hino

日野研究所

+もくじ

日野研究所について

日野研究所は、先発投手専門の研究所として実際に選手を育成しつつ最強の投手の排出を目指して研究を進めています。
当研究所はBBL球界にα28年度から参入しています。以後、β期制限期間(1年度~4年度)以外は欠かさず選手を送り出しています。
製作者ページ

第一回製作者ドラフトにて4位指名を頂きました。
第二回製作者ドラフトにて4位指名を頂きました。
第三回製作者ドラフトにて1位指名を頂きました。
139年度にて全製作者中で最速の家系1000勝を達成しました。

BBL選手紹介

-うちの自慢の子たちです

睦月

現役年度:α28年度~45年度
成長型:凹凸
 言わずと知れたα版BBLの大英雄です。睦月賞の元になっている選手であり、α版をプレイしていなくとも名前だけは知っている人も多いかもしれません。
 そんな彼女も、当時のα版は選手も多く他の選手と同じく控えスタートでした。しかし、一度先発に上がると上の順列の選手が次々と引退、劣化し、弱冠26歳にして先1になります。当然能力に見合わない階級であり、α版ライオンズ固有バグの影響もあって一時はα版BBL初の200敗投手候補として名前が上げられるほどの状態でした。
 それでも彼女はひたすら投げ続け、徐々に勝ち星を増やしていきます。初めは暗黒の象徴として見られていた彼女ですが、37年度のライオンズ優勝を皮切りに、黄金期ライオンズの象徴として他のチームの前に立ちはだかりました。
 34歳の40年度には25年ぶり4人目となるシーズン200イニングを達成。35歳の41年度では先1最多勝を獲得。そして36歳になった42年度には投手6冠を始めとした数々の大記録を打ち立てました。
 そんな彼女も37歳になると体の衰えを感じ、先1を退きました。その後、凹凸の劣化が本来35歳だと知り当研究所が震撼するのですがそれはまた別のお話です……
文章の中に入れるには多すぎる彼女がキャリアハイとなった42年度に達成した記録を並べておきます。
  • 防御率0点台(史上8人目)
  • 200イニング到達(複数回到達したのは2人目)
  • 投手6冠(史上2人目)
  • シーズン完封記録更新(9回)
  • シーズン最多勝更新(20勝)
  • 年俸4億(史上初)
この中でBBLβ版89年度現在、シーズン完封記録はαβ版通して単独トップであり、シーズン最多勝はトップタイの数字です。



雛鶴あい

現役年度:5年度~18年度
成長型:早熟
 当研究所としてβ版に初めて送り込んだ選手です。タイガースに入団し、はじめは中継ぎを努めていましたが、チームの先発事情が厳しく急遽先発転向することになりました。その後、先1を3年努めましたが、劣化に入り引退することとなりました。



花小泉 杏

現役年度:19年度~38年度
成長型:持続(普通)
 当研究所がβ版にはじめから先発投手として送り込んだ初めての選手です。イーグルスに入団した彼女は、イーグルスの恐怖の表ローテとして他球団を震撼させたのち、33年度には先1最多勝を初めとして多くのタイトルを獲得、33年度の睦月賞に選ばれました。また、第一回選手ドラフトにて15位指名を頂きました。



クロ

現役年度:39年度~62年度
成長型:凹凸
 BBLで数少ない200勝投手であり、当時としては誰よりも長く戦い続け通算先発数1位(110年度ぐらいに2位に)を記録した名投手です。また、タイトルにはあまり恵まれなかったもののキャリアハイの55年度にはシーズン防御率歴代7位となる0.74を記録しました。



ミソギ

現役年度:63年度~79年度
成長型:普通早
 イーグルス→マリーンズと在籍した先発投手です。当研究所のとある研究のためかなり実験的なステータスにしたため、結果うまくはまらずいい成績が残せませんでした。しかし、彼女が残してくれたデータはとても大きな物でした。



キョウカ

現役年度:80年度~99年度
成長型:持続早
主にブルーバイソンズ→コンドルスと在籍した選手です。8年間先1を努め96年には持続早で最優秀防御率を獲得するという快挙を達成しました。


