東京電鉄・常総電鉄

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京電鉄・常総電鉄

  • 東京電鉄・常総電鉄とは、長瀬豊津が運営する架空鉄道である。

概要

社名 東京電鉄鉄道株式会社
略称 東電
設立 1938年
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業
代表者 長瀬豊津
外部リンク 空想鉄道

路線図


東京電鉄本線 

青梅~品川を運行する

     各 快 急 快 特

     駅     速  

     停     急  

     車 速 行 行 急

品   川○ ○ ○ ○ ○

大   崎○ ○ ○ | |

五 反 田○ ○ | | |

目   黒○ ○ | | |

恵 比 寿○ ○ | | |

鶯   谷○ | | | |

渋   谷○ ○ ○ ○ ○

原   宿○ ○ | | |

北 参 道○ | | | |

南 新 宿○ | | | |

地下鉄新宿○ ○ ○ ○ ○

説明

当社(東京電鉄)は東京を中心として鉄道を展開している株式会社である。
ここ最近、有力会社の 多摩縦断鉄道 との直通運転に成功し、勢力を、強めている。
また、東京電鉄を東電と省いていう言い方もある。
関東では、JRに続き、2番目に大きい会社となっており、東京電鉄の子会社も含めての路線の総延長では貨物線を含め、761.2kmとなっており、大きなものとなっている。また地下線もある。

歴史

東京電鉄の始まりは、1938年に都心急行新京線(現在の東京電鉄東西線)を独立させたことだった。当時の、都心急行は財政難で路線の経営が厳しくなっていたため、いろいろな路線を切り離して、他社に経営してもらったり、独立させたりした。この、独立した、路線が集まって出来たのが、今日も東京を走る、東京電鉄なのである。といっても、このとき集まったのは、旧都心急行新京線と旧都心急行品川線、旧都心急行秋葉原線のみだった。東京電鉄はそんな不利の状況の中で、鉄道の整備を勧めて行った。
この鉄道の整備が後で役に立ったと言うことは、言うまでもない。
やがて、財力を認められた国や都心急行に路線を譲り受けた。このとき、現在の府中線以外の区間はそろうことになった。
こうして、東京電鉄は力を伸ばし、大私鉄となっていった‥。

空想鉄道より引用