玄霧藩国政庁の休憩所

大部品: 玄霧藩国政庁の休憩室 RD:4 評価値:3
  • 大部品: 休憩室 RD:3 評価値:3
    • 部品: 休憩室の概要
    • 部品: 休憩室の主な設備
    • 部品: 喫煙所
  • 部品: 玄霧藩国政庁の休憩室に関する特徴


部品: 休憩室の概要
休憩室とは、公共機関や職場に備えられる、従業員や設備を利用する人々が休息する為の場所である。少し空いた時間をつぶしたり、休憩したり、仕事の合間のリフレッシュのために使用される。多くの人々が快適に使えるように比較的ゆったりとした間取りをしていることが多い。談話を楽しめる休憩室がほとんどだが、中には談話スペースと会話禁止のスペースにわかれているところもある。どちらにせよ周囲への配慮と共に利用することが大切。

部品: 休憩室の主な設備
テーブル、椅子、ソファが設置され、ゆったりとくつろげるスペースとなっている。基本的に飲食を行うことができ、場所によっては持ち込むのみならず、各物理域に沿った方法で飲み物や食事を購入出来たり、休憩室の管理する組織や人物が定めた予算内で無料で提供されたりする。
休憩室は快適さを保つために整備される。定期的に担当者による清掃が行われ、清潔を保っている。その際不審物がないかなどのチェックも行われる。
またくつろぐための工夫として、国や物理域ごとに適した軽微な娯楽が設置されることが多い。観葉植物、テレビ、ラジオ、音楽、共用の本、絵画、水槽などが例として上げられる。

部品: 喫煙所
休息の際喫煙を行う者のために、休憩室の設備の一部として喫煙所がある。非喫煙者の受動喫煙を防ぐため、休憩室とは完全にカベと扉で区切られていたり、全く別の場所に設置されている。喫煙所には灰皿と椅子、煙が部屋に充満しないように換気扇が設置されており、また万が一の火事に備え消火設備が備えられる。消火設備は物理域等によって異なり、水の張ったバケツが常備されていたり、消火器が備えてあったりする。

部品: 玄霧藩国政庁の休憩室に関する特徴
玄霧藩国の政庁に供えられた休憩室は、各階に最低1つは備えられており、政庁の職員及び職員から許可を得た外部の人間のみが使用できる。
休憩室の基本的な設備があり、また喫煙所も完全分煙で完備している。休憩所には、その場で簡単に楽しめる一口サイズの菓子などが休憩室管理の予算内で備えられており、自由に楽しむことが出来る。基本的に職員の飲食は食堂や喫茶店の利用を想定している為、菓子の予算の額としてはごくごく限られており、食堂や喫茶店の利用に大きく影響が出ない程度の心ばかりの額となっている。休憩所にある簡易的な菓子は基本的に玄霧藩国で作られたものを使っている。
喫煙所には水の張ったバケツが常備されているほか、近くに消防へ通報する為、火事を知らせる鐘が設置されている。