ミミ

現役年度:100年度~117年度
成長型:持続(普通)
愛知ドルフィンズの生え抜き投手です。非3強ながら114年度に防御率0点台を記録しました。当然最優秀防御率を獲得しました。
選手ページ

いちご大福

現役年度:118年度~141年度
成長型:普通
ライガーズとスカイクロウズでプレーした右腕。132年度はPSMVPを含む4タイトルを獲得しました。翌年の133年度は17勝4敗防御率1.74を記録してMVPに輝きました。通算でも191勝に3103と2/3イニング3009奪三振に防御率2.80を記録しました。
選手ページ 名鑑

空野かざは

現役年度:142年度~
成長型:普通早
 現在コンドルス所属の現役選手です。
選手ページ


育成論

-ここの実質メインコンテンツ

初心者向け先発投手育成論【要点版】

BBL投手初心者向けに要点だけまとめたものです。理由や細かい説明は下の初級解説編をどうぞ。

1.AP(アピールポイント、入団時に選ぶ得意な能力)選び
 球速AP≧スタミナAP≧コントロールAP 正直この3つなら今回は大差ないです。

2.能力の上げ方の基本方針
 スタミナC、精神Eで他の能力を可能な限り効率よくあげ、打者をできるだけ塁に出さない投手を目指します。
2.1.練習するその前に注意すること
  • umazonで「勉強机」と「怪我をしないカラダの使い方」を買い、勉強コマンドで丈夫なカラダを取ります。
  • 疲労が0の時に練習するようにしましょう。
  • 1000万円溜まり次第「リーフレット家秘伝の書」を買い、読みましょう。
2.2.小練習(練習のアイコンが薄いピンク)か?大練習(練習のアイコンが濃いピンク)か?
 基本的に大練習のみで良い。
 練習回数があふれるのなら少練習で調整。
2.3.家を買おう
 3000万溜まったらタワーマンション1を契約し、即座にシングルベットと檜風呂を買いましょう。余計な物を買っていなければ買えるはず。

3.各能力についての解説
 ここからは投手の各能力について説明します。
3.1.球速
 強い。でも球質コントロールほど必須ではない。
3.2.球質
 とても強い。基本的に最優先。
3.3.変化球
 変化球AP以外で初心者なら最後まで触らなくてもよい。
3.4.コントロール
 Dないと四球多すぎてゲームにならない。Cあれば十分。
3.5.スタミナ
 先発投手ならC。チームの先発が足りて無さそうなら先に上げる。
3.6.精神
 Eまで上げる。それ以上は要らない。
3.7.特殊能力
 重い球は強い。他は今は無視でOK。

4.各APでの能力の上げ方の一例
 この章では上の理論に基づき実際に能力をどう上げるかの一例を書いていきます。もし上げる能力に困った時、なにを上げたらいいか分からない時は参考にしてください。大練習で前段階で満たしたステより下がった場合はまずそちらを上げてください。(例:指示どおりコントロールをD45にした後球速の大練習をしたところ、コントロールがE44になった→球速上げを中断し、コントロールを1回上げる)
4.1.スタミナAP
 コントロールD→球質D→スタミナC→精神E→球速D→球質C→コンC→球速C→重い球→球速B→球速A→球質B→コンB
4.2.球速AP
 コントロールD→球質D→精神E→球速C→球質C→コンC→重い球→スタミナC→球速B→球速A→球速S
4.3.コントロールAP
 コントロールD→球質D→精神E→球速D→コンC→球質C→球速C→重い球→スタミナC→コンB→球質B→球速B→コンA
-初心者向け先発投手育成論【解説つき版】

