猫耳ストレッチ屋さん

作成者 あご

部品構造


  • 大部品: 猫耳ストレッチ屋さん RD:24 評価値:7
    • 部品: 猫耳ストレッチ屋さんってなあに?
    • 部品: 風俗店ではない
    • 部品: 医療行為の禁止
    • 部品: その他店内禁止事項
    • 部品: 店内構成要素
    • 部品: 利用の流れ
    • 部品: 立地
    • 大部品: 猫さん RD:6 評価値:4
      • 部品: 様々な猫さんたち
      • 部品: 接遇とマナー
      • 部品: つけ猫耳
      • 部品: 衣装
      • 部品: 一緒にストレッチする
      • 部品: 学習と技術研修
    • 大部品: 猫耳屋さんのストレッチ RD:11 評価値:5
      • 大部品: ストレッチ RD:10 評価値:5
        • 部品: ストレッチとは
        • 部品: 静的と動的
        • 部品: 無理は禁物
        • 部品: 続けることが大事
        • 大部品: ストレッチの効能 RD:6 評価値:4
          • 部品: 運動不足の解消
          • 部品: 柔軟性の向上
          • 部品: 基礎代謝の向上
          • 部品: 怪我の予防
          • 部品: クールダウン効果
          • 部品: ストレスの解消
      • 部品: 猫耳ストレッチ屋さんで行うストレッチでは



部品定義


部品: 猫耳ストレッチ屋さんってなあに?

猫耳ストレッチ屋さんとは、猫耳をつけた従業員(男女共に存在する)と一緒にストレッチを行えるという健全な癒しを提供するお店である。
猫耳ストレッチ屋さんにおいて、お客さまはご主人さま、従業員は猫さんもしくは猫ちゃんと称される。
もし「こういう呼ばれ方をしたい(例:お兄ちゃん、せんせえ、ご主人ちゃまなど)」という要望があれば猫さんたちに相談してみるのもいいだろう。無論、強要はできない。

部品: 風俗店ではない

性的なサービスは一切行っておらず、ご主人さま、猫さんたちともに固く禁止されている。性的行為やその強要が発覚した場合は強制退店及び以後一切の入店禁止処置がとられる。
また、悪質であると判断した場合は公的機関へ通報される。

部品: 医療行為の禁止

猫耳ストレッチ屋さんはあくまでもいっしょにストレッチを行うことを目的としたお店であり、医療行為は行わない。
また、そのように宣伝することも禁止されている。
あくまでも癒しやリラクゼーションを目的としたお店であり、藩国内の法律も遵守する。

部品: その他店内禁止事項

以下の行為は店内ルールとして禁止されており、周知されるよう入店時に案内を受ける。

  • 猫さんの指示以外で猫さんの身体に触れること
  • 性的発言、暴言、嫌がらせやハラスメント行為
  • 猫さんの連絡先や本名、住所などプライベートな質問及び店外での猫さんとの会話やつきまとい行為
  • 泥酔状態での来店、店内での飲酒喫煙
  • 大声で叫ぶなど他のご主人さまのご迷惑になる行為
  • ストレッチを行うことで健康を損なう状態での来店、およびそうであると判断された場合
  • その他スタッフが不適切であると判断した行為

ルールに従わない場合は注意・警告を受け、改善が見られない場合は強制退店及び以降の入店禁止措置がとられる。
また、悪質であると判断された場合は公的機関に通報する。

部品: 店内構成要素

猫耳ストレッチ屋さんは受付・待合・ストレッチブース・トイレ・スタッフルーム・スタッフロッカールームなどで構成されている。
待合室には椅子やソファーなど一時的に腰を落ち着ける場所のほか、本なども用意されており、待ち時間が苦痛にならぬよう工夫されている。
ストレッチブースは200x250cmほどのスペースを一部屋としてカーテンで区切られており、店舗の規模によってその部屋がいくつか存在する。
店内ではところどころに猫や肉球モチーフの雑貨が飾られており、猫好きにいやしを与える。

スタッフルームとスタッフロッカールームはその名のとおり店員のための部屋であり、原則として店員以外の立ち入りは禁止されている。
スタッフルームは主に休憩室として使用されており、休憩時間や接客中以外でゆっくり心と身体を休めることができる。また、スタッフ同士の交流の場としても利用できる。
スタッフロッカールームは更衣の場所であり、各自衣装に着替えるための場所である。個別にロッカーが置かれている。

