦がさないようにじっくり炒め、甘みを引き出した後、ホールトマト缶をジュースごと入れ、ヘラなどで潰しつつ煮込み、塩コショウで味を調えたもの。\nお好みでハーブ類が入れられたりするが、基本はニンニク・タマネギ・トマトのみである。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "モッツァレラチーズ",
               "description": "水牛の乳を使用し、特殊な製法で加工したチーズ。乳牛の乳を使ったものも含まれるが、本来は水牛のもののみをさす。\n癖がなく、さっぱりとした味わいなので、生でもよいがパスタやピザなどによく使用される。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "ピザ用チーズ",
               "description": "ゴーダやチェダーといったチーズをピザ用に細かくカットしたものの総称。\nトマトソースを塗ったピザ生地の上にたっぷりとふりかけ、焼くことで程よく溶けるくらいの大きさのため、使い勝手が良い。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "ハム",
               "description": "豚肉(もしくは猪肉)のモモ肉を、塊のまま塩漬けした加工食品。\n骨付きのままのものや骨を抜いたいわゆるボンレスハムがある。塩漬けにより日持ちする保存食としての役割があったが、今日では工場などで生産されるものも多く、境界線はあいまいになっている。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "マッシュルーム",
               "description": "小ぶりのキノコ。一般に流通しているものはホワイトとブラウン種がある。\nホワイトは色合いを生かしてスライスしてサラダに入れる生食や炒め物に。\nブラウンは味が濃いことを生かし、焼き物・鍋物などに使われる。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "鶏卵 ",
               "description": "食用の鳥であるニワトリの卵。鳥類の卵であれば代用が可能であるが、卵のサイズによって出来上がる料理のサイズも大きく変わる",
               "type": "parts"
             }
           ],
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "製法",
           "type": "group",
           "children": [
             {
-              "title": "具材の下準備",
+              "title": "具材の下準備(ビスマルク)",
               "description": "ブラウンマッシュルームはスライスしてオリーブオイルになじませておく。\n鶏卵は室温に戻し、ハムは一口大にカットしておく。モッツァレラチーズも、お好みのサイズでカットしておく。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "ピザ焼き職人の心得",
               "type": "group",
               "children": [
                 {
                   "title": "1.窯(オーブン)の下準備",
                   "description": "窯を使用する際は、事前に火を入れ、適温に保っておくこと。\nオーブンを使用する場合、180度ほどに予熱をしておくこと。",
                   "type": "parts",
                   "expanded": true
                 },
                 {
                   "title": "2.ピザ生地に具材を並べる",
                   "description": "ピザ生地にトマトソースを塗ったあとは、ピザの種類によって具材を並べたり、チーズを乗せたりする。\n物によっては折りたたんだりもする。\nこの時大事なのは、窯やオーブンの大きさから逆算して、大きすぎないピザ生地に、山盛り過ぎない具材の量を正確に見極めることである。",
                   "type": "parts",
                   "expanded": true
                 },
                 {
                   "title": "3.ピザ窯(オーブン)でしっかり焼く",
                   "description": "窯やオーブンの中に具材を乗せたピザ生地を入れて焼く。\nこの時、窯の場合は安全のためにピザピールなどを使う事。\n焼き加減は、「生地に火が通ってチーズに軽い焦げ目がつく」頃がベストとされる。\n具材等によって多少は前後するが、生地に焦げ目が突き出したら出してしまうべきだろう。",
                   "type": "parts",
                   "expanded": true
                 },
                 {
                   "title": "4.カットと味付け",
                   "description": "火が通ったら窯(オーブン)から気を付けて取り出し、大皿に盛りつける。\nピザカッターで4~8等分し、取り分けた後、各自でお好みでタバスコや追加の粉チーズ、唐辛子を漬け込んだオリーブオイルなどを掛けて食べる。",
                   "type": "parts",
                   "expanded": true
                 }
               ],
               "expanded": true
             }
           ],
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "味わい",
           "type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "卵とチーズの濃厚な味わい",
               "description": "たっぷりのチーズと卵の濃厚な味を、マッシュルームとハムが受け止める力強い味わいのピザ。\nサラダと一緒に食べてもおいしい。食べる際には、半熟に仕上がった卵を潰してピザの上に塗って食べよう。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "切り分けるときの楽しさ",
               "description": "切り分ける前に、中央の半熟卵をスプーンなどで潰してトロトロの黄身と白身を全体に塗り、そのうえで切り分ける。\nそうすることで、切り分けるときのチーズと卵の視覚的な楽しさ、中から出てくるハムとマッシュルームの香りが楽しめる。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             }
           ],
           "expanded": true
         }
       ],
       "expanded": true
     }
   ]