初心者向け先発投手育成論【解説つき版】

1.AP(アピールポイント、入団時に選ぶ得意な能力)選び
 本来は伸ばしたい形に合わせて選択するAPですが、今回は球速球質コントロールをバランスよく伸ばすため、APは伸ばす順番を左右する程度です。練習で下がる能力値や、スタミナはCまでしか伸ばさないことを考えるとスタミナAPが劣るように見えますが、スタミナAPは初期値で非常に優遇されているため先発投手を作るなら一番無難な選択肢となります。
2.能力の上げ方の基本方針
 今回の育成論では総経験点が少なくても育成できるようにスタミナC、精神Eに固定しています。非転生選手の新人がとりあえずでできるようにしているためです。
2.1.練習するその前に注意すること
 丈夫なカラダは疲労が0の時に練習をしても絶対に怪我しないする能力です。いついかなるときもこれを取って疲労0の時に練習するほうが強いとすでに計算されているため必ず取って疲労0の時に練習するようにしてください。
 「リーフレット家秘伝の書」で習得できる慎重鍛錬は大練習をしたときの能力低下量をへらす非常に強力な能力です。対をなす積極鍛錬もありますが育成難度があがるためBBLに慣れてから気にするといいでしょう。
2.2.小練習(練習のアイコンが薄いピンク)か?大練習(練習のアイコンが濃いピンク)か?
 慎重鍛錬ありで考えると大練習が圧倒的です。疲労が回復する時間を見て練習を消化していきましょう。
2.3.家を買おう
 シングルベッドは疲労回復を早める効果が、檜風呂はストレスの回復を早める効果があります。これらを物を捨てずに買える家の最小がタワーマンション1です。檜風呂なしの護摩行、特殊トレが1回60分と地獄なのでそれまでに買い揃えるのをおすすめします。
3.各能力についての解説
ちょっと細かく解説します。
3.1.球速
強いです。が、球質やコントロールのようにないとゲームにならない訳ではないです。なので能力が低い頃の上げる優先度はそこまで高くありません。ただ能力として上げやすいという性質を持つため球速球質コントロールをCにした後はじめにBにするのは(APなど特に理由が無ければ)球速がおすすめです。
3.2.球質
 球質は被打率を下げ長打をへらすとんでもない能力です。時々弱体化したとか言われますが昔(α版)の時代が強すぎた説があります。特殊な育成をする時でもD、特に理由がなければCにはしましょう。D→Cの時は質から上げましょう。(F,E→Dは必須のコントロール優先、C→Bは上げやすい球速優先と強いのですがなにかと理由をつけて後回しになりがちな能力です)
3.3.変化球
 強いことは強いです。しかし、大練習がないという特徴があり変化APでもない限りは上げるのは絶望的です。変化球練習をするなら球質を上げきったあとに端数分を練習して変化球を戻す時くらいでしょう。変化1球種なら新球練習でツーシームを取り変化球はその後完全放置が安定です。球種数が多いとツーシーム取得にかかる新球Pが増えてしまうので2球種以降だとツーシームを取らずに突き進むのが楽です。
3.4.コントロール
 Dまでは劇的に四球を減らします。Cまでも結構減らします。それ以上は効果が微妙になるので他の能力を整えるのを優先します。一応B以上上げると奪三振率が上がるとの噂もあるのでコンAPならBにはしようか、というところです。
3.5.スタミナ
 Cはないと規定投球回到達が絶望的になります。規定投球回到達はしないと先発投手向けタイトルが取れないのでやってて楽しくありません。なので先発投手を名乗る以上Cにはします。が、もちろんスタミナを上げても成績はほぼ良くならないので、初心者向けの今回は最低限のCまで上げてあとは他の能力を上げて強いピッチャーになるようにします。下の各APの育成論でスタミナを上げる時期を決めていますが、チーム状況などを見て先発が空いていたり、劣化している選手が居て2軍に先発希望が居ないなどであれば先にスタミナを上げてもいいでしょう。スタミナEあれば先発として試合に出ることが出来ます。
3.6.精神
 Eまではかなり防御率を改善します。それ以上上げる場合はスタミナも欲しくなりますが今回はスタミナ60固定です。なので今回は精神はEで止めて他の能力を上げ、そもそもランナーを出さないことによりピンチを作らない投手を目指します。
3.7.特殊能力
 重い球は確定で強いと分かっています。なので今回の育成論では重い球を取ります。他の特殊能力は初心者が取って強いのはもうないため放置します。
4.各APでの能力の上げ方の一例
4.1.スタミナAP
 コントロールD→球質D→スタミナC→精神E→球速D→球質C→コンC→球速C→重い球→球速B→球速A→球質B→コンB
 スタミナAPはスタミナDとその他一つEと高い初期値が特徴です。(乱数でDやEをちょっと割ることはあります)
最低限の能力さえ上げたらちゃんとした成績になれるようにスタミナと精神を予定の数値まで上げきってしまいましょう。後は強い能力を順番に取っていくだけです。
4.2.球速AP
 コントロールD→球質D→精神E→球速C→球質C→コンC→重い球→スタミナC→球速B→球速A→球速S
 球速APは球速Dが保証されています。APである球速が上がりやすいため、他より球速の優先度が高めになります。球速は上げやすいためSまで突っ切ってしまいましょう。
4.3.コントロールAP
 コントロールD→球質D→精神E→球速D→コンC→球質C→球速C→重い球→スタミナC→コンB→球速B→球質B→コンA
 コントロールAPはコントロールのみE保証と各APの中で一番初期値が低いです。しかしコントロールそのものが球質に次ぐ有能能力なのでちゃんと練習すれば強くなれます。
4.4.(おまけ)変化球AP
 コントロールD→球質D→変化球D→精神E→球速D→(重い球)→変化球D→スタミナC→コンC→変化球C→球質C→ひたすら変化球
 変化球APは変化球こそEですが、全体的に高めの初期値をよく見ます。変化球はそれだけで戦える力を秘めているので、他の能力を最低限上げたら後はひたすら変化球を鍛えます。なんなら重い球もスルーしていいです。
4.5.(おまけ)精神AP
 球質D→コントロールD→精神D→球速D→球質C→コンC→重い球→スタミナC→精神C→球速C→球質B→精神B→スタミナB→球速B
 ただ見捨てるのもかわいそうなので。ただし他ほど自信はありません。精神型は良く打たれて打席数が増えるので余裕があればスタミナBにします。