部品: 利用の流れ

ご主人様は来店したらまず受付にて予約の有無、希望するストレッチや猫さんの要望などを伝え、先に料金を支払う。
そして受付スタッフが現場の状況を判断し、ご主人様を待合室に誘導する。
猫さんの準備が整えば、待合室のご主人様にお声かけし、ストレッチブースに移動してもらう。
そして猫さんと一緒にストレッチブースに入り、ご挨拶や自己紹介、再度のストレッチに対する希望やご主人様の身体状況などをお伺いし、問題がなければストレッチを開始する。
ストレッチ終了後はストレッチブースにて5分ほど猫さんとおしゃべりしながら休憩したあと、退店という流れが一般的である。


部品: 立地

猫耳ストレッチ屋さんは、大きな繁華街など人通りが多くある程度集客が見込めそうな場所に存在することが多い。
あまり多数存在するお店ではなく、来店するために一時間歩いてきた、などといった客も存在する。

部品: 様々な猫さんたち

スタッフは可愛い女性の猫さんだけではなく、様々な世代の成人済み男女が採用されている。
お母さんのような猫さんと優しく一緒にストレッチ、お爺ちゃん猫さんからビシビシと指導されながらのストレッチなど幅広い接客が売りの一つでもある。

部品: 接遇とマナー

接客業として猫さんたちにはしっかりとした研修が行われる。
ご主人さまたちが不愉快な気持ちになれず満足して来てよかったなあまた来たいなあと思ってもらえるよう日々励んでいる。

部品: つけ猫耳

猫さんたちが猫さんである大事な構成要素が猫耳である。
実際に猫耳が生えていないものは布地や毛の素材でできたつけ猫耳を装着する。
つけ猫耳はカチューシャタイプやヘアクリップ型があり、色や形は様々である。
垂れた白い小さな猫耳や大きくもふもふした素材のぴんと立った猫耳など、猫さんたちがそれぞれ自分のお気に入り猫耳を選んで装着している。
おおむね固定化されてるが、気分によって変えたり、ご主人さまのリクエストで付け直してくれる猫さんもいる。

部品: 衣装

猫さんの衣装はメイド服に似たワンピース型のものか、シャツ、ベスト、エプロン、ズボン、で構成された執事風のものとがあり、店側から貸し出しを行っている。
また、過度の肌の露出や下着が見えてしまうことは店内の雰囲気に相応しくないため、タイツ、ストッキング、ペチコート、スパッツなどを着用が推奨されている。

部品: 一緒にストレッチする

会話をしながら、ストレッチの注意事項や気をつけるポイント、健康を損なわない効率のよいやり方なども教えてもらえる。
また、一緒にやることでやる気もでるし、なにより楽しい。

部品: 学習と技術研修

猫さんたちは、二ヶ月以上の技術研修と学習の時間が必須とされている。
この間にストレッチの技術はもちろん、人体に関する知識やストレッチにおける禁忌事項、危険性をしっかりと学び、心身に叩き込む。
実技テスト、ペーパーテスト、接客テストがあり、それに合格できないものはご主人様とストレッチすることはできず、受付や掃除など裏方のスタッフとして働くことになる。

部品: ストレッチとは

ストレッチとは、身体の筋肉を良好な状態にするために引っ張り伸ばす運動のことである。
主に静的ストレッチと動的ストレッチの2つに分類され、それらを使い分けることで心身を健康な状態に保つ。

部品: 静的と動的

静的ストレッチとは、筋肉をゆっくりと可動域の範囲内で伸ばし、反動をつけずに10~30秒ほど同じ姿勢で止まったまま行うストレッチのことをいう。
主に筋肉の可動性の向上や、乳酸などの老廃物を流す疲労回復効果を目的として行う。
動的ストレッチはそれとは逆に、身体を動かし、反動をつけて筋肉を伸張させるストレッチのことをいう。
心拍数や体温を上げ、筋肉の柔軟性の向上させ、怪我の予防や運動前のウォーミングアップに効果がある。

目的に応じてこれらストレッチを使い分けることで身体パフォーマンスの向上に繋がる。

部品: 無理は禁物

何事もやりすぎは厳禁である。
ストレッチも痛みが出ない程度の力で、各々の関節可動域の範囲内で少しずつ動かしていくことが肝心である。
またストレッチの最中は息を止めず、自然な呼吸を心がける。開始前後に深呼吸をするのもよいだろう。

