はじめに

初めまして。このページを見ているということは解析に興味を持ってくれたということですね。ありがとうございます。

突然ですが、解析は経験と気合がものを言う世界です。
初めての人はきっと右も左もわかりません。バイナリの文字列に頭が痛くなるかもしれません。
そんな人に対して私たちは極力サポートをしていきます。
最初は辛いかもしれません。けれど、それが解析の醍醐味だと思って頑張ってみてください。

解析に必要なもの


  • エミュレーター
エミュレーターはPC上でGBAをエミュレートしてくれます。つまりPC上でGBAを動かせるんです。
GBAエミュレーターで代表的なものはVisualBoyAdvanceやNO$GBAになりますが、基本的にはVBAを勧めます。
色々とバージョンありますが、慣れてない人は1.7.2あたりの日本語化パッチが用意されてるものがいいのではないでしょうか。

  • バイナリエディタ
バイナリエディタはファイルフォーマットを無視して読み込み、ファイルの生データを16進数表記し編集を可能にします。
あらゆる解析に使われており、GBA解析にも欠かせないものとなっています
推奨ツールはStirlingになります。
(そもそもバイナリってなに?16進数って?という方はこちらのサイトをおすすめします。)

  • ROM
ROM、ロックマンエグゼのゲームデータのことです。解析するなら当然必要になりますが、インターネットからダウンロードするのは違法になっちゃうのでカートリッジから吸い出しをするのが一般的です。
基本的にはグレイガROMです。
吸い出し方法としてはDSマジコンのような自作ツールの起動ができる媒体(R4とかコードフリークとか)を用意することをお勧めします。
用意さえできればGBA_backup_tool(皇帝氏作成)で簡単にGBAROMの吸い出しができちゃいます。ついでにGBAセーブデータの吸い出し書き込みもできますよ。

  • 各種解析ツール
海外兄貴や日本人兄貴含め、色んな方が便利なツールを作ってくれています。バイナリエディタでしこしこする作業を楽にしてくれるので積極的に活用しましょう。