5.分からないことがあったら
 もし分からないことがあれば私に直接聞いて貰えればお答えします。まず私の選手ページを開き、ケータイに登録を選びます。メニュー「ケータイ」にこのページを登録しました。と出たらメニューの下の方にあるケータイからユーザーを選択、hinoの欄のメッセージを選ぶと私にメッセージを送れるようになります。その後質問したい内容を書いて送信ボタンを押すと私に質問が届きます。
+転生者向けバランス投手育成論

転生者向けバランス投手育成論

1選手目でバランス投手やって結果が出たから転生後の高いステータスでバランス投手するぞ!でも方針が分からない、という人向けです。他のステータスとか合わせて加筆したりまた要点版と解説つき版に分けるかも。だって長いし。
バランス投手を育成する上でかならず計画しないと行けない能力が2つあります。それはスタミナと精神です。それ以外のステータスはAPに合わせてバランスよく上げるだけのバランス投手で、投手としての性質をこの2つの能力値で大きく決めます。

スタミナ
バランス投手を目指す以上60~75の中に収めます。59以下は規定投球回を満たせなくなりますし76以上は経験点がかかりすぎてバランス型から外れだします。
60:規定投球回を満たせればいいや、という人向け。とにかく防御率をよく出したい、嫁のランクがあまり良くなく総経験点が少ない選手になる、といった場合なら最低限の60になります。初級はここ。
65:スタミナ以外のAPで成長型が3強じゃない、となるとちょうどいい数値です。これでも打たれなければ7回8回まで投げてくれたりします。さすがに完投完封は厳しいものがあります。
70:スタミナ以外のAPで成長型が3強だったり、睦月賞を狙うために完投完封が必要な場合はここになるでしょう。スタミナ以外のAPでここまでスタミナを伸ばすと他の能力の経験点が減り結果として炎上するだけになることがあるため総経験点が多い3強向け。
75:スタミナAPならここ。逆にせっかくスタミナAPにしたのに75まで上げないのはちょっともったいないしスタミナAP以外で75まで上げるのは基本的に悪手。それくらいならスタミナAPにしたほうがいい。

