照明の魔法

ページ作成者:ニム

部品構造


  • 大部品: 照明の魔法 RD:5 評価値:3
    • 部品: 照明の魔法に関する概要説明
    • 部品: 目に優しい光
    • 大部品: 低位魔法 RD:3 評価値:2
      • 部品: 魔力を使って現象をおこす
      • 部品: 効果と規模の調節能力
      • 部品: ごくわずかな詠唱



部品定義


部品: 照明の魔法に関する概要説明

自身や物質に宿った魔力を術式を通して発光させる魔法技術。
自身の魔力を指先に豆粒ほどの球状に集めたものを発光させたり、全身から僅かに魔力を放出させたものを発光させることで自身が光っているように見せることができる。
魔法としての習得は難しくなく、低位魔法として位置づけられる。2年ほど魔法の修行をすれば、様々な色をつけて発光させることも可能である。
しかし魔力そのものを発光させるため、光を長い時間持続させる、強力な光を放ったりする等といった用途は膨大な魔力を使用する。
また閃光弾の様に目くらましのために使用する場合、基本的に魔力触媒の併用が必要不可欠であり、呪文詠唱時間も伸びる。

部品: 目に優しい光

この魔法は低位魔法の中でも優しい分類に入り、 修得が簡単で触媒も必要ない分光そのものがあまり強くない。
強力な目くらましに使う、視力を奪う等といった行為に使用することは出来ず、
暗闇で突然至近距離で見た場合、目がちかっとして慣れるまで数秒かかる、程度である。
闇夜を照らす明かりや離れた場所にいる人々への合図、目印などが主な用途となる。

部品: 魔力を使って現象をおこす

魔力というエネルギーは、そのままでは火を起こす事も物を凍らせる事も風を起こす事もできない。
例えば火の魔法であれば、『火を発生させる』という術式に魔力を通すことによって初めて結果を得られるのであり、
考え方としては電化製品に電気を通す事で熱を発生させたり冷気を発生させるのと近い。
魔法とはその術式を構築して運用する技術の事を指す。


部品: 効果と規模の調節能力

術式に通す魔力の量に応じて発生する効果の大小が決まるが、この時に必要なだけの魔力を必要なだけ通し、
更に発生する魔法効果を狙い通りの形にして扱うための技術がなければ、魔法が使えているとは言えない。
この発動時の調整は術者のイメージと呪文の詠唱によって行われるため、魔法使いには高い集中力と適切な呪文の選択を行う判断力の両方が資質として求められる。


部品: ごくわずかな詠唱

詠唱する呪文は、術式の起動キーとなる文章と術式の制御コマンドとなる文章によって構成される。
低位魔法そのものは、必要な魔力制御が多くないために求められる呪文詠唱の量は少ない。
迅速な詠唱完了によって起動できるという点において、高威力の魔法よりも優れている部分でもあるが、
その分だけ流せる魔力の上限が低く設定されており、したがって引き出せる効果量も限られている。



提出書式


 大部品: 照明の魔法 RD:5 評価値:3
 -部品: 照明の魔法に関する概要説明
 -部品: 目に優しい光
 -大部品: 低位魔法 RD:3 評価値:2
 --部品: 魔力を使って現象をおこす
 --部品: 効果と規模の調節能力
 --部品: ごくわずかな詠唱
 
 
 部品: 照明の魔法に関する概要説明
 自身や物質に宿った魔力を術式を通して発光させる魔法技術。
 自身の魔力を指先に豆粒ほどの球状に集めたものを発光させたり、全身から僅かに魔力を放出させたものを発光させることで自身が光っているように見せることができる。
 魔法としての習得は難しくなく、低位魔法として位置づけられる。2年ほど魔法の修行をすれば、様々な色をつけて発光させることも可能である。
 しかし魔力そのものを発光させるため、光を長い時間持続させる、強力な光を放ったりする等といった用途は膨大な魔力を使用する。
 また閃光弾の様に目くらましのために使用する場合、基本的に魔力触媒の併用が必要不可欠であり、呪文詠唱時間も伸びる。
 
 部品: 目に優しい光
 この魔法は低位魔法の中でも優しい分類に入り、 修得が簡単で触媒も必要ない分光そのものがあまり強くない。
 強力な目くらましに使う、視力を奪う等といった行為に使用することは出来ず、
 暗闇で突然至近距離で見た場合、目がちかっとして慣れるまで数秒かかる、程度である。
 闇夜を照らす明かりや離れた場所にいる人々への合図、目印などが主な用途となる。
 
 部品: 魔力を使って現象をおこす
 魔力というエネルギーは、そのままでは火を起こす事も物を凍らせる事も風を起こす事もできない。
 例えば火の魔法であれば、『火を発生させる』という術式に魔力を通すことによって初めて結果を得られるのであり、
 考え方としては電化製品に電気を通す事で熱を発生させたり冷気を発生させるのと近い。
 魔法とはその術式を構築して運用する技術の事を指す。
 
