花火の魔法

ページ作成ニム

部品構造


  • 大部品: 花火の魔法 RD:10 評価値:5
    • 部品: 花火の魔法を構成する低位魔法
    • 大部品: 魔法の花火における魔力のコントロール RD:5 評価値:3
      • 部品: 花火を美しく打ち上げる技術
      • 大部品: ダブルキャスト RD:4 評価値:3
        • 部品: 複数の下位魔法の同時発動
        • 部品: 感覚頼り
        • 大部品: 非常に厳しい伝承性(ニム) RD:2 評価値:1
          • 部品: 技術を教えられる人物は1人
          • 部品: 類まれな技術に適した才能
    • 大部品: 花火の魔法に関する安全のための規則 RD:4 評価値:3
      • 部品: 打ちあげが許可される状況
      • 部品: 許可を受けた魔法使いのみが使用可能
      • 部品: 花火の高さと大きさに関する制限
      • 部品: 打ち上げ時の周囲や上空の安全の確保



部品定義


部品: 花火の魔法を構成する低位魔法

この花火の魔法は、照明の魔法と音を生み出す魔法という、魔力を操作し、効果を与える2つの魔法によって構成されている。
どちらも習得していなければこの魔法は使用できない。
また2つの魔法を同時に発動させる必要がある為、
魔法技術「ダブルキャスト」も必須となる。

部品: 花火を美しく打ち上げる技術

花火は術者から離れたところで光と音を生み出さねばならないため、自身や媒体から離れた場所での魔力操作技術が必要である。
また美しく花火を見せる上で、まるで花が開くかのように均等な並び位置に球状の魔力を拡散させる技術はかなりの魔力の扱いの練度が必要であり、
美しい花火の発射は、基礎となる魔法修行を終了し、尚且つ魔力の流れ、魔力そのものの扱いに長けた魔法使いのみが行うことが出来る。
花火を発射する幻影使いたちは、花火の複雑さや美しさで腕を競い合ったり己の成長を確認するという。



部品: 複数の下位魔法の同時発動

この魔法技術は、二種類の下位魔法を同時に発動させるものである。
魔法とは魔力を術式に通し、詠唱を行うことで発動するものであり、本来はどんなに簡単な物でも1つずつ発動させる。
しかし特殊な魔力操作技術を習得することで、二種類の術式の構築と魔力導通を一度に行うことが出来る。
下位魔法に限られるため魔法自体の威力、効果は限られるが、詠唱時間の短縮や相乗効果により、場面によってより効果的な影響を生み出すが出来る。


部品: 感覚頼り

通常の理論や魔法の研究に基づいて編み出されたものではなく、飽くなき魔法の鍛錬によりひょんなことから個人がコツを掴み編み出した。
そのため「何故その動作、やり方でその結果が生み出されるのか」が解明されていない。
全て、術者が繰り返した訓練で獲得した感覚のみがその魔法技術の手順であり、説明しようとすると「下腹部に熱を集めてパッと散らせる感じ」など非常に要領を得ないものになる。
そのため修得にかかる時間は一ヵ月から数年とまちまちで、一度コツを掴み修得さえすれば安易に使えるようになるが、使用している場面を目にしただけでは決して使えるようにならない。



部品: 技術を教えられる人物は1人

修得するには練習を繰り返し、感覚を掴む他ないが、何の手がかりも無ければその努力が実を結ぶことは決してない。
そのため修得を望む場合、技術を最初に編み出した人物に弟子入りし、その教えを受ける必要がある。
編み出した人物(ニム)は弟子との関わりの中で弟子の人格、素行、道徳観等の人間性を見定め、
社会の秩序を乱さず、正しく魔法を行使すると確信できた場合に限り、その弟子に感覚的な魔法技術の修行を開始させる。


部品: 類まれな技術に適した才能

感覚的な技術のため、直接最初に編み出した者から指導を受けたとしても、その技術に合った才を持つ者にしか扱えるようにはならない。
魔力の波長、魔術的なセンスなど様々な要因が組み合わさって初めてその魔法技術の感覚をつかむことが出来るのだ。
最終的に感覚がつかめるかどうかは、努力ではどうしようもない部分なのである。
感覚的な魔法技術を習得できるのはおおよそ5万人に1人とされる。