部品: 続けることが大事

一日に数時間やるものではなく、一日10分程度を毎日こつこつと継続するのが効果的である。
朝一番、風呂上り、就寝前など習慣づけを行い、日々の生活に取り入れる。
誰かと誘い合わせて一緒に行うのも良いだろう。

部品: 運動不足の解消

適度なストレッチを継続して行うことで、デスクワークの人間では特に不足しがちな運動量を補うことができる。
激しいスポーツにはしり込みする人でも、少しのストレッチを行うことが運動をはじめるきっかけとなったりもする。

部品: 柔軟性の向上

ストレッチを行うことにより、筋肉ならびに結合組織の柔軟性を高め、関節可動域を広げる効果が期待できる。
柔軟性を十分に確保することにより、素早い動きやしなやかな動きが可能になり、身体能力のアップにもつながる。

部品: 基礎代謝の向上

可動域が拡大することで、筋肉の収縮が容易になる。
そのため、同じ動作でも消費カロリーが上がり、結果として基礎代謝の向上につながる。
また、硬くなっていた筋肉がしっかりと収縮が可能となることにより筋ポンプの働きが正常化し、全体の血流が良くなることから、体温の上昇、冷えの改善が期待できる。

部品: 怪我の予防

ウォームアップとして動的なストレッチを運動前に行うことにより、体温が上昇し、身体のパフォーマンスは向上する。
また、柔軟性を日ごろから高めておくことで肉離れ・ぎっくり腰などの怪我の予防にもつながる。

部品: クールダウン効果

運動のあとにストレッチを行うことにより、損傷した筋肉の回復を早め、成長を促すことができる。
また興奮した神経や筋を落ち着かせ、疲労物質の代謝を促進し、疲れがたまらないようにする効果もある。

部品: ストレスの解消

ストレッチはストレス解消の助けとなる。
凝りかたまった筋肉が原因の圧迫感や息苦しさを軽減する一因となるほか、単純に身体を動かすことは気分転換になる。
身体がやわらかくなると、心もやわらかくなるともいえるだろう。

部品: 猫耳ストレッチ屋さんで行うストレッチでは

猫耳ストレッチ屋さんのストレッチでは、運動後のクールダウンよりも疲労物質の代謝を促進を重視したストレッチに重きが置かれる。
また、ストレッチは毎日するのが効果的だが、猫耳ストレッチ屋さんに毎日来店するのは経済的な事情なども踏まえて現実的ではないため、自宅でできるストレッチを教えてもらえる。



提出書式


 大部品: 猫耳ストレッチ屋さん RD:24 評価値:7
 -部品: 猫耳ストレッチ屋さんってなあに?
 -部品: 風俗店ではない
 -部品: 医療行為の禁止
 -部品: その他店内禁止事項
 -部品: 店内構成要素
 -部品: 利用の流れ
 -部品: 立地
 -大部品: 猫さん RD:6 評価値:4
 --部品: 様々な猫さんたち
 --部品: 接遇とマナー
 --部品: つけ猫耳
 --部品: 衣装
 --部品: 一緒にストレッチする
 --部品: 学習と技術研修
 -大部品: 猫耳屋さんのストレッチ RD:11 評価値:5
 --大部品: ストレッチ RD:10 評価値:5
 ---部品: ストレッチとは
 ---部品: 静的と動的
 ---部品: 無理は禁物
 ---部品: 続けることが大事
 ---大部品: ストレッチの効能 RD:6 評価値:4
 ----部品: 運動不足の解消
 ----部品: 柔軟性の向上
 ----部品: 基礎代謝の向上
 ----部品: 怪我の予防
 ----部品: クールダウン効果
 ----部品: ストレスの解消
 --部品: 猫耳ストレッチ屋さんで行うストレッチでは
 
 
 部品: 猫耳ストレッチ屋さんってなあに?
 猫耳ストレッチ屋さんとは、猫耳をつけた従業員(男女共に存在する)と一緒にストレッチを行えるという健全な癒しを提供するお店である。
 猫耳ストレッチ屋さんにおいて、お客さまはご主人さま、従業員は猫さんもしくは猫ちゃんと称される。
 もし「こういう呼ばれ方をしたい(例:お兄ちゃん、せんせえ、ご主人ちゃまなど)」という要望があれば猫さんたちに相談してみるのもいいだろう。無論、強要はできない。
 