 
 部品: 効果と規模の調節能力
 術式に通す魔力の量に応じて発生する効果の大小が決まるが、この時に必要なだけの魔力を必要なだけ通し、
 更に発生する魔法効果を狙い通りの形にして扱うための技術がなければ、魔法が使えているとは言えない。
 この発動時の調整は術者のイメージと呪文の詠唱によって行われるため、魔法使いには高い集中力と適切な呪文の選択を行う判断力の両方が資質として求められる。
 
 
 部品: ごくわずかな詠唱
 詠唱する呪文は、術式の起動キーとなる文章と術式の制御コマンドとなる文章によって構成される。
 低位魔法そのものは、必要な魔力制御が多くないために求められる呪文詠唱の量は少ない。
 迅速な詠唱完了によって起動できるという点において、高威力の魔法よりも優れている部分でもあるが、
 その分だけ流せる魔力の上限が低く設定されており、したがって引き出せる効果量も限られている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "照明の魔法",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "照明の魔法に関する概要説明",
         "description": "自身や物質に宿った魔力を術式を通して発光させる魔法技術。\n自身の魔力を指先に豆粒ほどの球状に集めたものを発光させたり、全身から僅かに魔力を放出させたものを発光させることで自身が光っているように見せることができる。\n魔法としての習得は難しくなく、低位魔法として位置づけられる。2年ほど魔法の修行をすれば、様々な色をつけて発光させることも可能である。\nしかし魔力そのものを発光させるため、光を長い時間持続させる、強力な光を放ったりする等といった用途は膨大な魔力を使用する。\nまた閃光弾の様に目くらましのために使用する場合、基本的に魔力触媒の併用が必要不可欠であり、呪文詠唱時間も伸びる。",
         "part_type": "part",
         "localID": 1,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "目に優しい光",
         "description": "この魔法は低位魔法の中でも優しい分類に入り、 修得が簡単で触媒も必要ない分光そのものがあまり強くない。\n強力な目くらましに使う、視力を奪う等といった行為に使用することは出来ず、\n暗闇で突然至近距離で見た場合、目がちかっとして慣れるまで数秒かかる、程度である。\n闇夜を照らす明かりや離れた場所にいる人々への合図、目印などが主な用途となる。",
         "part_type": "part",
         "localID": 2
       },
       {
         "id": 97616,
         "title": "低位魔法",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-07 11:23:21.807605",
         "updated_at": "2017-09-07 11:23:21.807605",
         "children": [
           {
             "id": 97613,
             "title": "魔力を使って現象をおこす",
             "description": "魔力というエネルギーは、そのままでは火を起こす事も物を凍らせる事も風を起こす事もできない。\n例えば火の魔法であれば、『火を発生させる』という術式に魔力を通すことによって初めて結果を得られるのであり、\n考え方としては電化製品に電気を通す事で熱を発生させたり冷気を発生させるのと近い。\n魔法とはその術式を構築して運用する技術の事を指す。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 11:23:21.768679",
             "updated_at": "2017-09-07 11:23:21.768679",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 252,
               "name": "階川 雅成"
             },
             "localID": 4
           },
           {
             "id": 97614,
             "title": "効果と規模の調節能力",
             "description": "術式に通す魔力の量に応じて発生する効果の大小が決まるが、この時に必要なだけの魔力を必要なだけ通し、\n更に発生する魔法効果を狙い通りの形にして扱うための技術がなければ、魔法が使えているとは言えない。\nこの発動時の調整は術者のイメージと呪文の詠唱によって行われるため、魔法使いには高い集中力と適切な呪文の選択を行う判断力の両方が資質として求められる。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 11:23:21.77575",
             "updated_at": "2017-09-07 11:24:57.382475",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 252,
               "name": "階川 雅成"
             },
             "localID": 5
           },
           {
             "id": 97615,
             "title": "ごくわずかな詠唱",
             "description": "詠唱する呪文は、術式の起動キーとなる文章と術式の制御コマンドとなる文章によって構成される。\n低位魔法そのものは、必要な魔力制御が多くないために求められる呪文詠唱の量は少ない。\n迅速な詠唱完了によって起動できるという点において、高威力の魔法よりも優れている部分でもあるが、\nその分だけ流せる魔力の上限が低く設定されており、したがって引き出せる効果量も限られている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 11:23:21.788899",
             "updated_at": "2017-09-07 11:24:57.404902",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 252,
               "name": "階川 雅成"
             },
             "localID": 6
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 252,
           "name": "階川 雅成"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 3
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0,
     "description": "玄霧藩国"
   }
 ]