スタミナが決まったら次はそのスタミナや成長型に合わせた精神の数値にしましょう。
精神
精神は低いと炎上しやすく、そして炎上が止まらなくなります。BBLの投手起用は8回まではスタミナが切れるまで投げさせられるので、精神に対してスタミナが不相応に高いと無駄に長く炎上し、試合を壊すことになります。
30未満:難しいです。育成に自信がない人以外は簡単に炎上し防御率や投球回の悪化を招きます。リーグの状態も考えて決めましょう。
30:精神の最低限であり基本値です。とはいえ生半可な能力では炎上します。基本は炎上しても痛くないスタミナ60,65で採用されます。ただスタミナ70を選ぶほど良い成長型なら打たれないことにより炎上をかなり回避できるのでやっぱりスタミナ70でも精神30が最適解の時が多いです。
30+気迫:転生選手ならば余裕がない時でなければ気迫の獲得を目指しましょう。気迫は打者の精神を大きく下げる効果がありかなり強力です。以前は精神が低いときに取っても効果が薄いと思われていましたが現在では重い球レベルで取ってとりあえず強い特能であることが分かってきました。きちんと気迫を取る自信があるなら精神を30にする前に取ってもいいでしょう。
45+気迫:スタミナ75で総経験点に自身がない時はここまでは上げたほうがいいと思っています。炎上が0になるわけではありませんが環境が打高であるほど劇的に防御率に現れます。精神捨てが流行った176年度Cリーグで精神50の当研究所の卵焼き選手の防御率が明らかに良かったことから判明しました。
46~59+気迫:50になれば理論上精神不足による炎上が無くなるんじゃないかと思ったりするのですが正直ここまで来るとデータ不足でなんとも言えません。それほどまでに精神は30で止める選手が多いのです。
60+気迫:ここまで来ると精神45とは逆に総経験点が多くないとほかのステータスがおろそかになり結果として防御率が悪化します。桃嫁3強以外のバランス投手では目指さないほうが無難でしょう。睦月賞獲得選手クラスでここまで精神を上げた選手は当研究所のクロしか確認していません。個人的には結構強いと思うのですが…
これ以上:余った練習で60より少し精神が多くなることはあってもこれ以上の精神を目標にするとバランス型からは外れ、精神特化型の域に入ります。ステータスのバランスも崩し始めることになるのでこれ以上は触れません。

スタミナと精神に関しては以上です。あとはAPと相談しながら他の能力を上げるだけです。初級編の内容ですね。もっと計画的に行きたい場合は優秀なスプレッドシートが公開されているのでそこでいつ、どれくらいの経験点が獲得できるか計算しながら育成してもいいかもしれません。
+育成コラム1 APによる差

育成コラム1 APによる差

 AP(アピールポイント)は入団時に指定する選手の得意分野で、選んだAPに対応した能力が伸びやすくなりその能力も高い状態で入団することになります。しかし、APには他にも差があるのはご存知でしょうか。今回はそんなAPのwikiには書いてないけどスプレッドシート類を見ると実は書いてあることを紹介します。

こっそりあるAPによる差その1:初期値の合計値が違う
 APに対応する能力値の初期値が高いのはwikiに書いてありますがAPによってその得意能力の高さや他の能力がどれだけ高いか、ということも差があります。例えばコントロールAPではコントロールが少し高い(E30保証)だけですが、球速APでは球速は最低D145kmはあり転生選手ではC150kmの選手がごろごろと居ます。
 このことに関してはwikiにリンクがある転生統計のスプレッドシートに書いてあり、それによると投手での各APの初期値は
コントロールAP<(精神AP)<球速AP≦変化AP<スタミナAPとなっています。(精神APはデータの母数が少ないため信用性が低い。実は球速変化と同じくらいかも)

こっそりあるAPによる差その2:AP練習をした時の伸びが違う
 APに対応した能力が伸びやすくなるのは事実なのですが、実はAPによってどれくらい伸びやすさのボーナスがあるかは差があります。簡単に言うとAP大の数値が違います。例えばミートAPでミート大練習をした時と守備APで守備大練習をした時の伸びは守備の方が高いというデータ出ています。ミートAPの伸びが他のAPに比べて低いの初期から言われてきましたが、実は他のAPでも差があることが分かってきました。現在『BBL成長型メモ』のスプレッドシートによると
ミート<パワー<守備=コントロールとなっていることまで判明しています。これに関してはまだデータが少なく他のAPでどうなっているかまでは分かっていないようです。

その他コラム

+製作者ドラフトって?