部品: 打ちあげが許可される状況

花火の魔法による花火打ち上げは、国や藩内で行われる季節ごとの祭や公的な祝い事の時、
及び国または藩から許可が下りた特別時のみ行ってよいとされる。



部品: 許可を受けた魔法使いのみが使用可能

この魔法の使用が許可されるのは、選抜された花火組合所属の魔法使いのみである。
花火組合を取りまとめる幹部の魔法使いは、組合所属の魔法使いから
安全に打ち上げることが出来るだけの魔力操作技術をもっていること、
花火の魔法における安全のための規制をきちんと理解し順守することを審査し、選抜する。


部品: 花火の高さと大きさに関する制限

花火を打ち上げる際は、上空へまっすぐ、最低限上空100m以上、最高上空200mに花火の中心が到達するよう打ち上げなければならない。
これは人々や建物に魔力が当たり、光による無用な混乱を防ぐためである。
また花火は大小さまざまな形をとることが出来るが、魔力の拡散による花火の最大直径は40mでなければならない。
ただし上空200mの地点で拡散する場合のみ、最大直径60mまで達しても良い。

部品: 打ち上げ時の周囲や上空の安全の確保

発射する場合、上空に飛行している生物や乗り物がいないことを確認する必要がある。
また花火が建造物や自然物、人などにあたらない十分なスペースが周囲にあることを確認してから、発射しなければならない。
もし花火の光が生物や乗り物にぶつかった場合、魔力が霧散する為、光はすぐ消えてなくなる。



提出書式


 大部品: 花火の魔法 RD:10 評価値:5
 -部品: 花火の魔法を構成する低位魔法
 -大部品: 魔法の花火における魔力のコントロール RD:5 評価値:3
 --部品: 花火を美しく打ち上げる技術
 --大部品: ダブルキャスト RD:4 評価値:3
 ---部品: 複数の下位魔法の同時発動
 ---部品: 感覚頼り
 ---大部品: 非常に厳しい伝承性(ニム) RD:2 評価値:1
 ----部品: 技術を教えられる人物は1人
 ----部品: 類まれな技術に適した才能
 -大部品: 花火の魔法に関する安全のための規則 RD:4 評価値:3
 --部品: 打ちあげが許可される状況
 --部品: 許可を受けた魔法使いのみが使用可能
 --部品: 花火の高さと大きさに関する制限
 --部品: 打ち上げ時の周囲や上空の安全の確保
 
 
 部品: 花火の魔法を構成する低位魔法
 この花火の魔法は、照明の魔法と音を生み出す魔法という、魔力を操作し、効果を与える2つの魔法によって構成されている。
 どちらも習得していなければこの魔法は使用できない。
 また2つの魔法を同時に発動させる必要がある為、
 魔法技術「ダブルキャスト」も必須となる。
 
 部品: 花火を美しく打ち上げる技術
 花火は術者から離れたところで光と音を生み出さねばならないため、自身や媒体から離れた場所での魔力操作技術が必要である。
 また美しく花火を見せる上で、まるで花が開くかのように均等な並び位置に球状の魔力を拡散させる技術はかなりの魔力の扱いの練度が必要であり、 
 美しい花火の発射は、基礎となる魔法修行を終了し、尚且つ魔力の流れ、魔力そのものの扱いに長けた魔法使いのみが行うことが出来る。
 花火を発射する幻影使いたちは、花火の複雑さや美しさで腕を競い合ったり己の成長を確認するという。
 
 
 
 部品: 複数の下位魔法の同時発動
 この魔法技術は、二種類の下位魔法を同時に発動させるものである。
 魔法とは魔力を術式に通し、詠唱を行うことで発動するものであり、本来はどんなに簡単な物でも1つずつ発動させる。
 しかし特殊な魔力操作技術を習得することで、二種類の術式の構築と魔力導通を一度に行うことが出来る。
 下位魔法に限られるため魔法自体の威力、効果は限られるが、詠唱時間の短縮や相乗効果により、場面によってより効果的な影響を生み出すが出来る。
 
 
 部品: 感覚頼り
 通常の理論や魔法の研究に基づいて編み出されたものではなく、飽くなき魔法の鍛錬によりひょんなことから個人がコツを掴み編み出した。
 そのため「何故その動作、やり方でその結果が生み出されるのか」が解明されていない。
 全て、術者が繰り返した訓練で獲得した感覚のみがその魔法技術の手順であり、説明しようとすると「下腹部に熱を集めてパッと散らせる感じ」など非常に要領を得ないものになる。
 そのため修得にかかる時間は一ヵ月から数年とまちまちで、一度コツを掴み修得さえすれば安易に使えるようになるが、使用している場面を目にしただけでは決して使えるようにならない。
 
