玄霧藩国の猟師(弓矢)

部品構造


  • 大部品: 玄霧藩国の猟師(弓矢) RD:8 評価値:5
    • 大部品: 技能 RD:3 評価値:2
      • 部品: 射撃
      • 部品: 狩猟技術
      • 部品: サバイバル技術
    • 大部品: 心得 RD:2 評価値:1
      • 部品: 安全・生態系への配慮
      • 部品: 自然への畏敬
    • 大部品: 装備 RD:3 評価値:2
      • 部品: 弓矢
      • 部品: 射撃狩猟免許証
      • 部品: サバイバル道具



部品定義


部品: 射撃

弓矢を使って獲物となる動物を狩る技量。
単純に狙ったところに矢を当てるだけでなく、独自の意思を持って動き回る動物に命中させるには動物の動きを先読みする技能も必要になる。

部品: 狩猟技術

狩猟を行うには、当然ながら猟場にて獲物を見つけられなければ話にならない。
猟師には、獲物となる動物の習性や足跡などについての知識を有し、それを基に獲物の痕跡を見つけ、その跡を追う技能が要求される。
また、狙った獲物を狩るためには、その動物が現れるまで、じっと隠れて待つことが要求される。
獲物には数キロ先の人間を判別できるような視力を持つものや、犬のように鋭い嗅覚を持つものもいる。
このため、猟師は見つからないように枝葉でカーテンを作ったり、草木や土などを被って偽装したり、風上を選んで隠れたりと、状況に応じて様々な隠れ方を要求される。
また、状況によっては何時間も待ち続けることが何日も続いたりする。このため、忍耐心もこの技術に含まれる。

部品: サバイバル技術

狩猟では山野を歩き回ることになるため、地図やコンパスを使用して現在地を把握する技術が求められる。
また、万が一遭難した際、無事に下山するための方法や、水の獲得、食べられる山菜や茸の判別、野営技術などサバイバル技術が求められる。

部品: 安全・生態系への配慮

猟師は道具を用いて野生動物の命を奪う職業である。
そのため、誤った知識や不注意があると、周囲の人間の命が奪われたり、動物が絶滅したりする危険性がある。
このため、猟師となるには、藩国が定めるルールを知っているか試験が行われる。
この試験に合格しなければ玄霧藩国の猟師として認められない。
加えて、合格後もこのルールに違反した場合、狩猟免許の取り上げが課されることがある。
また、生態系に関する情報は日々更新されるため、猟師は藩国が公開する最新の狩猟に対する情報を取得することが求められる。

部品: 自然への畏敬

猟をして生きるということは、自然に生きる動物たちの命を頂いて生きていくということに他ならない。
土や草木、山、そしてそこに生きる生命への感謝と畏敬なくして、猟師を名乗ることは許されない。


部品: 弓矢

猟で使用する弓矢。商売道具であると同時に、自分の命を預ける相棒であり、誰かの命を奪うことの出来る武器である。
日々の手入れと扱いの慎重さを欠かしてはならない。

部品: 射撃狩猟免許証

藩国が定める猟師としての資格要件を満たしていることを示す証。これを持たない人間が狩猟を行うことは密漁にあたり、罰せられる。
また、免許証が発行されてからも、課せられる義務を守らなかった場合には、免許取消が行われることもある。

部品: サバイバル道具

水筒や火種、毛布、地図、コンパスなど、山を歩き回るのに必要なサバイバル道具。
藪を切り払うための鉈や、食べられる山菜や茸の判別に使用する図鑑などが含まれることもある。



提出書式


 大部品: 玄霧藩国の猟師(弓矢) RD:8 評価値:5
 -大部品: 技能 RD:3 評価値:2
 --部品: 射撃
 --部品: 狩猟技術
 --部品: サバイバル技術
 -大部品: 心得 RD:2 評価値:1
 --部品: 安全・生態系への配慮
 --部品: 自然への畏敬
 -大部品: 装備 RD:3 評価値:2
 --部品: 弓矢
 --部品: 射撃狩猟免許証
 --部品: サバイバル道具
 
 
 部品: 射撃
 弓矢を使って獲物となる動物を狩る技量。
 単純に狙ったところに矢を当てるだけでなく、独自の意思を持って動き回る動物に命中させるには動物の動きを先読みする技能も必要になる。
 
 部品: 狩猟技術
 狩猟を行うには、当然ながら猟場にて獲物を見つけられなければ話にならない。
 猟師には、獲物となる動物の習性や足跡などについての知識を有し、それを基に獲物の痕跡を見つけ、その跡を追う技能が要求される。
 また、狙った獲物を狩るためには、その動物が現れるまで、じっと隠れて待つことが要求される。
 獲物には数キロ先の人間を判別できるような視力を持つものや、犬のように鋭い嗅覚を持つものもいる。
 このため、猟師は見つからないように枝葉でカーテンを作ったり、草木や土などを被って偽装したり、風上を選んで隠れたりと、状況に応じて様々な隠れ方を要求される。
 また、状況によっては何時間も待ち続けることが何日も続いたりする。このため、忍耐心もこの技術に含まれる。
 