 部品: 風俗店ではない
 性的なサービスは一切行っておらず、ご主人さま、猫さんたちともに固く禁止されている。性的行為やその強要が発覚した場合は強制退店及び以後一切の入店禁止処置がとられる。
 また、悪質であると判断した場合は公的機関へ通報される。
 
 部品: 医療行為の禁止
 猫耳ストレッチ屋さんはあくまでもいっしょにストレッチを行うことを目的としたお店であり、医療行為は行わない。
 また、そのように宣伝することも禁止されている。
 あくまでも癒しやリラクゼーションを目的としたお店であり、藩国内の法律も遵守する。
 
 部品: その他店内禁止事項
 以下の行為は店内ルールとして禁止されており、周知されるよう入店時に案内を受ける。
 
 ・猫さんの指示以外で猫さんの身体に触れること
 ・性的発言、暴言、嫌がらせやハラスメント行為
 ・猫さんの連絡先や本名、住所などプライベートな質問及び店外での猫さんとの会話やつきまとい行為
 ・泥酔状態での来店、店内での飲酒喫煙
 ・大声で叫ぶなど他のご主人さまのご迷惑になる行為
 ・ストレッチを行うことで健康を損なう状態での来店、およびそうであると判断された場合
 ・その他スタッフが不適切であると判断した行為
 
 ルールに従わない場合は注意・警告を受け、改善が見られない場合は強制退店及び以降の入店禁止措置がとられる。
 また、悪質であると判断された場合は公的機関に通報する。
 
 部品: 店内構成要素
 猫耳ストレッチ屋さんは受付・待合・ストレッチブース・トイレ・スタッフルーム・スタッフロッカールームなどで構成されている。
 待合室には椅子やソファーなど一時的に腰を落ち着ける場所のほか、本なども用意されており、待ち時間が苦痛にならぬよう工夫されている。
 ストレッチブースは200x250cmほどのスペースを一部屋としてカーテンで区切られており、店舗の規模によってその部屋がいくつか存在する。
 店内ではところどころに猫や肉球モチーフの雑貨が飾られており、猫好きにいやしを与える。
 
 スタッフルームとスタッフロッカールームはその名のとおり店員のための部屋であり、原則として店員以外の立ち入りは禁止されている。
 スタッフルームは主に休憩室として使用されており、休憩時間や接客中以外でゆっくり心と身体を休めることができる。また、スタッフ同士の交流の場としても利用できる。
 スタッフロッカールームは更衣の場所であり、各自衣装に着替えるための場所である。個別にロッカーが置かれている。
 
 部品: 利用の流れ
 ご主人様は来店したらまず受付にて予約の有無、希望するストレッチや猫さんの要望などを伝え、先に料金を支払う。
 そして受付スタッフが現場の状況を判断し、ご主人様を待合室に誘導する。
 猫さんの準備が整えば、待合室のご主人様にお声かけし、ストレッチブースに移動してもらう。
 そして猫さんと一緒にストレッチブースに入り、ご挨拶や自己紹介、再度のストレッチに対する希望やご主人様の身体状況などをお伺いし、問題がなければストレッチを開始する。
 ストレッチ終了後はストレッチブースにて5分ほど猫さんとおしゃべりしながら休憩したあと、退店という流れが一般的である。
 
 
 部品: 立地
 猫耳ストレッチ屋さんは、大きな繁華街など人通りが多くある程度集客が見込めそうな場所に存在することが多い。
 あまり多数存在するお店ではなく、来店するために一時間歩いてきた、などといった客も存在する。
 
 部品: 様々な猫さんたち
 スタッフは可愛い女性の猫さんだけではなく、様々な世代の成人済み男女が採用されている。
 お母さんのような猫さんと優しく一緒にストレッチ、お爺ちゃん猫さんからビシビシと指導されながらのストレッチなど幅広い接客が売りの一つでもある。
 
 部品: 接遇とマナー
 接客業として猫さんたちにはしっかりとした研修が行われる。
 ご主人さまたちが不愉快な気持ちになれず満足して来てよかったなあまた来たいなあと思ってもらえるよう日々励んでいる。
 
 部品: つけ猫耳
 猫さんたちが猫さんである大事な構成要素が猫耳である。
 実際に猫耳が生えていないものは布地や毛の素材でできたつけ猫耳を装着する。
 つけ猫耳はカチューシャタイプやヘアクリップ型があり、色や形は様々である。
 垂れた白い小さな猫耳や大きくもふもふした素材のぴんと立った猫耳など、猫さんたちがそれぞれ自分のお気に入り猫耳を選んで装着している。
 おおむね固定化されてるが、気分によって変えたり、ご主人さまのリクエストで付け直してくれる猫さんもいる。
 
 部品: 衣装
 猫さんの衣装はメイド服に似たワンピース型のものか、シャツ、ベスト、エプロン、ズボン、で構成された執事風のものとがあり、店側から貸し出しを行っている。
 また、過度の肌の露出や下着が見えてしまうことは店内の雰囲気に相応しくないため、タイツ、ストッキング、ペチコート、スパッツなどを着用が推奨されている。
 
 部品: 一緒にストレッチする
 会話をしながら、ストレッチの注意事項や気をつけるポイント、健康を損なわない効率のよいやり方なども教えてもらえる。
 また、一緒にやることでやる気もでるし、なにより楽しい。
 
 部品: 学習と技術研修
 猫さんたちは、二ヶ月以上の技術研修と学習の時間が必須とされている。
 この間にストレッチの技術はもちろん、人体に関する知識やストレッチにおける禁忌事項、危険性をしっかりと学び、心身に叩き込む。
 実技テスト、ペーパーテスト、接客テストがあり、それに合格できないものはご主人様とストレッチすることはできず、受付や掃除など裏方のスタッフとして働くことになる。
 
 部品: ストレッチとは
 ストレッチとは、身体の筋肉を良好な状態にするために引っ張り伸ばす運動のことである。
 主に静的ストレッチと動的ストレッチの2つに分類され、それらを使い分けることで心身を健康な状態に保つ。
 
 部品: 静的と動的
 静的ストレッチとは、筋肉をゆっくりと可動域の範囲内で伸ばし、反動をつけずに10~30秒ほど同じ姿勢で止まったまま行うストレッチのことをいう。
 主に筋肉の可動性の向上や、乳酸などの老廃物を流す疲労回復効果を目的として行う。
 動的ストレッチはそれとは逆に、身体を動かし、反動をつけて筋肉を伸張させるストレッチのことをいう。
 心拍数や体温を上げ、筋肉の柔軟性の向上させ、怪我の予防や運動前のウォーミングアップに効果がある。
 
 目的に応じてこれらストレッチを使い分けることで身体パフォーマンスの向上に繋がる。
 
 部品: 無理は禁物
 何事もやりすぎは厳禁である。
 ストレッチも痛みが出ない程度の力で、各々の関節可動域の範囲内で少しずつ動かしていくことが肝心である。
 またストレッチの最中は息を止めず、自然な呼吸を心がける。開始前後に深呼吸をするのもよいだろう。
 
 部品: 続けることが大事
 一日に数時間やるものではなく、一日10分程度を毎日こつこつと継続するのが効果的である。
 朝一番、風呂上り、就寝前など習慣づけを行い、日々の生活に取り入れる。
 誰かと誘い合わせて一緒に行うのも良いだろう。
 
 部品: 運動不足の解消
 適度なストレッチを継続して行うことで、デスクワークの人間では特に不足しがちな運動量を補うことができる。
 激しいスポーツにはしり込みする人でも、少しのストレッチを行うことが運動をはじめるきっかけとなったりもする。
 
 部品: 柔軟性の向上
 ストレッチを行うことにより、筋肉ならびに結合組織の柔軟性を高め、関節可動域を広げる効果が期待できる。
 柔軟性を十分に確保することにより、素早い動きやしなやかな動きが可能になり、身体能力のアップにもつながる。
 
 部品: 基礎代謝の向上
 可動域が拡大することで、筋肉の収縮が容易になる。
 そのため、同じ動作でも消費カロリーが上がり、結果として基礎代謝の向上につながる。
 また、硬くなっていた筋肉がしっかりと収縮が可能となることにより筋ポンプの働きが正常化し、全体の血流が良くなることから、体温の上昇、冷えの改善が期待できる。
 
 部品: 怪我の予防
 ウォームアップとして動的なストレッチを運動前に行うことにより、体温が上昇し、身体のパフォーマンスは向上する。
 また、柔軟性を日ごろから高めておくことで肉離れ・ぎっくり腰などの怪我の予防にもつながる。
 
 部品: クールダウン効果
 運動のあとにストレッチを行うことにより、損傷した筋肉の回復を早め、成長を促すことができる。
 また興奮した神経や筋を落ち着かせ、疲労物質の代謝を促進し、疲れがたまらないようにする効果もある。
 
 部品: ストレスの解消
 ストレッチはストレス解消の助けとなる。
 凝りかたまった筋肉が原因の圧迫感や息苦しさを軽減する一因となるほか、単純に身体を動かすことは気分転換になる。
 身体がやわらかくなると、心もやわらかくなるともいえるだろう。
 
 部品: 猫耳ストレッチ屋さんで行うストレッチでは
 猫耳ストレッチ屋さんのストレッチでは、運動後のクールダウンよりも疲労物質の代謝を促進を重視したストレッチに重きが置かれる。
 また、ストレッチは毎日するのが効果的だが、猫耳ストレッチ屋さんに毎日来店するのは経済的な事情なども踏まえて現実的ではないため、自宅でできるストレッチを教えてもらえる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "猫耳ストレッチ屋さん",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "猫耳ストレッチ屋さんってなあに?",
         "description": "猫耳ストレッチ屋さんとは、猫耳をつけた従業員(男女共に存在する)と一緒にストレッチを行えるという健全な癒しを提供するお店である。\n猫耳ストレッチ屋さんにおいて、お客さまはご主人さま、従業員は猫さんもしくは猫ちゃんと称される。\nもし「こういう呼ばれ方をしたい(例:お兄ちゃん、せんせえ、ご主人ちゃまなど)」という要望があれば猫さんたちに相談してみるのもいいだろう。無論、強要はできない。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "風俗店ではない",
         "description": "性的なサービスは一切行っておらず、ご主人さま、猫さんたちともに固く禁止されている。性的行為やその強要が発覚した場合は強制退店及び以後一切の入店禁止処置がとられる。\nまた、悪質であると判断した場合は公的機関へ通報される。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "医療行為の禁止",
         "description": "猫耳ストレッチ屋さんはあくまでもいっしょにストレッチを行うことを目的としたお店であり、医療行為は行わない。\nまた、そのように宣伝することも禁止されている。\nあくまでも癒しやリラクゼーションを目的としたお店であり、藩国内の法律も遵守する。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "その他店内禁止事項",
         "description": "以下の行為は店内ルールとして禁止されており、周知されるよう入店時に案内を受ける。\n\n・猫さんの指示以外で猫さんの身体に触れること\n・性的発言、暴言、嫌がらせやハラスメント行為\n・猫さんの連絡先や本名、住所などプライベートな質問及び店外での猫さんとの会話やつきまとい行為\n・泥酔状態での来店、店内での飲酒喫煙\n・大声で叫ぶなど他のご主人さまのご迷惑になる行為\n・ストレッチを行うことで健康を損なう状態での来店、およびそうであると判断された場合\n・その他スタッフが不適切であると判断した行為\n\nルールに従わない場合は注意・警告を受け、改善が見られない場合は強制退店及び以降の入店禁止措置がとられる。\nまた、悪質であると判断された場合は公的機関に通報する。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "店内構成要素",
         "description": "猫耳ストレッチ屋さんは受付・待合・ストレッチブース・トイレ・スタッフルーム・スタッフロッカールームなどで構成されている。\n待合室には椅子やソファーなど一時的に腰を落ち着ける場所のほか、本なども用意されており、待ち時間が苦痛にならぬよう工夫されている。\nストレッチブースは200x250cmほどのスペースを一部屋としてカーテンで区切られており、店舗の規模によってその部屋がいくつか存在する。\n店内ではところどころに猫や肉球モチーフの雑貨が飾られており、猫好きにいやしを与える。\n\nスタッフルームとスタッフロッカールームはその名のとおり店員のための部屋であり、原則として店員以外の立ち入りは禁止されている。\nスタッフルームは主に休憩室として使用されており、休憩時間や接客中以外でゆっくり心と身体を休めることができる。また、スタッフ同士の交流の場としても利用できる。\nスタッフロッカールームは更衣の場所であり、各自衣装に着替えるための場所である。個別にロッカーが置かれている。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "利用の流れ",
         "description": "ご主人様は来店したらまず受付にて予約の有無、希望するストレッチや猫さんの要望などを伝え、先に料金を支払う。\nそして受付スタッフが現場の状況を判断し、ご主人様を待合室に誘導する。\n猫さんの準備が整えば、待合室のご主人様にお声かけし、ストレッチブースに移動してもらう。\nそして猫さんと一緒にストレッチブースに入り、ご挨拶や自己紹介、再度のストレッチに対する希望やご主人様の身体状況などをお伺いし、問題がなければストレッチを開始する。\nストレッチ終了後はストレッチブースにて5分ほど猫さんとおしゃべりしながら休憩したあと、退店という流れが一般的である。\n",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "立地",
         "description": "猫耳ストレッチ屋さんは、大きな繁華街など人通りが多くある程度集客が見込めそうな場所に存在することが多い。\nあまり多数存在するお店ではなく、来店するために一時間歩いてきた、などといった客も存在する。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "猫さん",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "様々な猫さんたち",
             "description": "スタッフは可愛い女性の猫さんだけではなく、様々な世代の成人済み男女が採用されている。\nお母さんのような猫さんと優しく一緒にストレッチ、お爺ちゃん猫さんからビシビシと指導されながらのストレッチなど幅広い接客が売りの一つでもある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "接遇とマナー",
             "description": "接客業として猫さんたちにはしっかりとした研修が行われる。\nご主人さまたちが不愉快な気持ちになれず満足して来てよかったなあまた来たいなあと思ってもらえるよう日々励んでいる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "つけ猫耳",
             "description": "猫さんたちが猫さんである大事な構成要素が猫耳である。\n実際に猫耳が生えていないものは布地や毛の素材でできたつけ猫耳を装着する。\nつけ猫耳はカチューシャタイプやヘアクリップ型があり、色や形は様々である。\n垂れた白い小さな猫耳や大きくもふもふした素材のぴんと立った猫耳など、猫さんたちがそれぞれ自分のお気に入り猫耳を選んで装着している。\nおおむね固定化されてるが、気分によって変えたり、ご主人さまのリクエストで付け直してくれる猫さんもいる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "衣装",
             "description": "猫さんの衣装はメイド服に似たワンピース型のものか、シャツ、ベスト、エプロン、ズボン、で構成された執事風のものとがあり、店側から貸し出しを行っている。\nまた、過度の肌の露出や下着が見えてしまうことは店内の雰囲気に相応しくないため、タイツ、ストッキング、ペチコート、スパッツなどを着用が推奨されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "一緒にストレッチする",
             "description": "会話をしながら、ストレッチの注意事項や気をつけるポイント、健康を損なわない効率のよいやり方なども教えてもらえる。\nまた、一緒にやることでやる気もでるし、なにより楽しい。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "学習と技術研修",
             "description": "猫さんたちは、二ヶ月以上の技術研修と学習の時間が必須とされている。\nこの間にストレッチの技術はもちろん、人体に関する知識やストレッチにおける禁忌事項、危険性をしっかりと学び、心身に叩き込む。\n実技テスト、ペーパーテスト、接客テストがあり、それに合格できないものはご主人様とストレッチすることはできず、受付や掃除など裏方のスタッフとして働くことになる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "猫耳屋さんのストレッチ",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "id": 65593,
             "title": "ストレッチ",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-24 15:08:35.941908",
             "updated_at": "2017-08-24 15:08:35.941908",
             "children": [
               {
                 "id": 65594,
                 "title": "ストレッチとは",
                 "description": "ストレッチとは、身体の筋肉を良好な状態にするために引っ張り伸ばす運動のことである。\n主に静的ストレッチと動的ストレッチの2つに分類され、それらを使い分けることで心身を健康な状態に保つ。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 15:08:35.946514",
                 "updated_at": "2017-08-24 15:08:35.946514",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1937,
                   "name": "あご"
                 }
               },
               {
                 "id": 65595,
                 "title": "静的と動的",
                 "description": "静的ストレッチとは、筋肉をゆっくりと可動域の範囲内で伸ばし、反動をつけずに10~30秒ほど同じ姿勢で止まったまま行うストレッチのことをいう。\n主に筋肉の可動性の向上や、乳酸などの老廃物を流す疲労回復効果を目的として行う。\n動的ストレッチはそれとは逆に、身体を動かし、反動をつけて筋肉を伸張させるストレッチのことをいう。\n心拍数や体温を上げ、筋肉の柔軟性の向上させ、怪我の予防や運動前のウォーミングアップに効果がある。\n\n目的に応じてこれらストレッチを使い分けることで身体パフォーマンスの向上に繋がる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 15:08:35.972125",
                 "updated_at": "2017-08-24 15:08:35.972125",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1937,
                   "name": "あご"
                 }
               },
               {
                 "id": 65596,
                 "title": "無理は禁物",
                 "description": "何事もやりすぎは厳禁である。\nストレッチも痛みが出ない程度の力で、各々の関節可動域の範囲内で少しずつ動かしていくことが肝心である。\nまたストレッチの最中は息を止めず、自然な呼吸を心がける。開始前後に深呼吸をするのもよいだろう。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 15:08:35.99079",
                 "updated_at": "2017-08-24 15:08:35.99079",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1937,
                   "name": "あご"
                 }
               },
               {
                 "id": 65597,
                 "title": "続けることが大事",
                 "description": "一日に数時間やるものではなく、一日10分程度を毎日こつこつと継続するのが効果的である。\n朝一番、風呂上り、就寝前など習慣づけを行い、日々の生活に取り入れる。\n誰かと誘い合わせて一緒に行うのも良いだろう。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 15:08:36.010723",
                 "updated_at": "2017-08-24 15:08:36.010723",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1937,
                   "name": "あご"
                 }
               },
               {
                 "id": 65598,
                 "title": "ストレッチの効能",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-24 15:08:36.031387",
                 "updated_at": "2017-08-24 15:08:36.031387",
                 "children": [
                   {
                     "id": 65599,