 
 
 部品: 技術を教えられる人物は1人
 修得するには練習を繰り返し、感覚を掴む他ないが、何の手がかりも無ければその努力が実を結ぶことは決してない。
 そのため修得を望む場合、技術を最初に編み出した人物に弟子入りし、その教えを受ける必要がある。
 編み出した人物(ニム)は弟子との関わりの中で弟子の人格、素行、道徳観等の人間性を見定め、
 社会の秩序を乱さず、正しく魔法を行使すると確信できた場合に限り、その弟子に感覚的な魔法技術の修行を開始させる。
 
 
 部品: 類まれな技術に適した才能
 感覚的な技術のため、直接最初に編み出した者から指導を受けたとしても、その技術に合った才を持つ者にしか扱えるようにはならない。
 魔力の波長、魔術的なセンスなど様々な要因が組み合わさって初めてその魔法技術の感覚をつかむことが出来るのだ。
 最終的に感覚がつかめるかどうかは、努力ではどうしようもない部分なのである。
 感覚的な魔法技術を習得できるのはおおよそ5万人に1人とされる。
 
 部品: 打ちあげが許可される状況
 花火の魔法による花火打ち上げは、国や藩内で行われる季節ごとの祭や公的な祝い事の時、
 及び国または藩から許可が下りた特別時のみ行ってよいとされる。
 
 
 
 部品: 許可を受けた魔法使いのみが使用可能
 この魔法の使用が許可されるのは、選抜された花火組合所属の魔法使いのみである。
 花火組合を取りまとめる幹部の魔法使いは、組合所属の魔法使いから
 安全に打ち上げることが出来るだけの魔力操作技術をもっていること、 
 花火の魔法における安全のための規制をきちんと理解し順守することを審査し、選抜する。
 
 
 部品: 花火の高さと大きさに関する制限
 花火を打ち上げる際は、上空へまっすぐ、最低限上空100m以上、最高上空200mに花火の中心が到達するよう打ち上げなければならない。 
 これは人々や建物に魔力が当たり、光による無用な混乱を防ぐためである。
 また花火は大小さまざまな形をとることが出来るが、魔力の拡散による花火の最大直径は40mでなければならない。 
 ただし上空200mの地点で拡散する場合のみ、最大直径60mまで達しても良い。
 
