異邦人ギガンテッド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「いいや、貴様は創生の時より続く
 管理者の血を罵倒したのだ!
 ゆ、許すまじいい!!!!!!!

天の城にて己の庭園を愛でていたブラネェドを抹殺するために現れたアサッシン。
抹殺しに現れたはいいが、登場早々ブラネェドの煽りに乗せられ怒り猛ってしまい、返り討ちにあってしまった。
ブラネェドにとってはまさしく正当防衛であるが故に文句の言えない最後である。合掌。
ちなみに、異邦人とは「異なる国、土地の人」という意味である。管理者という立場の特異性を思わせる二つ名である。

創生の時より続く管理者の血族であるようだが、管理者とは一体何なのかは不明。
「次のターンで殺す!!」と宣言してから活殺滅殺劇殺拳を放つなど、細かな配慮が垣間見える。 所謂チュートリアル要員。
ちなみに防御しなくても特に問題なく倒せる。何だったんだ異邦人。

本編の出番は僅かこれだけのモブキャラクターなのだが、筋肉隆々の身体、燃える炎のような頭、蹲踞のような立ち姿、野太い男の叫び声を発しながら放つタックルなどあまりにも強烈なインパクトを残すキャラクターである。
そのせいかプレイヤー達には妙な人気がある。百騎録公開前、ラヒトの前世予想に異邦人ギガンテッドの名が多く上がるなど、ネタ的な意味で愛されているようだ。

+ 真面目な考察をするなら…


名前:
コメント: