隠蔽技術

ページ作成者:ニム

部品構造


  • 大部品: 隠蔽技術 RD:11 評価値:5
    • 部品: 隠蔽技術の定義
    • 大部品: 隠蔽方法 RD:4 評価値:3
      • 部品: 状況に合わせて選択する
      • 部品: 同じものの中に紛れ込ませる
      • 部品: 何かの中に隠す
      • 部品: 姿かたちを変える
    • 大部品: 隠蔽作業 RD:3 評価値:2
      • 部品: 素早く隠蔽する
      • 部品: カモフラージュ技術
      • 部品: 別の対象への誘導
    • 大部品: 幻影を使った隠蔽 RD:3 評価値:2
      • 部品: 存在しないように見せる
      • 部品: 近寄らせないようにする
      • 部品: 触ればばれる



部品定義


部品: 隠蔽技術の定義

隠蔽技術とは、自分以外を隠す為の技術である。状況に合わせてどんな風に隠すか、幻影使いの場合幻影魔法でどんな幻影をいつ出すか、といった内容が含まれる。


部品: 状況に合わせて選択する

隠蔽の方法はその場その場の状況に最も適したものを選択する。周囲の様子だけではなく、かけられる時間、その場にある物品、隠す目的等によりその手法は様々だ。


部品: 同じものの中に紛れ込ませる

外見に目立った特徴がない場合、似たような外見の物の中にまぎれこませ、どれだかわからなくする。
この場合、隠蔽者やその味方にだけわかるような特徴を覚えておいたり、印をつけておく。


部品: 何かの中に隠す

箱や戸棚、隠し部屋や穴の中など、他人から見えない場所へ隠す。最もオーソドックスな隠蔽方法である。
この場合まず人が近づかない場所に隠す方法と、思いもよらないような死角を作ってそこへ隠す方法がある。


部品: 姿かたちを変える

隠す対象の見た目を変化させ、一見それとはわからないようにする。変装もこの類になる。
対象を分解して部品ごとにすることで、ただの何でもないがらくた等にみせかけたり、元々の形を推察できないようにもしたりできる。
この場合、再び組み立てられるようにきちんと手順を覚えておく必要がある。

部品: 素早く隠蔽する

隠蔽を行う場合、その隠蔽作業自体が知られればすべて意味がない。
その為隠蔽作業は、内密に、素早く行われる必要がある。また隠蔽した痕跡も残さないように細心の注意を払う。


部品: カモフラージュ技術

その場にある道具や魔法を使用した隠蔽のためのカモフラージュは、行う人物の技術が試される。
隠蔽とはただ見えないようにするだけではない。
いかに自然に「隠していないように」隠すか、相手の注意を向けられないようにするかが大切だ。


部品: 別の対象への誘導

隠蔽した対象が調べられそうになった時、自然に気を逸らしたり、そこへ近づかせないように誘導することで発見される危険性を下げる。
余りに露骨に行うと怪しまれるため、あくまでも自然に行い、相手を騙す必要がある。


部品: 存在しないように見せる

隠す対象の上に風景の幻影をかぶせ、なにもその場にないように見せたり、別のものの幻影をかぶせる。
目的のものがなければそこに注意を払わないため、最も有用な幻影での隠し方である。
別のものの幻影をかぶせる場合、周囲の状況に適したものの幻影を出す必要がある。
しかし何もないようにみえるということは、そこに別の物をおいたり通行しようとしたりする可能性があるということでもある。
隠蔽を行う場合は対象の存在する場所に気を使う必要がある。
また幻影で隠すことの最大の利点は、隠す対象の動きに合わせて幻影を動かすことが出来る点である。
これにより対象を隠蔽したまま別の場所へ移動させることが出来る。

部品: 近寄らせないようにする

幻影を使うことで、隠す対象に近寄らせない。
例えば猛獣や穴を対象の手前に幻影で見せたり、壁の幻影で先に進めないと思わせる。
これにより相手を「こちらには行けない」「近寄りたくない」という心理にさせることで対象の隠蔽を行う。


部品: 触ればばれる

幻影なので、触れられたりすれば見えているものが幻影であることがばれてしまう。
また常に隠蔽のための幻影使いがその場にいることが不自然でない状況でない限り、怪しまれる可能性があるため長期間の隠蔽には向かない。
幻影での隠蔽は通常の方法では隠蔽が難しく、サポートが行き届く組織がかりのものか、短期間のその場しのぎであることが多い。




提出書式


 大部品: 隠蔽技術 RD:11 評価値:5
 -部品: 隠蔽技術の定義
 -大部品: 隠蔽方法 RD:4 評価値:3
 --部品: 状況に合わせて選択する
 --部品: 同じものの中に紛れ込ませる
 --部品: 何かの中に隠す
 --部品: 姿かたちを変える
 -大部品: 隠蔽作業 RD:3 評価値:2
 --部品: 素早く隠蔽する
 --部品: カモフラージュ技術
 --部品: 別の対象への誘導
 -大部品: 幻影を使った隠蔽 RD:3 評価値:2
 --部品: 存在しないように見せる
 --部品: 近寄らせないようにする
 --部品: 触ればばれる
 
 
 部品: 隠蔽技術の定義
 隠蔽技術とは、自分以外を隠す為の技術である。状況に合わせてどんな風に隠すか、幻影使いの場合幻影魔法でどんな幻影をいつ出すか、といった内容が含まれる。
 
 
 部品: 状況に合わせて選択する
 隠蔽の方法はその場その場の状況に最も適したものを選択する。周囲の様子だけではなく、かけられる時間、その場にある物品、隠す目的等によりその手法は様々だ。
 
 
 部品: 同じものの中に紛れ込ませる
 外見に目立った特徴がない場合、似たような外見の物の中にまぎれこませ、どれだかわからなくする。
 この場合、隠蔽者やその味方にだけわかるような特徴を覚えておいたり、印をつけておく。
 
 
 部品: 何かの中に隠す
 箱や戸棚、隠し部屋や穴の中など、他人から見えない場所へ隠す。最もオーソドックスな隠蔽方法である。
 この場合まず人が近づかない場所に隠す方法と、思いもよらないような死角を作ってそこへ隠す方法がある。
 
 
 部品: 姿かたちを変える
 隠す対象の見た目を変化させ、一見それとはわからないようにする。変装もこの類になる。
 対象を分解して部品ごとにすることで、ただの何でもないがらくた等にみせかけたり、元々の形を推察できないようにもしたりできる。
 この場合、再び組み立てられるようにきちんと手順を覚えておく必要がある。
 
 部品: 素早く隠蔽する
 隠蔽を行う場合、その隠蔽作業自体が知られればすべて意味がない。
 その為隠蔽作業は、内密に、素早く行われる必要がある。また隠蔽した痕跡も残さないように細心の注意を払う。
 
 
 部品: カモフラージュ技術
 その場にある道具や魔法を使用した隠蔽のためのカモフラージュは、行う人物の技術が試される。
 隠蔽とはただ見えないようにするだけではない。
 いかに自然に「隠していないように」隠すか、相手の注意を向けられないようにするかが大切だ。
 
 
 部品: 別の対象への誘導
 隠蔽した対象が調べられそうになった時、自然に気を逸らしたり、そこへ近づかせないように誘導することで発見される危険性を下げる。
 余りに露骨に行うと怪しまれるため、あくまでも自然に行い、相手を騙す必要がある。
 
 
 部品: 存在しないように見せる
 隠す対象の上に風景の幻影をかぶせ、なにもその場にないように見せたり、別のものの幻影をかぶせる。
 目的のものがなければそこに注意を払わないため、最も有用な幻影での隠し方である。
 別のものの幻影をかぶせる場合、周囲の状況に適したものの幻影を出す必要がある。
 しかし何もないようにみえるということは、そこに別の物をおいたり通行しようとしたりする可能性があるということでもある。
 隠蔽を行う場合は対象の存在する場所に気を使う必要がある。
 また幻影で隠すことの最大の利点は、隠す対象の動きに合わせて幻影を動かすことが出来る点である。
 これにより対象を隠蔽したまま別の場所へ移動させることが出来る。
 
 部品: 近寄らせないようにする
 幻影を使うことで、隠す対象に近寄らせない。
 例えば猛獣や穴を対象の手前に幻影で見せたり、壁の幻影で先に進めないと思わせる。
 これにより相手を「こちらには行けない」「近寄りたくない」という心理にさせることで対象の隠蔽を行う。
 
