感覚的な魔法技術(ニム)

ページ作成者:ニム
※編み出した人物の名前を変えれば、魔法技術の普及率制限のために流用出来ないかな、と思っております

部品構造


  • 大部品: 感覚的な魔法技術(ニム) RD:2 評価値:1
    • 部品: 感覚頼り
    • 部品: 非常に厳しい伝承性(ニム)



部品定義


部品: 感覚頼り

通常の理論や魔法の研究に基づいて編み出されたものではなく、飽くなき魔法の鍛錬によりひょんなことから個人がコツを掴み編み出した。
そのため「何故その動作、やり方でその結果が生み出されるのか」が解明されていない。
全て、術者が繰り返した訓練で獲得した感覚のみがその魔法技術の手順であり、説明しようとすると「下腹部に熱を集めてパッと散らせる感じ」など非常に要領を得ないものになる。
そのため修得にかかる時間は一ヵ月から数年とまちまちで、一度コツを掴み修得さえすれば安易に使えるようになるが、使用している場面を目にしただけでは決して使えるようにならない。


部品: 非常に厳しい伝承性(ニム)

修得するには練習を繰り返し、感覚を掴む他ないが、何の手がかりも無ければその努力が実を結ぶことは決してない。
そのため修得を望む場合、技術を最初に編み出した人物に弟子入りし、その教えを受ける必要がある。
編み出した人物(ニム)は弟子との関わりの中で弟子の人格、素行、道徳観等の人間性を見定め、
社会の秩序を乱さず、正しく魔法を行使すると確信できた場合に限り、その弟子に感覚的な魔法技術の修行を開始させる。

また感覚的な技術のため、直接最初に編み出した者から指導を受けたとしても、その技術に合った才を持つ者にしか扱えるようにはならない。
魔力の波長、魔術的なセンスなど様々な要因が組み合わさって初めてその魔法技術の感覚をつかむことが出来るのだ。
最終的に感覚がつかめるかどうかは、努力ではどうしようもない部分なのである。
感覚的な魔法技術を習得できるのはおおよそ5万人に1人とされる。




提出書式


 大部品: 感覚的な魔法技術(ニム) RD:2 評価値:1
 -部品: 感覚頼り
 -部品: 非常に厳しい伝承性(ニム)
 
 
 部品: 感覚頼り
 通常の理論や魔法の研究に基づいて編み出されたものではなく、飽くなき魔法の鍛錬によりひょんなことから個人がコツを掴み編み出した。
 そのため「何故その動作、やり方でその結果が生み出されるのか」が解明されていない。
 全て、術者が繰り返した訓練で獲得した感覚のみがその魔法技術の手順であり、説明しようとすると「下腹部に熱を集めてパッと散らせる感じ」など非常に要領を得ないものになる。
 そのため修得にかかる時間は一ヵ月から数年とまちまちで、一度コツを掴み修得さえすれば安易に使えるようになるが、使用している場面を目にしただけでは決して使えるようにならない。
 
 
 部品: 非常に厳しい伝承性(ニム)
 修得するには練習を繰り返し、感覚を掴む他ないが、何の手がかりも無ければその努力が実を結ぶことは決してない。
 そのため修得を望む場合、技術を最初に編み出した人物に弟子入りし、その教えを受ける必要がある。
 編み出した人物(ニム)は弟子との関わりの中で弟子の人格、素行、道徳観等の人間性を見定め、
 社会の秩序を乱さず、正しく魔法を行使すると確信できた場合に限り、その弟子に感覚的な魔法技術の修行を開始させる。
 
 また感覚的な技術のため、直接最初に編み出した者から指導を受けたとしても、その技術に合った才を持つ者にしか扱えるようにはならない。
 魔力の波長、魔術的なセンスなど様々な要因が組み合わさって初めてその魔法技術の感覚をつかむことが出来るのだ。
 最終的に感覚がつかめるかどうかは、努力ではどうしようもない部分なのである。
 感覚的な魔法技術を習得できるのはおおよそ5万人に1人とされる。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "感覚的な魔法技術(ニム)",
     "part_type": "group",
     "description": "",
     "children": [
       {
         "title": "感覚頼り",
         "description": "通常の理論や魔法の研究に基づいて編み出されたものではなく、飽くなき魔法の鍛錬によりひょんなことから個人がコツを掴み編み出した。\nそのため「何故その動作、やり方でその結果が生み出されるのか」が解明されていない。\n全て、術者が繰り返した訓練で獲得した感覚のみがその魔法技術の手順であり、説明しようとすると「下腹部に熱を集めてパッと散らせる感じ」など非常に要領を得ないものになる。\nそのため修得にかかる時間は一ヵ月から数年とまちまちで、一度コツを掴み修得さえすれば安易に使えるようになるが、使用している場面を目にしただけでは決して使えるようにならない。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 1
       },
       {
         "title": "非常に厳しい伝承性(ニム)",
         "description": "修得するには練習を繰り返し、感覚を掴む他ないが、何の手がかりも無ければその努力が実を結ぶことは決してない。\nそのため修得を望む場合、技術を最初に編み出した人物に弟子入りし、その教えを受ける必要がある。\n編み出した人物(ニム)は弟子との関わりの中で弟子の人格、素行、道徳観等の人間性を見定め、\n社会の秩序を乱さず、正しく魔法を行使すると確信できた場合に限り、その弟子に感覚的な魔法技術の修行を開始させる。\n\nまた感覚的な技術のため、直接最初に編み出した者から指導を受けたとしても、その技術に合った才を持つ者にしか扱えるようにはならない。\n魔力の波長、魔術的なセンスなど様々な要因が組み合わさって初めてその魔法技術の感覚をつかむことが出来るのだ。\n最終的に感覚がつかめるかどうかは、努力ではどうしようもない部分なのである。\n感覚的な魔法技術を習得できるのはおおよそ5万人に1人とされる。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 2
       }
     ],
     "localID": 0,
     "expanded": true
   }
 ]