製作者ドラフトって?

ついに告知されましたね製作者ドラフト
とはいえ選手ドラフトより分かりにくい人もいると思うので、私が思っている範囲で解説しようと思います。

まず製作者ドラフトとは、指名者が欲しい製作者をドラフト制で指名することです。
…以上です。実は厳密に定義するとこれくらいの意味しかありません。そもそも告知でも「好きな製作者でチームを作る事」としてしか定義されてません。とはいえこれだけでは楽しみ方が分からない人もいるかもしれないので楽しみ方の一つとして製作者ドラフトという文化の輸入元のハイペナでの定義を説明します。
ハイペナの製作者ドラフトでは、指名者が指名した製作者でチームを組み、そのチームでずっとゲームを進めるとするとどの指名者のチームが強いかを競うもの…という感じになっています。そのため、強い選手が選ばれる選手ドラフトとは違い、様々な面で製作者が評価されることになります。選手ドラフトでは評価されにくい製作者としての安定感や悪い成長型での育成手腕なども評価出来るのが強みです。

ただ正直指名されたりされなかったりで一喜一憂するだけでも楽しいです!のでぜひ当日(1月5日)はスレでも覗きに来てください。

+更新履歴
2019/1/20
初心者論を最新研究に合わせて微調整。
2019/1/13
卵焼きちゃんの活躍と最新研究に合わせて精神論を調整。
2018/12/9
育成コラムその1をこちらにも掲載
2018/12/7
製作者ドラフトについての解説記事をこちらにも掲載
解説編のリンクを外部に貼ったので解説編の初期状態をopenに
2018/12/1
最新の研究に合わせて初心者向け先発投手育成論の球速と球質を中心に結構調整。それに伴い各APの上げ方指針も調整。
いちご大福の選手ページリンクが間違えてたので修正(選手IDが5桁なのは笑う)
かざはちゃんの項目を作成
製作者ページへのリンクとケータイで私に向けて質問を送る方法を記載
2018/10/28
家系1000勝を達成したので勝利数1位を最速1000勝達成に変更。
先発投手育成論の中級のお蔵入りが決定し、上級の内容を個別に出す方向に変更。それに伴い
先発投手育成論【初級】→初心者向け先発投手育成論 に変更
背番号継承式しなくなったのでコメントアウト
転生者向けバランス投手育成論を掲載
最新の研究に合わせて初心者向け先発投手育成論を微調整
+おまけ
-紹介ページRPした結果かけないことが出てくる事態に
RP上書けなかった裏設定
  • 所長の目的は睦月の再来を作り上げること。そのためにはどんなことも厭わない。
  • 睦月はα版とβ版の間で戦死。(沢村投手と第二次世界大戦中の艦船睦月が元ネタ)所長の睦月への執着がここからはじまる。
  • 日野研究所の全選手は残っていた睦月の遺伝子と前選手の遺伝子を所長がこねくり合わせて作られている。
  • よって日野研究所は投手育成の研究所という表の顔と遺伝子工学の研究所という裏の顔を持っていることになる。
  • BBLの世界では選手の見た目は一切強さと関係ないためここでは所長がそのときの趣味で見た目を決めている。
  • 情報はきっちり管理されているはずなのにいたずらっ子であるミソギちゃんに時々リークされる。なんで性格までそのままにしたの?
  • 設定上初心者向けの育成論を公開しているのはリークによって疑われる裏の顔を隠し表の顔を強調するため。
(ちなみにPLとしてはハイペナみたいに最低限育成に必要な情報やノウハウは見れる環境にしたいから。まだ個人育成ブログとかも少ないしねぇ)
  • そもそも人間じゃない説がある。獣人としての幼いころの写真があるとの噂。
+プラグインの練習で作った製作者ページの閲覧数リスト 目指せ1位
-
-
-
-
-
-
-
-
-
- このページはここ
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
- )タイターさんの名前に半角かっこ入っててうまく出ない
-
-
-
-
- 鳩兄貴やばい
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
当研究所は睦月賞実行委員会を応援しています。