インクの可視化魔法

ページ作成者:ニム

部品構造


  • 大部品: インクの可視化魔法 RD:3 評価値:2
    • 部品: インクの可視化魔法の概要
    • 部品: 魔法の対象となるもの
    • 部品: 可視化されている時間



部品定義


部品: インクの可視化魔法の概要

「不可視のインクの魔法」によって描かれた文字や絵を浮かび上がらせる魔法。
描かれている箇所に手をかざし魔力を僅かに放出することで、不可視のインクを構成する魔力と共鳴し、描かれたものが僅かに光を帯びて可視化する。
魔力の放出範囲を調整することで一度に広い部分の秘密の文字を浮かび上がらせることが出来る。


部品: 魔法の対象となるもの

この魔法が「不可視のインクの魔法」以外の手法で描かれた不可視の何かや魔力に反応することはない。
また「不可視のインクの魔法」発動時に術者が決定した魔力の波長と同じ波長でこの魔法を発動させなければ
インクは可視化されず、読むことが出来ない。
魔力の波長は非常に細かく違いが生まれるため、予め情報をやり取りする二者間で
使用する魔力の波長を取り決めて置く必要がある。

部品: 可視化されている時間

術式に通す魔力の量によっても変化するが、魔法発動後、描かれたものが仄明るく発光しながら浮かび上がり、大体5秒ほどで再び見えなくなる。




提出書式


 大部品:  インクの可視化魔法 RD:3 評価値:2
 -部品: インクの可視化魔法の概要
 -部品: 魔法の対象となるもの
 -部品: 可視化されている時間
 
 
 部品: インクの可視化魔法の概要
 「不可視のインクの魔法」によって描かれた文字や絵を浮かび上がらせる魔法。
 描かれている箇所に手をかざし魔力を僅かに放出することで、不可視のインクを構成する魔力と共鳴し、描かれたものが僅かに光を帯びて可視化する。
 魔力の放出範囲を調整することで一度に広い部分の秘密の文字を浮かび上がらせることが出来る。
 
 
 部品: 魔法の対象となるもの
 この魔法が「不可視のインクの魔法」以外の手法で描かれた不可視の何かや魔力に反応することはない。
 また「不可視のインクの魔法」発動時に術者が決定した魔力の波長と同じ波長でこの魔法を発動させなければ
 インクは可視化されず、読むことが出来ない。
 魔力の波長は非常に細かく違いが生まれるため、予め情報をやり取りする二者間で
 使用する魔力の波長を取り決めて置く必要がある。
 
 部品: 可視化されている時間
 術式に通す魔力の量によっても変化するが、魔法発動後、描かれたものが仄明るく発光しながら浮かび上がり、大体5秒ほどで再び見えなくなる。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": " インクの可視化魔法",
     "part_type": "group",
     "description": "",
     "children": [
       {
         "title": "インクの可視化魔法の概要",
         "description": "「不可視のインクの魔法」によって描かれた文字や絵を浮かび上がらせる魔法。\n描かれている箇所に手をかざし魔力を僅かに放出することで、不可視のインクを構成する魔力と共鳴し、描かれたものが僅かに光を帯びて可視化する。\n魔力の放出範囲を調整することで一度に広い部分の秘密の文字を浮かび上がらせることが出来る。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 1
       },
       {
         "title": "魔法の対象となるもの",
         "description": "この魔法が「不可視のインクの魔法」以外の手法で描かれた不可視の何かや魔力に反応することはない。\nまた「不可視のインクの魔法」発動時に術者が決定した魔力の波長と同じ波長でこの魔法を発動させなければ\nインクは可視化されず、読むことが出来ない。\n魔力の波長は非常に細かく違いが生まれるため、予め情報をやり取りする二者間で\n使用する魔力の波長を取り決めて置く必要がある。",
         "part_type": "part",
         "localID": 2
       },
       {
         "title": "可視化されている時間",
         "description": "術式に通す魔力の量によっても変化するが、魔法発動後、描かれたものが仄明るく発光しながら浮かび上がり、大体5秒ほどで再び見えなくなる。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 3
       }
     ],
     "localID": 0,
     "expanded": true
   }
 ]