 部品: 打ち上げ時の周囲や上空の安全の確保
 発射する場合、上空に飛行している生物や乗り物がいないことを確認する必要がある。
 また花火が建造物や自然物、人などにあたらない十分なスペースが周囲にあることを確認してから、発射しなければならない。
 もし花火の光が生物や乗り物にぶつかった場合、魔力が霧散する為、光はすぐ消えてなくなる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "花火の魔法",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "花火の魔法を構成する低位魔法",
         "description": "この花火の魔法は、照明の魔法と音を生み出す魔法という、魔力を操作し、効果を与える2つの魔法によって構成されている。\nどちらも習得していなければこの魔法は使用できない。\nまた2つの魔法を同時に発動させる必要がある為、\n魔法技術「ダブルキャスト」も必須となる。",
         "part_type": "part",
         "localID": 1
       },
       {
         "title": "魔法の花火における魔力のコントロール",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "花火を美しく打ち上げる技術",
             "description": "花火は術者から離れたところで光と音を生み出さねばならないため、自身や媒体から離れた場所での魔力操作技術が必要である。\nまた美しく花火を見せる上で、まるで花が開くかのように均等な並び位置に球状の魔力を拡散させる技術はかなりの魔力の扱いの練度が必要であり、 \n美しい花火の発射は、基礎となる魔法修行を終了し、尚且つ魔力の流れ、魔力そのものの扱いに長けた魔法使いのみが行うことが出来る。\n花火を発射する幻影使いたちは、花火の複雑さや美しさで腕を競い合ったり己の成長を確認するという。\n\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 3
           },
           {
             "title": "ダブルキャスト",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "複数の下位魔法の同時発動",
                 "description": "この魔法技術は、二種類の下位魔法を同時に発動させるものである。\n魔法とは魔力を術式に通し、詠唱を行うことで発動するものであり、本来はどんなに簡単な物でも1つずつ発動させる。\nしかし特殊な魔力操作技術を習得することで、二種類の術式の構築と魔力導通を一度に行うことが出来る。\n下位魔法に限られるため魔法自体の威力、効果は限られるが、詠唱時間の短縮や相乗効果により、場面によってより効果的な影響を生み出すが出来る。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 5
               },
               {
                 "title": "感覚頼り",
                 "description": "通常の理論や魔法の研究に基づいて編み出されたものではなく、飽くなき魔法の鍛錬によりひょんなことから個人がコツを掴み編み出した。\nそのため「何故その動作、やり方でその結果が生み出されるのか」が解明されていない。\n全て、術者が繰り返した訓練で獲得した感覚のみがその魔法技術の手順であり、説明しようとすると「下腹部に熱を集めてパッと散らせる感じ」など非常に要領を得ないものになる。\nそのため修得にかかる時間は一ヵ月から数年とまちまちで、一度コツを掴み修得さえすれば安易に使えるようになるが、使用している場面を目にしただけでは決して使えるようにならない。\n\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 6
               },
               {
                 "title": "非常に厳しい伝承性(ニム)",
                 "description": "",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "技術を教えられる人物は1人",
                     "description": "修得するには練習を繰り返し、感覚を掴む他ないが、何の手がかりも無ければその努力が実を結ぶことは決してない。\nそのため修得を望む場合、技術を最初に編み出した人物に弟子入りし、その教えを受ける必要がある。\n編み出した人物(ニム)は弟子との関わりの中で弟子の人格、素行、道徳観等の人間性を見定め、\n社会の秩序を乱さず、正しく魔法を行使すると確信できた場合に限り、その弟子に感覚的な魔法技術の修行を開始させる。\n",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 8
                   },
                   {
                     "title": "類まれな技術に適した才能",
                     "description": "感覚的な技術のため、直接最初に編み出した者から指導を受けたとしても、その技術に合った才を持つ者にしか扱えるようにはならない。\n魔力の波長、魔術的なセンスなど様々な要因が組み合わさって初めてその魔法技術の感覚をつかむことが出来るのだ。\n最終的に感覚がつかめるかどうかは、努力ではどうしようもない部分なのである。\n感覚的な魔法技術を習得できるのはおおよそ5万人に1人とされる。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 9
                   }
                 ],
                 "localID": 7,
                 "expanded": true
               }
             ],
             "localID": 4,
             "expanded": false
           }
         ],
         "localID": 2,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "花火の魔法に関する安全のための規則",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "打ちあげが許可される状況",
             "description": "花火の魔法による花火打ち上げは、国や藩内で行われる季節ごとの祭や公的な祝い事の時、\n及び国または藩から許可が下りた特別時のみ行ってよいとされる。\n\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 11
           },
           {
             "title": "許可を受けた魔法使いのみが使用可能",
             "description": "この魔法の使用が許可されるのは、選抜された花火組合所属の魔法使いのみである。\n花火組合を取りまとめる幹部の魔法使いは、組合所属の魔法使いから\n安全に打ち上げることが出来るだけの魔力操作技術をもっていること、 \n花火の魔法における安全のための規制をきちんと理解し順守することを審査し、選抜する。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 12
           },
           {
             "title": "花火の高さと大きさに関する制限",
             "description": "花火を打ち上げる際は、上空へまっすぐ、最低限上空100m以上、最高上空200mに花火の中心が到達するよう打ち上げなければならない。 \nこれは人々や建物に魔力が当たり、光による無用な混乱を防ぐためである。\nまた花火は大小さまざまな形をとることが出来るが、魔力の拡散による花火の最大直径は40mでなければならない。 \nただし上空200mの地点で拡散する場合のみ、最大直径60mまで達しても良い。",
             "part_type": "part",
             "localID": 13
           },
           {
             "title": "打ち上げ時の周囲や上空の安全の確保",
             "description": "発射する場合、上空に飛行している生物や乗り物がいないことを確認する必要がある。\nまた花火が建造物や自然物、人などにあたらない十分なスペースが周囲にあることを確認してから、発射しなければならない。\nもし花火の光が生物や乗り物にぶつかった場合、魔力が霧散する為、光はすぐ消えてなくなる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 14
           }
         ],
         "localID": 10,
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0,
     "description": ""
   }
 ]