 部品: サバイバル技術
 狩猟では山野を歩き回ることになるため、地図やコンパスを使用して現在地を把握する技術が求められる。
 また、万が一遭難した際、無事に下山するための方法や、水の獲得、食べられる山菜や茸の判別、野営技術などサバイバル技術が求められる。
 
 部品: 安全・生態系への配慮
 猟師は道具を用いて野生動物の命を奪う職業である。
 そのため、誤った知識や不注意があると、周囲の人間の命が奪われたり、動物が絶滅したりする危険性がある。
 このため、猟師となるには、藩国が定めるルールを知っているか試験が行われる。
 この試験に合格しなければ玄霧藩国の猟師として認められない。
 加えて、合格後もこのルールに違反した場合、狩猟免許の取り上げが課されることがある。
 また、生態系に関する情報は日々更新されるため、猟師は藩国が公開する最新の狩猟に対する情報を取得することが求められる。
 
 部品: 自然への畏敬
 猟をして生きるということは、自然に生きる動物たちの命を頂いて生きていくということに他ならない。
 土や草木、山、そしてそこに生きる生命への感謝と畏敬なくして、猟師を名乗ることは許されない。
 
 
 部品: 弓矢
 猟で使用する弓矢。商売道具であると同時に、自分の命を預ける相棒であり、誰かの命を奪うことの出来る武器である。
 日々の手入れと扱いの慎重さを欠かしてはならない。
 
 部品: 射撃狩猟免許証
 藩国が定める猟師としての資格要件を満たしていることを示す証。これを持たない人間が狩猟を行うことは密漁にあたり、罰せられる。
 また、免許証が発行されてからも、課せられる義務を守らなかった場合には、免許取消が行われることもある。
 
 部品: サバイバル道具
 水筒や火種、毛布、地図、コンパスなど、山を歩き回るのに必要なサバイバル道具。
 藪を切り払うための鉈や、食べられる山菜や茸の判別に使用する図鑑などが含まれることもある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "玄霧藩国の猟師(弓矢)",
     "description": "Default Root",
     "type": "group",
     "validation": {},
     "children": [
       {
         "title": "技能",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "射撃",
             "description": "弓矢を使って獲物となる動物を狩る技量。\n単純に狙ったところに矢を当てるだけでなく、独自の意思を持って動き回る動物に命中させるには動物の動きを先読みする技能も必要になる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "狩猟技術",
             "description": "狩猟を行うには、当然ながら猟場にて獲物を見つけられなければ話にならない。\n猟師には、獲物となる動物の習性や足跡などについての知識を有し、それを基に獲物の痕跡を見つけ、その跡を追う技能が要求される。\nまた、狙った獲物を狩るためには、その動物が現れるまで、じっと隠れて待つことが要求される。\n獲物には数キロ先の人間を判別できるような視力を持つものや、犬のように鋭い嗅覚を持つものもいる。\nこのため、猟師は見つからないように枝葉でカーテンを作ったり、草木や土などを被って偽装したり、風上を選んで隠れたりと、状況に応じて様々な隠れ方を要求される。\nまた、状況によっては何時間も待ち続けることが何日も続いたりする。このため、忍耐心もこの技術に含まれる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "サバイバル技術",
             "description": "狩猟では山野を歩き回ることになるため、地図やコンパスを使用して現在地を把握する技術が求められる。\nまた、万が一遭難した際、無事に下山するための方法や、水の獲得、食べられる山菜や茸の判別、野営技術などサバイバル技術が求められる。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "心得",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "安全・生態系への配慮",
             "description": "猟師は道具を用いて野生動物の命を奪う職業である。\nそのため、誤った知識や不注意があると、周囲の人間の命が奪われたり、動物が絶滅したりする危険性がある。\nこのため、猟師となるには、藩国が定めるルールを知っているか試験が行われる。\nこの試験に合格しなければ玄霧藩国の猟師として認められない。\n加えて、合格後もこのルールに違反した場合、狩猟免許の取り上げが課されることがある。\nまた、生態系に関する情報は日々更新されるため、猟師は藩国が公開する最新の狩猟に対する情報を取得することが求められる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "自然への畏敬",
             "description": "猟をして生きるということは、自然に生きる動物たちの命を頂いて生きていくということに他ならない。\n土や草木、山、そしてそこに生きる生命への感謝と畏敬なくして、猟師を名乗ることは許されない。\n",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "装備",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "弓矢",
             "description": "猟で使用する弓矢。商売道具であると同時に、自分の命を預ける相棒であり、誰かの命を奪うことの出来る武器である。\n日々の手入れと扱いの慎重さを欠かしてはならない。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "射撃狩猟免許証",
             "description": "藩国が定める猟師としての資格要件を満たしていることを示す証。これを持たない人間が狩猟を行うことは密漁にあたり、罰せられる。\nまた、免許証が発行されてからも、課せられる義務を守らなかった場合には、免許取消が行われることもある。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "サバイバル道具",
             "description": "水筒や火種、毛布、地図、コンパスなど、山を歩き回るのに必要なサバイバル道具。\n藪を切り払うための鉈や、食べられる山菜や茸の判別に使用する図鑑などが含まれることもある。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]