 
 部品: 触ればばれる
 幻影なので、触れられたりすれば見えているものが幻影であることがばれてしまう。
 また常に隠蔽のための幻影使いがその場にいることが不自然でない状況でない限り、怪しまれる可能性があるため長期間の隠蔽には向かない。
 幻影での隠蔽は通常の方法では隠蔽が難しく、サポートが行き届く組織がかりのものか、短期間のその場しのぎであることが多い。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "隠蔽技術",
     "part_type": "group",
     "description": "",
     "children": [
       {
         "title": "隠蔽技術の定義",
         "description": "隠蔽技術とは、自分以外を隠す為の技術である。状況に合わせてどんな風に隠すか、幻影使いの場合幻影魔法でどんな幻影をいつ出すか、といった内容が含まれる。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 1
       },
       {
         "title": "隠蔽方法",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "状況に合わせて選択する",
             "description": "隠蔽の方法はその場その場の状況に最も適したものを選択する。周囲の様子だけではなく、かけられる時間、その場にある物品、隠す目的等によりその手法は様々だ。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 3
           },
           {
             "title": "同じものの中に紛れ込ませる",
             "description": "外見に目立った特徴がない場合、似たような外見の物の中にまぎれこませ、どれだかわからなくする。\nこの場合、隠蔽者やその味方にだけわかるような特徴を覚えておいたり、印をつけておく。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 4
           },
           {
             "title": "何かの中に隠す",
             "description": "箱や戸棚、隠し部屋や穴の中など、他人から見えない場所へ隠す。最もオーソドックスな隠蔽方法である。\nこの場合まず人が近づかない場所に隠す方法と、思いもよらないような死角を作ってそこへ隠す方法がある。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 5
           },
           {
             "title": "姿かたちを変える",
             "description": "隠す対象の見た目を変化させ、一見それとはわからないようにする。変装もこの類になる。\n対象を分解して部品ごとにすることで、ただの何でもないがらくた等にみせかけたり、元々の形を推察できないようにもしたりできる。\nこの場合、再び組み立てられるようにきちんと手順を覚えておく必要がある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 6
           }
         ],
         "localID": 2,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "隠蔽作業",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "素早く隠蔽する",
             "description": "隠蔽を行う場合、その隠蔽作業自体が知られればすべて意味がない。\nその為隠蔽作業は、内密に、素早く行われる必要がある。また隠蔽した痕跡も残さないように細心の注意を払う。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 8
           },
           {
             "title": "カモフラージュ技術",
             "description": "その場にある道具や魔法を使用した隠蔽のためのカモフラージュは、行う人物の技術が試される。\n隠蔽とはただ見えないようにするだけではない。\nいかに自然に「隠していないように」隠すか、相手の注意を向けられないようにするかが大切だ。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 9
           },
           {
             "title": "別の対象への誘導",
             "description": "隠蔽した対象が調べられそうになった時、自然に気を逸らしたり、そこへ近づかせないように誘導することで発見される危険性を下げる。\n余りに露骨に行うと怪しまれるため、あくまでも自然に行い、相手を騙す必要がある。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 10
           }
         ],
         "localID": 7,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "幻影を使った隠蔽",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "存在しないように見せる",
             "description": "隠す対象の上に風景の幻影をかぶせ、なにもその場にないように見せたり、別のものの幻影をかぶせる。\n目的のものがなければそこに注意を払わないため、最も有用な幻影での隠し方である。\n別のものの幻影をかぶせる場合、周囲の状況に適したものの幻影を出す必要がある。\nしかし何もないようにみえるということは、そこに別の物をおいたり通行しようとしたりする可能性があるということでもある。\n隠蔽を行う場合は対象の存在する場所に気を使う必要がある。\nまた幻影で隠すことの最大の利点は、隠す対象の動きに合わせて幻影を動かすことが出来る点である。\nこれにより対象を隠蔽したまま別の場所へ移動させることが出来る。",
             "part_type": "part",
             "localID": 12
           },
           {
             "title": "近寄らせないようにする",
             "description": "幻影を使うことで、隠す対象に近寄らせない。\n例えば猛獣や穴を対象の手前に幻影で見せたり、壁の幻影で先に進めないと思わせる。\nこれにより相手を「こちらには行けない」「近寄りたくない」という心理にさせることで対象の隠蔽を行う。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 13
           },
           {
             "title": "触ればばれる",
             "description": "幻影なので、触れられたりすれば見えているものが幻影であることがばれてしまう。\nまた常に隠蔽のための幻影使いがその場にいることが不自然でない状況でない限り、怪しまれる可能性があるため長期間の隠蔽には向かない。\n幻影での隠蔽は通常の方法では隠蔽が難しく、サポートが行き届く組織がかりのものか、短期間のその場しのぎであることが多い。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 14
           }
         ],
         "localID": 11,
         "expanded": true
       }
     ],
     "localID": 0,
     "expanded": true
   }
 ]