                     "title": "運動不足の解消",
                     "description": "適度なストレッチを継続して行うことで、デスクワークの人間では特に不足しがちな運動量を補うことができる。\n激しいスポーツにはしり込みする人でも、少しのストレッチを行うことが運動をはじめるきっかけとなったりもする。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 15:08:36.032782",
                     "updated_at": "2017-08-24 15:08:36.032782",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1937,
                       "name": "あご"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 65600,
                     "title": "柔軟性の向上",
                     "description": "ストレッチを行うことにより、筋肉ならびに結合組織の柔軟性を高め、関節可動域を広げる効果が期待できる。\n柔軟性を十分に確保することにより、素早い動きやしなやかな動きが可能になり、身体能力のアップにもつながる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 15:08:36.051691",
                     "updated_at": "2017-08-24 15:08:36.051691",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1937,
                       "name": "あご"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 65601,
                     "title": "基礎代謝の向上",
                     "description": "可動域が拡大することで、筋肉の収縮が容易になる。\nそのため、同じ動作でも消費カロリーが上がり、結果として基礎代謝の向上につながる。\nまた、硬くなっていた筋肉がしっかりと収縮が可能となることにより筋ポンプの働きが正常化し、全体の血流が良くなることから、体温の上昇、冷えの改善が期待できる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 15:08:36.069139",
                     "updated_at": "2017-08-24 15:08:36.069139",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1937,
                       "name": "あご"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 65602,
                     "title": "怪我の予防",
                     "description": "ウォームアップとして動的なストレッチを運動前に行うことにより、体温が上昇し、身体のパフォーマンスは向上する。\nまた、柔軟性を日ごろから高めておくことで肉離れ・ぎっくり腰などの怪我の予防にもつながる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 15:08:36.086674",
                     "updated_at": "2017-08-24 15:08:36.086674",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1937,
                       "name": "あご"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 65603,
                     "title": "クールダウン効果",
                     "description": "運動のあとにストレッチを行うことにより、損傷した筋肉の回復を早め、成長を促すことができる。\nまた興奮した神経や筋を落ち着かせ、疲労物質の代謝を促進し、疲れがたまらないようにする効果もある。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 15:08:36.105938",
                     "updated_at": "2017-08-24 15:08:36.105938",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1937,
                       "name": "あご"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 65604,
                     "title": "ストレスの解消",
                     "description": "ストレッチはストレス解消の助けとなる。\n凝りかたまった筋肉が原因の圧迫感や息苦しさを軽減する一因となるほか、単純に身体を動かすことは気分転換になる。\n身体がやわらかくなると、心もやわらかくなるともいえるだろう。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-24 15:08:36.126111",
                     "updated_at": "2017-08-24 15:08:36.126111",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1937,
                       "name": "あご"
                     },
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1937,
                   "name": "あご"
                 },
                 "expanded": true
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1937,
               "name": "あご"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "猫耳ストレッチ屋さんで行うストレッチでは",
             "description": "猫耳ストレッチ屋さんのストレッチでは、運動後のクールダウンよりも疲労物質の代謝を促進を重視したストレッチに重きが置かれる。\nまた、ストレッチは毎日するのが効果的だが、猫耳ストレッチ屋さんに毎日来店するのは経済的な事情なども踏まえて現実的ではないため、自宅でできるストレッチを教えてもらえる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]